FXで損切りできるようになるコツ3つ!損切りしない手法の失敗談も紹介

損切りしないと危険ってホント?

この記事で解決できるお悩み
  • FXで損切りをしなくても利益が戻ってきそうだけどどうしようかな?
  • 損切りが必要な理由を知るためにはどうしたらいいの?
  • どういう時に損切りすればいい?

 といった悩みを解決できる記事になっています。


この記事で解説する「損切りの必要性3点」を理解すれば、FX初心者でも正しい損切りができます。


なぜなら、私もこの方法で、損失ばっかり出てしまうから損切りしたくないという悩みを解決できたからです。


それでは、以下で「損切りの基礎知識と損切りをする理由」について紹介します。

そもそも損切りとは?

損失をくい止めること損切りとは、自分の資産が減る可能性をなくす行為です。


自分の資産がそれ以上減らなくなる理由は、損失がずるずる広がっていく状態から解放されるからで、損切りを実行すると自分の資産を守れます。


損切りをしない投資家は、自分の資産が減る可能性がずっと続きます。

FXではなぜ損切りが必要なのか

FXのロスカットについて

FXには強制ロスカット(大きな損失が決済される機能)があるので、損切りが必要です。


ロスカットされると、証拠金を全額失ってしまうので、損失を極力抑えてトータルで儲けるためには早めの損切りが必要不可欠です。


初心者がそのテクニックを身につける手段としては、ロスカットについて詳しく学ぶのが効果的です。


※ロスカットの仕組みについて詳しく知りたい方は、以下のリンクを参照してください。

FXでどうしても損切りをしたくないなら

損切りをしたくない場合はどうする?

