学生でも稼げる!FXの始め方3ステップと失敗しないための注意点3つ

学生でも稼げる!FXの始め方3ステップ

ポイント
  • 学生だけどFXはできるの?
  • 学生向けのFXの始め方を知りたい!
  • 学生向けにFX口座の開設手順を知りたい!
  • 学生がFXで稼ぐためのコツを知りたい!

と悩んでいる方の悩みを解決できる記事になっています。三井住友信託銀行出身のクニトミが解説しますね。


銀行員時代は『投資信託、外貨、保険、不動産、税金、遺言、相続』の7つの観点で、金融資産1〜5億のお客さまへのコンサルティングを行なっていました。


この記事で解説する『学生がFXを始めるための手順3つ』を実践すれば、FX初心者の学生でも簡単にFXをスタートできますよ!

まずは以下で、『FXは初心者・未経験の学生でも稼げるという前提』について解説していきますね。

『すぐに学生にオススメのFX会社を知りたいな』という方は、『少額取引できる学生にオススメのFX会社3社』から確認してみてくださいね!

目次

FXは初心者・未経験の学生でも稼げる

FXは初心者・未経験の学生でも稼げる

FXは初心者・未経験者の学生でも、稼げるようになりますよ。

なぜならFXの基本的な取引は、「安く買った通貨を高く売る」だけなので簡単だからですね。

もちろん勝率を上げるためには、経験や専門知識が必要になりますが、誰しもが未経験の状態からスタートしています。

勉強しつつ取引で経験値を積めば、徐々に勝てるようになるので、学生だからといって不利になることはありませんよ!

FX会社によっては18歳・19歳でも口座開設可能

FX会社18歳高校生必要書類親の同意必要資金公式
サイト

SBI FXトレード
公式ページを見る
花丸
×5枚

約4千円~

詳しくみる
LIGHT FX
公式ページを見る
×5枚

約4千円~

詳しくみる

大半が満20歳以上となっていますが、FX会社によっては、18歳・19歳でも口座開設OKとしています。

なお、SBI FXトレードは、18歳以上かつ親の同意があれば、高校生でも口座開設できます。

1通貨単位から取引可能であり、最低4円から投資できるので、銀行員の視点で見ても『安全かつ低リスク』に取引できるFX会社と言えます。

なるべく低リスクで取り組みたい学生には、特にオススメですよ!

学生でもFXができる理由

FXが学生にも取り組める理由は、『無収入学生でも口座開設可能』であり、『4,000円程度の費用』があれば取引を始められるからですね。

収入がなくても資産があれば取引できるため、アルバイトをしていない学生でも口座開設可能なFX会社が多いのです。

またレバレッジをかければ、4,000円程度の資金で取引できるので、資金に余裕がない学生でも取り組めますよ。

もちろん「FXをやっても問題ないか」を審査されますが、株などに比べて敷居が低いのも、FXの特徴のひとつと言えるでしょう。

学生がFXを始めるための手順3つ

学生がFXを始めるための手順3つ

初心者・未経験の学生が、『失敗せずに取引を始められるステップ』を以下にまとめました。

学生の場合、高額な収入源があったり、多額な貯金があったりするケースは稀ですよね。

なので「資金が少ない方」や「知識がなくて不安な方」のために、安全な手順を解説しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

学生がFXを始めるための手順3つ
  1. 少額取引可能なFX会社を選ぶ
  2. FXの基本用語を理解する
  3. 投資するための資金を用意する

手順1:少額取引可能なFX会社を選ぶ

初心者の方は、必ず少額取引可能なFX会社で口座開設しましょう。

なぜなら多くのFX会社は、最低取引単位が10,000通貨単位なので、多額の損出が出るリスクを伴うから。

たとえば米ドル円で1ドル100円と仮定し、レバレッジ3倍で取引する場合、「1,000通貨単位」と「10,000通貨単位」で必要になる資金は、以下のようになります。

・1,000通貨単位:1ドル100円 × 1,000通貨 ÷3 =3.4万円

・10,000通貨単位:1ドル100円 × 1,0000通貨 ÷3 =34万円

最低通貨単位が1,000通貨単位のFX会社ならば、3万円程度の金額から取引できるのでオススメですね。

以下で、学生にオススメの少額取引可能なFX会社を3つ紹介しますね。

学生にオススメの少額取引可能なFX会社3つ
  • 少額取引・24時間サポートが欲しい人にオススメ:みんなのFX
  • 大手FX会社で安心して取引したい人にオススメ:YJFX!
  • 初心者向けのサポートを受けたい人にオススメ:外為オンライン

