大手銀行員が解説!FX初心者の失敗例まとめ16個と借金しないコツ4つ!

FX初心者のよくある失敗とリスク管理法

この記事で解決できる悩み
  • FX初心者はどうして失敗してしまうの?
  • FX初心者が失敗しないためにはどうすればいいの?
  • FX初心者におすすめの口座を知りたい!

と悩んでいる方の悩みを解決できる記事になっています。三井住友信託銀行出身のクニトミが解説しますね。


銀行員時代は、金融資産1〜5億のお客さまに対して『投資信託、外貨預金、保険』などの観点でコンサルティングを行なっておりました。


この記事で解説する『FX初心者の失敗談16個と借金しないコツ4つ』を理解すれば、初心者でも失敗を抑えながらFXすることができます。


銀行員時代に習得したリスクヘッジ方法も、惜しみなく解説するので是非実践してくださいね。


それでは以下で『FX初心者が失敗してしまう理由とその解決策』について解説しますね。

【FX初心者必見】FXとは

FX初心者が失敗しないために知っておくべき仕組み

FXは「Foreign eXchange」の略で、正式名称を「外国為替証拠金取引」といいます。


仕組みは簡単で、2国間の通貨を交換・売買し、その為替差益によって利益を得る投資です。


例えば1米ドル100円の時に1米ドルを買い、101円に値上がりをしたときに売ることで、差の1円が利益になります。


この損益額は通貨の価格変動によって変わっていきます。

FXは失敗するもの!ただ、勝率は60%

FXに対するイメージとして「失敗ばかりするんでしょ?」という意見が多くあります。


確かにFXは失敗することもありますし、実際に初心者の頃は、私も何度も失敗しました。


ただ、金融先物取引業協会の調査よると、勝率は60%以上と勝つ確率の方が高いんです!

【利益額・損失額の結果】

利益額が「~20 万円未満」が35.6%と最も高い
利益額(損失額)が「0円又は、損失額が-20 万円未満」が28.4%
損益額が『-20万円未満~20万円未満』の間が全体の60%以上

職業別にみると、常勤雇用の役員は70%以上の勝率となっているので、意外にもイメージとは全く違う結果となっています。

FX初心者の失敗例まとめ16個と解決策

FX初心者が失敗する原因

正直に言って、FX初心者は経験者に比べて失敗しやすいです。

じゃあ、どうしてFX初心者は失敗してしまうの?

と思っている方が多いと思うので、以下で『FX初心者が共通して失敗してしまう原因とその解決策』を解説しますので、確認してみましょう。

FX初心者の失敗例まとめ16個
  1. ギャンブル感覚で取引してしまう
  2. 通貨ごとの性質を知らない
  3. 金利儲け予定で大損してしまう
  4. 思わぬ為替差損でロスカット
  5. レバレッジのかけすぎ
  6. スプレッドの変化による失敗
  7. 相場が戻ると期待する
  8. ポジポジ病
  9. ネットの情報を鵜呑みにしすぎる
  10. 借金をしてしまう
  11. 塩漬けで失敗
  12. イベントや要人発言に注意
  13. 資金管理で失敗
  14. 様々な通貨を使ってしまう
  15. 海外口座を使い、出金できなくなる
  16. 海外の自動ツールで詐欺にあう

【FX初心者あるある】勉強不足による失敗例6つ

まず初めに、勉強不足が原因の失敗をご紹介します。


「勉強がまだまだ足りてないかも」という方は以下の失敗をしやすいので気を付けましょうね。

FX初心者の失敗例1:ギャンブル感覚で取引

FXは勝つか負けるかの2択でしょ?運任せじゃん

と、ギャンブル感覚で取引をしていると失敗してしまう人が多くいます。


なぜなら、ギャンブル感覚だと思っているうちはFXを真剣にやることもなく、チャート分析などの分析を怠る可能性が高いからです。


FXは投資です。そのため、チャート分析などを真剣にやらないと、『下降トレンドになるサインが出ているのに通貨を買ってしまう』など損失を招く行動を取ってしまう可能性もあります。


