【システムトレード比較!TOP3】初心者が注意すべき2点を紹介!

FXシステムトレード

FXのシス店くトレード(自動売買)が、今FXトレーダーに人気なのを知っていますか?

忙しい人や、FXに関する知識がない初心者、少額で取引したい人、稼げる自信はないが副業を始めたい人には必見の取引方法です。

このページでは、

MEMO
  • システムトレードとは何か?
  • システムトレードのメリットデメリット・注意点
  • システムトレードで初心者にも人気のFX会社比較

について紹介していきます。

なんだか怪しいな…本当に自動売買って稼げるの?
自動で取引って言っても、結局自分の判断次第で損しそうだよね…

確かにどこまで自動でやってくれるのか、本当に知識がなくても稼げるのかってところは気になるよな!じゃあ今から説明するぞ!

FXのシステムトレードについて

システムトレードとは?

FXシステムトレードとは

FXのシステムトレードとは、注文から決済までを全自動で行ってくれる取引方法の一つです。

自動売買とも呼ばれます。

決まったルールを登録すれば、機械が設定通りに自動で注文を出し、決済まで行ってくれます。

システムトレードの中にはいくつかの種類があり、FX会社が提供しているシステムもあれば、自分で勝率の高いストラテジーを選んで運用する方法もあります。

すでに海外では、システムトレードはメジャーな投資方法となっています。

ではなぜ、機械的な取引が人気なのでしょうか?

海外の投資家の中では、システムトレードはメジャーな取引スタイルとして定着しつつあります。

今回はこのシステムトレードが一体どんなものなのか、順を追って紹介していきます。

そのメリットと、システムトレードの種類について紹介していきます。

まずはメリットから紹介しよう!システムトレードが人気なのは、それなりのメリットがあるからなんだ。

システムトレードの3大メリット

安定して勝率を保てる

システムトレード リスク

システムトレードは、過去の結果に基づいて機械的に注文を出し続けるので、勝率が安定するというメリットがあります。

「もう少し利益を伸ばしたい」、「利益になる方向に為替が動いてほしい」といった感情を切り離して取引できるので、自分で考える必要がありません。

エントリーポイントも自動的に決められているので、注文を出せばあとは自動で取引が成立します。

たとえばひまわり証券のループイフダン注文では、最初から利益幅と損失幅を確定して取引を行います。

その操作は機械的に行われるので、自分の感情を取引に持ち込むことがありません。

システムトレードは、決まった利幅で利益を確定し、それを繰り返してくれます。

為替市場ではレンジ相場が多く、いったん値を伸ばしてもまた戻ってくることも多いため、レンジ相場ではとくに威力を発揮します。

一度ポジションを持つと含み損になることもありますが、為替が戻って来た際に利確することになります。

利益を得るために、いったん含み損になることを許容する精神も必要になるでしょう。

ある一定のレンジに収まっていると繰り返し、注文を出してくれますので、利幅も取りやすい設計になっています。

感情的にならない取引、メンタルが弱くても大丈夫!

システムトレード メリット

ポジションを持つと、人の心には「もう少し利益を伸ばしたい…」「こっち方向に為替が動いてほしい」という欲や希望が生まれます。

欲や希望は、ポジションを持ち続けなければ不安になってしまう「ポジポジ病」を発症させます。

または、「損失が怖い」「薄利で決済したくない」と自分の感情を取引に持ち込んでしまい損切ができず、少額で済むはずの損失を拡大してしまうこともあります。

こういった人の感情はコントロールするのが難しく、理論的に行うべきFX取引の邪魔になってしまいます。

しかしシステムトレードでは、感情を切り離して取引を行うので、無駄な取引による損失を防ぐことができます。

いわゆるポジポジ病ってやつだ。

これはFX取引に慣れた人でも発症しやすいのよね。

そうだ。だからこそ、システムトレードではそこのリスクを排除できる点で優れているんだ。

「どのような流れになっているかも分からず、ポジションを持ってしまい、反対方向に為替が動いてしまった!」という経験はないですか?