少額取引・24時間サポートが欲しい人にオススメ:みんなのFX

みんなのFX

みんなのFXが向いている人
  • できる限り低リスクで投資したい方
  • お小遣いの範囲で少額取引したい方

できる限り少額でスタートしたい方にオススメなのが、みんなのFXです。

1,000通貨から取引できるため、最小で4,000円から投資可能です。

「まずは試しにやってみたい!」と思っている方には、利用しやすいFX会社と言えるでしょう。

大手FX会社で安心して取引したい人にオススメ:YJFX!

FX初心者にもオススメのYJFX!

YJFX!が向いている人
  • 大手の会社で安心して取引したい方
  • アルバイトの休憩時間や通学の隙間時間に取引したい方
  • スマホ画面で快適に操作したい方

大手FXで安心して取引したい方には、業界最大規模の会社Yahoo!JAPANが運営するYJFX!がオススメです。

最小通貨単位が1,000通貨なので、約4,000円程度から取引可能となっていますね。

またYJFX!のスマホアプリ「Cymo」は、画面がわかりやすく簡単に操作できるため、通学途中や休憩時間に取引したい方にも定評がありますよ!

初心者向けのサポートを受けたい人にオススメ:外為オンライン

初心者学生も簡単に取引できるFX会社外為オンライン

外為オンラインが向いている人
  • わからないことがあったら問い合わせたい方
  • 無料で参加できるセミナーに参加したい方
  • 勉強しながら取引したい方

初心者向けのサポートが欲しい方にオススメなのが、外為オンラインです。

外為オンラインでは、無料受講できる「操作説明セミナー」や「FX投資戦略セミナー」などを実施していて、初心者へのフォローが手厚いのが特徴ですね。

また最小取引単位が1,000通貨となっているので、約4,000円程度から取引を始められます。

勉強しながら実力をつけたい学生にぴったりのFX会社と言えるでしょう。

手順2:FXの基礎用語を理解する

学生の方は、最初に基礎用語を理解しておきましょう。

なぜなら基礎用語がわからないと、『失敗を避けるための注意点』や『口座開設時の注意書き』を理解できないからです。

まずは、以下の4つの基礎用語を理解しておきましょう。

FXの基礎用語4つ
  1. スプレッド:売値と買値の差額の意味、FX会社に支払う手数料
  2. レバレッジ:少額資金でも多額取引できる仕組みのこと、日本では最大25倍まで
  3. スワップポイント:二国間の通貨の金利差から得られる利益、毎日受け取れる
  4. ロスカット:一定の含み損に達すると強制決済する制度、大損するリスクを防げる

一通り理解しておけば簡単なミスを防げるので、必ず確認しておきましょうね。

手順3:余裕を持って投資資金を用意する

投資するための資金は、余裕を持って用意しておきましょう。

ギリギリの資金だと少しでも含み損が発生した場合、請求される『追加証拠金』を支払えないので、強制ロスカット』になって損する可能性が高いからですね。

そのため投資資金は、最低でも1取引に使う金額の3倍以上用意しておくことをオススメします。

たとえば3万円でFX取引したい場合には、9万円は証拠金として入金しておいた方が良いですね!

簡単スタート!学生がFX口座を開設する4ステップ

学生がFX口座を開設する4ステップ

一例として、みんなのFXで口座開設する手続き方法を4ステップにまとめました。

以下の通りに進めれば、確認事項のチェックなども迷わずできるので、事前に確認してみてくださいね。

学生がFX口座を開設する4ステップ
  1. 口座開設を選択する
  2. 本人確認書類とマイナンバー提出
  3. 申し込み用フォームに必要情報を入力する
  4. ログインする