しっかり分析を行えば勝率が上がるので、勝つか負けるかのギャンブルとは違います。そのことを理解してFXを行いましょう。

FX初心者の失敗例2:通貨の性質を知らないから

FX初心者の失敗でありがちなのが、通貨ペアの性質を知らずに取引してしまうことです。


理由は、通貨ペアによって価格の動き方や安定性が異なるからです。


例えば、トルコリラ/円の取引は高金利で人気ですが、トルコリラは価格があまり安定しておらず、2018年8月には19円台前半から18円割れまでの急落がわずか8分間の間に起こりました。


また、通貨ペアによって取引が多くなる時間帯も異なるため、知らないと損をするだけでなく、利益が出せる相場で取引チャンスを逃してしまいます。


このように、どんな通貨ペアなのかを理解して取り組むほうが利点が多いので、必ず確認しておきましょう!


※『FXの取引時間帯』に関する詳しい内容は、下記をご覧ください。

FX初心者の失敗例3:スワップ金利儲けをしようとして大損

資金が少ないのに、楽に稼ぎたいために金利目当てでFXをすると大損してしまう可能性があります。


なぜなら、FXのスワップ金利はプラスになるだけでなく、売りポジションを持つとマイナススワップを支払わなければならないからです。


また、スワップ金利はうまく取引すれば確かに毎日コツコツ儲かりますが、相場が急変して為替差損が大きくなると、スワップ以上に大損する可能性が十分にあります。


そのため、上記の仕組みを正しく理解していないFX初心者がスワップ目当てでギャンブルのように取引すると危険なので、しっかり頭に入れておきましょう。


※『FXの金利』に関する詳しい内容は、下記をご覧ください。

FX初心者の失敗例4:思わぬ為替差損でロスカット

FX初心者にあるあるなのですが、思わぬ為替差損でロスカットにあう人が非常に多いです。

なぜなら

もう少し価格が上がるかもしれない!

と、目先の利益に眩み、なんの根拠もなしに取引を続行してしまう人が多いからです。


目先の利益に眩んだ人たちに待ち受けているのが、急な価格変動による強制決済(ロスカット)。


厳密に言うと、ロスカットとは

FX会社がこれ以上相場が悪い方向に行くと、資金が足りなくなってしまうため、今ここで決済しておこう!

という、本当はトレーダーを助けるための施策なのです。


しかしロスカットされると、資金を全額失ってしまうので、目先の利益に惑わされず損切りをすることが大切ですよ

※『FXの損切りのルールを決める方法』に関する詳しい内容は、下記をご覧ください!

