FXスキャルピングで稼ぐための基礎知識・手法・コツ4つを紹介!

忙しい人こそ!スキャルピングでコツコツ稼ぐ

この記事で解決できる悩み
  • スキャルピング取引するときの一般的な手法は?
  • 最適な分析手法ってなに?
  • 注文幅は?コツってあるの?
  • スキャルピングが推奨されているFX会社はどこ?

という疑問を解決できる記事になっています。


この記事を読めば、スキャルピングに最適な通貨や時間帯など、具体的な取引手法がわかります。


投資額が大きいスキャルピングだからこそ、最適な手法を使って取引に取り掛かりましょう!

スキャルピングをやってみたいけど、何を知っておけばいいんですか?
おっ!そういうことなら、今回はスキャルピング取引の手法とコツを教えるよ!

FXのスキャルピング手法を学ぶ前に

FXスキャルピングって?

スキャルピング手法で取引する前に、スキャルピングの基礎基本をおさえておきましょう!

FXスキャルピングの特徴

スキャルピングの大きな特徴は、デイトレードやスイングトレードに比べ、取引期間が短いことです。

FXの取引手法の中では最も短時間で、あるいは小さな利益を狙って売買を繰り返します

そのため、為替の大きな変化に左右されることもなく、テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析のような細かい分析が不要なのです。


詳しい内容は下記の記事にまとめてあるので、さらに学びたい方はご覧ください。

詳細ページ【FXスキャルピングとは?】初心者が勝てない理由はたった3つ!

FXスキャルピングの注意点

スキャルピングで最も注意しておきたいことはFX会社の選び方です。

なぜなら、各FX会社ごとに取引コストがが異なるからです。

スプレッドの狭い会社を選び、取引コストを最低限に抑える工夫をしましょう。

また、FX会社によってはスキャルピングが禁止されているところもあるので、事前にチェックしておくことが大切です。

FXスキャルピングの基本的な手法

FXスキャルピングの基本がわかる!

スキャルピングの特徴を理解したところで、実際にどのように取引をしていくのか悩みますよね。

この見出しでは、基本的な手法を知っていきましょう。

FXスキャルピングに最適な通貨

スキャルピングで使う通貨を選ぶポイントは、「値動きが大きく、スプレッドが狭い」ことです。

短時間の取引になるので値動きが大きい通貨の方が良いのですが、一般的に値動きが激しいだけの通貨は流動性が低く、スプレッドが広くなりがちな傾向にあります。

「値動きが大きく、スプレッドが狭い」条件を満たす通貨ペアとしては、「ポンド/円」「ユーロ/円」がオススメです。

特に「ポンド/円」は、流動性が高い通貨ペアの中でもスプレッドが狭いため、理想的といえるでしょう。

FXスキャルピングに最適な時間帯

短時間でおこなうスキャルピングは、取引の時間帯の選び方も重要なポイントです。

上述したように、短期間で大きな利益を狙うには、値動きの大きさが重要になってきます。

つまり値動きの大きくなる時間帯を選べば、利益を狙いやすくなるということですね。

通貨やマーケット状況にもよるので一概にはいえませんが、以下の時間帯は効果的な時間と言えます。

効果的な時間帯
  • 日本時間16時前後東京市場から欧州市場に移るタイミング
  • 日本時間21〜24時前後NY市場がはじまるタイミング

他には、冬時間22時30分、夏時間21時30分などは米国の重要な経済指標が発表される時間帯でギャンブル性は高いものの、効果があるとされています。

雇用統計発表なども視野に入れておくと、取引のチャンスが広がりますね。 

FXスキャルピングに最適な注文幅

スキャルピング手法をおこなう際に、最適と言われる注文幅は10pip程度といわれています。

5分足チャートを用いて、1日の値動きの振り幅から推測してみましょう。

一般的に5分足で見たときに、30〜35銭の幅で上下することが多いので、その上昇具合・下降具合を見て、相場に入るタイミングを決めます。

FXスキャルピングの手法とコツ

FXスキャルピングのコツはこの4つ!

ここからは、具体的なスキャルピングの手法とコツを見ていきましょう。  

FXスキャルピングのコツ1:逆張りで攻める!

スキャルピング手法は、逆張りで攻めるのが主流です。

短期間での利益を狙うため、予め天井=買われすぎや、底=売られすぎにつく前に先回りをしてポジションを仕込んでおくのです。

天井または底が反発したときに決済をして、利益を狙うのが基本的な手法です。

一度ポジションを作ったら、後は波乗りのようにリズミカルにトレードをおこなっていきます。

FXスキャルピングで重要な逆張りのIFD

【例】

1ポンド=110円のとき

新規注文(IFD注文)

  • 1ポンド=115円の売り注文
  • 1ポンド=125円の買い注文(損切)

思惑通り、120円付近で折り返し、110円より下がった時に成行注文で決済する。

FXスキャルピングのコツ2:利食い、損切りレベルを決めておく

2つ目のコツとしては、利食い・損切レベルを事前に決めておくことです。

利食いのレベルは、それまでの日中の上下の幅から想定して決めるのがオススメです。

損切に関しては、思惑が外れて天井または底を抜けたときには、即座に損切をおこなうようにしましょう。

FXスキャルピングのコツ3:ポジションは大きめに

利益幅が10pipsと細かいため、ポジションは大きめにとっておくほうが効率的です。

なぜなら1回の取引で獲得できるpipsが少ないため、ロットを多めにしておくと利益額が大きくなるからです。

とはいえ、初心者のうちは無理をする必要はありません。


1万通貨の1ロットから始めれば充分
でしょう。

FXスキャルピングのコツ4:損切は確実に実行!

損切できなくなる人が続出するのがスキャルピングです。

短期間の複数取引で損切が続くと、焦って損切できずに損失を増やしてしまう人が多いようです。

FX取引は無理に続ける必要はありません。


うまくいかないと思ったら、1週間程度は休んでみたりと、精神をリセットすることが大切
です。

スキャルピングOKなオススメのFX会社を3つ

FX会社1:1通貨単位〜OK!SBIFXトレード

FX会社2:スキャルピングを推奨!ヒロセ通商

FX会社3:ヤフーグループが運営!低コストなYJFX!

FXスキャルピングのまとめ

FXの手法であるスキャルピングのポイントまとめ

最後に、FXスキャルピング手法についてまとめます。

FXのスキャルピング手法を学ぶ前に
  • スキャルピングでは「ポンド/円」「ユーロ/円」などの「値動きの大きい」通貨ペアがおすすめ。
  • スキャルピングに最適な時間帯は値動きが大きい日本時間16時や21〜24時前後
  • スキャルピングでは10pips程度が一般的
  • ポジションを大きく、逆張りで攻めると効率的。
  • 利食い、損切レベルを決めて、必ず実行する。
これで分かったかな? 自分で決めたルールを守り、焦らずコツコツと取引を進めるのが、FXスキャルピングで利益を得る最大のコツなんだ!