FXと外貨預金の違い5つを大手銀行員が解説!FXなら手数料が1/333お得

FXと外貨預金の違いアイキャッチ画像

この記事で解決できるお悩み
  • 外貨預金とFXの違いが明確には分からない
  • 外貨預金をすると税金や取引手数料の負担が大きい
  • FXで貯蓄的な運用の方法があれば知りたい

上記のような悩みを解決できる記事になっております。元大手信託銀行出身のクニトミが解説しますね。


この記事で紹介する『FXと外貨預金の違い』知れば、FX初心者でも『知らなくて損をした!』という状態を回避でき、自分にあった投資方法を選ぶことができます。


なぜならFX経験もあり、銀行員として働き、外貨預金の仕組みなどを知っているクニトミが解説するからです。


銀行員しか知らない手数料事情などについて詳しくお話するので、じっくり読み込んでくださいね。

FXと外貨預金の違い!結論はFXがオススメです!

FXと外貨預金ならFXの方がお得

 外貨預金FX
為替手数料100銭~0.3銭~
金利低い高い(外貨預金の10倍)
レバレッジ使えない使える
信託保全無し100%の信託保全あり
税率の最大値55%(個人運用)20.315%

上記の表を参考にFXと外貨預金を比べると、圧倒的にFXの方がお得です!


たとえばFXは取引手数料が外貨預金の約1/333、また金利が外貨預金の約10倍です。


さらに万が一、FX会社が倒産した場合の返金保証も100%ありますし、少ない資金で大きな運用をするためのレバレッジも使えます。


現在、外貨預金で大きな金額を運用している方は、知らぬ間に損をしているかもしれません。

【FX・外貨預金】残高の違い

FXと外貨預金だと残高が少ないのはFX

前章のとおり、外貨預金よりもFXのメリットは大きいですが、以下の表の通り、外貨預金残高よりもFXの残高が少ないのです。


その理由を次から解説します。

外貨預金とFXの残高比較表(2019年時点)
外貨預金6兆5,807億円
FX1兆7,084億円

引用:資金循環統計

FXより外貨預金残高の方が高い理由2つ

FXの方が有利なのに外貨預金残高が多い理由は、以下2点です。

外貨預金の残高が多い理由
  • FXのメリットを知らない人が多いから
  • 「FXは危険」という何年か前のイメージを持っているから

FXのメリットを知らずに、「銀行=信頼できる」というイメージが先行している方は、外貨預金を利用していることが多いです。


しかし実際は、外貨預金の方が手数料や税金などに多くのコストがかかっています。


現在は数年前と異なり、国内は国が認めたFX会社のみで、安全に取引できる仕組みが成り立っています。

外貨預金よりFXが人気の理由3つ

外貨預金よりFXの方が人気になってきている理由

現在は、外貨預金よりもFXの方が徐々に人気が高まっているんです。


その理由は、外貨預金よりもFXの方がお得だと気付く人が増えたからです。


それでは次から、FXがお得な理由を詳しく解説しますね。

外貨預金よりFXがお得な理由
  • 取引手数料が安くてお得
  • 金利が高くてお得
  • レバレッジが使えて有利

FXが外貨預金より人気な理由1:取引手数料が格段に安い

FXが外貨預金よりもお得な理由は、取引手数料(FXのスプレッド)が安いからです!


具体的には、FXの1回の注文でかかる取引手数料は、外貨預金の約1/333です。


さらに取引手数料は往復で必要なので、この2倍の手数料が差し引かれることになります!


だからこそ、「頻繁に取引する方」も「大きい金額の運用をする方」にもFXがオススメなんです。

FXが外貨預金より人気な理由2:金利が高い

FXは金利が高いため、リスクを下げて長期間投資をしたい方にオススメです。


具体的には、FXで1万通貨分の豪ドルを1年間持っているだけで、約18,250円(約2.28%)の金利を得られます。


一方で外貨預金で豪ドルを持っていても、(銀行によりますが)約1,800円(約0.30%)と約1/10にしかなりません。


それを知っていたのか、私が銀行員時代に対応していた高齢のお客様は外貨預金を使っていましたが、20〜30代の方はFXをメインに取引をしていましたね。

FXが外貨預金より人気な理由3:レバレッジが使える

外貨預金ではレバレッジを使うことはできませんが、FXではレバレッジを使った運用が可能です。


レバレッジを使うことで、運用資金を25倍(国内限定)まで大きくできるんです。


そのため、資金は少ないけど大きな運用をしてみたい方にオススメ!