ステップ1:口座開設を選択する

最初に、以下のボタンを押して「みんなのFX公式ページ」へ進みましょう。

ステップ2:本人確認書類とマイナンバー提出

スムーズに口座開設するために、口座開設に必要な「本人確認書類」と 「マイナンバー記載書類」を用意しておきましょう。

必要書類は、以下画像を参考にしてみてくださいね。

学生でも口座開設が可能なSBIFXトレードの本人確認書類

ステップ3:申し込み用フォームに必要情報を入力する

必要書類を用意できたら、「申し込み用フォーム」に必要情報を入力しましょう。

全体で5〜10分程度もあれば、簡単に入力できますよ。

学生でも口座開設が可能なSBIFXトレードの申し込み画面1

『オプションFX』や『積立FX』も希望する人は、チェックをつけておきましょうね。

以下画面で各項目を確認して、それぞれ『はい』か『いいえ』で回答していきます。

学生でも口座開設が可能なSBIFXトレードの申し込み画面2

チェックが完了したら、以下の画面で『本人確認書類』や『マイナンバー通知書類』を提出する手順になります。

学生でも口座開設が可能なSBIFXトレードの申し込み画面3

なお提出方法は、『WEBアップロード』と『メール・郵便』提出の2種類があります。

『WEBアップロード』の方が簡単ですぐにできるのでオススメですよ!

提出方法を選択したら、名前や住所、電話番号など、個人情報を入力しましょう。

学生でも口座開設が可能なSBIFXトレードの申し込み画面4

学生でも口座開設が可能なSBIFXトレードの申し込み画面5

以下では、財務情報や投資経験などを回答します。 学生の方で投資経験がある方が稀なので、正直に答えましょうね!

学生でも口座開設が可能なSBIFXトレードの申し込み画面6

なお注意点として、自己資産は100万円以上ないと審査落ちする可能性が高いと言われていますね!

入力を完了したら、最後の確認事項などをチェックしていけば、ステップ3は完了です!

学生でも口座開設が可能なSBIFXトレードの申し込み画面7

学生でも口座開設が可能なSBIFXトレードの申し込み画面8

金融や投資に関する専門知識がなくても理解できるので、簡単に入力できますよ!

入力内容の確認・申し込み完了画面

最後に『入力内容の確認』画面で入力情報をチェックしたら、『この内容で申し込む』をクリックします。

入力内容に間違いがあると口座開設できないので、各項目に目を通しましょうね。

学生でも口座開設が可能なSBIFXトレードの申し込み画面9

学生でも口座開設が可能なSBIFXトレードの申し込み画面10

次に以下の『登録完了画面』に切り替わります。『本人確認書類』や『マイナンバー通知書類』をWEBアップロードした方は、これで申し込み完了です!

学生でも口座開設が可能なSBIFXトレードの申し込み画面11

なお必要書類を『WEBでアップロード』にしなかった方は、上記画像の住所に郵送しなければ申し込み完了しないので、忘れないように手配しましょうね!

ステップ4:ログイン

審査に通過したメールが届けば、口座開設完了です。

後日、ID・パスワードが記載された郵便が届くので、ログインすればすぐに取引を始められますよ。

なお万が一用紙を紛失した場合に、第三者が不正ログインできないようにするために、ID・パスワードはそれぞれ別紙に記載されているケースが多いです。

ID・パスワードは、第三者に見られないように保管しておきましょうね!

学生がFXで稼ぐためのコツ3つ

学生がFXで稼ぐためのコツ3つ

以下では、学生がFXで稼げるようになるためのコツを解説していきます。

『資金に余裕がない方』や『収入源がない方』が失敗しないためのコツも解説しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

学生がFXで稼ぐためのコツ4つ
  1. FXの勉強をする
  2. 損切りを徹底する
  3. 自分に合う取引スタイルを理解する

コツ1:FXの勉強をする

学生がFXで稼げるようになるためには、積極的にFXの勉強をしましょう。

なぜならFXは、一か八かの運で稼ぐ『賭け事』ではないからですね。

なので継続して稼ぐためには、経済情勢を理解したり、FXのノウハウを深く突き詰めたりする必要があります。

実益に結びつくからこそ楽しく学べるので、利益を出すために勉強にも取り組みましょうね。

コツ2:損切りを徹底する

大きな損出を出さないために損切りを徹底しましょう。

なぜなら大きく損出を出してしまうと、回復するのが大変だからですね。


具体的には、資金の10%以上急激に下落することがあれば、迷わず損切りしましょう!

