【人気FX会社6つを比較】レバレッジ×FX必要証拠金の計算方法と注意点

【FX】証拠金とレバレッジの仕組み

この記事で解決できるお悩み
  • FXの証拠金とレバレッジの仕組みを知りたい
  • レバレッジをうまく使って稼ぎたい
  • 資金に見合うレバレッジを効かせて取引したい

 といった悩みを解決できる記事になっています。


この記事で解説する「FXの証拠金とレバレッジの仕組み」を理解すれば、FX初心者でもレバレッジに対する具体的な必要証拠金が計算できるようになります。


なぜなら私もこの方法で、レバレッジと証拠金について理解し、少額から始められるFX会社で口座開設したいという悩みを解決できたからです。


それでは、以下で「証拠金とレバレッジの仕組み」について紹介します。 

【前提】FXとは?

FXとは?

FXとは「Foreign Exchange」の略で、日本語に訳すと「外国為替証拠金取引」といいます。


その名の通り、証拠金をFX会社に預け入れ、信用力を付与されて取引を行う投資方法です。


レバレッジを効かせ証拠金以上の大金で取引可能なので、少額でも効率的に稼げるのが魅力です。


※FXとはそもそも何か詳しく知りたい人は、以下のリンク先を参考にしてください。

FXでよく聞く「証拠金」と「レバレッジ」を理解しよう

証拠金とレバレッジの関係

FXでよく出てくる「証拠金」や「レバレッジ」はしっかりと理解しましょう。


その理由は、今後の取引で困らないためと、自分の資金規模に比べてムリな取引をしないようにするためです。


とくに、レバレッジを効かせると資金効率がよくなるメリットがあるものの、効かせすぎると大損するリスクがある点に注意しましょう。  

【前提】証拠金とは

FXの証拠金とは、取引の際にFX会社に預け入れる資金、言い換えれば担保のようなものです。


なぜなら、株式投資では、証券会社に預け入れたお金で直接会社の株を買いますが、FXでは外貨を直接買うわけではないからです。


実際の証拠金は、取引する通貨ペアや取引量に応じて変動します。


※証拠金について詳しく知りたい人は、以下のリンク先を参考にしてください。

【前提】レバレッジとは

FX証拠金とレバレッジの関係性

レバレッジとは、「てこの原理」のように、少ない証拠金で大きな金額が取引可能な仕組みです。


FXでは証拠金の何倍もの資金を動かせるシステムを指します。


現在の日本の個人口座では最大25倍のレバレッジが認められているので、たとえば100万円の証拠金をFX会社に預けたら2,500万円までの金額が取引可能なのです。


※レバレッジについて詳しく知りたい人は、以下のリンク先を参考にしてください。

資金倍増!レバレッジのメリット

レバレッジのメリットは、証拠金より大きい金額が取引可能な点です。


なぜならレバレッジを使うと、まとまった資金を用意できない人でも効率的に稼げるからです。


たとえば、レバレッジを5倍に効かせて取引量も5倍に増やせば、レバレッジを効かせないときと同じ利確幅でも利益の金額は5倍になります。

【注意】レバレッジで損失も倍増

注意すべきは、レバレッジを効かせると損失のリスクも倍増する点です。


なぜなら、レバレッジを効かせて取引量を増やせば、その分失敗したときの損失も増えるからです。


市場がいい方向に傾いたら利益が倍増するものの、もしマイナス方向に傾いたら損失も倍増してしまうので、高いレバレッジをかけて取引するときは注意しましょう。 

FXレバレッジが高いほど必要証拠金は少なくなる

ハイレバレッジは必要証拠金が少ない

FXでは、レバレッジを高く設定すればするほど、必要証拠金は少なくなります。


しかし、早く稼ぎたいと欲張ってハイレバレッジで取引すると、損失が出たときに取り返しがつかなくなります


以下で米ドル円のレート・レバレッジ・必要証拠金の相関図を掲載するので、リスクヘッジしながら取引する際の参考にしてください。

取引金額レバレッジ必要証拠金
900,000円
(ドル円 90円×10,000通貨)
1倍900,000円
10倍90,000円
25倍36,000円
1,000,000円
(ドル円 100円×10,000通貨)
1倍1,000,000円
10倍100,000円
25倍40,000円
1,150,000円
(ドル円 115円×10,000通貨)
1倍1,150,000円
10倍115,000円
25倍46,000円

FX会社別の必要証拠金

FX会社
最低取引単位
※1ドル100円の場合
レバレッジ/必要証拠金
SBIFX1通貨:100円
(1ドル100円×1通貨)
1倍:100円
10倍:10円
25倍:4円
FXブロードネット
外為オンライン
YJFX
100通貨:10,000円
(1ドル100円×100通貨)
1倍:10,000円
10倍:1,000円
25倍:400円
GMOクリック証券
DMMFX
10,000通貨:1,000,000円
(1ドル100円×10,000通貨)
1倍:1,000,000円
10倍:100,000円
25倍:40,000円

【注意点】FX証拠金不足・高レバレッジで強制ロスカットに!?

