FX必要資金の最低額は?口座別の王道3パターンをわかりやすく解説!

FX最低資金を解説

この記事で解決できる悩み
  • FXには最低どのくらいの資金が必要なの?
  • 資金以外に必要な初期費用はあるの?

今回の記事では、上記のようなお悩みを解決できます。


この記事で解説する『FXを始める際の用意する資金パターン3つ』を理解すれば、自分に合った投資資金を準備してスムーズにFXを始めることができますよ。


なぜなら、私もこの記事で解説する内容を理解したことで、自分に合った投資資金を用意できたからです。


それではまず、FXを始めるにあたって用意すべき資金に関する3つのパターンから見ていきましょう

自分に合った資金っていくらだろう?費用はどれくらいかな?

FXを開始する際に用意する最低資金【3パターン】

FXの資金3パターンの確認を促す画像です!

FX口座では「最低取引単位」というのが決められているので、それに応じて必要な資金も異なってきます。


詳しくは後の見出しで説明しますが、「1通貨」「1,000通貨」「10,000通貨」という3パターンに応じて、最低限必要な証拠金も「4円」「4,000円」「4万円」というバリエーションがあるのです。


このように、FXの必要証拠金には3つのタイプがあるのですが、初心者にとっては損益のバランスが良い「1,000通貨」をおすすめします。以下でその理由について見ていきましょう。

FXで用意する最低資金パターン1:資金4万円から

FXの最低取引単位の中で最も多いのは「1万通貨」です。


この1万通貨でトレードするためには証拠金がいくら必要なのか、具体的に計算してみましょう。1ドル=100円、レバレッジは25倍とします。

【1万ドル買うために必要な円貨】:1万ドル×100円=100万円

 


【レバレッジ25倍の時に必要な円貨】100万円÷25倍=4万円

このように、1万ドルを取引するためには約4万円が最低でも必要ということがお分かりいただけたかと思います。


ちなみに、数学が得意な方はお気付きかもしれませんが、上記の必要証拠金の計算式を一般化すると、

必要証拠金=1外貨あたりの円換算額÷25倍×1万通貨

というとても簡単な式で求めることができるんですよ。


例えば、1ドル=125円の時には、125円÷25倍×1万=5万円になりますし、1ドル=75円の時には75円÷25倍×1万=3万円という風にです。

FXで用意する最低資金パターン2:1,000通貨口座なら資金4,000円から

一方、最低取引単位を「1,000通貨」に設定しているFX会社もあるので、そのような会社に口座を作れば証拠金が約4,000円という少額で取引することができます。


必要証拠金の計算方法は、先ほどシミュレーションした1万通貨の時と同じですが、念のため計算してみましょう。1ドル=100円、レバレッジ25倍で1,000ドル買うので、

【1,000ドル買うのに必要な円貨】1,000ドル×100円=10万円

【レバレッジ25倍の時に必要な円貨】10万円÷25倍=4,000円

最低取引単位が1,000通貨のケースでは、たったの4,000円もあれば取引できることが分かりました。


この式についても一般化すると、

必要証拠金=1外貨あたりの円換算額÷25倍×1,000通貨


となるので、必要証拠金はそれぞれ、1ドル=125円の時には、125円÷25倍×1,000=5,000円、1ドル=75円の時には75円÷25倍×1,000=3,000円と計算できます。

FXで用意する最低資金パターン3:SBIFXトレードは資金4円から

SBIFXトレードは、国内で唯一最低取引単位「1通貨」を取り扱っている会社です。


ということは、たったの資金「4円」からFXができるということなので、極めて少額で本番さながらの取引が経験できるというメリットがあると言えます。


1通貨取引のケースでも必要証拠金を計算してみますと、

【1ドル買うのに必要な円貨】1ドル×100円=100円



【レバレッジ25倍の時に必要な円貨】100円÷25倍=4円

となり、わずか4円でFXができてしまうという驚きの事実が分かりますね。


こちらについても一般式を書きますと、

必要証拠金=1外貨あたりの円換算額÷25倍×1通貨


となるため、1ドル=125円の時には、125円÷25倍=5円、1ドル=75円の時には75円÷25倍=3円という風に必要証拠金が計算できます。


ちなみに、レバレッジや取引単位までを全て一般化した算式に直すと

必要証拠金=1外貨あたりの円換算額÷レバレッジ倍率×取引通貨単位


となりますので、計算の際の参考にしてください。


3つのパターンは理解できたかな?自分にあった資金設定が重要だよ!

