FXのルールは損を防ぐために重要!決め方5つを世界一わかりやすく紹介

アイキャッチ】FXルール

この記事で解決できる悩み
  • FXにルールってあるの?
  • FXをやる際に絶対に守るべきルール・注意点は?
  • 自分なりのルールはどうやって作ったらいいの?

こんな悩みを解決できる記事です!

この記事で解説する「FXのルール5つと注意点」を理解すれば、初心者の方でも安心して取引ができるようになります。

なぜなら私もFXのルールを知ることで、初心者にありがちな『大損・借金』を回避できたからです。

それでは、以下で「FXのルールの決め方5つ」について紹介します。

【前提】FXにはルールが重要

FXはルールが重要であることを伝えるイメージ図です。

FXではルールが重要です。なぜなら、FXは自分でトレードルールをつくり、同じミスを繰り返さないようにしないといけないからです。

ルールがないと、同じミスを繰り返し、根拠のない「ギャンブル」のような取引をすることになります。

そのため、安定的に勝つにはマイルールを記録しておくことが重要です。

FXのマイルールの決め方5つ

FXにおけるマイルールを決める5つのポイントのイメージ図です。

FX初心者がルールを決める際には、下記5つのポイントが重要になります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

FX初心者がルールを決めるための5つのポイント
  1. トレードスタイルを決める
  2. エントリーポイントを見極める
  3. 損切りポイントを決める
  4. 資金管理を徹底する
  5. 通貨ペア・テクニカル指標を絞る

ルール1:自分に合ったトレードスタイルを選ぶ

FXでは自分にあった取引スタイルでトレードすることが重要です。

なぜなら、どのようにトレードするのかを具体的に決めず、ただ運に任せてエントリーしていては、利確・損切りポイントが不確定になり、いつか大損してしまうからです。


具体的には、FXでは下記の4つのトレードスタイルがあります。


自分に合ったトレードスタイルを見つけるために、必ず下記のリンクからトレードスタイルを勉強しましょう。

とくにFX初心者は、大きな含み損を目の前にすると頭が真っ白になり、ロスカットされるまでポジションを放置してしまう傾向があるので注意しましょう

ルール2:エントリ-ポイントを見極めろ!

