FXのおすすめ注文方法をマスターしよう!初心者向きの注文方法は?

FXでおすすめの注文方法

FXの注文方法には買いと売りが存在します。リアルタイムに売買を指示する方法を、成行(なりゆき)と言い、現在の価格でポジションを持つ、決済する注文方法になります。

これに加えて、将来的に「この価格になったら決済してくださいね」「損失がここまで来たら決済してくださいね」と決済予約をすることも可能なんです。

主に、指値(さしね)、逆指値(ぎゃくさしね)を使いこなせれば良いのですが、それに加えてIFD注文、OCO注文、IFO、トレール注文という少し複雑な方法もあります。

全て使いこなす必要はありませんが、逆指値だけは必ず入れておくようにしてください。必要に応じてOCOやIFOなど利用できれば良いですね。

今回は勉強的要素が強いので、確認したい注文方法だけを見てください。最後にオススメ注文方法を確認していきます。

成行注文

注文方法、成行注文の説明最も基本的な方法です。取引したい通貨ペアと数量を決定し、リアルタイムの相場レートで注文をする方法です。

トレードをしようと思った時から成立までの時間が最も短く、チャートを監視できる場合には最も有効な手段です。

FX初心者の多くは成行注文しかしていないという人が多いので、今回の機会に有効な注文を覚えてしまいましょう。

指値注文

将来的にこの価格になったら、買ってほしい、売って欲しいときに利用する注文方法です。

指値注文の説明

引用:外為どっとコム公式HP

新規で買いポジションを保有しようと考えている場合、もう少し安くなったらエントリーしたいと思った時に使うエントリーの注文方法です。※FX会社によっては決済時に有利な価格指値を指値注文と呼んでいる会社もあります。

主に持ち合い相場のときに利用すると有効です。為替変動は同じ価格帯を行ったり来たりする特性があるので、ボックス相場の上限や下限に指値注文を入れたいときに活用されます。

・約定しない可能性もあります

思惑が外れて指値まで価格が届かないケースもあります。また、あまりにも離れたレートを指定しても指値まで届かなければ注文は不成立になります。

しかも、指値注文をキャンセルしておかないと指値注文はいつまでも待機しています。一旦キャンセルするか、価格を変更することで対応する必要があります。それに加え価格が急変動した場合、滑り注文が不成立になることが稀にあります。

これはスリッページ(滑っても許容できる価格)を事前に指示しておくことで対応できます。

逆指値注文

基本的には指値注文と同じものではあるのですが、利用する場面が異なります。一番重要なので覚えて欲しい注文方法です。

所有しているポジションの決済注文に利用します。逆指値をおざなりにすると相場の世界から退場を余儀なくされます。失敗している人のほとんどは逆指値を入れていないために想定以上の損失を被っています。

逆指値の説明引用:外為どっとコム公式HP

新規でも、決済でも利用できる方法ですが、深く説明すると困惑すると思いますので、主な使い方としてはストップ注文と覚えておきましょう。

つまりマイナスを小さく限定するための注文方法なのです。成行注文で損を確定しようとしている場合、感情が入り決済ができないということがよくあります。

そのため、注文と同時にストップ注文を入れるクセをつけておけば良いのです。

IFD注文

if doneの略でエントリーから決済までの注文を同時に受け付けてくれる注文方法です。ボックス相場で有効です。トレンドが強い相場ではあまり強みがなく、ストップ注文がかからないの難点です。

IFD注文方法

引用:外為どっとコム公式HP

OCO注文

one cancel  the other orderの略で、決済注文の利益確定とストップ注文の両方を入れる方法になります。これを入れておけば安心な決済注文方法です。

片方の注文が約定すればもう片方は自動的にキャンセルされます。決済時にも使える注文方法なので、ポジションを持ったあとに利益と損失を予め決めておくことができるメリットがあります。

エントリーと決済注文の組み合わせでは一番利用されている注文ではないでしょうか。

OCOの説明

引用:外為どっとコム公式HP

67kdh4j

IFO注文

これはIFD注文とOCO注文を合わせたものです。エントリーから決済まで全て自動で行う方法になります。

決済はOCOでの注文となります。エントリーから決済までが自動で行えることに加えて損失と利益を限定できるので、便利な注文方法です。

IFOの説明

引用:外為どっとコム公式HP

トレール注文

トレール注文最後にトレール注文を簡単に説明しておきます。今までの説明した注文方法は価格を指示する方法でしたが、トレール注文は、レートが変動すると、ストップの値幅を切り上げていく注文方法です。

買いポジションを保有していて、値動きが上昇してくとストップを置いた価格も一緒に上がって行き、トレンドが強い相場でもストップ注文が利益になることもあるという注文方法です。

価格変動に応じて、ストップも切り上げ(切り下げ)て有利な状況になると覚えておけば大丈夫ですよね。

おすすめ注文方法

ストップ注文だけは入れる逆指値さえ、しっかり入っていれば、あとはお好みで良いです。

投資はストップ注文こそが大事で、相場から退場しないためには、ストップ注文の徹底が必要です。

ストップだけはしっかり入れましょう。という説明ですね。

【関連記事】