FX初心者が陥るワナ1つ!少額投資でリスクを避けて利益出すコツ3つ

【アイキャッチ】少額で始める

この記事で解決できるお悩み
  • FXっていくらから取引できるの?
  • FXを少額ではじめるメリットと注意点を知りたい。
  • 初めてのFXは、いくらからはじめるのがよいの?
  • 少額からはじめられるFX会社を知りたい。

と疑問をお持ちのFX初心者のお悩みが解決できる記事です。三井住友信託銀行出身のクニトミが解説します。


銀行員時代は『投資信託、外貨運用、保険、不動産』などの観点で、金融資産1〜5億円のお客さまの資産に対するコンサルを行ってました。


この記事で解説するFXを少額で始めるメリット・デメリット等を理解すれば、誰でもリスクを抑えてFXを行うことができます。

銀行員時代に私が習得したリスク回避方法なども全て紹介するので、読んで盗んでくださいね!それでは以下で解説します。


『少額で取引できるFX会社を知りたい!』という方は、『少額でできるFX会社3つ』から目を通しましょう!

FX初心者必見!4円の少額からはじめられる!

小銭でFXできる

FXは最低4円から取引ができます。

なぜなら、1通貨単位で注文ができるFX会社があるため、取引するのに最低限必要な金額(必要証拠金)4円で取引ができるんです。


FX各社には『最低取引単位』が決まっており、その単位で注文をします。


そのなかで、一番低い単位で注文できる会社が1通貨~となってます。

SBIFXの通貨単位

上図(引用:SBI FXトレード)の解説です。


1ドル=100円とした場合、1通貨つまり100円でドルを購入し、取引ができます。


よって、レバレッジの最大が25倍なので「100円の1/25=4円の必要証拠金で取引可能」となります。

これは安い!この金額なら、ちょっとしたお小遣いでも取引できますね!
そのとおり。初心者や少ない資金で取引したい人にとっては、大きなメリットだよね。

ただし国内のFX会社は、1,000通貨もしくは10,000通貨単位の注文数量が一般的


1通貨から取引できるのは1社しかありませんので、少額で取引したい際は各社の最低取引単位を事前にチェックする必要があります。

最低取引単位は各社バラバラですので、口座開設前にチェックしましょう。

あくまでも目安ですが、各取引単位ごとの必要証拠金を紹介します。

例)【米ドル / 円 取引単位別 必要証拠金】※1ドル=100円、レバレッジ25倍の場合

  • 1通貨=4円
  • 100通貨=400円
  • 1,000通貨=4,000円
  • 10,000通貨=40,000円

ここで1点、注意が必要です。

取引単位と最大レバレッジ値が同じでも、取引に必要な最低金額が会社ごとに違います。

これは、FX会社ごとに必要証拠金の規定が異なるためです。

例)【米ドル / 円 10,000通貨 レバレッジ25倍 必要証拠金】調査日:2019年7月4日時点

  • SBI FXトレード:レート×10,000通貨×4%
  • 外為オンライン:43,200円
  • YJFX!:44,000円
できるだけ少額で取引をはじめたい!という人は、各社の必要証拠金の算出方法もチェックが必要です。

さて、本記事で「想像していたよりも、FXって少額から取引できるんだ」と安心した人も多いのではないでしょうか。

少額でできるなら、安心してFXをはじめられますね!