『FXのレバレッジってなに?』という方は、下記にも目を通しましょう。

【FX・外貨預金】業者が倒産するときの違い

FXと外貨預金は業者が倒産したときにも違いがある

次から業者が倒産した場合を例にして、FXと外貨預金の違いを解説します。


結論から説明すると、FXの場合は業者が経営破綻してもトレーダーの資金は100%守られます


しかし外貨預金の場合は、1円も戻ってくる保証がないのです!上記について詳しく解説しますね。

FXで証拠金が全額保護される理由

FXでは、証拠金が100%全額保護されています。


なぜならFXの証拠金をトレーダーに返金することが法律で決められているからです。


またFX会社は、トレーダーの証拠金を信託銀行で保管していますが、信託銀行が倒産した場合でも100%全額保護する法律があります。


そのためFX会社と信託銀行のどちらが倒産しても、FXは安全なのです。

外貨預金が保護されない理由

外貨預金は、返金の保証がありません。なぜなら外貨預金は預金保険の対象外だからです。


また銀行が倒産する際は、資金のやりくりができなくなった場合が多いので、顧客に返金するお金も残ってないこともあります。


そう考えると、外貨預金の方が倒産後のリスクが高いです。

【FX・外貨預金】税金の違い

外貨預金よりFXの方が税率が低い

金利にかかる税金についても、FXの方がお得です。


なぜなら、FXのスワップポイント(金利)と為替差益にかかる税率は、約20%と統一されるからです。


しかし外貨預金の場合、最高税率が55%と非常に大きな課税がされます。


せっかく得た利益が税金で無くなってしまうことを避けるには、FXで投資をする方がお得です。

FXで外貨預金の代用が可能

FXで外貨預金の代用をするなら「積立FX」がオススメ

今までの内容を振り返ると「FXで外貨預金の代用をしたらお得なのではないか!」と思う方もいるはずです。


そんなあなたにオススメなのが、SBI FXトレード積立FXです。


SBI FXの積立FXは、初期設定で購入通貨ペア1か月の購入額などを設定すれば、あとはシステムが自動で取引をしてくれます。


そのため、貯金感覚でFXの長期トレードができる投資方法として人気です。

スワップ金利が有利なFX会社

FXでも外貨預金の代用ができる

SBI FXトレード積立FX以外でもオススメな投資方法は、FXの長期運用です。


FXで長期運用をすると、スワップポイントという金利差益をもらえることがあります。


その場合は、なるべくスワップポイント(金利)が高いFX会社を選ぶことをオススメします。

スワップポイントが高いFX会社

【FX・外貨預金の違い】まとめ

FXと外貨預金の違いまとめ画像

今回紹介した『FXと外貨預金の違い』を理解すれば、今後は外貨預金で損をしなくなり、FXでお得な資金運用ができます。


最後にもう一度内容を確認しましょう。

まとめ
  • FXと外貨預金だと、FXが断然お得!
  • FXの方がお得なのに外貨預金の残高が多い理由は、FXのメリットを知らない人が多いから。
  • 外貨預金よりもFXが有利な点:「取引手数料の安さ」「高金利」「レバレッジが使える」
  • 大金を長期運用するならSBI FXトレードの積立FXとFXの長期運用がオススメ

最初は『FXに大金を預けたら損をする』と思うはずです。


しかし、FXのメリットと外貨預金のデメリットを一度理解してしまえば、FXでお得に運用が可能ですよ。


FXでお得に運用したいなら、FXの長期運用積立FXを始めてはいかがでしょうか?