資金が不足するとロスカットで大損

FXでは、証拠金が不足すると強制ロスカットされるリスクがあります。


その理由は、損失に傾いたときレバレッジのかけすぎで追証が払えないと、FX会社が強制ロスカットするからです。


FX会社によってロスカットラインが決まっているので、事前に調べておき、ロスカットされる前に早めの損切りを心がけましょう。


※ロスカットについて詳しく知りたい人は、以下のリンク先を参考にしてください。

現状の基準となる「証拠金維持率」

証拠金維持率とは、保有ポジションに対する証拠金全体の割合です。

ポジションとは通貨購入(発注)して、売却(決済)するまでの所有している状態を言います。

自分の取引状況を判断する指標となるものなので、こまめにチェックしましょう。


FX会社のロスカットラインは20%~100%のところが多いので、証拠金維持率は200%以上に保っておくのが安全だといえます。


証拠金維持率について詳しく知りたい人は、”証拠金維持率の設定方法”を参考にしてください。

証拠金不足になりそうなときにかかる「マージンコール」

証拠金維持率が低下すると、FX会社からマージンコールがかかる場合があります。


マージンコールとは、証拠金維持率が低下して証拠金が不足しそうなときに届く、FX会社の警告です。


サッカーに例えるとイエローカードのようなものなので、マージンコールがかかったら早めにポジションを決済するか、証拠金を追加して証拠金維持率を回復させましょう。

追加の証拠金が払えなければ「強制ロスカット」

追証と呼ばれる追加の証拠金が払えなければ、強制ロスカットの最悪の結果が待っています。


その理由は、追証が払えなくなるくらい含み損が膨らむと、トレーダーの損失がますます膨らんでしまい、借金する可能性を避けるためです。


以下の表で人気のFX会社のロスカットラインをまとめているので、参考にしてください。

FX会社ロスカット基準
DMMFX
証拠金維持率が50%以下となった場合
FXブロードネット
証拠金維持率が100%以下となった場合
外為オンライン
L25Rの場合、証拠金維持率100%未満
L25の場合、証拠金維持率20%未満
YJFX
証拠金維持率50%を下回った場合
SBIFX
証拠金維持率が50%以下となった場合
GMOクリック証券
証拠金維持率が50%以下となった場合

ロスカットを防ぐために損切りルールを作ろう

ロスカットを防ぐためには損切りルールを作りましょう。


なぜなら、FX初心者はルールを作らずにずるずると損失を膨らます傾向にあるからです。


具体的には、含み損が〇万円まで膨らんだとき、証拠金の〇%の含み損が出たとき、チャートが一定ラインまで下がったときはどうでしょうか。


早めに損切りして、次のトレードにつなげるのが大切です。 

初心者向け!最低証拠金の低いFX会社3選

初心者向けおすすめFX会社3選FX初心者向けに、最低証拠金が低いFX会社を3社紹介します。

  1. サポートが充実!外為オンライン

  2. ヤフーグループが運営!安心で低コストのYJFX!

  3. 1通貨単位〜取引可能!SBI FXトレード

それぞれのFX会社のオススメポイントについて、以下で詳しくみていきましょう。

サポートが充実!外為オンライン

外為オンライン

 

1つ目のオススメFX会社は外為オンラインです。


その理由は、1,000通貨からの少額取引が可能なうえ、全国で無料セミナーを開いているからです。


そのため、実践経験が少ない初心者が、少額でリスクを抑えて本番に挑むのに役立ちます。


セミナーやサポートも充実しているので、これからFXを始める人や、FXを始めて間もない人でも安心して取引できます。

ヤフーグループが運営!安心で低コストのYJFX!

YJFX!は少額から取引可能

2つ目のオススメFX会社はYJFX!です。


なぜなら、外為オンラインと同様、最低取引単位が1,000通貨からなので、少額から取引を始められるからです。


また、YJFX!はネット大手のYahoo!グループが経営しているため知名度も高く、安心して取引できます。


米ドル円のスプレッド(FXの実質的手数料)も0.3銭と業界最低水準なので、コストを抑えた取引が可能です。

1通貨単位〜取引可能!SBI FXトレード

SBIFXトレードは少額からオススメ1

3つ目のオススメFX会社はSBI FXトレードです。


その理由は、日本のFX会社のなかで一番低い資金で取引を始められるからです。


SBI FXトレードは最低取引単位が1通貨単位なので、約4円と驚きの低価格で取引ができます。


そのため、低リスクで取引経験を積みたい人や、取引にあまりお金を費やせない人でも手が出せるのでオススメです。 

FX初心者は低レバレッジから始めよう!

低レバレッジからFXを始めよう上記で紹介した「レバレッジの効果的な効かせ方」を実践すると、今後はレバレッジと証拠金の仕組みが知りたいと悩むことは一切なくなり、自分の資金の範囲内でレバレッジを効かせた取引ができます。


最後にもう一度、内容を確認しましょう。

まとめ
  • レバレッジを効かせるほど必要証拠金は低くなる
  • ハイレバレッジだと大きなリターン狙えるが、同時に大損するリスクも大きくなるので注意
  • 低レバレッジでリスクを抑えて経験を重ね、自分にあった取引方法を確立して徐々に利益を増やすのがおすすめ
  • 最低証拠金が低いおすすめFX会社は「外為オンライン」と「YJFX!」さらに「SBI FXトレード」である
おすすめFX会社

「レバレッジと必要証拠金の計算方法がややこしい」と最初は思うかもしれませんが、計算方法を一度身につけてしまえば、自分の資金の範囲内で、レバレッジを効かせた取引ができるようになります。