デモトレードは意味がない?デモトレードをフル活用する7ステップ

デモトレードには意味がない?デモトレードをフル活用する7ステップ

この記事で解決できるお悩み
  • デモトレードって意味あるの?
  • デモトレードはやらない方がいい?
  • デモトレードを活用する方法を知りたい!

以上の悩みを解決できる記事を用意しました。


ご紹介する「デモトレードのメリット・デメリット」を読めば、デモトレードをやるべきかどうかがわかりますよ!


最初に「デモトレードには意味がない?」という質問に結論を出しているので、ぜひ読んでみてくださいね。


「すぐにデモトレードを活用する方法が知りたい!」という方は、デモトレードをフル活用する7ステップから読んでください!

デモトレードは意味がない?基礎スキル習得にオススメ

デモトレードは意味がない?基礎スキル習得にオススメ

結論から言って、デモトレードは意味のないツールではありません。


なぜなら完全未経験の初心者にとっては、デモトレードで得られる知識・経験も少なくないから。

デモトレードで得られる知識・経験
  • 基本的な操作スキル
  • 状況に応じた適切な対処方法
  • トレードへの慣れ

一般的に「意味がない」と言われているのは、経験者に対してであり、「完全未経験の人」にとっては当てはまりません。


何もわからない状態で本番に入ったら、不必要な損出リスクを負うことになります。


初心者は、基礎的なスキルをデモトレードで取得して、本番に移行するとよいですね!

デモトレードのメリット4つ

デモトレードのメリット

まずはデモトレードのメリットを4つ紹介していきます!


初心者の成長につながることばかりなので、ひとつずつ確認してみてくださいね。

デモトレードのメリット4つ
  1. 操作ミスの予防につながる
  2. 基礎知識の理解を深められる
  3. 通貨の変動幅を体感できる
  4. 取引手法を検証できる

メリット1:操作ミスの予防につながる

デモトレードでの練習は、操作ミスの予防につながります!


というのもFXの取引画面は、複雑なレイアウトのことも多く、初見で理解できるものではありません。


そのためデモトレードで練習しておけば、操作ミスを予防できて、不要な損出リスクを避けられるんです。


FXの経験がある方以外は、デモトレードで画面操作を試して、慣れてから本番に移行しましょう!

メリット2:基礎知識の理解を深められる

デモトレードを活用すれば、基礎知識の理解を深められますよ。


初心者にとってFX知識は、座学だけで理解できないことも少なくありません。


そのため実践で試した方が、難しい知識も理解できて、成長につながりやすいんですよね。


また言葉だけで覚えていても、取引時にすぐ知識を引き出せるとは限りません。


取引時に活用できないと意味がないので、デモトレードを使って、知識を実践レベルに落とし込みましょう。

メリット3:通貨の変動幅を体感できる

通貨の変動は、何度かエントリーして画面を追わなければ、わかりにくいものです。


そのためデモトレードで試せば、体感的に理解できるので、本番でも冷静に対処できますよ。


また通貨ペアによっても変動幅が大きく異なるため、事前に理解を深めておく必要もありますね。


いきなり本番だと焦ってしまうので、デモトレードで練習して、冷静に判断できるようにしておきましょう!

メリット4:取引手法を検証できる

取引手法を検証できる点も、デモトレードのメリットと言えるでしょう。


架空のお金を使うデモトレードでは、取引で負けてしまっても、損出を被ることがありません。


そのため本番ではできない「リスクが伴う手法」も、デモトレードなら自由に実験できるんですよね。

リスクが伴う手法の一例
  • 普段ならエントリーしないタイミングでエントリー
  • 普段は使わない通貨ペアでトレード
  • 普段は使わない取引スタイルでトレード

初心者向けのメリットが多いですが、経験者にとっても、利用する価値のあるサービスと言えますね!

デモトレードのデメリット3つ

デモトレードのデメリット

以下では、デモトレードのデメリットを3つ紹介していきます!


ひとつずつデメリットへの対処も書いたので、ぜひチェックしてみてください!

