銀行員が図解で解説!FXで勝率を高めるチャート分析2つとポイント3つ

この記事で解決できる悩み
  • FXでチャート分析したほうがいいの?
  • FX初心者はどうやってチャート分析すればいいの?
  • チャート分析の際の注意点が知りたい

といった悩みを解決できる記事です。元大手信託銀行員のクニトミが解説しますね!


銀行員時代は『投資信託、外貨運用、不動産、税金、遺言、相続』の6つの観点で、金融資産1〜5億のお客さまへのコンサルティングを行なってました。


この記事で解説する「チャート分析のポイント3つ」を理解すれば、FX初心者でもチャート分析の大切さが実感できます。

それでは銀行員目線で、チャート分析の「具体的な分析方法・ステップ」について紹介しますね。

FXチャート分析のメリット3つ!

FXのチャート分析 メリット3つ

前提として、チャート分析とは、過去の相場の動きにもとづいて将来の相場の動きを予測する手法をいいます。

FXでは、チャート分析ができれば有利に立てます。

なぜなら、売りや買いのタイミングがわかるだけでなく、通常では知り得ない最新の情報がわかるからです。


それでは具体的に見ていきましょう。

チャート分析のメリット1:売買タイミングが分かる

チャートおすすめ 移動平均線

チャートの代表的な存在である「移動平均線」を使えば、売買のタイミングがわかるようになります。

例えば、下記のようなタイミングがあります。

ゴールデンクロス…短期の移動平均線が長期の移動平均線を下から上に抜けるポイントは、買いのサイン

デッドクロス…短期の移動平均線が長期の移動平均線を上から下に抜けるポイントは、売りのサイン

上記のサインを見分けられれば、FX初心者でも簡単に売買タイミングを見つけられ、稼ぎやすくなるのです。

あとの見出し「分析方法」で詳しく解説するよ!

チャート分析のメリット2:情報のキャッチアップが早い

チャートが分析できれば、個人では理解しにくい難しい経済ニュースを追う必要もなくなります。(ニュースを追う姿勢は必要です。)

なぜならチャートの動きには良いものも悪いものも、すべてのニュースが織り込まれるからです。

そのためチャートを見ていて異変に気づけば、いち早く利益を得たり、損失が少ないうちに損切りできリスク回避に繋がります。

チャート分析のメリット3:勝率を上げれる

すでに「チャート分析の目的は将来の予測」と説明しましたが、正確には現状でわかるエッジ(優位性)の感知です。

エッジとは「多くのトレーダーの注文が集中し、レートが動きやすいポイント」をいいます。

チャート分析を使って、いかに早く正確にエッジを見つけ出すかが、勝率を上げるコツだよ。

FXチャート分析するおすすめ方法2つ

FXのチャート分析 方法は2つある!

FXチャートの分析方法でおすすめなのが、下記の2パターンです。

  • インジケータ系
  • オシレータ系

下記で図解を使い、わかりやすく解説しますね。

インジケータ系で分析する

チャートおすすめ ゴールデンクロスとデッドクロス

インジケータ系の指標のひとつである「移動平均線」の使い方の例として「ゴールデンクロス」を紹介します。

これは、短期の移動平均線が長期の移動平均線を上抜けするのがポイントで、買いのサインとして使います。

しかし、「だまし」の場合はゴールデンクロスが出ても必ずしも上昇しないため、過信しないよう注意しましょう。

相場が上がるか下がるか

実際にチャート分析をすれば、相場のトレンドが掴めます。

たとえば、右肩上がりの上昇トレンドなのか、右肩下がりの下降トレンドなのか、トレンドに勢いがあるかなどです。

トレンドが発生しているときにトレードすれば、初心者でも稼ぎやすいので、初心者はトレンドがわかる指標で売買しましょう!

オシレータ系で分析する

FXのチャート分析で重要なRSIとは?

引用:FXブロードネット 

オシレータ系とは、今の相場が「買われすぎ」なのか「売られすぎ」なのか、相場の過熱感を測る指標です。

そのひとつである「RSI」は、相場の過熱感を0~100%の間で表します。

一般的には、70%以上で買われすぎ、30%以下で売られすぎだと考えられます。

RSIは、相場の転換点を掴むために有効な指標として使われています。

相場は買われているか売られているか

オシレータ系の指標を使えば、為替の絶対水準とは無関係に、今の相場が買われすぎなのか売られすぎなのか判断するのに役立ちます。

どちらかといえば、短期的に大きな為替変動がない局面で活躍する指標だといえます。

オシレータ系の指標は、チャートの下に別枠で表示され、一定の範囲で往復する仕組みです。

 FXチャート分析を身に付ける3ステップ

FXのチャート分析 3ステップで身に付く!

FXのチャート分析を今すぐに使いたい!

と思っても、なかなかすぐには覚えられないため、本番で使用できるまで時間がかかる場合もあると思います。


そのため、FX初心者は下記の3ステップを踏んで、FXのチャート分析をできるようになりましょう。

ステップ1:本でやり方を覚える

まずは、チャート分析の知識を得る手段として、本での勉強をオススメします。

なぜなら、知識としてチャート分析の方法を知らなければ理解できないからです。

注意

ネットの記事やブログでもさまざまなチャート分析手法が掲載されています。

しかし、出典不明であったり情報の信頼性の問題もあるので、信頼性の高い情報が書いてある本を読んでみましょう。


※FXのおすすめの本は以下をご覧ください!

ステップ2:過去のチャートを分析

次に、過去のチャートを使って実際に分析してみましょう。

自分の手で検証すると、本で身につけた分析の知識をうまく使えるか確認できます。

いくら本を読んで勉強しても、インプットだけでは頭でっかちになるだけで、実践を積まなければ勝率アップに繋がりません。

頭に入れた知識が使えるかどうかを、リスクなく検証するということですね!

ステップ3:デモトレードで試す

最後に、FX会社が提供するデモトレードを活用し、実際に分析手法を使ってみましょう。

なぜなら、実践を重ねると勉強した分析手法が身につくからです。

デモトレードの中でひらめいた手法も試せるので、自分に合ったトレードスタイルを無料で発見する絶好のチャンスだといえます。


※FXデモトレード のおすすめに関する詳しい記事は以下をご覧ください。

FXチャート分析をする意味のまとめ

FXのチャート分析手法を実践してみよう

上記で紹介した「チャートの分析手法」を実践すると、今後はチャートの分析手法が分からないと悩むことは一切なくなり、自分で実践して身につけることができます。

最後にもう一度、内容を確認しましょう。

チャート分析のメリット3つ
  • 売買のタイミングが分かる
  • 情報のキャッチアップが早い
  • 勝率が上がる
チャート分析手法の例
  • ゴールデンクロスなどのインジケータ系の指標で、相場のトレンドを判断できる
  • RSIなどのオシレータ系の指標で、相場の過熱感を判断できる
チャート分析を身につけるための3ステップ
  1. 本で勉強する
  2. 過去のチャートを分析する
  3. デモトレードを活用する

「たくさんの分析手法があって、覚えるのが面倒」と最初は思うかもしれませんが、一度身につけてしまえば、FX初心者でも簡単に使えるようになります。