次に、FXをはじめる前に知っておいてほしい、少額で取引する際のメリットついて解説します。

FX初心者は少額投資でやるべきメリット4つ

少額 メリット

FX初心者がはじめて取引する際は、少額でスタートすることをおすすめします。


その理由として、大きく4つあります。

初心者が少額でFXをするメリット
  1. 大損するリスクが少ない
  2. 実戦を積みながら投資スタイルを探せる
  3. リスク分散して取引ができる
  4. 複数口座で取引ができる

少額でFXするメリット1:大損するリスクが小さい

少額でFXをする一番のメリットは、リスクが小さいことです。

具体的な例で、その理由を解説します。

10,000通貨と1,000通貨で取引した際の損失額について比較してみましょう。

例)米ドル / 円を100円で買った場合※レバレッジ25倍

 
10,000通貨(1Lot)
1,000通貨(0.1Lot)
必要証拠金
40,000円
4,000円
スプレッド
0.3銭(原則固定)
0.3銭(原則固定)
1円の円高
10,000円の損失
1,000円の損失

1,000通貨で取引すると、10,000通貨と比べて1銭あたりの損失1/10になります。


また、この具体例のケースですと、最も大きな損失額は4,000円になります。


このように損失額というリスクが小さくなるのが、少額取引のメリットです。

初心者にとって、精神的なダメージが減るのは嬉しいですね!

少額でFXするメリット2:実戦を繰り返し自分の投資スタイルがわかる

もうひとつめのメリットは、少額ならFXで実際に取引しながら、多くの経験を積めるとです。


FXは『取引に慣れる』『自分に合った投資スタイルを見つける』までに、時間がかかります。


そのため、ある一定の練習期間が必要です。


FX会社には架空のお金を使って、取引をバーチャルに体験できる『デモトレード』というサービスがあります。


これを活用して練習するのもよいですが、少額で実際にFXをはじめて、経験を積むことをおすすめします!


なぜならデモトレードではお金が一切かからないため、どうしても緊張感に欠けてしまうからです。

少額でも本番の取引を行えば、実際にお金を投資しているため緊張感もあって、早く慣れることができます。

このように、少額で取引できるのは最短ルートで取引経験を手に入れられるメリットがあります。


さらにもう1点。


少額でFXをすると『中長期的な取引が自分の投資スタイルに合うのか』を判断できるようになります。


なぜなら多くのFX会社は、デモトレードの利用可能期間を1ヶ月ほどに制限しているため、中長期的な取引ができないからです。

少額で取引をするからこそ、自分に合う投資スタイルを見つけられるんですね。
そのとおり。デモトレもよいけど、やはり少額でも実際のお金を使って取引に慣れることをおすすめするよ。

少額でFXするメリット3:リスク分散して取引ができる

少額でFXをはじめる3つめのメリットは、取引中にリスク分散ができることです。


少額単位で注文できる場合は、一部をポジション決済して利確し、残りはそのままポジションキープし継続取引する、といったリスク分散が可能になります。

取引単位が10,000通貨と1,000通貨の場合を具体例に解説します。

例)米ドル / 円を10,000通貨買った場合

予測通りに為替レートが動き、利益が出る状態になると

〇取引単位:1,000通貨のFX会社の場合・・・

5,000通貨分をポジション決済し、まず利確させる。そして残り5,000通貨分はさらに高い含み益がでると予測し、ポジションキープする。

〇取引単位:10,000通貨のFX会社の場合・・・

取引額を分散できないため、10,000通貨分まるまるポジション決済するか、そのまま継続するか判断しないといけない。

少額単位だと、10,000通貨のようなハイリスク&ハイリターンを避けることができますね!

