FX複利運用とは?単利との違いや安全に運用するコツ3つと始め方4つを紹介

FX複利運用とは?単利との違いや複利運用するコツ3つを紹介!

この記事で解決できる悩み
  • FXで使う複利運用の意味を知りたい!
  • 複利運用するにはどう使ったらいいのかわからない
  • 複利運用で気をつけることはあるの?

といった悩みを解決できる記事になっています。


この記事で解説する「FXでの複利運用のコツと注意点」を理解すれば、初心者でも安心してFXで複利運用をすることができます。


なぜなら私もこの方法で、FXで複利運用するにはどうすればいいのかわからないといった悩みを解決できたからです。


それでは、以下で「FX複利運用の基本知識と注意するポイント2つ」について紹介します。

FX複利運用とは?

FX複利運用とは?

複利運用とは、FXによって得た利息をそのまま投資金として運用し、徐々に証拠金を増やしていく投資法です。


例えば資金100万円を1年運用して、1万円の利息を得られたとすると、2年目は利息を含めた101万円で運用していくイメージです。


運用する証拠金が増えるので、単利で運用するよりも資金増加の伸び率が大きくなります。

『複利』と『単利』の違い

単利は投資資金の元本に対して利息が発生し、利息を得るものです


しかし複利は元本と利息の両方に対して利息が発生します。


当然、利息とは元本に対しての割合で計算されるので、長い時間運用すると単利よりも複利のほうがどんどん利益が大きくなっていきます。

FX複利運用に向いている人

複利運用はトレード期間を年間単位の長期運用を考えている人が向いています。


なぜなら長期間運用した方がより多くの利息を得られるからです。


短期トレードがメインの人だと、トレード回数を増やせますが、複利運用の恩恵を得られません。


「長期の運用がメインだな」と思う方は、複利運用も手段の1つとして考えてもいいでしょう。

FX複利運用のメリット2つ

FX複利運用のメリット2つ

複利運用は以下のようなメリットがあります。


これからFXで複利運用したい人はしっかりと2つのメリットを覚えておきましょう。

複利運用のメリット
  • 単利と比較するとスワップで利益を出しやすい
  • 勝率を気にしなくてもいい

メリット1:単利と比較するとスワップで利益を出しやすい

単利運用
(レバレッジ2倍)
複利運用
(レバレッジ2倍)
単利と複利の差
初期運用1万通貨1万通貨
10年間で受け取る
トルコリラ
1万通貨約4.97万通貨約3.97万通貨差
10年間で受け取る
スワップポイント
約36.5万円約109.4万円約72.9万円
10年後に保有する
日本円(元本込)
約46.5万円約119.4万円約72.9万円


