初心者でもわかるFX確定申告!税金を安くする節税テクニック2つ!

FX 税金 確定申告

この記事で解決できるお悩み
  • FX取引で稼ぎたいけど、節税するにはどうしたらいいの?
  • FXを始めたけど、確定申告はどうしたらいいの?税金を払う必要ある?
  • FXの収入を確定申告する手順を知りたい。

と悩んでいる方の悩みを解決できる記事になっています。


この記事で解説する「FX取引の税金対策」を理解すれば、初めて確定申告する方でも簡単に申告書類の作成ができます。


なぜなら私もこの方法によりFX取引で得た利益にかかる税金を節税できないか、という悩みを解決できたからです。


それでは以下で「確定申告の基礎知識と手順、FX取引の税金のポイント」についてご紹介します。

あなたは確定申告をする必要がある?

FXで発生した利益は「雑所得」扱いとなり、課税の対策となるので、確定申告が必要な場合があります。


どのような場合に申告が必要になるのかを、以下のフローチャートで説明します。

FXの税金の確定申告のフロー

下記でより具体的に説明します。

[1]サラリーマンなど給与所得者

FXの税金に関する給与所得者向け確定申告方法

  • 給与所得が2000万円を超える
  • 2000万円以下でもFX取引による利益など給与所得・退職所得を除く所得金額の合計が20万円を超える場合

雑所得の計算は、使っているFX会社の取引損益とその他の雑所得をすべて合算して申告します。


雑所得などの合算金額が年間20万円以下の場合、給与所得が2000万円以下の給与所得者であれば申告は不要です。

[2]専業主婦などの被扶養者

専業主婦の確定申告について

専業主婦など収入がない人の場合、年間所得額が38万円を超えると確定申告が必要になります。

【3】個人事業主

自営業者やフリーランスの方は、基本的に確定申告が必要です。

【4】年金受給者

公的年金などの収入が400万円以上の方や、400万円以下でも公的年金以外の収入が20万円を超える場合には確定申告が必要です。

【fxの税率とは?】確定申告で重要

FXの確定申告の税率

(※上記は国内のFX会社利用に限ります。)

例えばFXで80万円稼いで、その経費が8万円だった場合にかかる税金は、(80万円 – 8万円)× 20.315% = 146,268円です。


個人の場合、FX取引にかかる損益は雑所得として申告分離課税の対象になるので、所得額の大小にかかわらず税率は一律です。


利益に対しての課税なので、課税所得に比例して税率が高くなる総合課税と比べると安く済みます。

【FXの確定申告】税金がかかる金額

確定申告するときのFXの税金に関すること

雑所得では、その所得を獲得するために生じた必要経費の支出が認められています。


そのため利益を計算するときは、FXの粗利益からその取引に係る経費を差し引けるのです。


必要経費をできるだけ多く加算できれば、課税対象金額が低くなり、税金も安くなります

注意

経費は「FX取引をするために必要だった」と説明できるものに限られます。

また税務署から確認される場合もあるので、領収書は必ず保管しておきましょう!

※FXの経費に関する詳しい記事は、「【税金で損してない?】FXの経費を申告する注意点やコツを紹介!」をご覧ください。

【FX確定申告】税金を安くするテクニック2つ

FX 確定申告 節税

FX取引での節税で知っておきたいのは「必要経費」「損益通算」「損失の繰り越し」の3つです。

【FXの税金対策①】必要経費

FX取引で得た利益はすべて課税対象ですが、認められた費用を「必要経費」として利益から差し引いて、課税対象金額を減額することができます。


もちろん、その内容はFXの取引に必要な経費ということを客観的に認められる必要があることを念頭に置いて、FX会社に支払った取引手数料などがあげられます。


※FXの経費に関する詳しい内容は、「【税金で損してない?】FXの経費を申告する注意点やコツを紹介!」をご覧ください。


実際に経費として全額認められるか一部しか認められないかは、管轄の税務署の判断によって異なるので、詳しくは管轄の税務署や税理士にお問い合わせください。

【FXの税金対策②】損失も確定申告でお得!

FXの損失は最大3年間繰り越すことができます。


そのため「FXで損をした」という場合も確定申告しておく方が、次の年以降の確定申告で課税される金額を減少させられます

詳細ページ【FXの税金対策②】3年間は、損失を繰り越せる

【FXの税金対策③】損益通算

複数のFX会社で取引をしていて、A社では利益が出ているけど、B社では損が出ているといった場合、A社とB社の利益と損失を合算できるので、課税される利益を安く抑えることができます。


また、FXだけでなく、金・原油といった商品先物取引や日経225先物のような株価指数先物取引なども、損益通算の対象となります。

FXの税金を確定申告する方法

FX 確定申告 ネット

確定申告を行うにはまず確定申告書を作成します。


確定申告書類は税務署に行って書類をもらい、手書きで作成することも可能ですが、国税庁のホームページへアクセスしてネットで作成するほうが簡単です。

【FX確定申告書類書き方】7つのフロー

国税庁のHPには「確定申告書等作成コーナー」というボタンがあります。


それをクリックして「作業開始」を選択し、「印刷して書面で提出する」をクリックすると、書類作成に移ります。


次から「所得・所得控除等入力」の書き方を説明しますので、以下の内容を埋めていってください。

FX確定申告の方法

  1. 収入金額・所得金額欄の入力
    給与所得をもらっている人が入力する項目です。学生や主婦は空欄でOK。

  2. 先物取引に掛かる雑所得欄の入力
    「分離課税の所得」の欄にある「先物取引に掛かる雑所得」をクリック
    →所得区分に「雑所得」と入力
    →取引の内訳入力で取引の列に「FX(外国為替証拠金取引)」と入力
    →決済の方法に「差金決済」と入力
    →差金等決済に係る利益又は損失の金額に「FXで得た利益」を入力

  3. 医療費控除などの各種控除額を入力
    次の画面に移ると控除額の入力画面になります。控除されていることがあれば、入力をしてください。

  4. 住民税の入力
    「給与から差引き」と「自分で納付」から選べます。自分で納付を選ぶと、FXをしていることが会社にばれない仕組みです。

  5. 住所・氏名の入力

  6. 書類の印刷

  7. 提出

※確定申告の書き方に関する詳しい内容は、「FX確定申告の書き方2つと事前に準備すべき書類5つを紹介」をご覧ください。

【FX 税金 確定申告】まとめ

FX 確定申告 税金

上記で紹介した「FX取引の税金対策」を実践していただくと、今後確定申告について悩むことは一切なくなり、税金の節税対策をしながら効率的に確定申告ができます。


最後にもう一度内容を確認しましょう。

まとめ
  • FXの税金は、国内のFX会社を利用している場合はFXの利益×20.315%
    (所得税15%+復興特別所得税0.315%+住民税5%)
  • FXの利益から必要経費を差し引くことや、損益通算、最大3年間の損失の繰り越しが認められている

「慣れないし、面倒くさいな」と最初は思うかもしれないですが、一度身につけてしまえば、確定申告が簡単にできるようになります。