少額でFXするメリット4:複数口座で取引ができる

少額でFXをはじめる4つめのメリットは、複数口座で取引できることです。


最低取引単位が1,000通貨のFX会社であれば、1社4,000円程度(米ドル / 円)から取引できます。


そのため投資資金として1万円あれば、2つの口座で取引ができることになります。


なお、複数口座で取引した方がよい一番の理由は『各社セールスポイントや得意とする取引スタイルが異なる』ためです。


少額で複数口座を使って取引することは、どのFX会社のスタイルや取引ツールが自分に合っているかを見定めることができます。

例えば、どういうケースですか?
裁量トレードだけではなく、自動売買取引も試してみたいときなどだね。

少額で取引できることをメリットに、複数口座を使い分けることをおすすめします。


※複数口座を持つメリットについて、もっと詳しくしたい方は『FX初心者が陥るワナ!損しないために複数口座を持つメリット5つ紹介』をご覧ください。

少額でFXをはじめる際のメリットは十分理解できましたでしょうか。


では次に「はじめてのFXは、いくらからはじめるのがよいの?」の疑問に対し、解説していきます。

FX初心者は1,000通貨の少額投資からはじめよう

FX1000通貨にメリットがあるイメージ図です。

『はじめてのFXは、いくらからはじめるのがよいの?』に対する答えは、1,000通貨単位で取引できる額です。


初心者が陥るワナとして『10000通貨からスタートして大損』というパターンがあるので、しっかり読み進めましょうね!

なぜ、FX初心者に1000通貨をすすめるのか。その理由2つを解説します。

1,000通貨の理由1:リスクを抑えられる

1,000通貨単位で取引した場合、10,000通貨でと比べて約10分の1の必要証拠金で取引が可能です。


また、1銭あたりの損益も10分の1になるため、損失リスクを抑えたい初心者の方にむいています。


例)米ドル / 円を100円で買った場合※レバレッジ25倍

 
10,000通貨(1Lot)
1,000通貨(0.1Lot)
必要証拠金
40,000円
4,000円
スプレッド
0.3銭(原則固定)
0.3銭(原則固定)
1円の円安
10,000円の利益
1,000円の利益
1円の円高
10,000円の損失
1,000円の損失
特に初心者は損切りが遅れる傾向にあるので、慣れるまでは損失額の少ない1,000通貨がオススメです。

1,000通貨の理由2:相場経験を積める

少額でFXをはじめるメリットでも紹介しましたが、損失額が小さいので少額で相場経験を多く積めます


FXで勝つためには相場の流れや特徴を知ることが重要。


そのため初心者は「相場経験の積み重ね」が最優先で取り組むべきことになります。

取引の経験を積むためにも、FX初心者は損失が少ない1,000通貨がおすすめなんですね。

続いて、少額ではじめられる具体的なFX会社を紹介していきます。

初心者におすすめ!少額投資ではじめられるFX会社3社

少額取引できる会社

少額で取引できるFX会社を紹介します。


1,000通貨単位以下で取引できる会社は多くあります。


本記事では少額取引できるFX会社のなかでも、それぞれ特徴の異なるおすすめの3社を厳選しました。

約4円から低リスクで取引できる:SBI FXトレード

SBIFXトレード評判

取引単位
必要証拠金
スプレッド(米ドル/円)
1通貨
レート×通貨数×4%
0.27銭
初心者におすすめの理由
  • 業界最低の1通貨4円からFXができる
  • スプレッドが業界最安だから低コストで取引できる
  • スワップポイントが高いから、為替差益のオマケとして稼げる

少額でFXをはじめたい初心者にとって、SBI FXトレードは一番オススメするFX会社です。


取引単位が1通貨~となっており、米ドル/円であれば業界最安の約4円から取引ができます


もうひとつ初心者にオススメなのが、スプレッドが狭いことです。


SBI FXトレードは業界最安水準:米ドル/円0.3銭よりも、さらに安い0.27銭というスプレッドを提供していますので、少額でも安心して取引できます。

少額で自動売買できる:FXブロードネット

取引単位
必要証拠金
スプレッド(米ドル/円)
1,000通貨
4,320円※
0.3銭

※2019年7月5日適用「ブロード25ライトコース」

初心者におすすめの理由
  • 1,000通貨の少額からFXができる
  • 取引を自動で任せれる自動売買がある
  • スプレッドが業界最狭水準だから低コストで取引できる