流れに逆らってポジションを持ってしまうと、大負けすることにもつながります。

「為替が今後どのように動くのか見当がつかない」、「どのように取引したらいいのかわからない」

という場合にも、ある一定の地幅を設定するだけで注文が出せたり、オリジナルの手法を用いたストラテジーを使って取引を行うことも可能です。

自分のエントリーポイントが分からない場合でも、罠を仕掛けるように注文を繰り返して利ザヤを稼いでくれることも多いです。

初心者の場合や、エントリーするといつも逆方向に進んでいくという裁量に自信のない方は、システムトレードを検討されるのもいいでしょう。

24時間チャンスを逃さない

システムトレード 24時間

システムトレードは24時間動く為替市場に対応して動いています。

自分が眠っているときも、仕事をしているときもチャンスを逃がさずに、ポジションを持つことができます。

為替が一番動く、ロンドン市場とニューヨーク市場が重なる夜中の時間帯でも、稼働して利益を得るチャンスをもっています。

一日の間に、一度上がっていった為替が元に戻ってきたり、売られていたのが、買い戻されたりというのはよくある話です。

値動きが大きいとたくさんのポジションを持つこともあるので、注意も必要ですが、シストレのルールに従って24時間、機械的に取引してくれるのは、いい点です。

システムトレードにも種類がある!

選択型システムトレード

システムトレード 選択型

選択型のシステムトレードでは、ストラテジープロバイダーと呼ばれる人たちが、ストラテジー(売買プログラム)を作成します。

システム提供会社が、ストラテジーを売買システムへ搭載します。

投資家は提供されているストラテジーの中から、どのストラテジーを使うのか選択します。

【選択型のメリット】
  • 取引の際に、必要な専門知識が必要ないので、初心者でも安心
  • ストラテジーの選択は無料で行える
  • 相場状況の変化によって、ストラテジーのメンテナンスを自動で行ってくれる

 

【選択型のデメリット】
  • 自分で売買プログラムを作成することや、他から購入した売買プログラムは使えない。
  • ストラテジーの細部を見ることはできない。

海外のFX会社では自分で作ったストラテジーを使用する場合もありますが、日本の場合は、ストラテジーを選んで運用するタイプの会社が多いです。

勝率が悪くなると、ストラテジーを入れ替えて対応します。

開発型システムトレード

システムトレード 開発型

売買プログラムを購入することや誰かが作成したプログラムを無料でダウンロードして取引をすること、また自分でプログラムを作成します。

売買プログラムを動かすトレードツールなどを用いて、ブローカー(取り扱い会社)に注文を出します。

【開発型のメリット】
  • 自分でインジケータ等を用いて、売買プログラムを自作できる
  • 数多く存在する売買プログラムから自分の好みに合ったものを選べる
  • 入手した売買プログラムのパラメーターなどを変更し、自分の設定にできる。
  • どのような手法で動いているのかを、投資家が理解した上で利用できる

 

【開発型のデメリット】
  • 売買プログラムを作るのには、投資の知識やプログラミングの知識が必要。
  • 売買プログラムは高額なものも多い
  • 売買プログラムのテスト結果(バックテスト、デモ口座などでのフォワードテスト、実際の運用状況)などの信頼性をきちんと把握しておく必要がある。

開発型のシステムトレードでは、海外のFX口座などで、MT4で動く売買プログラムなどが提供されています。

有料のもの多いですし、無料の場合には決まった口座に口座を開いて取引するなどの制約がある場合もあります。

自分でパラメーターを変更して、利益幅や損失幅などを調節ることもできます。

ひえー!なんだか難しそう!
難しいと感じる人は、既存のストラテジーから選択して自動売買を行うのがオススメだよ!

ストラテジーってどうやって選択すればいいの?
じゃあストラテジーとは何か説明していくぜ!

ストラテジーについて

ストラテジーとは?

システムトレード ストラテジーとは

ストラテジーとは、投資戦略のことで、投資で利益を得るための指針や手法、目的を指します。

MAやMACDなどの指標を組み込んで取引するだけでなく、どのくらいの金額を投入するのか、ドローダウン率などはどのように設定するのかなどを細かく設定している場合もあります。

開発型のストラテジーの場合には、細かい設定などが自分でできる場合もありますが、選択型のストラテジーの場合には、中の細かい部分まではわからないことも多いです。

ストラテジーの使い方は?