デモトレードのデメリット3つ

1.熱量が下がることもある

2.精神的な負荷を経験できない

3.簡単に勝てると勘違いしやすい

デメリット1:熱量が下がることもある

デモトレードをやりすぎてしまうと、熱量が下がってしまうこともあります。


というのもデモトレードでは、リアルマネーが絡まないことから、高揚感を得られません。


なのでデモトレードをやっている方の中には、徐々に飽きてしまい、やめてしまう人も多いんです。


せっかく学んだ知識もムダになってしまうので、ある程度利用したら、少額トレードに移行しましょう。

デメリット2:精神的な負荷を経験できない

デメリット2つ目は、精神的な負荷・緊張感を経験できないことです。


FXのデモトレードでは、実際の利益・損出が関係ないことから、常にリラックスして取引ができます。


そのため、本番で問われる以下の「精神状態」への対処が、学べないんですよね。

  • ムキになって負けを取り返したくなる
  • 損失確定を諦められず損切りできない

  • 煽りの書き込みを見て注文を出したくなる

感覚の違いから負けてしまうこともあるので、本番に移行する際には、少額で慣らしていくとよいですね。

デメリット3:簡単に勝てると勘違いしやすい

デモトレードのデメリットには、簡単に勝てると勘違いしやすいことも挙げられます。


というのもデモトレードでは、精神的な負荷の無さから、ビギナーズラックで勝ててしまうことがあります。


その結果、勝てたことに調子づいてしまい、本番トレードに移行して失敗する方も多いんです。


あくまでデモトレードは練習として、本番に移行する際には、一度気持ちをリセットしておくとよいですね!

デモトレードを最大限活用するコツ2つ

デモトレードを最大限活用するコツ

以下では、「デモトレードを最大限活用するコツ」を2つ紹介していきます!


デモトレードにありがちな失敗を防止できるので、ひとつずつチェックしてみてくださいね。

デモトレードを最大限活用するコツ
  1. すぐに少額トレードに移行する
  2. 本番でおこる「誤差」を想定する

コツ1:すぐに少額トレードに移行する

デモトレードでの練習を活かすためには、すぐに少額トレードに移行するのがオススメです。


なぜならデモトレードのやりすぎには、以下のようなデメリットがあるから。

デモトレードやりすぎのデメリット

・モチベーションが低下する

・スキルアップしたと勘違いしやすい

たとえばリアルマネーが絡まないことから、モチベーションが低下し、挫折につながることもあります。


勝つためには本番の経験値が重要になるので、あくまで基礎練習ツールと捉えて、なるべく早く卒業しましょうね。

コツ2:本番でおこる「誤差」を想定する

デモトレードを活用する上では、本番でおこる「誤差」を想定するとよいですね。


というのもデモトレードには、本場で発生する以下の「誤差」が存在しません。

  • スリッページが発生する:「注文価格」と「約定価格」の差のこと。本番トレードでは、市場での決済完了までにタイムラグがある。
  • スプレッドが開く:毎回の取引で支払う手数料。本場トレードでは、取引回数が多い時間帯にスプレッドが開く。

そのためデモトレードと本番での利益は、全く同じ計算になるわけではないんですよね。


理解しておかないと、思ったように稼げない可能性があるので、誤差を想定して取引にのぞみましょう。

【デモトレードの比較表】無料利用できるオススメ5社

【デモトレードの比較表】無料利用できるオススメ5社

FXの教科書(当サイト)のオススメは、外為オンラインだぞ!登録が簡単で、無制限利用できるから、初心者にぴったりだな!
FX会社利用
開始
まで
登録
情報
スマホアプリ無料利用
期間
評判
androidios
外為オンライン
公式ページを見る
花丸

30秒

メアド
のみ

無制限
詳しくみる
DMMFX
公式ページを見る

30秒

メアド
のみ

3ヶ月
詳しくみる
YJFX!
公式ページを見る

30秒

メアド
その他

1ヶ月
詳しくみる
外為どっとコム
公式ページを見る

120秒

メアド
その他

90日
詳しくみる
FXブロードネット
公式ページを見る

180秒

メアド
のみ

無期限
詳しくみる

初心者がデモトレードをフル活用する7ステップ

デモトレードをフル活用する7ステップ

以下では、デモトレードを最大限活用できる手順を、7ステップで紹介していきます!


