FXはリスク回避せよ!練習の注意点3つとおすすめアプリを銀行員が解説

FXで稼ぐための練習方法を解説

この記事で解決できる悩み
  • FXは怖いから練習がしたい
  • FXする際の具体的な練習方法を知りたい
  • 練習におすすめのFX会社はどこ?

といった悩みを解決できる記事になっています。元大手信託銀行員のクニトミが解説しますね。


銀行員時代は『投資信託、外貨定期、不動産、税金、遺言、相続』の6つの観点で、金融資産1〜5億のお客さまへのコンサルティングを行なっていました。


この記事で解説する「FX練習のポイント3つ」を理解すれば、FX初心者でもリスクを回避しつつ、経験を積んでFXトレードを始められますよ。

なぜなら銀行員時代に知ったリスク回避方法などを活用しながら、転職後は私もこの方法でポイントを押さえた効率的なFX練習ができたからです。

それでは、まず「FXは練習から始めるのがおすすめ!」から紹介していきますね。

FXは練習から始めるのがおすすめ!

FX初心者は練習から始めましょう!

FXは、いきなり本番で始めても勝つのは難しいです。

ハンドルを握った経験すらないのに車を運転するようなもので、初心者は大損しかねません。

ただ、車には教習所があるように、FXでもアプリやデモトレードなど練習のための機能が備わっています。

そのためFX初心者は、ぜひ練習からFXを始めましょう!

FXの練習メリット4つ

FXの練習をする4つのメリット

FXの練習によって4つのメリットが得られます。

FXの練習をするメリット4つ
  1. 無料のデモトレードがあり、手軽に実際の取引を体感できる
  2. 取引の基本や流れ、注文方法が理解できるので本番で迷わない
  3. 値動きの感覚を身につけられる
  4. 資金管理を意識して証拠金維持率に配慮するようになり、ムリなトレードを避けられるようになる

いきなり本番取引をすると、注文時に迷ってしまい、自分の注文したい時間からロスしてしまう可能性があります。

練習では、注文のロス時間をなくす練習も無料でできるので、練習しないと損ですよ!

メリット1:デモトレードは無料!

デモトレードとは、FX会社などが用意しているFXトレードの練習を行えるシステムです。


基本的に、国内FX会社のデモトレードは無料なので、いくら損しても支払う必要はありません。


もし自分に合わないと感じたら、気軽にやめられるのも練習の大きなメリットです。

メリット2:取引の流れや操作を体験できる

FX初心者がいきなり本番トレードを行うと、どのように操作すればいいのかわからない方も多いと思います。


そんな時に練習ならいくらミスしてもOKなので、自分が気になっている注文方法を思う存分試せるなどのメリットがあります。


デモトレードを試すことで、本番では試そうと思っていなかった注文方法を試せ、自分に合っている手法なども見つけられる可能性もあるのです。

メリット3:値動きの感覚を知れる

FXの相場は常に変動しているので、同じ値の相場が現れることはほぼありません。


しかし取引時間ごとに特徴があるため、通貨ペア別に時間ごとの値動きを知れるのもFXを練習するメリットです。


ちなみに現在のレートではない値で取引するゲームもあるので、国内FX会社のデモトレードで練習するのがおすすめです。

メリット4:無理なトレードを避けられる

本番取引をしてしまうと「稼ぎたい」気持ちのほうが勝ってしまい、大損してから資金管理の重要性に気づく初心者が多くいます。


その点、練習からしっかり知識を積むことで、リスクを回避したトレードを自然と身につけられますよ。

FXで稼ぐための練習ポイント3つ

FXの手法を身につけるために練習が必要!

FXの練習は、ただトレードをしてみるだけでは何も身に付かないので、意味がありません。

FXで稼ぐためにも下記の3つを意識して練習しましょう

FXで稼ぐための練習ポイント3つ
  1. 反復練習を積み、売買のタイミングを判断して、相場を読む力を身につける
  2. 様々な状態のチャートを見て、相場の動きを学ぶ
  3. 練習時は複数の分析手法に手を出すのではなく、3つ以下に絞る

相場を読む力を身につけるべき理由

FXでもっとも重要なのが、相場環境がどのようなトレンド状態、またはレンジ相場状態なのかがわかることです。


なぜなら、相場をある程度正しく読めなければ、根拠のあるトレードができないからです。


具体的には、2〜3週間ほど毎日(難しければ2日に1回)練習をすれば、相場感覚は身につくでしょう。

注意すべきは、相場の価格

その時に注意すべきポイントは、直近の相場の「高値・安値」


相場は投資家の心理である「買いたい・売りたい」のバランスで決まるからです。


FX初心者は、「直近の高値・安値はそこを超えるのか?超えずに反発して戻るのか?」を意識して相場を読む力を身につけましょう!

