大学生がFXで失敗しない方法とは?失敗例から学ぶ成功のコツ3つ

大学生がFXで失敗する原因とその解決策

・大学生だけどバイト以外で稼げる方法があるかな?
・FXを始めるなら失敗したくない

と悩んでいる方の悩みを解決できる記事になっています。


この記事で解説する「大学生がFXで失敗しない方法」を理解すれば、FX初心者のやりがちなミスを回避することができます。


なぜなら、私もこの方法でFXトレードの悩みを解決できたからです。


では、大学生がFXを始める前に注意するべきポイントやコツについて詳しく紹介していきます。

大学生がFXで失敗する原因3つ!

大学生がFXで失敗する大きな原因

大学生がFXで失敗する原因は以下3つです。以下で具体的に解説します!

大学生がFXで失敗する原因3つ
  • 遊び半分でFXを行う
  • 損切りをしない
  • 金銭感覚が狂う

大学生のFX失敗の原因1:半分で取り組む

大学生がFXで失敗してしまう一番の原因は、遊び半分で取引を行ってしまう点にあります。

なぜなら学生のうちは遊びの誘惑も多く、自己管理をするのが難しいと感じる人も多いからです。

FXで利益を出すためには日々の分析が重要で、コツコツと経験を積むのが成功への近道です。

そのため自分の中で取引ルールを作って遊びの延長で行う中途半端な取引は、絶対に避けましょう!

大学生のFX失敗の原因2:損切りができず失敗する

損失を最小限にするための「損切り」は、FXで成功するために欠かせません。

なぜならFXの失敗談の多くは「損切りをしない」ことが原因だからです。

しかし多くの学生は会社員と比較すると資金もないため、どうしても損を出さないFXを目指す傾向にあります。

大切なのは、取引の全ての利益が損失を上回ればいいことを忘れないでくださいね!

大学生のFX失敗の原因3:金銭感覚が狂う

大学生でFXを始めて意外と簡単に稼げた方にも、失敗の落とし穴が潜んでいます。

なぜなら、このような成功体験がある場合、それをベースとした金銭感覚を形成しがちだからです。

この経験があると図に乗ってしまい、

  • 「もっとたくさんのお金で取引していたら、凄い利益になっていたはずなのに」
  • 「数万だったら余裕で稼げる」

など、誤った金銭感覚を持ってしまいます。

そして借金をしてしまうのです。

間違った金銭感覚のまま取引を続けてしまうと、思わぬ損失を生みますので注意が必要です。

大学生がFXで失敗せず利益を出す方法3つ

大学生がFXで失敗しないために必要なこと

大学生がFXで失敗しないためのポイント3つ
  • 初めはデモトレードで練習する
  • 高レバレッジを避け、少額で始める
  • 無駄にポジションを持たない

大学生がFXで失敗しない方法1:初めはデモトレードに挑戦

大学生が絶対にやっておくべきなのが、デモトレードです。

なぜならいきなりFX取引をしても成利益を出す可能性は低く、仮に利益が出ても再現性がないからです。

利益を出したい焦りから「早く実践したい!」と思っても、FXの十分な知識と資金がある方以外は、まずFXの経験を積みましょう。

※FXのデモトレードに関する詳しい内容は、「【デモトレ比較】おすすめFX会社3選と見極めの極意」をご覧ください。

大学生がFXで失敗しない方法2:高レバレッジはしない!

高レバレッジで取引すると、資金をムダに溶かしてしまうだけでなく、最悪の場合は借金することがあります。

なぜなら大学生の資金では、高レバレッジ分の負債が出た場合カバーできないことが多いからです。

そのため大学生が失敗しないためには、レバレッジは2〜5倍までにしておきましょう。

※レバレッジに関する詳しい内容は、「FXのレバレッジについて」を読んでみてください。

大学生がFXで失敗しない方法3:少額で運用する!

大学生のうちは少額での運用をおすすめします。

なぜなら大きな金額で運用をして1度でも失敗した場合、再度投資をして損失分を巻き返すことができないからです。

そのため大学生のうちは、必ず少額でFX取引を行うようにしましょう。

失敗以上に大学生がFXをするメリット

大学生のうちにFXを始めるのは必ずしも失敗ではない

この記事を読んだことで確かに失敗する回数は減らせますが、完璧に失敗を避けることは不可能です。

しかし、失敗以上に大学生のうちからFXをすることで得られるメリットが非常に大きいです。

そのため、失敗が怖くてもFXを始めることをオススメします。以下で2つのメリットを説明します。

社会人から始めるよりリスクが少ない

大学生は社会人よりも自由に使える時間が多いため、少ないリスクで運用可能です。

まとまった時間が取れ、集中的に勉強して知識を増やせるので、失敗や成功についての情報収集や分析などの基礎知識を学ぶのに適しています。

また社会人が自分の給料で取引するのとは違い、大学生は自己資金も少なく少額での取引になるので致命的な失敗が起こりにくいです。

収入源を増やせる!

本業での稼ぎに加えて別の収入源も持っておけば、自由でいられる生き方が最近は好まれる傾向にあります。

正社員といっても何が起こるか分からず不安、もしもに備えて別の収入源も持っておきたい、結婚やマイホームなどの資金を貯めたいなど、お金に関する悩みはつきません。

大学生のうちにFXを始めておけば、このような不安を先回りして対処ができます。

大学生のほうが社会人よりも時間があるためFXの基礎作りに向いており、将来を考えるとFXトレードを早く始める方が有利になります。

【FXでの大学生の失敗】まとめ

FXで失敗しないためには大学生のうちから堅実なトレードを心がけよう

大学生がFXで失敗してしまう原因を紹介しましたが、学生でFXを始めた方は多く当てはまる部分があるのではないでしょうか?

もし当てはまる部分があった人は、ぜひ上記の「大学生がFXで失敗しない方法」を実践してみてください。

最後にもう一度内容を確認しましょう。

大学生がFXで失敗する原因とその解決策
  • 大学生の失敗の多くは資金管理の難しさと、FXを遊びの延長と考えてしまうために起こる
  • デモトレードや少額取引で経験を積めば金銭感覚も養える
  • 学生中にFXの勉強時間をしっかりし、就職後の副業につなげる

FXを始めてみようかな、と思っている学生の人たちは、これらの点に気を付けてFXデビューを検討してみてはいかがでしょうか。

 

【次のステップ】

FX初心者の必勝法⇒「【FX初心者必見!】実はFXの必勝法はある!たった3つのコツ