FXの利益に税金はかかる?利益20万円までは非課税!

fx-zeikin-20man-ai

この記事で解決できるお悩み
  • トレードで得た利益が20万円超えちゃったけどどうしようかな?
  • 節税して税金で損したくない

と悩んでいる方の悩みを解決できる記事になっています。

この記事で解説する「20万円の壁」を理解すれば、FX初心者でも確定申告の不安が解消され、かつ節税対策もすることができます。

なぜなら私もこの方法でFXの利益を調整し、正しい金額を支払いつつも節税できたからです。

それでは以下で「FXと税金に関する基礎知識と、確定申告におけるポイント4つ」について紹介します。

FXで20万円以上儲かった!税金はかかってしまうのか?

fx-zeikin-20man-1

コツコツ苦労を重ねた結果、FXの利益が積み重なってきて、いよいよ20万円の大台に乗った!

いい調子だと思っていた矢先、ふと年末を迎えた頃何かが気になる…。

それは、FXで稼いだ分の税金の支払いです。

FXをしていれば誰もが気になる「税金」ですが、まずは20万円以上の利益を出した場合に、「税金がかかる人」「税金がかからない人」の区分について説明していきます。

FXで20万円以上儲かった場合に税金がかかる人

副収入の場合はFXの税金が20万円以上でかかる

FXで20万円以上の利益をあげてしまうと、普段別で給与をもらっている人には納税する義務があります。

この税金は、毎月のお給料から天引きされている税金以外で発生するものです。

20万円がボーダーラインとされている理由は、給与以外で20万円以上儲けたら、確定申告の義務付けが所得税法で決まっているからです。

逆にいうと、20万円以下の利益であれば、確定申告義務は生じないので、税金を払う必要はありません。

またこの利益は、単にFXで得た計算上の利益だけを指すのではなく、利益が出るまでの必要経費(たとえばセミナーに行くための交通費や、勉強した書籍費)などを差し引けます。

それらの諸経費を差し引いても、利益が20万円より少ないと税金が発生せずに済みます。

FXで20万円以上儲けていても税金が発生しない人

FXの利益が38万円で税金がかかる人

FX取引の利益が20万円に達しても、給与所得者でなければ税金がかからない場合があります。

税金を計算するにあたっては、誰でも38万円の基礎控除を受けられますので、利益が基礎控除を超えなければ税金は発生しません。

言い換えると、給与所得者でなければ利益が38万円以下であれば20万円超えても非課税になります。

FXと他の副業の利益を足して20万円を超えたら、絶対に税金を払うのか?

fx-zeikin-20man-2

それでは、FXの利益とFX以外の副業収入を足して20万円を超えてしまったら、税金はどうなるのかをご説明していきます。

たとえば、FX以外に株もやっている方がいたとします。

原則、FXの儲けと株などの他の副業の儲けを足して20万円を超えてしまうと税金が発生します。

FXと株の利益は分離課税されますので、給料とは分けて税金を計算する決まりになっています。

税率はFXも株も20.315%です。よって、FXや株で得た利益のおよそ2割を税金として支払います。

住民税は、FXの利益が20万円以下でも申告義務がある

fx-zeikin-20man-3

たとえFXの利益が20万円以下でも、住民税は申告しましょう。

さきほどまで、利益が20万円以内であれば申告が必要ないと説明していたのは、所得税(および復興特別所得税)の話であり、住民税は20万円以下の非課税制度はありません。

よって、FXの利益が20万円以下であっても、住民税の申告は必要になります。

【FX税金20万円】まとめ

fx-zeikin-20man-4

上記で紹介した「20万円の壁の計算」を実践していただくと、今後は20万円を超えるか超えないかといった、トレードの利益による課税について悩むことはなくなります。

また、あえてFXの利益を20万円以下に抑えることで節税が可能になるとともに、20万円の判定にFX以外の副業の利益を合わせるのかどうかを判断することができます。

最後にもう一度内容を確認しましょう。

確定申告のポイントと住民税について

  • サラリーマンなどの給与所得者:トレード利益が20万円以下なら申告が不要
  • 給料所得者でない場合:トレード利益が38万円以下なら申告は不要
  • FXの儲け以外の副業で利益がある人:全て合算したところで20万円を超えていれば税金がかかる
  • 20万円に達しなくても、非課税制度がない住民税は申告が必要

20万円の壁について知ることで、利益を20万以下にあえてするか、もっと稼いだ方が良いのかを判断できます。

利益を調整することで節税して、確定申告で損しないようにしましょう。