万全の状態で本番トレードにのぞみたい方は、ぜひ実践してみてくださいね!

デモトレードをフル活用する7ステップ
  1. 使いやすいデモトレードに登録する
  2. 取引画面の使い方・意味を理解する
  3. 注文方法を全て試す
  4. 取引スタイルを全て試す
  5. さまざまな通貨ペアを試す
  6. 損切り・利食いを試す
  7. 大勝・大敗を経験する

ステップ1:使いやすいデモトレードに登録する

ステップ1では、初心者向けの「使いやすいデモトレード」に登録しましょう。


なおデモトレードは、以下の基準をもとにして選ぶのがオススメです。

  • 本番トレードと同様の操作ができるか
  • スマホアプリの画面は使いやすいか

  • デモトレード利用期限は十分にあるか

練習しても画面が違ったら意味がないので、「本番と同様の操作ができるか」は、特に重要なポイントですね。


以下ではご紹介した基準をもとに、「初心者にオススメのデモトレード」をまとめたので、ぜひチェックしてみてくださいね。

初心者にオススメのデモトレード
  • 無料セミナーで学びたい人:外為オンライン
  • 見やすいチャート画面がいい人:DMMFX
  • スキマ時間にトレードしたい人:YJFX!

無料セミナーで学びたい人:外為オンライン

外為オンライン

外為オンラインがオススメの人
  • 無料セミナーで学びたい人
  • 本番では少額取引したい人
  • 自動売買も使ってみたい人

無料セミナーを活用して学びたい人には、外為オンラインがオススメですね!


外為オンラインでは、「はじめてのFXセミナー」や「FX取引入門セミナー」など、無料セミナーが充実していますよ。


また1,000通貨単位からトレードできるため、本番では少額取引したい人にもぴったり。


「セミナーも使ってスキルアップしたい!」という方は、ぜひ外為オンラインを使ってみてくださいね!

見やすいチャート画面がいい人:DMM FX

DMMFX

DMM FXがオススメの人
  • 見やすいチャート画面を使いたい人
  • パソコンとスマホを使い分けたい人
  • 人気のあるFX会社を使いたい人

見やすいチャート画面を使いたい人には、DMM FXがぴったりですね。


デモトレードは3種類あり、PC・タブレットには「DMM  FX DEMO/STANDARD」スマホには「DMM FX VIRTUAL」がオススメ。


またデザインが先進的であり、トレーダーから「画面の見やすさ」を高く評価されています。


「ストレスなくFXをやりたい!」という方は、ぜひDMM FXを選んでみてくださいね。

スキマ時間にトレードしたい人:YJFX!

YJFX!

YJFX!がオススメの人
  • スキマ時間にトレードしたい人
  • 信頼度の高いFX会社を使いたい人
  • 本番では1,000通貨単位でトレードしたい人

スキマ時間にトレードしたい人には、YJFX!がぴったりですね!


YJFX!のスマホアプリ「Cymo」は、画面がわかりやすいことから、外出先での利用にオススメです。


また業界最大手であるヤフーグループが運営していて、サポート体制に高い評価を得ています。


「スマホを中心にトレードしたい!」という方は、ぜひYJFX!を使ってみてください!

ステップ2:取引画面の使い方・意味を確認する

デモトレードに登録したら、まずは「取引画面の使い方・意味」を理解しましょう。


なぜなら使い方や意味を理解しておけば、本番での操作ミスによる失敗を防げるからです。


特にFX初心者は、以下の表示・機能の理解を深めておくとよいですね。

  • 為替レートの見方
  • 売り買いの注文の操作方法

  • 取引する金額の入力方法

  • 取引する金額の最小単位

  • 「注文成立時」「注文不成立時」の表示の違い

  • 注文履歴を確認する方法

  • 注文状態を確認する方法

  • 口座残高を確認する方法

知らないと「凡ミス」につながる恐れがあるので、ひとつずつチェックしてみてください!