FXでは、エントリーポイントが取引を大きく左右します。


なぜなら、良いタイミングでエントリーできるかで、損益が決まるからです。

タイミングが良ければエントリー時に含み益になりますが、タイミングが悪いと含み損のままで終わってしまいます。

そのため「エントリーするときのルール」を決め、根拠のあるトレードをすることが重要です。

ルール3:最も重要!損切りポイント

FXで一番多い失敗は「損切りができず、ロスカットにあう」といわれています。


そのため、損切りは非常に重要です。


損失を出したくない気持ちはわかりますが、損切りして次のトレードに繋げるほうが賢い取引手法です。

損切りのポイントは以下の3つです。

損切りのポイント3つ
  1. 数値で決める(pips)
  2. サポート・レジスタンスラインで決める
  3. 時間で決める

損切りポイントをルールとして守ると、損失を少なく抑えられます

初心者は、損切りのやり方やルールの決め方がわからないと思うので、下記で具体例を紹介します。

損切りルールの具体例

初心者にオススメな損切りの基準は、「証拠金の4~5%」です。

なぜなら、5%の負けが運悪く10回続いても、4万円ほどの損失に抑えられるからです。

例:証拠金10万円、証拠金の5%で損切りする場合



1回目の損切りは証拠金10万の5%で5,000円。

2回目は9万5,000円の5%で4,750円。

10回目までの損失額を合計すると4万円になります。

上記を基準に、不安な場合は証拠金の比率を上げるなど、トレードをしながら調整してみよう。

ルール4:余剰管理を徹底する

精神的に余裕を持つためには、「絶対に失ってはいけないお金」を使ってやるのはご法度です。

失ってはいけないお金で取引してしまうと、含み損を受け入れられずに損切りが遅れることがあるからです。

心に余裕があれば、損切りもしやすくなり、損失を小さく抑えられます。

このように資金管理を徹底し、無理のない余剰資金でFXをすれば、ロスカットや大損になりにくいトレード環境をつくれます。

ルール5:通貨ペア・テクニカル指標を絞る

いろいろな情報を見て、数多くの通貨ペアを保有して取引する方がいますが、初心者のうちはオススメしません。


為替は通貨によって動き方が異なります。


そのため、複数通貨ペアを保有していると混乱してきてしまい、最終的に根拠のない取引を繰り返す場合が多いからです。

そのため、まずはFX初心者は同じミスをしないように、テクニカル指標を勉強して通貨ペアは1つに絞りましょう

とくにオススメな通貨が、急激な値動きがなく、安定した資産運用ができるメジャーな米ドル/円です。

米ドルの相場や見通しを知りたい方は下記をご覧ください。

FX取引はシンプルなルールが1番

FXではシンプルなルールが1番であることを伝える図です。

初心者は情報収集で得たことを、試したくなる傾向があります。

しかし、シンプルかつ着実に取引していくためには、まずは自分の決めたルールに沿ってトレードすることが大切です。

ちょっと冒険してみようなど、目先の利益に惑わされていると、いつまで経っても安定しないので、注意しましょう

自分だけのFXルールをつくるための3ステップ

FXでマイルールを作るための3ステップのイメージ図です。

オリジナルのFXルールをつくるためには、下記の3ステップを意識してみましょう。

FXルールを作る3ステップ
  1. 本やネット、セミナーなどでFXについて勉強する
  2. デモトレードで取引を練習してみる
  3. 少額OKな会社で口座開設してみる

それぞれのステップについて、以下で解説していきます。

ステップ1:本などでFXについて勉強する

たくさんの専門用語やテクニカル分析のチャート手法、世界各国の経済情勢などを勉強して、FXに関する知識を身につけることが重要です。


前提となる基礎知識がなければ、『何がいいのか?』『何が悪いのか』も判断できません。


FXはあくまで「投資」であり、為替が上がるか下がるかを勘で当てにいく「ギャンブル」とは違うので、必ず勉強しましょう。

ステップ2:デモトレードで慣れる

本やネットなどで勉強を積み、ある程度FXの知識がついたら、本番に近いトレード環境で練習が可能な「無料のデモトレード」をオススメします。

なぜならデモトレードを活用することで、相場の疑似体験が可能だからです。


たとえばデモトレードであれば、含み損・含み益が変動するのを目の前にしたときの精神状態や独自のルールのテストを行うことができます。

ステップ3:実際に少額でOKな口座を開設する

勉強とデモトレードの2ステップが済んだら、いよいよ実際にFX会社を選んで口座開設しましょう。

証拠金も入金して、リアルマネーを使ってのトレードが始まります。

最初は少額から始めて、徐々に投資額を増やすようにしましょう。

少額から取引できるFX会社を紹介します!

FX初心者にオススメの少額口座2選

1通貨、約4円から取引できる!SBI FXトレード
1,000通貨、約4,000円から取引できる!YJFX!

FXの基礎ルールは5つだけ!あとはマイルールを決めよう!

FXルール まとめ

上記で紹介した「FXのルールの決め方5つ」を実践すると、今後は「ルールが分からない!」と悩むことが一切なくなります。

また、独自のトレードルールをつくると、今後のトレードに役立ちます。

最後にもう一度ルール5つを確認しましょう。

FXのルール まとめ
  1. トレードスタイルを選ぶ
  2. エントリーポイントを見極める
  3. 損切りポイント
  4. 資金管理の徹底
  5. 通貨ペア・テクニカル指標を絞る
初心者にオススメの少額口座

「ルールを守るなんて、面倒だな」と最初は思うかもしれません。


しかし、大損してFXの世界から退場しないためには、ルールを守ったトレードを心掛けることが安定した稼ぎにつながりますよ。