FX初心者の失敗例5:レバレッジのかけすぎ

また、『レバレッジのかけすぎ』もよくあるFXの失敗例です。


ハイレバレッジに設定してしまうと、少しの価格変動で強制ロスカットになる確率が高くなります。


とくに、FX初心者は損切りもなかなかできない傾向にあるので、高レバレッジに設定しても損切りができずに強制ロスカットにあってしまいます。


そのため、FXを始めて間もないうちはレバレッジは3倍までに抑えておきましょう。

FX初心者の失敗例6:スプレッドの変化(滑る)による失敗

スプレッドが滑ってしまうことも失敗する原因の1つです。


「滑る」とは注文したレートと約定したレートの差のことをいい、「スリッページ」という言い方もします。


スプレッドが滑ることにより、本来得られたはずの利益が少なくなってしまうのですから、トレードスタイルがスキャルピングの人は注意が必要です。


FX会社によって滑りやすさが変わってきますので、特にスキャルピングをする人は滑りにくい会社を使いましょう。


※ちなみに、スキャルピングに向いているFX会社は、『YJFX!』『GMOクリック証券』です。下記で詳しく紹介しているので、気になる方はご覧ください。

【FX初心者あるある】メンタルの弱さによる失敗例5つ

次はメンタルの弱さが原因で引き起こしてしまう失敗を5つご紹介します。


FXとメンタルのつながりは密接なので、同様の状態にならないように確認してみてくださいね。

FX初心者の失敗例7:相場が戻ると期待して大損

予想に反して相場が動いた際に『相場が戻るだろう』と期待して取引してしまい大損することも、FX初心者にありがちな失敗です。


なぜなら「相場が戻ると“期待”する」ということは、戻るという根拠を全く持っていないからです。


根拠のない期待をしているうちは、思い通りに相場が戻らずに大損してしまう可能性が高くなります。


今がどんな相場なのかをきちんと分析し、根拠を持って低リスクな取引をすることが重要ですよ。

FX初心者の失敗例8:ポジポジ病

ポジポジ病もFX初心者が陥ってしまいがちな失敗です。


FX初心者は「この値段で買ったら利益を上げられるかもしれない!」と、特に意味はなくポジションを買いまくってしまう傾向にあります。


しかし、大量にポジションを買ったとしても、売るタイミングを逃してしまい、トータルの損益を見ると損失の方が多くなる場合が非常に高いのです。


大量にポジションを保有しても、それぞれのポジションを管理しにくいので、FX初心者のうちは必ず無理のないポジション量で取引しましょう。

FX初心者の失敗例9:ネットの言葉を鵜呑み

ネットの言葉を鵜呑みにしてFXをすることも失敗する原因の1つです。


なぜなら、ネットに出ている情報は『信用できるのか』を判断しづらいからです。


特に『個人ブログ』は筆者本位の情報があふれており、客観的な情報を届けているとは言い切れず、鵜呑みにしてしまうのは危険です。


ネットの情報を見る時は、誰が書いているのかがわかるサイトかつ客観的な情報を届けているサイトを参考にし、自分で判断することが大切と覚えておきましょう。

FX初心者の失敗例10:借金をする

借金をしてまでFXをする人がいますが、ほとんどの場合うまくいきません。


なぜなら、借金をしている状態でFXをしても、まともな精神状態にあるとは言えないからです。


借金をしてまでFXをする精神状態は、「稼がなくてはいけない」という焦燥感から冷静に取引することはできません。


借金をしてもいい結果になるとは思えないので、借金をする人は投資自体向いていないでしょう

FX初心者の失敗例11:塩漬けによる失敗

自分の手に負えないほど損失が膨らむ可能性があるため、塩漬けはオススメできません。


もちろん、相場は回復する可能性もありますが、どんどん悪くなる可能性もあります。


「今の相場は危険だ」と判断できるなら、含み損のポジションを長く持っていてもどんどん損失が膨らんでいくだけです。


損切りなどをして、含み損のポジションを長く持たないようにしましょう。

【FX初心者あるある】確認不足による失敗例3つ

次に確認不足が原因で起こる失敗を3つ紹介します。


初心者のみならず、経験のある人でも失敗しやすいポイントもあるので、必ず確認しましょう。

FX初心者の失敗例12:イベントや要人発言に注意 

国際的なイベントや要人発言には注意をしておかなければいけません。


なぜなら、通貨の価格はイベントや要人発言によって急変動することが多いからです。


例えば、2016年11月のアメリカ大統領選挙の時には、一時的に円高に動いたあと、ドナルド・トランプ氏が大統領に当選したとわかるやいなや急激に円安方向に動きました。


このような国際的なイベントや要人発言を察知しておかないと、急な価格変動についていけずに損失を出してしまうので注意が必要です。


この国際的なイベントなどで為替の動きが交わるかもしれないと分析することを「ファンダメンタルズ分析」と言うので、詳しく知らない方は下記の記事を見て覚えておきましょう。

