最低限の経済指標をチェックして相場に臨もう

FX 経済指標

経済指標

マーケットカレンダーは外為オンラインの公式HPより

経済指標は国の成績表

経済指標は国の成績表各国の政府や経済関連の中央省庁、中央銀行が発表する経済に関する統計です。経済指標の重要度は様々ありますが、経済動向を知る上でも重要なものになります。

重要度の高い「アメリカ雇用統計」はニュースでも耳にする有名なものです。また、経済指標が発表されると相場が大きく動くこともあるのでチェックが必要です。

そのため、重要指標の前に逆指値で損失を限定したり、あらかじめ決済しておくトレーダーも多くいます。

経済指標の発表時間は、FX会社の取引口座で確認をすることができるので、その日や翌日のものに関しては確実に抑えておきたいです。

67kdh4j

外為オンラインに口座開設だけでも経済ニュースが毎日無料でメール配信されます

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ経済指標など各国の動向を参照してトレードを行う方法です。主にマクロ系ファンドの売買手法で、株式トレーダーが主に利用している方法です。

FXにおいて、経済指標のみを利用しての取引は難しく、経済指標だけで儲けを出し続けるのは難しいと言えます。

ファンダメンタルズ分析のみでのトレードが難しい理由

市場の反応は予想できない時と場合により市場の反応は変わります。政策金利上げのニュースは基本買いですが、稀に失望売りを誘発します。

極端に悪い経済指標でも相場が反応しないこともあるのです。この場合、市場が悪い情報を「織り込み済み」と表現されます。

相場の価格は、参加者の感情に大きく左右します。大多数がファンダメンタルズをどう感じるかで、相場が上がるか下がるかの予想は難しいです。

また、経済指標が良いか悪いかを予想することは、根拠のないギャンブルと同じだと言えます。結局は相場が反応した後にしかわからないことばかりなのです。

経済指標の重要性

ファンダメンタルズFXでファンダメンタルのみを駆使して、勝ち続けるトレーダーは少ないです。とはいえ、大きな波を捉えるには必ず抑えておかなければなりません。

また、超価格変動をもたらすきっかけはファンダメンタルズです。

  • ブラックマンデー
  • サブプライム問題
  • アジア通貨危機
  • アメリカ同時多発テロ
  • イギリスのEU脱退

過去に株価、為替を暴落させたニュースですが、きっかけはバッドニュースからはじまっています。市場参加者が見えない恐怖から売りはじめ、売りが売りを呼び、ストップ注文を巻き込みさらに売られるという負の連鎖がはじまります。

このように、投資家たちの恐怖を煽るきっかけはバッドニュースです。恐怖が相場を構築してトレンドを作り始めます。

67kdh4j

事前にニュース登録をしておけば、ニュースの重要度やリスク回避もメールで教えてくれます。

結局経済指標は確認した方が良いのです

経済指標はメールで受け取れる毎日軽くでいいので、経済指標をチェックするクセをつけておくべきですね。チェックすることで、この指標の影響はあまりないという判断もできるようになるのです。

日本経済新聞より為替ニュースを早く知ることになるので、経済が好きになれますよ。FXと長く楽しく付き合うためにも、経済ニュースを好きになってしまいましょう。

FX会社のメールサービスさえ登録しておけば、朝の時点で本日の市況、発表前に「これから雇用統計の発表、重要度S」という内容のメールを受け取れるので、堅く考えず、軽くチェックするような感じで良いと思います。

67kdh4j

外為オンラインは経済指標のメールも口座開設後無料で利用できます。

【関連記事】