システムトレード ストラテジー使い方

ストラテジーを選ぶ場合には、勝率の高いものや証拠金がどれくらい必要なのかなどを決めて選ぶといいでしょう。

ストラテジーは様々な種類がありますので、なじみのない通貨ペアを選んでみるのも面白いかもしれません。

ストラテジーの真似をして取引することも可能ですので、初心者の方はストラテジーを真似してみるのもいいでしょう。

ストラテジーを選ぶポイント

システムトレード ストラテジー 選び方

ストラテジーを選ぶとき、売買プログラムに勝率(理論勝率)などが書かれている場合が多いのですが、この勝率は、過去の相場において取引した場合の結果になりますので、これから先の相場でも通用するのかという点は少し不確定です。

ただ、同じような相場環境が想定できる場合には威力を発揮するでしょう。

勝率は高いものほどいいものであると思いがちですが、一度運用期間なども見てみましょう。

勝率が70%を超えているけれど、テスト期間が過去5年程度と短かったり、10年に1回などのスパンで訪れる暴落などには使えないシステムであったりする場合もあります。

勝率が高く運用期間も長いものが一番いいのですが、過去10年程度のテスト結果が出ているものであれば、信頼してもいいでしょう。

また、ストラテジーは定期的にメンテナンスが行われているソフトを使用しましょう。

配布や販売したはいいけれど、ほったらかしになっている場合には、これからの相場に対応しないケースも多くなってきますので、注意が必要です。

また、裁量がいらないといいつつも、自動で決済したりエントリーしたりできるかということもポイントになります。

自分でも相場を見ていて、これから上がりそうだなとか、これから下がりそうだな。といった場合に、自分で手動で決済できることも必要になるケースもあります。

相場の調整時などには、取引を中断して、相場の予測だけを行うツールなどもあります。

勝率が高くて運用期間が長いものを選ぶのか!これなら僕でも簡単に選ぶことができるぞ!
後はメンテナンスが定期的に行われているかも要チェックポイントね!

ストラテジーを自動で選んでくれる「フルオート」とは

システムトレード フルオート

フルオート機能があると、自動でストラテジーの入れ替えまで行ってくれます。

自分で数多く存在するストラテジーを選ぶことそのものがストレスになるという場合には、ストラテジーの変更や入れ替え作業までをすべて自動で行ってくれる機能です。

フルオートの機能は、毎週土曜日に見なおされます。

変更されるのは、選択しているストラテジーが二週間続けて負けている場合に、その週のナンバーワンの成績を残しているストラテジーに変更されるというものです。

確かに数が多いと選ぶのも大変そうだな…最初はフルオート機能を利用するのがいいかも…
自動で最も勝率が高いストラテジーの変更や入れ替えを行ってくれるから、リスクの心配はないね!

システムトレードの注意ポイント

システムトレード版ポジポジ病

システムトレード ポジポジ病

システムトレードを設定する際に、自分で値幅などを類推して設定しますが、設定を悩んだりすると、何度も設定することになります。

また、高値で多くのポジションを持ってしまうことや、途中から裁量が入ってしまって、ポジション取りがシステマチックでなくなる場合もあります。

また、途中で自動で持ったポジションを決済すると、自動の場合よりも余計に手数料がかかることもあるので注意が必要です。

システムトレードなら自分の意思はほとんど関係ないから、ポジポジ病にならなくて済むね!