単利は投資元本に利息が付きますが、複利は「投資元本と利息」に利息が付くので、長期で見ると利益が断然違ってきます。


表はトルコリラが1リラ20円、5000通貨、レバレッジ2倍の条件で10年間運用した場合の単利と複利の比較表です。


単利と複利で受けとるスワップポイントの差は、なんと70万以上にもなるんです。


単利に比べると得られる利益の差が大きいのがわかります。

メリット2:勝率を気にしなくてもいい

勝率が低くてもリスクリワードが良く、全体の割合で勝っているほうが多ければ、利益は残せます。


たとえば、勝率が20%であったとしても、リスクリワードが1対5であれば、資産は増えます。


つまり、勝率を気にしなくても資産を増やせるのが複利運用です。


「リスクリワード」という用語がよくわからない人は以下の記事を参考にしてみてくださいね。

FX複利運用のデメリット2つ

FX複利運用のデメリット2つ

複利運用は、スワップで利益を増やせて勝率をあまり気にしなくても利益を残せるメリットがあります。


一方、複利運用だからこそのデメリットもあります。


これから複利運用するなら、デメリットもちゃんと知ったうえで使いましょう。

複利運用のデメリット
  • 得た利息も無くなる可能性有り
  • 徐々にメンタルに影響が出る

デメリット1:得た利息も無くなる可能性有り

先ほど説明したように、複利運用は得た利息も運用資金に組み込まれます。


そのためファンダメンタルズ要因などで一気にチャートが動くと、大きな損切りになる可能性があります。


せっかく複利運用でコツコツと稼いでいたとしても、利息もろとも無くなってしまう可能性もあるので注意が必要です。

デメリット2:徐々にメンタルに影響が出る

利益が出れば出るほど、運用資金が増えるので、複利だと運用する額が大きくなります。


しかし運用額が大きければ、少し相場が動いただけで含み損の額も大きくなります。


損切や損失に対する恐怖心が増えてしまうので、利益を出せてもメンタルに影響が出てしまうのです。

FXで複利運用をするコツ3つ

FXで複利運用をするコツ3つ

複利運用を始めた当初は大変ですが、以下の3つのコツをつかんでおけば複利運用がしやすくなります。


しっかり理解をしたうえで複利運用を活用しましょう。

複利運用のコツ
  • 資金管理を徹底する
  • 損失になってもOKな額をルール化する
  • 複数の通貨に投資を分散させる

コツ1:資金管理を徹底する

FXでは資金管理が大変重要になってきます。

負けトレードのときに取引通貨数量を減らしたりすれば、連敗したときに一気に資金がなくなるリスクを回避できます。


自分の資金とそれに見合う取引通貨数量を調節して資金管理を行いましょう。


※『FX 資金管理』に関する詳しい内容は、下記をご覧ください!

コツ2:損失になってもOKな額をルール化する

適切な取引通貨数量とはどれくらいでしょうか?


1回のトレードで投資元本の50%も損失を出してしまえば、投資資金がドカンとなくなってしまいます。


投資家の中で、一般的なリスク設定の基準としては、元本の2〜5%の間と言われています。


損失は投資元本の2〜5%に抑えられるようルール化しておきましょう。

コツ3:複数の通貨に投資を分散させる

1つの通貨で利益が大きければ大きくなるほど、相場が逆に動いたときには、一気に損失を食らう可能性もあります。


そういった事態を未然に防ぐために、複数の通貨に投資を分散させるとリスクヘッジができます。


ただし、動き方が同じような親和性の高い通貨を選ぶとあまり意味がないので注意しましょう。

FXで複利運用を安全に始める4ステップ

FXで複利運用を開始する4ステップ

それでは、具体的に複利運用をするための準備をしていきます。


以下の4ステップを抑えておけば、複利運用を開始したときに大きな失敗を防ぎつつ利益をあげていけます。

複利運用を開始する4ステップ
  1. 目標を設定する
  2. 複利運用に適したFX会社を選ぶ
  3. エントリーポイントを見定める
  4. 次第にポジションを大きくする

ステップ1:目標を設定する

自分がどのくらいの資金を持っていて、どのくらいの利益を得たいのかあらかじめ目標を定めておきましょう。


目標を決めずに取引をしてしまうと、自分がどれくらいの損失を受け入れられるのか曖昧な状態で取引を続けてしまう場合があります。


そうすると、損失リスクが高まり危険なので、しっかり目標を定めておく点が大切です。

ステップ2:複利運用に適したFX会社を選ぶ

複利運用に適した会社を選ぶことはとても大切です。


適した会社を選ばないと、なかなか利益が積み上げられなかったりします


オススメのFX会社は『SBI FXトレード』『LIGHT FX』『GMOクリック証券』ですが、それぞれ特徴などはのちほど紹介しますね。

ステップ3:エントリーポイントを見定める

複利運用するためには、可能な限り大きい負けをなくす必要があります。


大きな負けをなくすためにも、エントリーポイントを見定めてエントリーしていきましょう。


むやみやたらとエントリーをしても、元金が減っていくだけなので、しっかりと待ってエントリーポイントを絞ってトレードすることが大切です。


※『FX  エントリーポイント』に関する詳しい内容は、下記をご覧ください。

ステップ4:次第にポジションを大きくする

資金が増えてきたら、少しずつポジションを大きくして、より大きな利益を狙っていきましょう。


ただし、いきなりポジションを増やすとリスクが高く、メンタルにも影響が出る可能性があります。


あくまでも資金管理をしながら、少しずつ増やすことが大切です。

ポジションはどのくらい大きくすればいいのか

では、具体的にポジションはどのくらい大きくすればいいのでしょうか?


