積立FXとは?6割以上がプラスな実績!外貨預金よりもお得な理由5つ

この記事で解決できるお悩み
  • 積立FXに興味があるけど、どんな仕組みなの?
  • どんなメリット・デメリットがあるの?
  • どのFX会社で積立できるの?

と悩んでいる方の悩みを解決できる記事になっています。


この記事で解説する「積立FXの仕組み・FXとの違い3つ」を理解すれば、FX初心者でも『自分に合っているか』を判断でき、簡単に積立FXで儲けられますよ。


なぜなら私もこの方法で積立FXを把握でき、安心して積立FXで3万円を稼げたからです。


それでは以下で「積立FXの基礎知識とポイント8つ」をみていきましょう。

積立FXとは?

積立FXとは。FX初心者のためのFX豆知識。

積立FXとは「定期購入機能」を使用し、ドルコスト平均法とレバレッジを活用した効率的なFX預金です。


ドルコスト平均法とは、「あらかじめ設定した金額と時期に、定期的に継続して購入し続ける手法」のことです。


例えば、「毎月1日に、1,000円分は積立FXを買おう!」と決めた場合、あとは注文を出すだけで下記のように毎月1日にきっかり1,000円分購入してくれます。

SBIFXトレードの仕組み

(引用:SBIFXトレード

また、取扱通貨ペアは米ドル円を筆頭に全9種類。


レバレッジを抑え、下記のように「毎日」「毎週」「毎月」の3通りの積立購入方法から選べ、毎日取引する手間が省けます。

積立FXの3パターン

(引用:SBIFXトレード

時間軸を分散させ、リスクを軽減させるドルコスト平均法のメリットを活かした「外貨長期投資」として注目されています。

積立FXなら6割以上の口座がプラス

SBI FXトレードが提供する2015年12月〜2016年5月の積立FXの運用実績は、半数を超える62%の口座でプラスとなっており、従来のFXトレードよりも資産運用として優秀と実証されています。

商品名
利益口座損矢口座
SBI FXトレード提供
「積立FX」)
62%38%
SBI FXトレード提供
店頭FX 取引(※2)
49%51%
バイナリーオプション取引(業界全体平均)(※3)29%71%

レバレッジを抑えた長期投資「定期的な自動積立機能」によって、購入機会を分散するためリスクが軽減され、利益の方が高くなるのです!

FXに長期投資なんてあるんだね!しかもプラス成績なんて、どんどん興味出てきた!

FXと積立FXの違いを比較

FXと積立FXの違い。どっちが利益出やすい?
FXと積立FXの主な違いを表にまとめました。(参考:SBIFXトレード)

 積立FX通常のFX
取引通貨
米ドル円など全9ペア米ドル円など全26ペア
レバレッジ1~3倍から選択
(ランド、トルコリラ、人民元、香港ドルは1倍と2倍のみ)
25倍まで
自動売買システムありなし
新規取引買いのみ売りと買い
取引時間【夏時間】日本時間月曜7:00〜土曜5:30
【冬時間】日本時間月曜7:00〜土曜6:30
取引上限定期積立は1回100万通貨
1回1,000万通貨
取引単位1通貨単位〜
ロスカット証拠金維持率30%
証拠金維持率50%

ここからは、とくに異なる3つについて詳しく説明します。

FXと積立FXの異なる点1:レバレッジの大きさが違う

通常のFX取引だと、レバレッジは最大25倍まで利用できますが、積立FXでは3倍が上限とされています。


理由はレバレッジを使いすぎて含み損が膨らみ、ロスカットが執行されてしまうと、積立FXそのものが成立しなくなるからです。

FXと積立FXの異なる点2:定期的に自動で売買

積立FXの買い付けのタイミングは「毎日」「毎週」「毎月」の3種類から選択できます。


定期的に自動買い付けするため、自分で取引する手間が省けるんです!


