公務員は投資できる?公務員にオススメ投資3つとFXを始める3ステップ

公務員は投資できる?公務員にオススメ投資3つとFXを始める3ステップ

この記事で解決できるお悩み
  • 公務員でも投資はできるの?
  • 公務員にオススメの投資は?
  • 公務員向けに資産形成の方法を知りたい!

以上の悩みを解決できる記事を用意しました。


ご紹介する「公務員にもできるオススメ投資3つ」を読めば、あなたにぴったりの投資が見つかりますよ!


まずは、「そもそも公務員は投資していいのか?」という疑問に回答するので、ぜひ読み進めてみてください!


「すぐに公務員にオススメの投資を知りたい!」という方は、公務員にもできるオススメ投資3つへと進んでくださいね。

公務員は投資できるのか?投資は副業に該当しないのでOK

公務員は投資できるのか?投資は副業に該当しないのでOK

結論から言って、副業禁止の公務員でも、投資はできます。


国家公務員法や地方公務員法では、「営利企業への就職や自営が禁止」となっていますが、投資・資産運用は規定に該当しないからです。

また国公法では、副業に関して以下のような原則があります。

国公法で公務員に定められている原則
  • 第99条:信用失墜行為の禁止 本人は勿論、所属する職場、公務員自体のイメージを壊さない、信用をなくさない為
  • 第100条:守秘義務 本業の秘密が副業などを通して外部に漏れないようにする為
  • 第101条:職務専念の義務 精神的・肉体的な疲労などにより、本業に支障が出ないようにする為

つまり「信頼を損なわない」「守秘義務を守る」「本業に支障をきたさない」という条件を守ればOKと解釈できますね!

業種ごとの副業に関する業務規定

業種ごとに業務規定もあるので、以下3つの例を挙げてみます。

  • 市役所職員:原則禁止。国家公務員法103条・104条・地方公務員法38条から見るに、内容によっては内閣総理大臣と管轄部門の許可が出ればOKと解釈できる。
  • 自衛隊:原則禁止。だが部隊に申請すれば、一定規模(10部屋5棟)以下の不動産投資・株・FXなどの金融商品・実家のお手伝いはOK。
  • 消防士:原則禁止。国家公務員法103条・104条・地方公務員法38条から見るに、内容によっては内閣総理大臣と管轄部門の許可が出ればOKと解釈できる。

基本的には管轄部門などの許可が必要となり、「事前に申請すればOK」と解釈できますね。

仕事によって独自のルールがある可能性もあるぞ!必ずチェックしておこう!

公務員にもできるオススメ投資3つ

公務員にもできるオススメ投資3つ

副業規定に該当しない「公務員にオススメの投資」をピックアップしました。


職業によっては申請の必要もありますが、どれも問題なく取り組める投資なので、ぜひ確認してみてくださいね。

公務員にもできるオススメ投資
  1. 株式投資
  2. 投資信託
  3. FX

その1:株式投資

株の仕組み

株式投資は、企業の株式を購入することで、「配当益」「売買益」を得られる投資商品です。

  • 配当益:企業の利益の一部を一定割合でもらえる
  • 売買益:購入額と売却額の差額が利益になる

初期費用は10万円程となり、ノウハウも多数出回っていることから、初心者にもオススメできる投資ですよ。


ただし株式投資は、ハイリスクハイリターンのため、大儲けできることもあれば大損する場合も。


さらに取引時間が「平日9:00~11:30&12:30~15:00」なので、業種によっては投資しにくい可能性がありますね!

その2:投資信託

投資信託の仕組み

投資信託は、証券会社などのプロフェッショナルにお金を預けて、資金運用を代行してもらえる金融商品です。


出資者をたくさん募り、大きなお金で運用して利益を分配する仕組みとなっています。


最低1万円程度で始められて、プロに任せられる安心感から、投資初心者に人気がありますね。


とはいえ購入手数料1~3%、信託報酬が年0.5~2%が発生し、思ったような利益にならないことも。


もし投資信託を始めるなら、信託報酬が少ない業者を選ぶなど、手数料も考慮しましょう!

その3:FX

FX 仕組み

FX(外国為替証拠金取引)は、二カ国以上の通貨を売買して、差益を得る金融商品です。


たとえば1ドル111円で購入、1ドル112円で売却したら、差額1円が利益になります。


元手を増やす仕組み(レバレッジ)を使えば、数倍〜数十倍のトレードができるので、少額投資にもオススメ。


基本的に「安く買って高く売る」というシンプルな仕組みなので、初心者でも取り組みやすい投資と言えますね!