FX初心者の失敗例13:資金管理で失敗 

資金管理を怠って失敗するのも、FX初心者にありがちな話です。


資金管理をしていないと取引に対するリスクが膨らんでしまい、危険度が増してしまいます。


例えば、現在扱っている通貨ペアの数はどのくらいなのかを把握して、それに対しての証拠金が足りているのかを確認しておかないと、証拠金が足りずにロスカットに合う可能性もあるのです。


資金管理をしっかりしておくことで、そういったリスクを抑えることができますよ。


※『FXの資金管理法』に関する詳しい内容は、下記をご覧ください。

FX初心者の失敗例14:色々な通貨を使ってしまう

「色々な通貨を扱ってみたい!」と思う気持ちはわかりますが、色々な通貨に手を出すと失敗につながる場合があります。


通貨ごとに特徴が異なるので、扱っているすべての通貨の情報を集めようと思っても、なかなか難しくてきちんと管理することはまずできません。


管理ができなくなった結果、正確な情報を集めることができず損失に繋がってしまいます。


FXをするなら、まずはメジャーな通貨(米ドル/円)で低リスクに取引を始めましょう。

【FX初心者あるある】詐欺にあう失敗例2つ

FXの世界では、詐欺や詐欺まがいのことをしている人や業者もいます。


以下では詐欺に遭ったことによる失敗を紹介します。


FX初心者の失敗例15:海外口座を使用して出金できない

海外口座の場合、出金ができないというトラブルは以前から相次いでいます。


出金できないトラブルのほか、出金するのに個人情報を送り、確認してもらう必要があるため、出金までにかなりの時間を要したりと国内業者に比べて手間が多いです。


また、国内の口座は金融庁からの許可を受けたFX会社が運営をしていますが、海外業者は許可を得ておらず、何かあっても対応してもらえません。


出金トラブルや出金に手間がかかること、安全性を考えても、国内業者を選ぶべきでしょう。


※後ほど、トレーダーに人気の国内業者について紹介します。

FX初心者の失敗例16:海外の自動ツールで詐欺にあう

海外のツールを使用すると、詐欺被害に遭う可能性もあるため、とくに初心者は使わないようにしましょう。


利益を得たいがために、より良さそうなツールを購入してしまうケースも多いです。


特に自動売買ツールでは詐欺被害が後を絶ちません。


金融庁からのライセンスを得ていない業者は詐欺をしている可能性もあるので、海外のツールは使わないように心がけましょう。

FX初心者が失敗して借金しない5ステップ

FX初心者が失敗しないためには

FX初心者が陥りやすい失敗をご紹介してきましたが、失敗しないためにはどうすればいいのでしょうか?


以下でFX初心者が失敗しない5ステップを紹介しますので、チェックしてみましょう!

失敗しない5ステップ
  1. FXの知識を習得する
  2. 自分ルールを設定する
  3. 国内の少額口座からFXを始める
  4. 実践と検証を繰り返して経験を積む
  5. 少しずつ投資金額を増やす

ステップ1:FX知識を習得する 

まず初めにFXの知識を習得しましょう。


具体的にどんな知識を習得するべきかというと、

  • FXで出てくる基礎用語
  • トレードスタイル
  • 分析方法
  • 注文方法

など、取引に関することはしっかり覚えておくべきです。


正しく覚えておくことで、トレード中に「この単語の意味なんだっけ?」と困惑することもなくなります


本格的にトレードをする前に、FXに関する知識を習得しておきましょう。


※以下の記事でFXで覚えるべき基礎用語や分析方法など紹介していますので、確認してみてくださいね。

ステップ2:自分ルールを設定する

次に、自分ルールを設定しましょう。


具体的に何を決めればいいかというと、

  • レバレッジ
  • スプレッド
  • 1日に何回取引するのか
  • トレードスタイル
  • 損切りの位置

の5つです。


自分ルールを決めておくことによって、機械的にトレードすることができるので、精神的な影響も受けにくくなります。


よって、メンタルの弱さによって損するリスクを低減することができるのです。


以下のページに自分ルールの作り方について書いてありますので、これからルールを作る!という人はしっかり読んでみましょう。

ステップ3:国内の少額口座でFXを始める

FXを始める時は、国内の少額口座で開設しましょう。


国内のFX会社は金融庁から認められなければ業務をすることができないため、信頼できるFX会社です。


また、FX初心者のうちから無茶なトレードをするのはオススメできないので、少額で低リスクな取引を心がけましょう!