たとえばSBI FXトレードの買い付け日時は以下で、相場が安定している時間帯に行われます(休業日は買い付けなし)

  • 毎日…毎営業日 午前11:30

  • 毎週…毎週水曜日 午前11:30

  • 毎月…毎月26日 午前11:30

FXと積立FXの異なる点3:新規取引は買いのみ

積立FXでは出せる新規取引は「買い」だけなので、トレンドが円高になったとしても、売りで対応できません。


ただし長期運用が基本の積立FXは、多少の含み損が出たとしても損切りが発生せず、むしろ円高の恩恵で買い付けの平均単価を下げられます。


仮に売りポジションも積立可能となると、長期的にスワップポイントを支払う結果になるので積立FXの趣旨に反します。

積立FXのメリット5つ

積立FXのメリット5つ。積立FXにはたくさんの利点があります!勉強してより良い選択を!

積立FXは下記5つのメリットがあり、通常のFXよりも優れているとわかりますよ。

  1. 少額から始められる

  2. 外貨預金よりも有利

  3. 信託保全がある

  4. 相場に一喜一憂する必要がない

  5. スマホでも取引が可能

積立FXのメリット1:少額から始められる

積立FXは「毎月1万円」など、少額から始められるメリットがあります。


さらにSBI FXトレードでは、最低取引単位が「1通貨」から選択可能なため、たったの4円から取引が可能なのです。


通常のFXでは、通常1,000通貨または10,000通貨単位での取引しか扱っていないFX会社が多いので、積立FXの方がより少額でスタートできます。

積立FXのメリット2:外貨預金よりも有利

SBI FXトレードの積立FXの利回りは2.0〜6.0%で、外貨預金よりもはるかに高水準です。


なお、外貨預金の場合米ドル円をメガバンクで運用した際の利回りは、みずほ銀行が最低0.58%、新生銀行でも最高2.1%です。


この点からも積立FXの利回りの良さが際立ちます。

積立FXのメリット3:信託保全がある

積立FXは顧客の預託証拠金は銀行に信託保全されているので、万が一FX会社が倒産しても、顧客は預託証拠金を失なわずに済みます。


FX会社が破綻した場合には、受益者代理人がFX会社に代わり、顧客に預託証拠金を変換する仕組みになっているので安心です。

積立FXのメリット4:相場に一喜一憂しなくなる

積立FXは決まったタイミングで自動的に買い付けを行うので、人間の感情が入らないトレードが可能です。


自身でトレードする場合、相場に一喜一憂して余計な取引やミスをする可能性がありますが、自動積立ならヒューマンリスクがありません。

積立FXのメリット5:スマホでも取引可能

積立FXはスマホでも可能なため、時と場所を選ばず取引でき、非常に便利です。


FX会社のホームページにアクセスして、ログインIDとパスワードを入力。


その後に積立FX取引サイトにログインするだけで、手軽に積立FXが可能です。

積立FXのデメリット3つ

知っておくべき積立FXのデメリット3選。

一方で積立FXには下記3つのデメリットがあります。

  • スプレッドが高い

  • 株式や投資信託との損益通算ができない

  • 口座引き落としに未対応

下記で詳しく説明しますね。

積立FXのデメリット1:スプレッドが高い

積立FXはスプレッドが高く設定されています。(以下、参考表)

通貨積立FXのスプレッド通常のFXのスプレッド
米ドル5.0銭0.27銭
ポンド
30.0銭0.89銭
豪ドル
20.0銭0.59銭
NZドル30.0銭0.99銭
カナダドル30.0銭1.69銭
人民元10.0銭2.58銭
南アフリカランド5.0銭0.99銭
トルコリラ40.0銭4.80銭
香港ドル5.0銭1.90銭