FXブロードネットは、取引単位1,000通貨と10,000通貨に対応した口座がそれぞれありますので、間違えないよう、注意してください。


少額で取引をしたい方は1,000通貨の「ブロード25ライトコース」を選択するようにしましょう。


初心者にFXブロードネットをおすすめしたい一番の理由は、自動売買が1,000通貨という少額からできることです。


FXブロードネットの自動売買「トラッキングトレード」は初心者にもわかりやすく評判が高いです。


もうひとつ初心者にオススメなのが、スプレッドが狭いことです。


FXブロードネットは本サイトが実施した現役トレーダー222名を対象にした調査でも、スプレッド満足度第1位


この実績なら、少額でも安心して取引できますね。

少額で高金利通貨のスワップが貯まる:LIGHT FX

LIGHTFXスワップポイント

取引単位
必要証拠金
スプレッド(米ドル/円)
1,000通貨
レート×通貨数×4%
0.3銭
初心者におすすめの理由
  • 高金利通貨が1,000通貨の少額から取引できる
  • スプレッドが業界最狭水準だから低コストで取引できる
  • 初回入金額の指定がない

LIGHT FXがおすすめなのは、1,000通貨という少額から高金利通貨の取引ができるからです。


高金利通貨でスワップポイントを狙いたい初心者には、一番おすすめしたい会社です。


通常、トルコリラやメキシコペソといった高金利通貨は10,000通貨~しか取引できない会社が多いなか、LIGHT FXは1,000通貨から可能。


もうひとつ初心者にオススメなのが、スプレッドが狭いことです。


LIGHT FXのスプレッドは主要通貨と高金利通貨の両方で業界最安水準をキープしている上、約定率99.9%と安定しています。


少額でも安心して取引できる環境が整っているFX会社です。


現在、LIGHT FXでは最大53,000円のキャッシュバックキャンペーンも実施しており、スワップポイントを狙いたい方にオススメのFX会社です。

LIGHT FX

FX初心者が『少額で低リスク』に利益出すコツ3つ

以下では銀行員時代に教わったリスク回避方法3つについて解説しますね。


初心者の方でも以下3つのリスク回避方法を活用すれば、失敗を事前に防ぐことができるので活用してください!

リスクを減らすコツ3つ
  1. 時間分散投資を活用する
  2. 地域分散投資を活用する
  3. 2%ルールを適用する

コツ1:時間分散投資を活用する

時間分散投資とは、投資するタイミングを1点に集中させるのではなく、分散させることでリスクを減らす投資手法のことです。


たとえば投資資金が50万円だった場合、以下のように時間分散投資を活用するのがオススメです!

具体例:投資額50万円
  • 6月1日:17万円を投資
  • 6月15日:17万円を追加投資
  • 6月30日:16万円を追加投資

もし6月1日に50万を全額投資して、そのあとで為替が下落したら対処できませんよね?


しかし上記のように6月1日に17万円だけ投資して資金を残しておけば、為替が下落した時に安値で購入できる体力を残しておけます。

コツ2:地域分散投資を活用する

地域分散投資とは、投資する地域を1点に集中させるのではなく、分散させることでリスクを減らす投資手法のことです。


たとえば以下のように投資先の地域を分散するのがオススメです。

具体例:投資額50万
  • 米ドル:20万円
  • 豪ドル:10万円
  • メキシコペソ :20万円

地域分散投資を活用すれば、メキシコペソ が下落をしたとしても大損のリスクを回避できるだけではなく、他の通貨で利益を出すことだって期待できます。


初心者の場合、1つの地域に投資資金全額を傾けるのは避けましょうね!

コツ3:2%ルールを適用する!

もし投資資金の2%まで損失を出した場合は、損切りするようにしましょう!


なぜなら次回の投資で勝つための『資金』を、残しておくことができるからです。


たとえば以下2つの投資パターンがあった場合、損失額をすぐに取り戻せるのはどちらでしょうか?