公務員の投資にはFXがオススメな理由3つ

公務員の投資にはFXがオススメな理由3つ

以下では、公務員の投資にはFXがオススメな理由を紹介していきます。


他の投資と比べて利点が多いので、ぜひ確認してみてくださいね!

公務員の投資にFXがオススメな理由
  1. シンプルでわかりやすいから
  2. お小遣い程度の金額でできるから
  3. 生活スタイルに合わせやすいから

理由1:シンプルでわかりやすいから

FXでは投資対象となる通貨が30種類程度、中でもメインの通貨は8種類だけです。


投資対象が4,000社以上ある株式投資と比較すると、非常にシンプルな投資と言えますね。

  • 株式投資:4,000社以上
  • 投資信託:100社以上
  • FX:20〜30種類(メインは8種類のみ)

しかもドルや円など、なじみ深い通貨が投資対象なので、初心者でも勉強しやすいはずですよ!

理由2:お小遣い程度の金額でできるから

FXでは元手を増やす仕組み(レバレッジ)を使えば、約4,000円から投資を始められます。


そのため元手に余裕がない方や、試しに取り組んでみたい方でも、安心して取り組めますよ。

最低投資金額の比較
  • 株式投資:10万円以上
  • FX:約4,000円〜(レバレッジ25倍)

上記の通り、株式投資と比較すると、1/20程度の金額で始められますね。


その分リスクも低いので、「なるべく損失を出したくない!」という方には、特にオススメです!

理由3:生活スタイルに合わせやすいから

FXは基本的に、「平日24時間取引OK」「スマホで取引OK」となっています。


そのためFXでは、就業後・休憩時間・通勤中など、好きな時間に投資できますよ!

投資時間などの時間を比較
  • 株式投資:平日「9:00~11:30・12:30~15:00」のみ
  • FX:平日24時間OK、スマホOK

また自由度が高いことから、本業とすみ分けがしやすいので、国公法や副業規定に触れる心配もありません。


「生活スタイルを崩さず投資したい!」という方は、ぜひFXを始めてみてくださいね。

公務員がFXを始める3ステップ

務員がFXを始める3ステップ

以下では、公務員がFXを始める手順を3ステップで紹介していきますね。


知識ゼロの方に最適な手順をまとめたので、FXに興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください!

公務員がFXを始める手順
  1. FXの基礎知識を理解する
  2. 少額投資できるFX口座を開設する
  3. 少額で取引を始める

ステップ1:FXの基礎知識を勉強する

ステップ1では、FXの基礎知識を勉強しましょう。


なぜならスキルが成果に直結するFXでは、基本を理解しなければ勝つことさえ難しいから。


なおFX初心者は、まず以下知識を学ぶとよいですね。

  • FXの基本的な仕組み
  • FXで使う基礎用語
  • 為替チャートの見方
  • 為替相場を分析する方法

詳しい勉強手順を以下で紹介しているので、FXを始めたい方は、ぜひ勉強してみてください!

ステップ2:少額投資できるFX口座を開設する

ステップ2では、少額投資できるFX口座を作りましょう。


というのも業者によっては、最低取引単位が1万通貨単位(レバレッジなしで約100万円)と高額なこともあるから。


なおFX初心者には、1,000通貨単位(約4,000円〜)取引可能なFX業者がオススメです。


以下では、とくにオススメのFX業者を紹介しているので、ぜひ確認してみてくださいね!

初心者にオススメのFX会社
  1. なるべく少額で取引したい人:SBI FXトレード
  2. 勉強しながら取り組みたい人:外為どっとコム
  3. 無料セミナーを有効活用したい人:外為オンライン

なるべく低額で取引したい人:SBI FXトレード

SBIFXトレード

SBI FXトレードがオススメな人
  • なるべく少額取引したい人
  • まずは試しにやってみたい人
  • 見やすいツールで取引したい人

「できる限り少額投資できる業者がいい!」という方には、SBI FXトレードが最適です。


SBI FXトレードでは、1通貨単位で取引できるため、約4円からトレードできます。


また見やすさに定評があるスマホツールがあり、スキマ時間に取引したい人にもぴったり。


「まずは試しにチャレンジしてみたい」という方は、SBI FXトレードで口座開設してみてくださいね。

勉強しながら取り組みたい人:外為どっとコム

外為どっとコム

外為どっとコムがオススメな人
  • セミナーで学びたい人
  • 取引コストを節約したい人
  • 豊富な情報配信を活用したい人

「セミナーできちんと勉強したい!」という方なら、外為どっとコムを選ぶとよいですね!