※どんな国内口座があるかは後程ご紹介しますね。

ステップ4:実証と検証を繰り返して経験を積む

国内の少額口座で口座開設を行ったあとは、実証と検証を繰り返して経験を積んでいきましょう。


FX初心者が失敗するときは、経験不足が要因の場合の結構あります。


それを解消するには、経験を積むほかありません。


少額からFXを始め、自分のトレード記録を毎回つけて実証と検証を繰り返すことで、良かった点・改善点が見えてきて今後のトレードに活かすことができますよ。

ステップ5:少しずつ投資金額を大きくする

トレードに慣れてきたら、投資金額を少しずつ大きくしていきましょう


といっても、トレードに慣れていない段階で投資金額を大きくするのは危険です。精神面に影響が出る可能性があります。


自分のルールも確立して、トレードに慣れてきた段階で少しずつ投資金額を大きくしてトレードしてみてくださいね。

FX初心者が失敗しないために少額口座がオススメ!

FX初心者は少額口座がおすすめ

最初から大きな金額を扱っていると、金額の大きさから緊張し、精神面に影響をきたして失敗してしまいます。


そうならないためにもFX初心者は少額口座から始めるのがオススメです!


また、FX口座の申し込みは5〜10分で終わり、無料なので、気になった会社2、3社で口座開設しておくのがオススメですよ。

以下では初心者にオススメのFX少額口座を紹介しますので、いいなと思う会社を見つけてみてくださいね。

おすすめの少額口座:SBIFXトレード

FX初心者におすすめの少額口座1:SBI FXトレード

1つ目のおすすめ少額口座は「SBI FXトレード」です


SBI FXトレードは業界最安値の4円からFXを始められ、スプレッドも米ドル円0.27銭と低コストで取引するなら外せないFX会社です。


またチャートも見やすく、gooランキングでは2018年に総合人気1位に輝いています。


1万通貨以下でとにかく少額で取引を始めたい方は、口座を持っておくのがオススメです。

おすすめの少額口座:FXブロードネット

iサイクル2取引以外でオススメのトラッキングトレード

2つ目のおすすめ少額口座は「FXブロードネット」です。


FXブロードネットも低スプレッドで滑りにくいFX会社で、FXサービスコスト満足度が業界No.1に選ばれたほどです!


スマホアプリも使いやすいと評判ですし、1,000通貨の少額から取引をすることができます。


また、自動売買ツール『トラキングトレード』が非常に人気が高く、ゆくゆくは自動売買も使いたい方にもオススメですよ。

おすすめの少額口座:YJFX!

FX初心者におすすめの口座3:YJFX

3つ目のおすすめ少額口座は「YJFX!」です。


大手のYahoo!グループが運営しているFX会社なので安心感もあり、人気があるFX会社です。


また、スプレッドが広がりにくく取引コストが安いうえに、1,000通貨から取引することができます。


少額でFXをしたいけど、大手で知っている会社がやっている安心感が欲しい!」という人にもオススメですよ。

FXで失敗して借金しないコツ4つ

FX初心者が失敗しないコツって?

以下では、実際にボクが銀行員時代に学んだリスクヘッジ方法を紹介していきます!