10万円で10,000通貨運用するとすれば、資金が20万円になったときには20,000通貨運用する、のように自分のリスク許容量に合わせてポジションを上げていくのがいいでしょう。


ただし、ポジションが大きいと損失額も大きくなるので、メンタルとも相談しながら上げてくださいね。

FXで複利運用をするときに選ぶべきFX会社3つ

FXで複利運用をするときに選ぶべきFX会社3つ

複利運用をするときにFX会社を選ぶ基準は「スワップポイントが高い」点と、「最小取引通貨が少ない」点をベースに見て選びましょう。


この基準をクリアしていれば、複利運用のメリットを最大限活かせます。


以下にオススメのFX会社を3つ紹介していきます。

複利運用におすすめのFX会社

おすすめFX会社1:SBI FXトレード

SBIFXトレード

SBI FXトレードに向いている人
  • スワップポイントが基本的に高いFX会社がいい人
  • 大きい通貨単位でFXをするのに慣れていない人
  • 1通貨単位で取引したい人

複利運用だけでなくスワップポイントでも利益を出したい人にはSBI FXトレードがおすすめです。


SBI FXトレードであれば、業界最良水準の高いスワップポイントを誇っているので、スワップでの利益も狙っていけます。


最小取引通貨も1通貨約4円からスタートできますので、少しずつ運用したい人にはおすすめですよ。

おすすめFX会社2:LIGHT FX

LIGHT FX

LIGHT FXが向いている人
  • 高金利通貨を少額で扱ってみたい人
  • 約定率が安定している会社を選びたい人
  • 1,000通貨単位で取引したい人

スワップポイントも高く、トルコリラなどの高金利通貨を扱っています。

高金利通貨だと通常、1万通貨以上でないと運用ができないFX会社が多いですが、LIGHT FXは少額の1,000通貨から始められます。

また、約定率も99.9%と安定しているので、滑ることがないという安心感もあります。


リスクを抑えながら複利運用をするのに適したFX会社ですよ。

おすすめFX会社3:GMOクリック証券

GMOクリック証券

 

GMOクリック証券が向いている人
  • 実績があり、安心できる会社を選びたい人
  • スワップポイントで利益を積みたい人
  • 1万通貨単位で取引したい人

GMOグループは長年金融業を営んできた経験値も高く、FX取引高は7年連続世界第一位の実績もあるので、安心して取引できます。


高いスワップポイントを提供しているほか、多くの通貨ペアで最狭水準のスプレッドを提供しているので、コストを抑えることもできます。

スワップポイントで利益が欲しいけど、実績からくる安心感も欲しい人にオススメです。

FXで複利運用を使う注意点2つ

FXで複利運用を使う注意点2つ

オススメのFX会社を選んで口座を開設したら、いよいよFXで複利運用ができます。


しかし、FXで複利運用を使う場合は以下のような注意点があるので、あらかじめ知ったうえで運用するようにしましょう。

複利運用の注意点
  • 損失にも利息が付く
  • ポジション上げるのが大変

注意点1:損失にも利息が付く

複利運用はうまく利用できれば利益にも利息が付き、さらなる利益を期待できる仕組みです

しかし、仮に損失が出た場合には、損失にも利息が付いてしまいます。


損失が出ているのに同じ取引数量で取引していると、損失がさらに膨らむ可能性があるのです。


取引数量を調節するなどして、損失をしっかりコントロールしましょう。

注意点2:ポジションを上げるタイミング

ポジションを上げると、メンタルに影響が出てきます。


なぜなら、今までより大きい通貨数を取り扱っている緊張感・恐怖感から、損切がつらくなるからです。


ポジションを上げるにはたくさん経験が必要です。


経験を積み、メンタル面でも損切に抵抗がなくなってきたら、ポジションを上げるようにしましょう。

FX複利運用も利用して投資を始めよう!

FX複利運用も利用して投資を始めよう!

長期的なトレードができる人は、FXで複利運用することに向いているので、複利運用でも利益を出すことができます。


上記で紹介した「FXでの複利運用のコツと注意点」を実践すると、今後はFXで複利運用はどうしたらできるのかと悩むことは一切なくなり、安心してFXで複利運用することができます。


最後にもう一度、内容を確認しましょう。

複利運用のおさらい
  • 長期運用ができる人は、複利運用でより多くの利息を得ることができる
  • エントリーポイントは絞り、資金が増えたら少しずつポジションを増やす
  • 複利運用に適した会社でないと、スワップポイントなどであまり利益が上げにくい
複利運用におすすめのFX会社3社
  1. 1通貨から取引可能:SBI FXトレード
  2. 少額で高金利通貨が扱える:LIGHT FX
  3. 取引ツールが使いやすい:GMOクリック証券

「慣れないし、めんどうだな」と最初は思うかもしれませんが、一度身につけてしまえば、FXで複利運用が簡単にできるようになります。


記事でも紹介したように複利運用にはリスク管理がとても大切です。


もっと学びたいという方は、以下に「FXのリスク管理手法」について書いてありますので、参考に読んでみてください。