FXの練習は手法3つ以内に絞るべき理由

FXには、移動平均線やボリンジャーバンドのようなテクニカル分析やファンダメンタルズ分析などの取引手法があります。

そんな中、FXで稼ぐためには取捨選択して自分のトレードスタイルを確立している状態が理想です。

具体的にFX初心者におすすめの分析手法は、下記の3つです。

初心者におすすめ手法3つ
  1. 順張りと逆張り
  2. レンジブレイク
  3. ローソク足と移動平均線

※分析手法の詳しい内容は以下をご覧ください。

実際のトレーダーの声!FXで勝てる手法4つ」に書いているので、この記事と合わせてご覧ください。


アプリやデモトレードを最大限活用して、理想のトレードスタイルを身につける練習に励みましょう。

FXの練習はスマホでもできる

スマホのアプリでもFX練習が可能

最近では、高機能なスマホアプリがたくさん提供されています。

そのため、スマホアプリでも実際の取引に近い環境でデモトレードが可能です

仮想のお金で取引するリスクがないデモトレードであれば、スマホでも安心してFXの感覚をつかめます。

実際にどのFX会社のデモトレードアプリがオススメかを紹介している、下記のリンクを参考にしてください。

FX練習時の注意点

FX練習時の注意点とは?

FXは平日のみ取引可能な投資法なので、土日をまたぐ取引は控えましょう。


なぜなら、土日に相場が逆転して大損する相場になろうとも、月曜日まで対処することができないからです。


FX初心者は保有しているポジションを忘れがちなので、しっかり確認して取引しましょう!

練習で慣れたら実践!FXの経験値を積もう

FXの練習から実践へ!必要な3つのステップ

FXの練習ができたら、コツコツ利益を出せるように相場経験を積み上げていきましょう。

そこで、練習から実践へステップアップするために最低限必要なことを、下記で紹介していきます。

ステップ1:5つの専門用語を覚える

FXでまず知っていないといけない用語が下記の5つです。

この5つをしっかり理解できれば、低コスト・低リスクでFX取引を始められますよ。


上記がの用語が完璧であれば、ステップ2に進みましょう!

ステップ2:FXのリスクや失敗談から学ぶ

FXの用語を完璧に理解できたら、今度はFXのリスクや失敗談を見てみましょう。


なぜなら、FXでよく聞く“大損・失敗・借金”をする理由はある程度決まっており、失敗談やリスクを知ることで、FXで失敗しない成功法を知れるからです。

失敗談のまとめについては、下記で詳しく書いているので、ぜひご覧ください。

ステップ3:少額で経験を積む

FXで安定的に稼ぐためには投資家マインドと資産管理能力を身につける必要があります。


FXには取引単位が大きく分けて3つありますが、FX初心者は必ず1,000通貨以下の少額で取引を始めましょう。


なぜならFXで一番重要なのはリスクを減らすことだからです。


コツコツ安定して利益を出せるようになったら、取引単位を増やしていきましょう!

FX初心者におすすめの少額口座3つ

練習に慣れたら実践!オススメのFX会社

本番の取引は練習と異なり、緊張感もあるため思うようにトレードできない場合も多いです。


そのため、少額でトレードできて初心者向けのサポートが充実しているFX会社3つを下記で紹介します。

  1. 1通貨から取引できるSBI FXトレード
  2. 初心者サポート充実の外為オンライン
  3. ヤフーグループが運営!低コストで安心のYJFX!

無料で口座解説できるので、気になった口座があれば開設しておくのもオススメですよ!

1通貨から取引できるSBI FXトレード

初心者サポート充実の外為オンライン

ヤフーグループが運営!低コストで安心のYJFX!

FXの練習ポイントまとめ

練習のポイントを押さえて実践に臨もう

上記で紹介した「FXの練習のポイント3つ」を実践すると、今後はFXの練習方法で悩むことは一切なくなり、練習から実践に繋げることができます。


最後にもう一度、内容を確認しましょう。

FXで練習するポイントまとめ
  1. FXをいきなり始めて勝とうとするのは難しいので、スマホアプリやデモトレードツールでしっかりと練習してから本番に挑みましょう。
  2. 練習すれば、取引の流れが分かるだけでなく、チャートが読めるようになったり、資金管理能力が身につくメリットがあります。
  3. 練習で取引に慣れて、自分のトレードスタイルが確立できたら、少額でリスクを抑えながら実践経験を積むと良いです。
練習におすすめの少額可能なFX会社3選

「せっかく口座開設できたから、練習しないで早くトレードしたい」と最初は思うかもしれません。

しかし、右も左も分からない状態で大損しないように、しっかり練習してから本番に挑みましょう。