ステップ3:注文方法を全て試す

デモトレードで練習する際には、注文方法を全て試しておくとよいですね。


なぜなら、状況ごとに注文方法を使い分けられれば、優位性の高いトレードができるから。


なおFX初心者は、以下の注文方法を試しておきましょう!

  • 成行注文:値段指定をしない注文方法、すぐに売り買いが成立
  • 指値・逆指値注文:値段指定をする注文方法、希望価格になるまで売り買いが成立しない

  • OCO注文:注文を2つ同時に出す方法、一方が成立したらもう一方は破棄される

  • IFD注文:買い注文・売り注文を同時に出せる方法

  • IFO注文:OCO注文・IFD注文を組み合わせた注文方法

以下の記事で、注文方法の違いを詳しく説明しているので、あわせて確認してみてくださいね。

ステップ4:取引スタイルを全て試す

ステップ4まできたら、取引スタイルを全て試してみましょう。


というのも取引スタイルには、生活スタイルごとに「合う合わない」があります。


そのため一通り試しておけば、最適な取引スタイルが見つかって、本番でも勝ちやすくなりますよ。

お金をかけて試すのはもったいないので、ノーリスクのデモトレードで、合うやり方を確認しておきましょうね!

ステップ5:さまざまな通貨ペアを試す

FXデモトレードでは、さまざまな通貨ペアを試しておくのもオススメです。


なぜなら実際に使ってみることで、通貨の特徴を理解できて、戦略を立てられるようになるから。

通貨ペアの一例
  • 米ドル/円:値動きが穏やか、初心者にオススメ!
  • 英ポンド/円:短期間で値動きする、リスク高め
  • トルコリラ/円:先進国の経済情勢に強く影響される
  • 南アフリカランド/円:値動きが不安定、リスク高め

たとえば南アフリカランドなどの「不安定な新興国通貨」は、リスクを理解するためにも、利用してみるといいかと。


以下記事で通貨ペアの特徴をまとめたので、まだ理解が浅い方は、チェックしてみてください!

ステップ6:損切り・利食いを試す

安全に本番トレードに移行するためには、損切り・利食いを試しておくとよいですね。

  • 損切り:現在の含み損で決済すること、不必要な損出拡大を防止できる
  • 利食い:現在の含み益で決済すること、利益拡大の狙いすぎによる失敗を防止できる

上記決済をやっておくべき理由は、ある程度経験がないとタイミングの判断がつかないから。


特に損切りタイミングを間違える失敗は、初心者に一番多い失敗パターンと言われています。


実際のお金で試すにはリスクが高いので、デモトレードで慣らして、本番で失敗しないようにしましょう。

ステップ7:大勝・大敗を経験する

最後のステップでは、大勝・大敗を経験しておきましょう。


大勝・大敗を経験すべき理由は、稼ぐために重要なマインドを身につけられるからですね。

  • 大勝:計算通りに勝てた嬉しさから、ロジカルなトレードに前向きになる
  • 大敗:計算が外れて負けた悔しさから、分析・検証に前向きになる

実際に身を持って経験しないと、深く考えたり反省したりすることは、なかなかできないものです。


重要なマインドが身につけば、効率的に成長できるので、ぜひ実践してみてくださいね。

デモトレードをフル活用して稼げるトレーダーを目指そう!

デモトレードをフル活用して稼げるトレーダーを目指そう!

ご紹介した「デモトレードをフル活用する7ステップ」を実践すれば、最適な流れで本番トレードへ移行できますよ!


最後に、ご紹介した内容をおさらいしておきましょう。

デモトレードをフル活用する7ステップ
  1. 使いやすいデモトレードに登録する
  2. 取引画面の使い方・意味を理解する
  3. 注文方法を全て試す
  4. 取引スタイルを全て試す
  5. さまざまな通貨ペアを試す
  6. 損切り・利食いを試す
  7. 大勝・大敗を経験する
初心者にオススメのデモトレード
  • 無料セミナーで学びたい人:外為オンライン
  • 見やすいチャート画面がいい人:DMM FX
  • スキマ時間にトレードしたい人:YJFX!

まだデモトレードに登録していない方は、上記FX会社で利用手続きをしてみてくださいね!