外為どっとコムのセミナー「マネ育FXスクール」は、レベルアップ方式となっているので、スキルアップにぴったり。


またリアルタイムに近いスピードのニュース配信は、情報収集に最適ですね。


「ニュースを活用して有利に取引したい!」という方は、ぜひ外為どっとコムで口座開設してみてください!

無料セミナーを有効活用したい人:外為オンライン

外為オンライン

外為オンラインがオススメな人
  • 無料セミナーを活用したい人
  • 自動売買ツールにも興味がある人
  • トレードする時間が取りにくい人

「無料セミナーを有効活用したい!」という方にオススメなのが、外為オンラインですね!


外為オンラインは「はじめてのFXセミナー」や「FX取引入門セミナー」など、初心者向け無料セミナーが充実しています!


さらに自動売買ツールの「iサイクル2取引」は、時間を取りにくい方にもぴったり。


「限られた時間でもちゃんと利益を出したい!」という方は、ぜひ外為オンラインを使ってみてください!

ステップ3:少額で取引を始める

FX口座を作ったら、少額で取引を始めましょう!


少額で始めれば、負けても繰り返し取引できるため、経験値を貯められます。


経験値が貯めることで、徐々に「勝ちパターン」がわかり、勝ちやすくなりますよ!


なお1回のトレードに使う金額目安は、総資金の1/20程度ですね。


資金20万円なら1万円、資金40万円なら2万円までと、ルールを決めておくとよいでしょう!

公務員がFXで稼ぐための注意点3つ

公務員がFXで稼ぐための注意点3つ

最後に、不要なトラブルを防止するためにも、事前に理解しておくべき注意点を紹介していきますね。


「健全に資産形成したい」と思っている方は、ぜひ確認してみてください!

公務員がFXで稼ぐ注意点

1.必要な申請をしておく

2.税金について理解しておく

3.不必要な職場バレを防ぐ

注意点1:必要な申請をしておく

投資をするために「特定部署・機関」の許可が必要な方は、きちんと申請することをオススメします。


申請せずにバレてしまった場合には、減給や戒告など、処分を受ける可能性もあるから。

そもそも資産形成のために始めたのに、本業収入に悪影響を及ぼしてしまったら、元も子もありませんよね。


職業によって条件が異なるはずなので、副業規定を確認して、トラブル対策をしておきましょう!

注意点2:税金について理解しておく

FXの税率について

FXの利益は、「先物取引に関する雑所得」に該当するので、20.315%の課税対象となります。


事前に理解しておかないと、予定利益を下回ってしまうため、要注意のポイントですね。


またFXで稼ぐと住民税の申告が必要となり、利益が20万円を超えた場合には、確定申告も必要となります。


自分で申請する必要があるので、納税額を計算に入れた上で、取り組むのがオススメです!

注意点3:不必要な職場バレを防ぐ

関係部署への報告は当然ですが、同僚などへ公表するのは、オススメできません。


というのも副業は、「本業でのミス」の原因にされやすいからです。


たとえば、「副業が忙しいから本業でミスするのでは?」といったように詮索されるイメージですね。


また大きく利益が出れば、妬み嫉みの原因になりかねません。


不必要なトラブルを避けるためにも、関係部署への申請だけにとどめておきましょう。

規定に違反しないように資産形成しよう!

規定に違反しないように資産形成しよう!

ご紹介した「公務員がFXを始める3ステップ」を実践すれば、公務員も着実に資産形成できますよ!


最後に、ご紹介した内容をおさらいしておきましょう。

公務員がFXを始める手順
  1. FXの基礎知識を理解する
  2. 少額投資できるFX口座を開設する
  3. 少額で取引を始める
初心者にオススメのFX会社
  1. なるべく少額で取引したい人:SBI FXトレード
  2. 勉強しながら取り組みたい人:外為どっとコム
  3. 無料セミナーを有効活用したい人:外為オンライン

FXを始めてみたいという方は、上記FX会社で口座開設してみてくださいね。


「もっとFXについて詳しく知りたい!」という方は、以下記事でFXの理解を深めてください!