FXが他の投資よりオススメな理由!株の25倍儲かるFX

なぜFX投資が稼げてオススメなの?

 

投資は数々の金融商品があります。

  • 株式投資
  • 投資信託
  • 金(ゴールド)取引
  • 外貨預金

資産運用を考えたときに、どれにしようか悩んでしまいますよね。

投資信託などは、プロが取引してくれるから魅力的だと思われるかもしれません。

しかし、プロも百戦錬磨ではなく、勝ち負けを繰り返します。トレーダーによっては負け越すこともあり、負け越した分は私たちの元金が削られていき、手数料など引かれた金額を運用益として受け取る仕組みなんです。

とは言え、自分でトレードして損失が出たら怖いと思うのは当然です。証券会社が販売している投資信託などはリターンが小さくても、元金割れのリスクも小さく、精神的なプレッシャーが全くありません。

しかし副収入と呼べるほど収益になることは少なく、毎月給料以外の収益の柱を考えると、もう少し大きく稼げるものが良いという判断になります。

その中でFXがオススメなのは理由があるのです。

  • レバレッジ
  • スプレッド
  • スワップポイント
  • 取引時間
  • 市場参加者

このような条件が揃っているからです。くわしく説明していきます。

全くFXははじめてという人はこちらでもFXの説明をしていますのでチェックしてみてください。

初心者向き!デイトレ向き!低コスト中長期売買で金利収入自動売買でプロのようにFX
外為オンラインDMMFXYJFX!iサイクル注文

レバレッジ

レバレッジの説明FXの取引単位は1万通貨になることが普通です。1万通貨と言うと非常に高額に思えますが、1円為替が変動すれば1万円の損益が発生します。

1万通貨の取引というより、1円動くと1万円の利益のやり取りをするために1万通貨必要と考えた方がわかりやすいですね。

普通に考えれば、1ドル100円の時に1万通貨を購入しようと思えば100万円が必要になります。しかし、FXではレバレッジを利かせることによって個人口座で最大25倍もの取引ができるようになるのです。

つまり、上の例で100万円を持ってれば、2,500万円分の外貨を購入ができます。そのため1万ドルを取引しようと思えば4万円あればいいのです。FXはレバレッジを利かせることによって少額でも大きな運用が可能になるのです。

スプレッド

スプレッド競争FXでの手数料に当たるものです。FXの手数料は、インターバンクの提示する売りBidと買いAskのレートをFX会社が提示します。

これが米ドル円であれば0.3銭、1回のトレードで30円が手数料です。日本のFXは超過激な競争により手数料が劇的に安いのです。

手数料が安いFXは頻繁に取引することが可能で、トレードの度にスプレッド分を支払えばよいと言うのは他の金融商品と比較しても優れている所と言えます。

スワップポイント

スワップ運用FXの利息に当たるもので、取引している通貨の二か国間の金利差を計算し、FX会社が独自の価格を設定します。

株取引では配当利回りや株主優待などが、スワップに当たるかもしれないですね。

FXは、レバレッジを利かせることによって多くのリターンが得られます。これにより、スワップポイントだけで大きな収入を得る人もいるのです。

ちなみに金利の高いトルコリラは、1万通貨所有するだけで、1日100円前後の利息収入となり、証拠金は2万円程度です。

例えば、トルコリラを運用するために5万円の預け入れで1万通貨買えば、1年の金利は36,500円。5万円が1年後に86,500円になっている計算です。

為替差益によるリスクもあるので、証拠金はもう少し大きく10万円ほどで運用した方が安心できます。スワップ運用についてはこちらから確認してください。

67kdh4j

トルコリラを扱っているFX会社はGMOクリック証券です。

取引時間

24時間取引可能日本国内の株取引は時間が決まっており、東京証券取引所の開いている9時から11時30分と12時30分から15時の5時間しかトレードができません。

その点FXは月曜日から土曜日まで概ね24時間取引ができます

為替市場は、日本の市場が閉まっていても海外のどこかでは開いているからなのです。このように時間に縛られない取引は、お昼に仕事をしているサラリーマンも相場に参加できるためおすすめのできる投資先となるのです。

市場参加者

市場参加者が多いどんな金融商品にしても、売りたい人と買いたい人がいて価格が決まり相場が変動しているのです。しかし、為替市場(インターバンク)は相対取引を採用しているので、注文が成立しないということはありません。

参加者には、銀行、証券会社、投資銀行、貿易会社、ファンド、トレーダーなどです。貿易会社のように金融に絡まない業種も参戦してきます。そのため常に価格は動き続け、トレーダーからすれば稼ぎ場です。

【関連記事】