FXで損切りしない方法を選ぶと、難易度が高くなるうえに、デメリットが大きくなります。


なぜなら、「損失は戻るまで待って、利益は早く確定したい」の心理に流されて、損大利小になりやすいからです。


初心者が自分の気持ちにしたがってトレードをすることで、以下の損切りをしない方法のいずれかに該当します。 

  • レバレッジを低くする
  • ひたすら塩漬け

損切りしない方法1:レバレッジを低くする

レバレッジを1~3倍までに抑えると、すぐに損切りする必要は無くなります。


低レバレッジにする理由は、リーマンショックのような大暴落に備えるためで、10円動いても強制ロスカットされない状態にするのです。


損切りしたくない方は、一つの解決策にはなります。

【注意】コツコツドカンの可能性

歴史的な○○ショック(トルコリラショックなど)に対応するといっても、低レバレッジに抑えるだけでは限界があります。


なぜなら、そういった大暴落あるいは大暴騰は、予期せぬときに個人の予想を上回る大きな変動をみせるからです。


損切りしないまま勝ち続けてきた投資家が、大相場でコツコツ稼いだ利益をドカンと失って退場するエピソードは、FXの業界でよくあります。

損切りしない方法2:ひたすら塩漬け

自分が持っているポジションをひたすら塩漬けするのも、損切りしない方法の1つです。


損切りをせずに含み益になるまで待てば、少しずつ利益を上げられる点が根拠になっています。


初心者が必ず通る道で、その塩漬けから何を学ぶのかでその後の明暗が分かれます。

【注意】いつ含み益になるのかわからない

塩漬けにした場合、いつ利益が出るのか誰にもわかりません。


相場の流れが自分のポジションと逆方向に進んでいる状況では、いつどれぐらいでトレンドが変わるのかを読めない点が、断言できない理由です。


初心者が損切りできずに塩漬けしたら、1週間待っても含み益にならず、むしろ含み損が倍以上になる事態もありえます。


塩漬けにするよりは、普通にトレードしたほうが稼ぐ可能性はUPします。

FXトレーダーの大半が損切りをする理由3つ

損切りが大事な理由3つを解説世の中のFXトレーダーが「損切りは絶対すべき!」と勧めるのは、きちんとした理由があります。


以下の3つの理由を理解すれば、相場で生き残っているトレーダーの大半が損切りをしている事実を受け入れられます。

  • レートが戻る保証がないから
  • 大暴落の危険性があるから
  • 少しの値動きでも大きな損失に繋がるから


過去のFXトレーダーが築いてきたロジックに、しっかりと向き合う点が大事です。


それでは詳しく説明していきます。

理由1:レートが戻る保証がないから

相場は売買の結果で動いており、レートが戻る保証はありません。


損切りをする最大の理由はレートが戻ってこない場合のリスクを排除するで、ただただ損失が膨れ上がってしまう可能性を潰すのです。


下落し始めたチャートがいつまで下落するかは、たとえ専業トレーダーであっても読めません。


上昇し始めたチャートについても同じ話で、「そろそろ天井かも?」とフィーリングだけで売ったら、高値の更新によって担がれます。

理由2:大暴落の危険性があるから

外国為替には、突然の大暴落の危険性があります。


なぜなら、世界では活発に経済活動や外交が行われていて、政情不安や経済指標の悪化によって特定の通貨の価値が変わるからです。


2018年8月のトルコリラの大暴落では、個人の投資家がイメージしていた水準を軽々と超えていきました。


為替レートの暴走による大損失を防ぐ方法こそ、含み損の方向へ力強く動きだした段階での損切りです。

理由3:少しの値動きでも大きな損失につながるから

預けている資金よりも大きな取引が可能なFXは、少しの値動きでも大きな損失を被ります。


レバレッジを効かせているとき(特にハイレバレッジ)は、自分では手に負えない損失となる可能性があるのです。


FXで長く生き残っているベテランの投資家は、自分が管理可能な範囲の損失に抑えるために損切りをためらいません

FXで損切りしない場合の失敗談

損切りしなかった人の体験談を紹介

損切りせずに損失を出してしまった人、人生がどん底になってしまった人の体験談を3つ紹介します。

442 名前:701 ◆zn05JVP3P. [] 投稿日:2009/07/19(日) 09:41:36ID:cDc5PSrrQ
皆さんお久しぶりです
三日連続的にロスカットになり資金が完全に無くなりました
消費者金融の方と話しあいましたが分割返済は認められないみたいなので
昨日話し合って妻とは離婚するこ とにしました
娘は妻が引き取ることになります 

我が人生完全に八方塞がりですね
残念です
さようなら

損切りをせず、ロスカットに合って離婚・・・ロスカットに合う前に損切りしておけば・・・

根拠のない判断で取引を続けることは絶対ダメですね!潔く損切りをしましょう。

 

450万円がこんな一瞬で・・・損切りの重要性がわかりますね。

FXで損切りできるようになるコツ3つ

なかなか損切りができない人向けの対策初心者がFXで損切りするようになるには、以下の3つのコツを実践しましょう。

  • コツ1:サポートラインを引く
  • コツ2:逆指値注文を入れる
  • コツ3:取引通貨量を小さくする

判断する基準をラインとして表示させながら、損切りができない理由をなくす点が大切です。


順番に考えていくと、FXの初心者でもトレードのときにすんなりと損切りできます。


それでは詳しく説明していきます。

コツ1:サポートラインを引く

チャートの画面にサポートラインを引く点が、損切りのコツ1です。


サポートラインを引く理由は、「この値まできたら損切りする」と明確な損切りポイントがわかるからで、何もないよりも損切りしやすくなります。


一般的な損切りの基準は、余裕をもたせるためにサポートラインの少し外側です。

コツ2:逆指値注文を入れる

損切りするポイントがわかったら、次に逆指値注文を入れましょう。


逆指値注文を入れる理由は、投資家のメンタルに関係なく、強制的に損切りを実行してくれるからです。


FX業者のシステムが遂行するので、気が弱い人でもあまりメンタルに影響しません。


逆指値注文をうまく扱うために、逆指値の勉強もしておくのがオススメです。


※逆指値注文について詳しく知りたい方は、以下のリンクを参照してください。

コツ3:取引通貨量を小さくする

トレードのときの取引通貨量を小さくする点が、3番目のコツになります。


なぜなら、取引通貨量が大きいと、損切り自体をためらってしまい、せっかくの逆指値注文を変更してしまうからです。


たとえば、1万通貨では含み損が大きすぎてムリでも、1,000通貨なら少額の含み損になるから、損切りしやすくなります。

損切りしない人から損切りする人になろう!

損切りすれば損失が増えることはない上記で紹介した「FXで損切りできるようになるコツ3つ」を実践すると、今後は損切りをしなくても利益が戻ってくるのではないかで悩むことは一切なくなり、きちんとした見極めによる損切りをすることができます。


最後にもう一度、内容を確認しましょう。

まとめ
  • 損切りしない場合には大損をする
  • コツ3つを実践するとFXの損切りを習得できる
  • 損切りを意識したFXのトレードで資金が増加する

「慣れないし、めんどうだな」と最初は思うかもしれませんが、一度身につけてしまえば、FXで損小利大の取引を続けられる、正しい損切りができるようになります。


※FXで損切りの経験を積む方法は、本番と同じ取引ができるデモトレードがおすすめです。参考記事はこちら。