【FX初心者の失敗まとめ】知らなきゃ損。重要なことはたった1つ!

FX 初心者 失敗

この記事で解決できるお悩み
  • FXを始めたいけど、初心者が損しない方法はあるのか?
  • 初心者が失敗する原因を知って、FXで成功したい

FXでの失敗を不安に思い、悩んでいる方に読んでいただきたい記事になっています。

この記事ではFX初心者でも失敗しないために、

・FX初心者が陥りがちな失敗例TOP3とその原因
・失敗しないためのたった1つの解決策
・FXを始める前に避けられるリスクヘッジ方法


の順に紹介していきます。

この内容を見ることで、初心者にありがちな悩みを解決できるので、ぜひ見ていってください!

FX初心者でも絶対にしてはいけない失敗3つ

FX初心者が絶対に避けるべき失敗

まずは「やってはいけないこと」をしっかりとチェックし、それがなぜダメなのかを理解しましょう。

これだけでFX初心者がハマってしまう落とし穴を避けられ、損するリスクを大幅に減少させられます。

では、初心者がやってしまいがちだけど、絶対にしてはいけない失敗を3つ紹介していきます。

FX初心者の失敗例1:根拠がない取引をする

絶対にしてはいけないのが、根拠のない取引です。

なぜなら、勘で行った取引は「なぜ」その取引を行ったのかが客観的に示せず、FXの経験値は上がらないからです。

FXの取引自体は簡単なので、知識が無くてもまったく問題なく始められます。

そのため、チャートを見て直感的に判断してしまう例が非常に多くあります。

根拠がない取引をしないためには、「テクニカル分析」「ファンダメンタルズ分析」が重要なので、しっかり理解しておきましょう!

FX初心者の失敗例2:強制ロスカットを受けてしまう

初心者は「損切り」をすることができず、強制ロスカットを受けてしまうことが多くあります。

なぜなら、「損失を出したくない」と感情をコントロールできないからです。

「もう少し待てば状況が良くなるかもしれない」と思うとなかなか取引を行えず、結果的に暴落して資金が底をついてしまう非常に残念なパターンです。

損切りのポイント

「損切り」のポイントは、「逆指値」(あらかじめ設定した価格になったら自動的に売る注文方法)にあります。

これを使えば急な価格の変化にも対応でき、損失を最小限に抑えられるのです。

※逆指値に関する詳しい内容は、「【FX基本の「き」!】指値・逆指値・成行注文を5分でマスターしよう!」をご覧ください。

FX初心者がロスカットに注意すべき時
  • 損失を出すのが嫌で取引をためらっている
  • 相場急変への対応策をとっていない

FX初心者の失敗例3:高レバレッジで証拠金が不足する

初心者がFXで資金を溶かしてしまったり、借金を背負ってしまう原因の多くは、「高レバレッジ」です。

なぜなら高レバレッジの場合、少しの価格変動でも大きな損失額になるため、その損失額が自分の用意した資金を超える可能性があるからです。

自分の資金ではカバーできないほどに高いレバレッジを設定し、証拠金維持率が一定を下回ると、強制ロスカットが自動で起こります。

初心者が高レバレッジで取引するには危険すぎるので、きちんと証拠金や自分の資金を考えて取引しましょう。

適正レバレッジはどれくらい?

レバレッジは1~3倍までに抑えておくと、強制ロスカットのリスクをかなり軽減させられます。

なぜならレバレッジが低いほど、為替レートの変動による影響も小さくなるからです。

FX初心者が失敗しないために最も重要なこと!

FX初心者が失敗してしまう原因

FX初心者が失敗しない為に重要なことは、「気持ちのコントロール」です。

なぜなら初心者が失敗してしまうケースのほとんどは、感情に流されてしまうことが原因だからです。

例えば、

  • 高レバレッジでの初歩的な資金ミス
  • 損切りを忘れる強制ロスカット

も「欲張る気持ち」を抑えて冷静に判断することで、確実に減らせます。

勝ち続けているFXトレーダーは、損を出しても、自分の感情に流されないようコントロールするのが非常に上手です。

FX初心者のうちは難しいかもしれませんが、「自分の感情をいかにコントロールできるか」に気を付けましょう。

FX初心者が失敗をしないためのリスクヘッジ法

FX初心者が失敗をしないためにとるべき行動

上記のコツを踏まえたうえで、以下の3つの方法を使えば、FX初心者がしやすい失敗をほとんど回避できます。

  • デモトレードで練習
  • 少額取引
  • 早めの損切り

FX初心者が失敗しない方法1:デモトレードで練習

デモトレードは緊張感や焦りがないため、冷静に分析や損切りを行えるのでFX初心者にはオススメです。

失敗パターンで見たように、実際に自分の意思で損を出すのは初心者にとって心理的に非常に難しいです。

まずはそのようなプレッシャーを外した、冷静な状態で練習を行うのが肝です。

※デモトレードに関する詳しい内容は、「【デモトレ比較】おすすめFX会社3選と見極めの極意」を見てみてください。

デモトレードでの具体的な対応策
  • 損切りの抵抗感を少なくする
  • テクニカル分析やファンダメンタル分析を試用してみる
  • 分析結果から価格を予想して取引する
  • 価格予想ができないときは分析方法を変えてみる

FX初心者が失敗しない方法2:少額取引

リアルトレードで取引する場合、まずは少額取引でリスクヘッジを行いましょう。

なぜなら仮想取引(デモトレード)とは異なり、感情が少なからず入るので、初めからできると思って高額取引をするのは危険だからです。

やはり実際に自分のお金で取引を行うと思うと緊張したり、判断力が鈍くなってしまうものです。

ですからFX初心者のうちは、損しないためにも少額取引で練習するのがオススメですよ。

FX初心者が失敗しない方法3:損切り

損切りを早めにすると損する額は少なくなり、資金を次の取引に生かせます。

初めのころの損切り額は総資金の1~2%くらいに設定するのが一般的です。

その理由は、連続で損切りを出したとしても資金に余裕があるので、時間的にも心理的にも、そして金銭的にも負担が軽くなるからです。

これによって次の取引の機会も逃しません。

損切りのポイント
損切り額を取引する前に決めておこう!

まとめ:FX初心者が失敗しないコツは4つ

FX初心者は大失敗をさけるためにもリスク管理を徹底しよう

今まで説明してきましたが、「FX初心者が失敗しないためのコツ」は理解できましたか?

最後にもう一度内容を確認しておきましょう。

 

FX初心者が失敗しないためのコツ

  • 根拠のない取引・強制ロスカット・高レバレッジに注意
  • デモトレードで経験を積む
  • 損切り額は事前に決め、損失を最小限に抑えて取引機会を増やす!
  • リアルトレードは少額から始め、お金が動く感覚に慣れる

 

以上の失敗例とその原因、そして失敗しないための対応策を念頭に置き、実際にトレードの経験を積んでみましょう。

FX初心者にありがちな失敗例を知れば、FX初心者でも最低限の損失で利益を目指せるので、ぜひFXを始める際に参考にしてくださいね!