たとえば10,000円の10%は1,000円になり、100,000円なら10,000円の計算になります。

このコツを抑えれば、低リスクで取引できるので必ず覚えておきましょうね。

コツ3:自分に合う取引スタイルを理解する

学生がFXで稼げるようになるためには、自分の生活に合った取引スタイルを見つけましょう。

というのも、学校やアルバイトに行っている時間など、取引できない場面も多いはずだからですね。

なおFXの主な取引スタイルは、以下のようになります。

FXの主な取引スタイル4つ
  1. スキャルピング:数秒〜数十秒で完結、玄人向け
  2. デイトレード:数十分〜1日で完結、初心者にオススメ
  3. スイングトレード:数日〜数週間で完結、ある程度慣れた兼業トレーダー向け
  4. 長期トレード:数ヶ月〜数年で完結、スワップポイントで稼ぎたい方向け

たとえば初心者にオススメなのは、デイトレードです。

その日中に完結するので、チャートが気になって眠れなかったり、仕事に身が入らなかったりする心配の少ない取引スタイルですよ。

実際に取引をしていくなかで、取り組みやすい取引スタイルを見つけてみてくださいね。

学生がFXで失敗しないための注意点3つ

学生がFXで失敗しない注意点3つ

学生がFXで失敗しないための注意点を以下にピックアップしました。

初心者の方が失敗しないためには、どれも重要なポイントになるので、ぜひ確認してみてくださいね。

学生がFXで失敗しないための注意点3つ
  1. レバレッジは3倍までにする
  2. 学業に支障をきたさないようにする
  3. 余剰資金以上の投資はしない

注意点1:レバレッジは3倍までにする

レバレッジをかける場合には、3倍までを目安にしましょう。

理由はレバレッジをかけすぎた場合、多額の損出が発生するリスクも伴うから。

仮に元手10万円に25倍のレバレッジをかけた場合、250万円分取引できる計算です。


そのため10万円の25倍利益を得られますが、25倍損出が出る危険性もあるということですね。

初心者のうちは負けるシーンも多いので、3倍程度のレバレッジにとどめるよう注意しておきましょう。

注意点2:学業に支障をきたさないようにする

注意点のひとつは、学業に支障をきたさないようにする点ですね。

なぜならFX初心者は、為替レートが気になって眠れなかったり、画面を見ないと落ち着かなくなったりするケースが多いからです。

なお具体的な対策として、以下のようにルールを決めて、自分をセーブするのがオススメです。

オススメの自分ルール
  • 決めた投資金額以上は使わない
  • 損切りラインを決める
  • 自分ルールを絶対に守る

自分ルールの決め方は、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせてチェックしてみてくださいね。

注意点3:余剰資金以上の投資はしない

最後の注意点として、「余剰資金」以上の投資は絶対にしてはいけない点が挙げられます。

理由は簡単、余剰資金以上のお金を使ったら、生活に影響をきたしてしまうからです。

具体的な目安として、FXに出資するのは余剰資金に該当する「貯蓄しているお金の1/3以下」にとどめましょう。

ギャンブルではないので、必ず余裕のある範囲内で取り組みましょうね。

初心者学生向け!銀行員が答えるFXの質問7つ

初心者学生向けのFXの質問7つ

初心者学生から相談されやすい質問を、以下にピックアップしました。

FXで稼ぐためには、細かい疑問解消をして知識を深めるのも重要なので、ぜひチェックしてみてくださいね。

初心者学生向けのFXの質問7つ
  1. FXって初心者でも勝てるものなんですか?
  2. 利益が出ると税金がかかるんですか?
  3. 口座開設の審査に落ちる理由ってなんですか?
  4. 仮想通貨とFXって何が違うんですか?
  5. デモトレードから始めた方がいいんですか?
  6. オススメの勉強方法とかありますか?
  7. 海外のFX会社ってどうなんですか?

質問1:FXって初心者でも勝てるものなんですか?

初心者でも勝てますが、知識や経験の少ない内は負けてしまう確率の方が高いでしょう。

なお金融先物取引業協会の2018年データには、FXに取り組んでいる方の「60.3%が利益を出している」と記載されています。

対象者は1,000人で20代から70代の男女です。

  • 2017年の利益額で利益が出ている人の合計は60.3%
  • 「利益を出している」計の比率は、男性 30 代で 66.4%と最も高い
  • 職業別にみると、「利益を出している」計の比率は、常勤雇用(役員・管理職)で 73.6%と最も高い

引用:金融リテラシーに関する実態調査

全体では勝てている方が多いですが、何も努力せずに稼げている人はいないですね!

少額取引で経験を積み、FXについて勉強しながら勝率を上げていきましょう!

質問2:利益が出ると税金がかかるんですか?