失敗しないコツ4つを実践するだけで、プロトレーダー並みにリスクを減らせるようになるので、ぜひ実践してくださいね。

FX初心者が失敗しないコツ4つ
  1. 余剰資金の範囲内でFXをする
  2. 時間分散投資を活用する
  3. 地域分散投資を活用する
  4. 2%ルールで損切りする

コツ1:余剰資金の範囲内でFXする

余剰資金とは、仮に失ったとしても生活に支障を与えない資金のことですね。


以下の画像をみてください。20〜50代の現役世代の貯金を色分けした画像になります。

上の画像をみてわかる通り、投資資金を用意するなら、資産の40%以上は投資資金に回さないほうがいいですよ。


たとえば貯金が100万円なら、40万以上は投資資金に回さないほうがいいという意味合いになるので注意しましょう!

コツ2:時間分散投資を活用する

時間分散投資とは、投資するタイミングを1点に集中させるのではなく、分散させることでリスクを減らす投資手法のことです。


たとえば以下のように投資タイミングを分散するのがいい例ですね。

時間分散投資:投資額100万円
  • 2019年4月1日:33万円を投資
  • 2019年4月5日:33万円を追加投資
  • 2019年4月10日:34万円を追加投資

このように時間を分散して投資をすることで、たとえ4月5日あたりに為替が暴落をしても安値で追加投資をすることができますよね。


高値掴みのリスクを最小限に抑えることができるので、投資初心者は必ず実践しましょう!

コツ3:地域分散投資を活用する

地域分散投資とは、投資する地域を1点に集中させるのではなく、分散させることでリスクを減らす投資手法のことです。


たとえば以下のように投資先の地域を分散するのがオススメです。

地域分散投資:投資額100万円
  • 豪ドル:40万円を投資
  • 米ドル:30万円を投資
  • メキシコペソ :20万円を投資
  • トルコリラ:10万円を投資

このように地域分散投資をすることで、トルコリラやメキシコペソ が暴落をしても、その資金はほかの通貨に移っていくケースが多いのでうまくリスクヘッジができます。


もちろん大きく稼ぐことはできないですが、リスクを極限まで下げて、コツコツ稼ぎたい方には向いているので是非実践してくださいね。

コツ4:2%ルールで損切りする

投資額の2%まで損失を出した場合は、損切りをすることをオススメします。


なぜなら損失額を最小限におさえつつ、次回の投資で勝てる体力を残せるからです。


たとえば以下2つの投資パターンがあった場合、100万円を取り戻せる可能性が高いのはパターンBですよね?

投資資金は100万円
  • A:10%を失い90万円が残った。90万円から10万円の利益を出すには11%の利益を出す必要あり。
  • B:2%を失い98万円が残った。98万円から2万円の利益を出すには2%の利益を出す必要あり。

このように損失額を最小限に抑えられれば、その損失をリカバリーできる体力を残せるので2%で損切りするのがオススメ!

FX初心者の失敗まとめ

FX初心者でも失敗をしないようになろう!

上記で紹介した『FX初心者でも失敗しない5ステップ』を実践していただくと、今後は初心者だから失敗してしまうということはなくなり、失敗をできるだけ抑えることができます。


最後にもう一度内容を確認しましょう。

失敗しない5ステップ

  1. FX知識を習得する
  2. 自分ルールを設定する
  3. 国内の少額口座でFXを始める
  4. 実証と検証を繰り返して経験を積む
  5. 少しずつ投資金額を大きくする


『本当に失敗しなくなるのかな』と最初は思うかもしれないですが、一度理解できれば失敗が減っていきますよ。


このステップの中で特に重視していただきたいのは、『国内の少額口座でFXを始める』というところです。

おすすめの少額口座

国内の少額口座を選ぶときは以上から選ぶようにすれば、より失敗をしにくくなりますよ。


中でも1番オススメなのは、『SBI FXトレード』ですね。


1通貨(約4円)から始められるので極限までリスクヘッジすることができますよ!


この記事を何度も読み直して、FXでの失敗をできるだけ抑えられるようになりましょう!