FXは資金以外の初期費用は0円

FX口座開設の費用は0円を示す画像「FXを始める際、証拠金の入金以外で何か費用はかかるの?」という疑問をお持ちの方、答えは「0円」です。


FXの口座を開設する、にあたって一切費用がかかりませんし、登録手数料や口座管理料なども発生しないので安心してください。

初心者なら1,000通貨から始めるのがベター!

初心者は1000通貨から始めることをオススメする画像!結論から言えば、FX初心者はまず1,000通貨から取引を始めて、実践経験を積むことをおすすめします。


なぜなら、予想が外れた時に少ない損失でおさまる一方、上手くいった時の利益がそれなりの金額になるため、稼ぐことができたという実感が持てるからです。


これがもし1通貨で取引していると、損失が出ても利益が出ても金額が小さいです。


「FXに自分の大切なお金を投じているんだ」という良い意味でのプレッシャー
がないというデメリットがあります。


また、FXをやるからには「儲ける」という最大の目的がありますから、小規模だと収益としての魅力が薄れ、長続きしなくなってしまいます。

FX資金を最低額にするならロスカットに注意

ロスカットされる可能性があることを促す画像です。これまで紹介してきたように、FXにはレバレッジがあるため、驚きの1通貨という少額トレードが可能です。


ですが、儲けるタイミングを逃す可能性があることに注意してください


なぜなら、少額だからと言って証拠金に余裕を持たせていないと、損失方向へ為替レートが動いてしまった場合に、ロスカットされる可能性が高まるからです。


たとえ損失方向へチャートが振れたとしても、トレンドによってはレートが利益方向へ戻ってくることもあります。


そのため、含み損が発生しても簡単にはロスカットされないように、口座の証拠金には余裕を持たせておくことが大切です。


まずは1000通貨で実践!ロスカットにも注意してね

初心者は最低資金から始めよう!オススメのFX会社3つ!

初心者にオススメのFX会社3つの画像最後に、1通貨をはじめとする少額取引が可能な初心者向けのFX会社として、「SBIFXトレード」「外為オンライン」「YJFX!」の3社をご紹介したいと思います。

SBIFXトレード

外為オンライン

YJFX!

FXの最低資金 まとめ

自分に合ったFX最低資金選びのイメージ図です。今回の記事では、「FXを始める時の3タイプの必要証拠金」や「FXの最初に証拠金以外で何がかかるのか」「初心者にすすめたい取引通貨単位とFX会社」についてご紹介してみました。


再度まとめましょう。

まとめ
  • FX初心者は、利益も損失もある程度の規模で取引できる「1,000通貨」から始めるのがおすすめです。
  • 証拠金を最低限に抑えて取引する場合は、ロスカットされないように少し余裕をもった入金をしましょう。
  • 1通貨や1,000通貨といった少額トレードが可能な初心者向けのFX会社としては、「SBIFXトレード」「外為オンライン」「YJFX!」の3社がおすすめです。


「少額トレードを積み重ねていてもきりがないから、大金をつぎ込んで手っ取り早く稼ぎたい!」と思う気持ちは分かります。


ですが、まずは少額投資でしっかりと実践経験を積み、リアルトレードの雰囲気を掴んでから取引規模を大きくしていくことをおすすめします。


おすすめのFX会社もわかったし、これでチャレンジできるぞ!