一定額以上の利益が出た場合には、学生でも確定申告する義務が発生します。

なお確定申告が必要になるケースは、以下の通りです。

・親の被扶養者に該当する人:年間所得額の合計が38万円以上になった場合

・給料を得ている人(アルバイトやパートなど):アルバイト給料+FX利益=年間130万円以上になった場合

確定申告が必要になった場合、納税額が変わってしまうので、自分の年間所得額は計上しておきましょうね。

なお税金については、以下の記事で学生向けにわかりやすく解説しているので、合わせて確認してみてください。

質問3:口座開設の審査に落ちる理由ってなんですか?

審査基準が公開されていないので、正確な理由はFX会社にしかわかりません。

なお審査落ちの原因になり得るパターンとして、以下8つが挙げられます。

審査落ちの原因になり得るパターン8つ

1.下限年齢を下回っていた

2.年収よりも投資額が高い

3.申請内容と本人確認情報内容が不一致

4.他人名義での申請

5.金融資産0

6.年齢制限を超えている(80歳以上など)

7.身内に銀行・証券会社の関係者がいる

8.海外在住

あくまで「健全な投資」ができる人に口座開設しているので、上記内容に該当している場合は、審査落ちする可能性がありますね。

なお審査落ちの原因や解決策が気になる方は、以下の記事で詳細に解説しているので、合わせて確認してみてくださいね。

質問4:仮想通貨とFXって何が違うんですか?

「仮想通貨」と「法廷通貨」の特性の違いから、以下のような傾向があります。

・仮想通貨:値動きが激しい、銘柄自体が消失する場合もある

・法廷通貨(FX):値動きが安定、通貨自体の消失リスクが少ない、スワップポイントを得られる

たとえば仮想通貨は、ハイリスクハイリターンの傾向がありますが、FXでは堅実に努力した分稼げるといったイメージです。

低リスクで堅実に稼げるので、学生の方にはFXがオススメと言えますね!

質問5:デモトレードから始めた方が良いんですか?

最初から少額取引することをオススメします。

なぜなら実際に取引した方が、実践での緊張感を味わえて経験値を積めるから。

たしかにデモトレードは便利な仕組みですが、実際の取引とは異なる部分も多いんですよね。

大きな失敗をせずに確実に経験値を積めるので、少額取引から始める方が成長につながりますよ。

質問6:オススメの勉強方法とかありますか?

スキルアップにオススメの方法は、本で勉強するやり方です。

というのもWebサイトは、どんな方でも自由に情報を書けるので、信用性にかけるからですね。

なおFXの勉強にオススメの本は、以下のように選ぶとよいですよ。

FXの勉強にオススメな本の選び方
  • 読者を煽るようなタイトルではないもの
  • なるべく最新のもの

たとえば読者を煽るようなタイトルの場合、著者の主観が多いので、初心者の方にオススメの本とはいえません。

またFXの法律は頻繁に更新されているので、なるべく最新のものを読む方が良いですね。

質問7:海外のFX会社ってどうなんですか?

結論から言って、海外のFX会社はオススメできません。

なぜなら日本のFX会社と比べて、海外のFX会社はリスクが高いから。

なお海外のFX会社を利用する場合、以下のようなリスクが伴います。

海外のFX会社を利用するリスク

・高すぎるレバレッジをかけられる

・出金の手数料が高額にかかる

・スプレッド幅が大きい

・日本語対応が不十分

・信託保全の義務がない

たとえば海外のFX会社では、100倍〜1,000倍のレバレッジをかけられるので、多額の損出を出してしまう危険性が伴いますね。

特に学生の方には、極力リスクを取らず安全に取り組んで欲しいので、 日本のFX会社がオススメですよ。

初心者学生は少額取引できるFX会社で口座開設しよう!

少額取引できるFX会社で口座開設しよう!

上記で紹介した『学生がFXを始めるための手順3つ』を実践すれば、簡単にFXを始められて、初心者の学生でも稼げるようになりますよ!

最後にもう一度内容を確認しましょう。

学生がFXを始めるための手順3つ
  1. 少額取引可能なFX会社を選ぶ
  2. FXの基本用語を理解する
  3. 投資するための資金を用意する
初心者学生にオススメのFX会社3選
  1. できる限り少額でやりたい方には:みんなのFX
  2. 大手取引所でやりたい方には:YJFX!
  3. 初心者向けのサポートを受けたい方には:外為オンライン

『手順が難しそうだなー』と思うかもしれませんが、5~10分程度で開設できるので、上記FX会社で手続きしてみてくださいね!