FX レバレッジ10倍にいつから規制?背景とロスカットせずに稼ぐコツ3つ

レバレッジ規制で今後はどうなる?

この記事で解決できるお悩み
  • いつ頃レバレッジが10倍に規制強化されるの?
  • 10倍に規制されたらどうしたらいいの?
  • 最大レバレッジ10倍だとなにが変わる?

 といった悩みを解決できる記事になっています。


この記事で解説する「レバレッジ規制の背景と対策」を覚えておけば、FX歴が浅い方でも安全にFX取引ができます


なぜなら私もレバレッジ10倍になった後の対策ができたからです。


それでは以下で、レバレッジ規制の基礎段階から解説していきます。

FXレバレッジ最大10倍引き下げ規制について

レバレッジ最大10倍に引き下げ現在、レバレッジの引き下げが検討されています。


近い将来、レバレッジが最大25倍から最大10倍まで引き下げられる可能性があります。


理由は、外国為替相場が急変動した場合、予想を超える損失を抱えるリスクが高まっていると判断されたからです。


そのため、規制を強化して市場の混乱を防ぐ目的があります。

なぜ金融庁はレバレッジの規制強化に乗り出したのか

1998年に外国為替取引が完全自由化され、年々取引額は増加しています。


取引業者には投資家の資金を守るため、ロスカット制度が設けられていますが、金融庁はロスカット制度のみでは不十分との見解です。


外国為替相場が変動した場合、個人投資家や金融機関が想定を超える損失を抱えるリスクが高まるので、規制強化に乗り出そうとしているのです。

いつからレバレッジ最大10倍になるのか

今回の有識者討論会では投資家の猛反対により、レバレッジ10倍への規制は見送りになりました。


しかしこれは、「厳格化かつ適正なストレステストを行う」条件付きの見送りとなります。


つまり、今までは問題視されてこなかったリスクに対して、しっかりと対応可能なようにしておかなければならないのです。


今後再検討が行われる可能性は十分考えられるので、今から対策をとっておきましょう。

FXレバレッジ10倍引き下げが見送られている理由3つ

レバレッジ最大10倍になる理由とは?

現在、レバレッジが最大10倍に引き下げられようとしていますが、今のところ見送られています。


その理由は以下の3つです。

見送られている理由3つ
  1. 今実行する理由がないから
  2. FXが衰退する可能性があるから
  3. FX会社のトップが猛反対したから

それでは以下で詳しく説明していきます。

理由1:今実行する理由がないから

最近の相場はゴルディロックス相場(過熱せず冷めすぎてもいない状況)と言われるように、ボラティリティー(資産価格の変動の激しさを表すパラメータ)が低くなっています。


不足金発生数(借金)などが減少しているので、今レバレッジを10倍に強化して、FX会社から税収を減らす理由がないからです。

理由2:FX業界が衰退する可能性があるから

最近は仮想通貨が流行しており、FXでレバレッジ規制をしてしまうと仮想通貨にトレーダーが流れ、FXのトレーダー人口自体が減少してしまいます。


その結果、為替業界自体が衰退してしまうと考えているためです。

理由3:FX会社のトップが猛反対したから

レバレッジ制限は、2010年8月に50倍、翌年2011年8月からは25倍以下に引き下げられています。


さらに2017年からは、法人のFX取引についてもレバレッジを規制することは決められました。


今回の「10倍に引き下げ」に関しては、セントラル短資FXの社長、GMOクリック証券の社長、SBI証券の取締役、FX業界のトップが異例の反論をしたため、見送りと決断されました。

レバレッジ10倍にするメリット4つ

レバレッジ最大10倍のメリット4点近い将来レバレッジが最大10倍になる可能性はあります。


いつレバレッジが引き下げられてもいいように、レバレッジ最大10倍になった場合のメリット4つを紹介します。

レバレッジ10倍のメリット4つ
  1. 利益率が高い
  2. どのトレードスタイルでも相性がいい
  3. リスクはあまり高くない
  4. ロスカットが起こりづらい

メリット1:利益率が高い

レバレッジが10倍の場合、FXの口座内にある資金の10倍の金額の取引を行えます。


例えば、下の例で見てみましょう。

100万円証拠金がある場合

  1. 100万円×10倍=1,000万円分の取引が可能
  2. 1ドル100円の場合、1,000万円に相当する10万ドルを購入
  3. 2018年に起きた10円の変動を考えると、10円の変動率×10万ドル=100万円の利益がでる

