FXの両建ては緊急避難か戦略か?両建て禁止のFX会社に注意

FX 両建て

FX 両建て同じ通貨で売り(ショート)ポジションと買い(ロング)ポジションを持つことを両建てと言います。

両建する多くはリスクヘッジです。自分の思惑と逆に相場が動き、ストップロスを入れずズルズル損失が増えてきたときに逆ポジションを持って凌ぐケースが多いのです。

両建をすることにより、損失が限定されますので戦略としては有りだと思いますし、精神的な焦りも緩和されますよね。

しかし諸刃の剣なので、逆ポジションもどこかで外す必要が出てくるので多様は厳禁です。今回は良い両建て戦略戦略についてと、FX会社がどのように両建て対応しているか確認をします。

レンジ相場で両建戦略で利益になることも!?

両建てで利益を狙うのは×1年を通して為替相場は7割が横ばい、持ち合い相場になります。安定している通貨は値動きに退屈することもあります。このときに同時に両建てポジションを持って利益が出たものから決済していく方法もありますが、あまりオススメできません。

理由は、どちらかに動くか判断がつかないのにポジションを持つこと自体がギャンブルだからです。ギャンブルをする人はいつでもギャンブルになるので、どこかで大きく負ける日が来ます。レンジ相場でも上値、下値を意識してトレードすることが利益を貯め込めます。

スワップトレーダーに多い両建て

両建てでピンチを切り抜ける本来スワップ益を稼ぐためにはじめたFXが、相場変動の含み損によりポジションを維持できなくなると両建てにする人が多いのです。これは危険な方法で以前までは、ポジションを決済するか、追加資金を投入するのが正解と言われてきましたが、凌げる方法はあるんです。

含み損を抱えてる場合、相場の動きに敏感になりますよね。ここが切り抜けるチャンスになるのです。一つ気を付けるポイントは利用しているFX会社が両建てに適しているか見直すことです。続いて詳しくチェックしていきます。

両建てに強いMAX方式

両建てのMAX方式FXのMAX方式とは両建てしたとき、どちらか多いほうのポジションの証拠金だけが採用されるものです。例えば、ドル円1万通貨を両建てで保有しているなら、片方の証拠金のみかかる。つまり証拠金維持率が下がらずに損失を限定できる方法なのです。

※ちなみに米ドル1万通貨ロングをしていて、両建時に米ドル2万通貨ショートすると2万通貨分の証拠金が適用されます。どちらか多い方が採用されます。

先ほど含み損を抱えてる場合、相場の動きに敏感になる人が多いと説明をしましたが、買いポジションを保有していて、「まだ下がるぞ」と予想したときに買いと同額のポジションを売るんです。

下がった段階で売りポジションを決済する。それを繰り返すと口座資金は増えますので、追証【おいしょう】(追加資金を投入)したのと同じ現象になります。

これはMAX方式を採用しているFX会社でないと両建てした瞬間にロスカットになり退場になるケースが多いのです。そのため、スワップトレードで利用するFX会社はMAX方式を採用している会社を選ぶ必要があります。尚、流れはこの通りです。

1.所有ポジションの逆に動きそうだと予想した
2.保有ポジションと同額の両建てポジションを取る
3.適当に利益が乗ったら逆ポジションのみ決済する
4.まだ逆方向にレートが進むようなら繰り返して逆ポジションの売買する
5.反転してきて保有ポジション方向にレートが向かってくれば放置(証拠金維持率は戻ってくる)

MAX方式の採用の有無

2016年6月調査済

両建可能なFX会社スプレッド
(ドル/円)
必要証拠金キャッシュバック公式HP
外為オンライン"</tdMAX方式を採用外為オンライン
GMOクリック証券両ポジション分必要GMOクリック証券
ヒロセ通商MAX方式を採用ヒロセ通商

調査方法はFX会社に直接電話連絡をしてMAX方式の確認を取っています。

FX会社は両建てに批判的

FX会社は両建を推奨していない両建ては緊急避難的な要素が強く推奨されていないトレード方法です。しかし、大切な自己資産です。追証できればそれに越したことはありませんが、資金には限界がありますよね。緊急時に何もしないよりも、あがくほうが人間らしいのではないでしょうか?

そのためFX会社を選ぶときは3つのポイントで会社選びをする必要があります。

  • スワップ金利が有利なFX会社を選ぶ
  • MAX方式を採用している会社を選ぶ
  • 当然ロスカットされない資金量でトレードする

両建て戦略はうまくいくとは限らない

両建ては緊急手段相場の流れをある程度予測できてもピンポイントで当てることはできません。

しかし不思議なもので悪いほうに予想した流れは結構当たります。

両建て戦略は緊急手段として考えて、できる限り多様せずにトレードするのがベストですね。両建ては戦略ではなく緊急避難と考え運用する必要があると考えておいた方が良いですね。

【関連記事】