大手銀行員が紹介!スマホアプリでできるFXのデモトレード3選

スマホアプリのFXデモトレード

この記事で解決できる悩み
  • オススメのデモトレードを知りたい!
  • デモトレードの選び方を教えて欲しい!
  • デモトレードで何をすればいいか知りたい!

以上のような悩みを解決できる記事を書きました!三井住友信託銀行出身のクニトミが解説しますね。


銀行員時代は『投資信託、外貨、保険、不動産、税金、遺言、相続』の7つの観点で、金融資産1〜5億のお客さまへのコンサルティングを行なっていました。


ご紹介する『オススメのデモトレードアプリ3選』を読めば、自分にあったデモトレードが見つかり、トレードのスキルを磨けますよ!


まずは、『FXデモトレード』の比較表から解説していきますね!


※なお、『自分に合うデモトレードを知りたい!』という方は、『オススメのデモトレードアプリ3選』から読んでくださいね。

注意

デモトレードは、あくまでも「本番のための練習」です。そのため、あなたが本番口座を開設しようと思っている(興味のある)FX業者でデモ口座を開設しましょう。

【FXデモトレードの比較表】無料で使えるオススメ5社

FXデモトレードの比較表

当サイト(FXの教科書)のおすすめは外為オンラインだ!利用期間の制限がなく登録も簡単で、初心者でも利用しやすいFX会社だぞ!

FX会社スマホアプリ利用
開始
まで
登録
情報
無料利用
期間
評判
Androidios
外為オンライン
公式ページを見る
花丸

30秒

メアド
のみ

無制限
詳しくみる
DMMFX
公式ページを見る

30秒

メアド
のみ

3ヶ月
詳しくみる
YJFX!
公式ページを見る

30秒

メアド
その他

1ヶ月
詳しくみる
FXブロードネット
公式ページを見る

180秒

メアド
のみ

無期限
詳しくみる
GMOクリック証券
公式ページを見る

60秒

メアド
その他

1ヶ月
詳しくみる

デモトレードを選ぶ際の基準点4つ

デモトレードを選ぶ際の基準点

以下では、FXのデモトレードを選ぶ基準を4つ紹介していきますね。


アプリごとに「操作性」や「機能性」など仕様が異なるので、使いやすいデモトレードを選びたい方は、ぜひ確認してみてください。

デモトレードを選ぶ際の基準点4つ
  1. 自分のスマホアプリが対応しているか
  2. 本番のトレードと差がないか
  3. 操作性が高いアプリか
  4. 分析ツールは充実しているか

基準1:自分のスマホにアプリが対応しているか

まずひとつ目の基準は、アプリが自分のスマホに対応しているかどうかです。


というのもiPhoneならほぼ全ての端末で利用できますが、アンドロイドの場合には、対応していない機種もあるから。


なおアプリの対応機種は、FX会社のホームページに掲載されています。


せっかくダウンロードしても利用できないと意味がないので、手続きを進める前に必ずチェックしておきましょう。

基準2:本番のトレードと差がないか

デモトレードを選ぶ際には、本番のトレードと差がないアプリを選びましょう。


なぜなら本番と仕様が違いすぎる場合、デモトレードで練習しても意味がないからです。


なお本番に近いデモトレードには、以下FX会社のアプリが挙げられますね。

たとえばDMMFXは、本番と同様のレートで取引できるので、練習用にぴったりのアプリですよ。


練習した分経験値も貯められるので、なるべく本番の取引に近いデモトレードに登録しましょう。

基準3:操作性が高いアプリか

デモトレードを選ぶ基準として、操作性が高いアプリかどうかも重要になりますね。


理由は簡単で、操作性が低いアプリを選んでしまうと、本番の取引でも不便だから。


なお操作性の高いアプリを選ぶためには、以下4点をチェックするとよいですね。

  • チャート画面が見やすいか
  • 画面の切り替えは簡単にできるか

  • ボタンの大きさや配置は適切か

  • ワンタッチ注文ができるか

FX会社のホームページで仕様をチェックできるので、ダウンロードするまえに確認してみてくださいね!