結果、100万円の証拠金で100万円の利益が出ると利益率100%になります。


この期待リターンの高さがレバレッジ10倍の人気を支えています。

メリット2:どのトレードスタイルでも相性がいい

上記の通り長期のスイングトレードでも、1年間で100%の利益が見込めます。


短期トレードではどうでしょうか。

100万円の証拠金がある場合

  1. レバレッジ10倍で1,000万円に相当する10万ドルを購入
  2. 10万ドルを保有しているので、先ほどと同じように、1日で10万円の利益が出る


結果、100万円の証拠金で10万円の利益が発生すると、10%の利益率となります。


これを1ヶ月、20日続けていくと複利のおかげで証拠金も増えていきます

メリット3:リスクはあまり高くない

レバレッジは効率よく資金を回転できますが、その分リスクもついてきます。


この損失リスクもレバレッジ10倍であれば怖くありません。


たとえば100万円の証拠金とレバレッジ10倍で10万ドルを購入したとします。


もし1円下がってしまった場合、10万円の損失が出ます。


10万円の損失は大きいですが資金に対しての10%なので、その後十分に回復できます。


レバレッジ10倍では、借金を負うリスクが限りなく低いのが魅力の1つです。

メリット4:ロスカットが起こりづらい

ロスカットとは、証券会社が投資家の保護を目的として、強制的にする保有中の通貨の決済です。


FX口座内の証拠金が一定率を下回ると、これ以上の損失を避けるために業者側の判断で行われます。


ロスカットのタイミングは、FXの業者が設定した金額を下回った時に自動で行われます。


2000年以降の1日の最大変動額から考えても、レバレッジを10倍に引き下げると、過去のデータ上は即日でのロスカットは99%起こり得ません

レバレッジ10倍のデメリット2つ

最大10倍になるデメリット2点ここからは、今後レバレッジが10倍に引き下げられた場合、どんなデメリットがあるのかを確認してみましょう。


レバレッジ10倍のデメリットは以下の2つです。

デメリット2つ
  1. 利益額が変わってくる
  2. 多額の準備資金が必要になる

それでは以下で詳しく説明していきます。

デメリット1:利益額が変わってくる

レバレッジが25倍の時と10倍に変更された場合を比べてみましょう。

  • 100万円×レバレッジ25倍=2,500万円
  • 100万円×レバレッジ10倍=1,000万円

同じ100万円の証拠金ですが、レバレッジの効果により2.5倍も投資可能な金額が少なくなってしまい、今までよりも利益を得にくくなってしまいます。

デメリット2:多額の準備資金が必要になる

資金が少ない個人投資家にとっては、少ない資金からでも始められて、大きく稼げるところがFXのレバレッジの魅力でした。


もし10倍に引き下げられてしまったら、100万円の投資をするために、4万円で足りていたのが10万円必要になってしまいます。

FXレバレッジ10倍で効果的に取引するコツ3つ

レバレッジ10倍で稼ぐための秘訣3つ

レバレッジ10倍で取引する場合、コツが以下の3つあります。

コツ3つ
  1. 損切りを設定しておく
  2. アラート機能のあるFX会社を使う
  3. 法人口座を持っておく

それでは詳しく説明していきます。

コツ1:損切りを設定しておく

損切りはあらかじめ損失額を決めておける設定であり、暴落・暴騰のリスクに対応できます。


いつ何が起こるかわからないので必ず設定しておきましょう。


基本的には、損切りを資金の2%で設定しておくのがオススメですよ!

コツ2:アラート機能のあるFX会社を使う!

 FXの相場は24時間動いています。


為替相場に影響を大きく与えるような指標発表、要人発言などがあった時は想定以上に動く場合があります。


そんなときは、アラート機能のあるFX会社で取引すれば、自分が注文したい値段になったときに教えてくれるので、有効的に取引できます。


アラート機能が優秀なおすすめFX会社2つを以下で紹介します。

おすすめFX会社1:FXプライム byGMO

FXプライムのスリッページは優秀

向いている人
  • 低資金で取引したい人
  • スキャルピングをしたい人
  • 約定力が高いFX会社が良い人

FXプライムbyGMOでは売買シグナルの発生時、ニュースのお知らせ、などに音声で通知してくれます。


また不要な場合は音声をオフにして必要なアラートだけ鳴るようにできます。


また、スマホのアプリとして以下のような『外為ウォッチ』があります。

  • レート通知:指定したレートに到達した際にお知らせ通知 
  • ボラリティ通知:急な為替相場の変動を知らせる通知
  • シグナル通知:売買シグナルを伝える通知

 さまざまな通知を受け取ったあとは、連動するアプリから操作画面に切り替えて素早く取引できます。

おすすめFX会社2:YJFX!

少額でFXプロトレーダーになりたい人が使うべきYJFX!

向いている人
  • 低コストで取引したい人
  • 大手が運営しているFX口座が良い人
  • 使いやすいスマホアプリを使用したい人

YJFX!が提供しているアプリの『Cymo』にはプッシュ機能があり、設定した項目が発生した際にお知らせしてくれます。


11項目にもわかれており、人気なものとして、

  • リミッター通知:約定通知の他に指定したレートに到達した際に知らせてくれる

  • シグナル通知:シグナルが発生した場合に通知される

  • 相場変動通知

などがあります。


FXトレーダーからも人気が高いFX会社で、スマホで取引したい人や低コストで取引したい人には最適ですよ。

コツ3:法人口座を持っておく

1つの方法として法人口座を持っておく選択肢もあります。法人口座のメリットは以下のとおりです。

  • 最大レバレッジ25倍で取引可能
  • 最大9年までの赤字を繰り越せる
  • 経費の範囲が広がり、節税対策になる 

年間を通して数100万円の安定した収入を得ている場合は、法人化して役員報酬として受け取るほうが多くのメリットを享受できます。


※『FX法人口座』に関する詳しい内容は、下記をご覧ください!

FXレバレッジ10倍に対応しよう!

レバレッジ10倍にも対応しよう!ここまで解説したとおり「レバレッジ規制」について知ることにより、規制後の対策を理解した状態で、レバレッジを活用した安全なFX取引ができます。


最後に記事のポイントをまとめます。

レバレッジ規制対策まとめ
  • 損切りを設定しておく
  • アラート機能のあるFX会社を使う
  • 法人口座を持っておく
アラート機能があるオススメFX会社2つ

はじめは「できるようになるかな」と不安があるかもしれませんが、読み返して整理することでより深く理解し、規制後のレバレッジでもFX取引ができるよう準備しておきましょう。


将来的にはレバレッジが10倍に規制強化される可能性はあるので、高レバレッジで取引をしている方は、10倍にも対応できるようにしておくことが大切です。


※レバレッジのリスクを回避する方法があるので、詳しく知りたい方は下記の記事をご参照ください。