投資資金50万円
  • A:20%の損失を出し、資金が40万円になった。40万円から10万円の利益を出すには25%の利益を出す必要あり。
  • B:2%の損失を出し、資金が49万円になった。49万円から1万円の利益を出すには2%の利益を出す必要あり。

見てわかる通り『パターンB』であれば、損失を出しても損切りを徹底的に行えばすぐにカバーできますよね!


上記3つのリスクヘッジ方法を活用して、失敗を回避しましょうね!


次に、FXをはじめる前に知っておいてほしい、少額で取引する際の注意点ついて解説します。

FX初心者が少額投資する際の注意点3つ

少額 注意

FX初心者が少額で取引する際に注意してほしい点が、3つあります。

少額で取引する際の注意点
  1. レバレッジのかけ過ぎに注意すること
  2. 強制ロスカットされやすいので、注意すること
  3. 利益が小さいので、注意すること

注意点1:レバレッジをかけ過ぎないように!

元手資金を最小限にするためには、高いレバレッジをかけて取引することが必須になりますが、


このレバレッジが逆にデメリットになることがあるので、注意しましょう。


レバレッジは少額取引にとって便利な仕組みですが、為替が予測と逆に動けば、損失が大きくなります。


そのため、少しの値動きだけで証拠金維持率になってしまい、強制決済(ロスカット)となり取引ができなくなります。

少額で取引する際はレバレッジのかけ過ぎに注意しましょう。

少額でFXをはじめる場合は3倍程度をひとつの基準として、おすすめします。


※レバレッジの計算方法やメリットも知りたい方は「FXレバレッジとは?計算方法やメリット&デメリットを3分解説」をご覧ください。

注意点2:強制ロスカットされやすい!

取引に必要な証拠金が少額であればあるほど、強制ロスカット(決済)されやすいので注意が必要です。


FX会社は口座に残っている金額が一定水準を下回ると、損失を回避するために強制決済します。


この一定水準を証拠金維持率といい、各社で水準が決まっています。


多くの会社が証拠金維持率50%を下回った際に強制ロスカットとなります。


ただ、FX会社によっては1,000通貨のロスカット率を高めに設定している会社もありますので注意してください。

例)外為オンライン

  • 1,000通貨の場合:証拠金維持率100%未満
  • 10,000通貨の場合:証拠金維持率20%未満

強制ロスカットされないためにも、少額で取引する際は口座入金額=証拠金ではなく、証拠金の2倍の金額を目安に入金しておくことをおすすめします。

注意点3:利益が小さい

少額でFXをすればリスクが少ない分、利益額も少ないです。

具体例で確認してみましょう。

例)米ドル / 円を100円で買った場合※レバレッジ25倍

 
10,000通貨(1Lot)
1,000通貨(0.1Lot)
必要証拠金
40,000円
4,000円
スプレッド
0.3銭(原則固定)
0.3銭(原則固定)
1円の円安
10,000円の利益
1,000円の利益
やはり10,000通貨と比較すると利益額が大きく見劣りしますね。。。

まずは目先の利益よりも、いかにリスクを抑えるかということに重点を置き、トータルでプラスが出せるようにしましょう。

【まとめ】FXを少額投資を使って低リスクで利益を出そう

少額 まとめ

上記で紹介した『FXを少額でやるメリット』を理解すると、リスクを少なくしてFX経験を積めることがお分りいただけたと思います。

最後に、FXを少額でやるべきメリットについてもう一度確認しましょう。
初心者が少額でFXをするメリット
  • 大損するリスクが少ない
  • 実戦を積みながら投資スタイルを探せる
  • リスク分散して取引ができる
  • 複数口座で取引ができる

最初は慣れないため、少額で取引をする場合でも『怖いな』と感じる場面もあると思います。


しかし少額でリスクを最小限に抑えて実践を積むからこそ、自分の投資スタイルを見つけ、少しずつ勝ちパターンを見つけることができるのです。


少額で経験を積む場合は、1通貨から取引できる『SBI FXトレード』で口座を開設して経験を積むことをおすすめします!