【FX確定申告の注意点】お得に経費申請するコツを2つ紹介

この記事で解決できるお悩み

  • FXの確定申告は難しそう……
  • FXの設備ってどこまで必要経費の扱いになるのかな……
  • せっかくFXで利益が出たのに税金で引かれるのは嫌だな、うまい節税の方法はないかな…

あなたは上記のような悩みを持っていませんか?


この記事では、FXで利益が出た際の税に対する経費の扱い方を紹介しています。


この内容を知れば、FXの確定申告が初めての方でも、確実に節税でき、利益を最大限自分のものにできるのです。


税金で損しないためにも、確定申告で出来るだけ安くする方法を一緒に学んでいきましょう!

FXで利益がでた!経費で税金は減らせる?

FXの経費の基本知識

そもそも経費とは?

経費とは「業務で利益を出すために必要だった出費」を指します。


具体的にはオフィスの場合、家賃やエアコン代などの設備費、ネット環境などですね。

経費はFXの確定申告にどう影響するのか

経費として認められると、課税となる金額が少なくなります。


なぜなら利益から必要経費を引いた額が所得として認められ、その所得に対して課税される仕組みだからです。

FXに関わる税金の経費の計算方法

経費として認められる額が増えると、課税範囲が狭くなって、うまく節税できるんだね!
だから多くのトレーダーが、なるべく経費で落としたがるんだ!

【確定申告のポイント】FXの経費に細かい規定はない!

Fx確定申告の経費における注意点

実は、FXの必要経費を規定する明確なルールはありません。


なぜなら税務署がFXで利益を出すために必要なものを完璧には把握できないからです。


そのため「FX取引をするために必要だった」と説明できれば、経費として認められます。

FXの税金対策になる経費【具体例】

FXの経費になるもの

確定申告の際、FXで利益を出すために必要だったと証明することで、経費として認められます


そのため、物が同じでも用途によっては認められたり、認めてもらえなかったりします。


その違いのポイントは、使用用途の根拠づけです。


下記のようにFX以外に使い道がないものは、FXの必要経費として認められやすい傾向にあります。

必要経費としてあげられる費用の内訳
  • FX会社に支払った取引手数料
  • FX関係の書籍の購入費
  • トレードに使用するパソコンやスマホ、タブレットの購入代金
  • セミナーや講演会への参加費
  • セミナー、イベントなどに参加したときの交通費
  • 自動売買システムなど有料ツールの購入費
  • FXに関係する新聞・有料メルマガなどの購読料
  • プロバイダーなどのネット通信費

FXの必要経費として認められにくいもの

  • 経済新聞
  • FXを勉強する時に使ったカフェ代


FXだけではなく、他の用途で使用したと疑われる可能性のある経費は認められづらいです。


根拠を示せるようにしておきましょう!

FX経費として税金を申告するコツ2点

FXの経費になるものは根拠が必要

FXで得た利益を保つために、直接かかったものを出来る限りFXの経費として申請したいですよね。


下記のコツを理解し、活用してみましょう!

FX節税のコツ①:経費にするために領収書(レシート)が必要

一般的に経費を申請する際は領収書(レシート)が必要です。


なぜなら後日税務署から調査を受けたときに、領収書(レシート)を持っていることでFX経費として証明できるからです。


もし領収書(レシート)がないのに経費として申請すると、経費のかさ増しと疑われてしまいます!


そのためFXの必要経費として証明するための領収書(レシート)は必ず保管しておきましょう。

領収書の記入項目とアドバイス
  • 宛名
    空欄はNG!店員さんに書いてもらいましょう。※空欄や自分で書いた場合は、無効になる確率が上がります。
  • 日付
    いつの年度に申請しているのかを明確にしましょう。
  • 金額
    金額の記入にはルールがあるため、店員さんにお任せしましょう。
  • 但し書
    「お品代」はNG!「FXセミナー参加費」や「FX書籍代」と用途を明確にしましょう。
年度末の確定申告時に使うので、月ごとにまとめ、ケースに入れておくことがオススメです!

FX節税のコツ②:経費を少しでも多く計上する方法

少しでも多く認められるためには、経費の根拠を明確に持つこと


具体例としては下記があるので、参考にしてみてください。

具体例
  • 「FXの有料セミナーに参加しないと、どうしても利益が出せないんです!」
  • 「○○万円の利益を出すために、自動売買ツールが必要だったんです!」
  • 「チャート分析用のモニターを買わないと、効率が下がるんです!
経費申請するなら、買う前に理由を明確にするのが良いね

【FX税金の経費】注意点とコツ2つをおさえよう!

FX経費のまとめ

今回紹介した『FXの経費申請で失敗しない方法』を実践すると、少しでも多く経費計上ができ、節税に繋がりますよ!


最後にもう一度内容を確認しましょう。

 

まとめ
  • FXで利益を出すこと以外に使い道がない場合に、必要経費として認められる
  • FXの経費に関する細かい規定がないので、自分で根拠を持つ
  • 領収書を正しく書くことで、経費として通る可能性が上がる

最初は『確定申告や経費のことは難しいし、面倒だな』と思うはずです。


しかし、一度FXの経費で計上できるものが理解できれば、FXの節税に役立てることができます。


そのために、今回の知識を活用して、FXの経費計上を工夫してみましょう!


この記事を読み終えた方は、「【FX確定申告の書き方】2種類の方法と事前に準備すべき書類を紹介」で確定申告の書き方について理解しましょう!