通常のFXと比べると、少し取引コストがかかるのがお分りいただけたと思います。


しかし一般的な外貨預金だと1米ドルあたり2円のコストがかかるので、積立FXの方が安く、気にするレベルではありません。

積立FXのデメリット2:株式や投資信託との損益通算ができない

積立FXの損益は、税金の計算上「先物取引に係る雑所得等」に区分されるため、株や投信で出た利益や損失との損益通算ができません。


株などの損益通算はできませんが、通常のFXやCFD取引との損益通算なら可能です。


なお利益に対する税率は株もFXも一律20.315%(所得税15%、住民税5%、復興特別所得税0.315%)となっています。

FXの税率について

積立FXのデメリット3:口座引き落としに未対応

積立FXは口座引き落とし形式による積立に対応していないため、貯金口座や給料口座から自動で積立資金に充てられません。


そのため残高不足になると積立できなくなるので、注意が必要です。


半年か1年に1回程度は積立口座の残高を確認して、証拠金を補充するよう心掛けましょう。

積立FXの特徴2つ

積立FXの特徴について。知っておくと得する豆知識。

積立FXの特徴1:円でも外貨でも購入可能

積立FXでは「毎月10万円」「毎月1,000ドル」など、円でも外貨でも購入できます


ちなみに、毎月10万円で1年間に120万円の積立と、毎月1,000ドルで1年間に12,000ドルの積立のどちらが得かというと、結論は「円建て積立」になります。


なぜなら上記2パターンをSBI FXで6ヶ月積み立てた時の1ドルあたりの平均単価が、下記のように異なるからです。

【例】

  • 円建てだと101.43円
  • ドル建てだと101.66円 わずかな差ですが長期で見ると大きな差が出ます。

積立FXの特徴2:追加で臨時購入が可能

コツコツ積立していると、円高になったり、臨時収入があったりと追加購入したくなるときもあります。


SBI FXトレードの積立では、成行または指値で好きな時での買い付けも可能なので、ムリのない範囲で追加投資ができます。


ただし短期的に大きな利益を狙うものではないので、徐々に資産を増やす点が重要です。

積立FXでオススメの通貨ペア

積立FXのおすすめ通貨ペア。米ドル、豪ドル、NZドル。

積立FXが可能な通貨ペアは全部で9種類あり、それぞれを3つのグループに分類して表にしました。

積立FXが可能な通貨ペアを分類

流動性や通貨の安定性、スワップポイントの高さなどから、下記の3つがオススメですよ!

スワップポイントの高い通貨ペア3つ
  1. 米ドル円
  2. 豪ドル/円
  3. NZドル/円

積立FXがオススメなFX会社:SBIFXトレード

積立FX、会社選びのアドバイス。おすすめの企業の紹介。

積立FXにオススメなのは、SBI FXトレードです。


最大のオススメ理由は、積立FXは毎日積み立てるものなので、SBI FXならとくに1通貨単位という少額から投資可能だからです。

さらに、スワップポイントも高いため長期投資のメリットを活かせるだけでなく、途中で自由に買い増しするなど投資方針の変更もできます。


ちなみに積立FXの設定方法もわかりやすく、下記の4つから選ぶだけでOKです。

SBIFXトレードの積立FX

顧客の預託証拠金も、即時信託保全されているため、安心感があります。

公式サイトSBI FXトレード

【積立FX】まとめ

積立FXについてのまとめ。プラス成績を出しやすいなど初心者のための豆知識

上記で紹介した「積立FXの基礎知識とポイント8つ」を理解していただくと、今後は積立FXについて悩むことなく、初心者でも積立FXで稼げますよ。


最後にもう一度、重要ポイントを確認しましょう。

積立FXのまとめ
  • 積立FXはドルコスト平均法とレバレッジを活用した効率的なFX預金
  • 積立口座では6割以上がプラス!(SBI FXトレード)
  • メリット:少額投資が可能で、外貨預金よりも有利
  • デメリット:スプレッドが高く、株の利益と損益通算ができない
  • 有利な通貨ペアは米ドル円・豪ドル円・NZドル円

【積立FXでオススメのFX会社]

1通貨単位からOKなSBI FXトレード

 「積立FXっていいの?」と最初は思うかもしれないですが、仕組みやメリット・デメリットを理解すれば、安全に長期投資ができる手法だということがわかります。


外貨預金をお考えのかたがいれば、積立FXの方がメリットも多いので、SBI FXを始めることをオススメします!