基準4:テクニカル指標は充実しているか

テクニカル指標が充実しているかどうかも、重要な基準のひとつに挙げられます。


なぜなら戦略的なトレードにはテクニカル指標が必須であるものの、指標の数が少ないデモトレードもあるから。


具体的には、テクニカル指標が8種類〜12種類ほど用意されたアプリを選ぶのがオススメですね。


チャート分析に慣れておけば、本番でも精度の高いトレードができるので、ひとつの基準として覚えておきましょう。

テクニカル指標が豊富なアプリ

操作性&機能性に定評あり!オススメのデモトレードアプリ3選

オススメのデモトレードアプリ3選

以下では、「初心者にオススメのデモトレードアプリ」を3つ紹介しますね!


「操作性」と「機能性」に定評があるアプリだけを選んだので、「1番いいアプリを知りたい!」という方は、ぜひ参考にしてください!

初心者にオススメのデモトレード
  1. 初心者向けのサポートを受けたい人:外為オンライン
  2. 見やすいアプリでトレードしたい人:DMMFX
  3. 操作性の高いアプリを使いたい人:YJFX!

初心者向けのサポートを受けたい人:外為オンライン

外為オンライン

外為オンラインが向いている人
  • 初心者向けのサポートを受けたい人
  • 本番では少額取引したい人
  • 無制限でデモトレードしたい人

初心者向けのサポートを受けたい人には、外為オンラインがオススメですよ。


外為オンラインでは、「操作説明セミナー」や「はじめてのFXセミナー」など、無料の初心者向けセミナーが充実しています。


また最低通貨単位が1,000通貨単位なので、本番では最小4,000円から取引できますね。


デモトレードに制限もないため、「着実に実力を磨きたい!」と思う方にぴったりのFX会社です!

見やすいアプリでトレードしたい人:DMMFX

DMMFX

DMMFXが向いている人
  • 見やすいアプリを使いたい人
  • 操作性が高いアプリを使いたい人
  • 信頼度が高いFX会社を利用したい人

見やすいアプリを使ってみたい人にオススメのなのが、国内で1番口座数が多いDMMFXです。


DMMFXのスマホアプリは、わかりやすいデザインの画面が特徴で、トレードのしやすさに定評があります。


また画面を4分割して通貨ペアを比較できたり、ボタンひとつで売り買いできる機能が付いていたりと、操作性も高さも魅力。


DMMFXのアプリは、「シンプルでわかりやすく取引したい!」と思っている方にぴったりですよ。

操作性の高いアプリを使いたい人:YJFX!

YJFX!

YJFX!が向いている人
  • 操作性の高いアプリを使いたい人
  • 信頼度の高い大手FX会社を使いたい人
  • 本番では少額トレードしたい人

操作性の高いアプリを使いたい人には、YJFX!のアプリ『Cymo』がオススメです!


YJFX!のCymoは、『見やすくて操作性が高い!』とトレーダーから高評価を得ていますね。


また業界最大手のヤフージャパンが運営しているため、信頼感のあるFX会社を求める人にもぴったり。


「操作性の高いアプリで快適にトレードしてみたい!」という方には、特にオススメのFX会社ですよ!

FX初心者向け!デモトレードでやるべきこと5つ

デモトレードでやるべきこと5つ

以下では、FX初心者が『デモトレードでやるべきこと』を5つ紹介していきます。


実践しておけば本番でもスムーズに取引できるので、『何をやればいいかわからない!』という方はぜひ確認してくださいね!

デモトレードでやるべきこと
  1. 取引画面の機能や意味を理解する
  2. 注文方法を全て試してみる
  3. 損切りと利食いをやってみる
  4. 3種類のトレードスタイルを使い分けてみる
  5. 大勝と大敗を体験してみる