いや!油断は禁物だ!システムトレードでもポジポジ病になる人はいるんだ。

ストラテジーを理解せずに使う

システムトレード ストラテジー ポイント

ストラテジーを選ぶ際には、自分の信頼できるものを選びましょう。

理解できないストラテジーを使うと、このポジションは高値過ぎるとか、こんな位置からショートするの?とか自分の裁量が入ってしまい、為替の動向に一喜一憂する可能性も出てきます。

様子をよく観察しながら、システムトレードを続けて行くか考えてみましょう。

初心者向けシステムトレード口座を比較

自動売買利用料取引単位通貨ペア数売買成績キャッシュバック公式サイト
js2243無料1000通貨または10000通貨6通貨ペア公表プラネックス口座開設
FXブロードネット無料1000通貨24通貨ペア公表FXブロードネット
3j7gsf4無料1000通貨5通貨ペア公表FXCMジャパン証券口座開設

取引単位が1000通貨から可能なんだ!少額から始められるの嬉しいね!
では各FX会社の特徴について見ていこう!

外為オンラインの「iサイクル」

システムトレード iサイクル

外為オンラインのiサイクルは、資金に合わせてルールを選ぶだけで、取引がはじまります。

MEMO
  • 国内最多の通過ペア数
  • ワンクリックで取引が可能なので、初心者でも簡単にできる
  • 3通りの方法がある
3通りの方法とは?
  • 初心者おすすめ!ランキング方式:過去の実績から、成績のいいものを選んで注文できる方式 
  • マトリクス方式:シミュレーションの結果をもとに、iサイクル注文によるさまざまな投資戦略をサポートしてくれる方式
  • ボラティリティ方式:売り/買いの選択、過去の変動幅(値動き)、対象資産を設定するだけで3ステップで始められます。

※初心者におすすめのランキング方式って?

MEMO
  • 新規注文と決済注文を自動で繰り返してくれるため、取引機会を逃すことがない
  • 高い利益を好みに応じて注文した内容をランキング形式でリストアップする方式
  • 自分の資金や好みに応じて注文内容を選択するだけで始められるメリットがある
  • 利益率の高いものを選ぶだけで自動で注文が完了する
外為オンライン

ブロードネットの「トラッキングトレード」

トラッキングトレードとはどういう注文方法なのか?

トラッキングトレードが自動的に発注する注文は、リピート型手法で利益を狙います。

【特徴】
  • リピート型注文でこまめに利益を積み上げられる
  • 「〇〇円で買って、10銭値上がりした△△円で売る」という売り買いワンセットの注文が仕掛けられる
  • 値段がどちらに動いても、利益を得られるように注文を出すことができる
  • 細かい値動きも利益になるので、買い値から売り値までの値幅以上に稼げる
[/memo]

 

FXブロードネット

ひまわり証券の「ループイフダン」

FXシステムトレード ひまわり証券

ひまわり証券のループイフダンでは、通貨ペアと売買する値幅さえ選べば、後は自動で取引を行ってくれます。

【特徴】
  • 売買を繰り返すことで少ない損失で済むシステムがある
  • 自分で大まかな値動きを予測するだけで細かい注文は自動で行ってくれる
  • 以下全ての費用が無料
【費用が無料なもの】
  • 取引手数料
  • 口座の維持費
  • ロスカット料金
  • 入出金

 

ひまわり証券

まとめ

システムトレード まとめ

システムトレードについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

MEMO
  • システムトレードとは取引ルールに従って自動的に売買を行う取引システム
  • コツコツと利益を積み上げていくことが可能。
  • 自分の欲や希望に振り回されたトレードを一蹴できる。
  • 24時間ある相場のチャンスを見過ごさない
  • 選択型のストラテジーは勝率の高いものを選べる
  • 開発型のストラテジーは自分で内容を理解したり、変えたりできる
  • ストラテジーは選ぶだけで、自動的に取引が開始される
  • ストラテジーは自分の信用できるものを使用すること
  • 初心者にもおすすめの自動注文サイクルを主とするFX会社も多い
  • iサイクルは選ぶだけでエントリーポイントに悩まなくてもよい
  • iサイクルはまとまった金額の証拠金を積んでおくと安心

など、システムトレードには多くのメリットがあります。

自動売買やストラテジーを選んで取引する方法は、相場を見張っていなくてもOKな、初心者でも簡単にできる取引方法です。

また、リスクを抑えて知識なしでも可能なので、副業で稼ぎたいと考えている人はぜひ、一度試してみてはいかがでしょうか!