その1:取引画面の機能や意味を理解する

デモトレードでは、まず『取引画面の機能』や『意味』を理解しましょう。


なぜならFXは、取引画面の情報量が多いので、リアルトレードの前に使い方を覚えた方がよいから。


なおデモトレードで理解すべき機能は、以下の通りです。

  • 為替レートの表示

  • 取引金額の入力方法

  • 取引金額の少数単位

  • 「注文成立時」と「注文不成立時」の画面の違い

  • 注文履歴の表示方法

  • 注文の状態の確認方法

  • 口座の残高の確認方法

  • スワップポイントの履歴

100%理解する必要はありませんが、最低限「売り買いの新規注文」ができれば、本番でもスムーズに取引できますよ。


情報量が多いほど有利になるので、機能を使いこなせるように試してみてくださいね。

その2:注文方法を全て試してみる

デモトレードでは、注文方法を全て試しておくことも重要ですね。


というのも注文方法は、それぞれ使うべき場面が異なるため、本番の前に理解しておいたほうがよいから。


なお試すべき注文方法は、以下の5つです。

試すべき注文方法5つ
  • 成行注文:値段指定できない方法、現在の値段ですぐに売買成立
  • 指値・逆指値注文:値段指定する方法、希望の値段で売買成立。
  • OCO注文:2通りの注文を同時に出す方法、どちらかひとつが成立すれば、もうひとつが取り消しになる。
  • IFD注文:買い注文と売り注文を同時に出す方法
  • IFO注文:OCO注文とIFO注文を組み合わせた方法。買い注文と売り注文を同時に出せて、決済に当たる方を2通り設定可能。

注文方法については以下記事で詳しく説明しているので、理解を深めたい方は読んでみてくださいね。

その3:損切りと利食いをやってみる

簡単なトレードになれたら、損切りと利食いをやってみましょう。

  • 損切り:損出の拡大を防ぐために、諦めて一旦決済すること。
  • 利食い:ある程度の含み益がでたら、利益拡大を狙いすぎず決済すること。

損切りと利食いをやったほうがいい理由は、ある程度慣れないとタイミングの判断がつかないから。


事前に慣れておけば、本番でも冷静に決済できるので、デモトレードで練習しておきましょう。

その4:トレードスタイルを使い分けてみる

デモトレードでは、トレードスタイルを使い分けてみるのもオススメですね。


事前に自分に合うトレードスタイルが見つかれば、本番でもスムーズに取引できますよ!


なお初心者が試した方が良いのは、以下3つのトレードスタイルです。

一通り試してみて、自分の性格や生活にあったトレードスタイルを見つけてみてください!

その5:論理的なトレードに慣れる

論理的なトレードに慣れるのも、重要なポイントのひとつです!


なぜなら運任せのギャンブルのような取引しかできないと、リアルトレードで大損する危険性があるから。


なお論理的なトレードに慣れるためには、以下の2つを経験するのがオススメです!

  • 大勝:読みがあった嬉しさから、論理的なトレードの重要性を理解できる

  • 大敗:計算が外れた悔しさから、反省・分析する機会になる

取引に根拠を持てば、失敗を防ぎ勝率を高められるので、ぜひ実践してみてくださいね。

注意点:デモトレードとリアルトレードの違いに気をつけよう!

本番との違いに気をつけよう!

デモトレードの最大の注意点は、リアルトレードとの違いに気をつけることですね!


なぜならデモトレードでは、実際のお金を使わないため、本番のトレードと緊張感が異なるから。


そのため緊張感のあるリアルトレードでは、判断ミスを起こしてしまったり、簡単な操作ミスをしたりする恐れがあります。


デモトレードでうまくいったからといって、本番でも勝てるとは限らないので、初心に戻ってトレードしましょう。

使いやすいデモトレードアプリで操作に慣れよう!

デモトレードアプリで操作に慣れよう!

ご紹介した『オススメのデモトレードアプリ3選』で口座開設すれば、リアルトレードでも勝てるスキルを身につけられますよ。


最後に、ご紹介した内容をもう一度おさらいしておきましょう。

デモトレードを選ぶ基準4つ
  1. 自分のスマホにアプリが対応しているか
  2. 本番のトレードと差がないか
  3. 操作性が高いアプリか
  4. テクニカル指標は充実している
オススメのデモトレードアプリ
  1. 初心者向けのサポートを受けたい人:外為オンライン
  2. 見やすいアプリでトレードしたい人:DMMFX
  3. 操作性の高いアプリを使いたい人:YJFX!

いずれのアプリも簡単に登録できるので、好きなFX会社で申し込みしてみてくださいね。