【南アフリカランド6.75%にUP】スワップで賢く毎日利益を得よう!

南アフリカランドで毎日金利生活

南アフリカランドは、金の生産が世界一位の南アフリカの通貨です。

金利が非常に高く、初心者にもトレーダーにも人気があります。

FXは、通貨ペアの選定、売買時が非常に重要で、このタイミングを間違えると損するリスクが非常に大きくなります。

このページでは、専門家による南アフリカランドの今後の予想などについて解説していきます。

南アフリカランド/円(ZAR/JPY)のチャート

FX会社のホームページで確認する時には、スワップポイントの1ヶ月の平均値を見ましょう。

あなぜなら、スワップポイントは毎日変動するからです。

各FX会社のスワップポイントを見て、スワップポイントの平均値が1番高いFX会社を選ぶようにしましょう!

変動の幅が低く、スワップが高いFX会社を選ぶなら、YJFX!GMOクリック証券がオススメです。

南アフリカランド/円の為替レート

南アフリカランド/円の政策金利~過去5年間を比較~

南アフリカランドの政策金利表

南アフリカランド・トルコ・メキシコペソの政策金利

 

下記が南アフリカランドの政策金利ね!日本の政策金利は0.1%だから、比較しても安定的に高いね!
 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2018年6.756.756.506.506.506.506.506.506.506.506.75
2017年7.07.07.07.07.07.06.756.756.756.756.756.75
2016年6.756.757.007.007.007.007.007.007.007.007.007.00
2015年5.755.755.755.755.755.756.006.006.006.006.256.25

メイン通貨より圧倒的に高い政策金利!

南アフリカランドは高金利でお得政策金利とは、中央銀行が各金融機関に融資する際に適用される金利のことです。

中央銀行の金融政策によって決定し、景気が良い場合には高く設定され、景気が悪い場合には低く設定されます。

借りて金利を払うより、預けて金利をもらうほうがいいですよね。

それにより通貨の流通を少なくし、通貨価値を上げて物価上昇(インフレ)を調整することが、政策金利を高くする目的のひとつとなります。

この「金利をもらおう」という心理が、為替にも影響してきます。

たとえば、日本円は政策金利の低い通貨なので、日本円を持っていても金利でお金が増える期待は持てません

そのため「日本円を持っていても、もったいないから日本円を売って金利の高い国の通貨を買おう」となるのです。

現在の南アフリカランドの政策金利は6.75%と、メイン通貨であるドルや円、ユーロなどよりも高いため、スワップポイント(金利差)を利用した投資が有効となります。

6.5%って本当に高いね!勝手に収益が入ってくるし、銀行に預けるよりも断然お得だね!!

南アフリカランドで稼ぐには?スワップポイントを利用しよう

スワップポイントで稼ぐには?勝手に収入アップ

FXのスワップポイントで稼ぐのは簡単スワップポイントで稼ぐ流れは簡単です。

金利の低い通貨を売って金利の高い通貨を買っておけば、毎日金利の差額分が増えていきます

つまり高金利の通貨(南アフリカランドなど)を買ったままずっとポジションを持っておくだけで、利益が付与されるのです。

銀行だと数ヶ月など一定期間で金利が付与されるのに対し、スワップポイントは毎日付与され、買った後は放置でいいから楽でいいですよね。

スワップポイントの詳しい内容は以下を一読してみてください!

⇒「【FXスワップ比較】初心者でも金利生活で成功する3つのポイント

実際、40,000円の資金で、1ヶ月で5,000円以上儲かる!

南アフリカランドは、低資金で大きく稼げる!

では具体的に、どのようにスワップポイントで稼げるのかを解説いたします。

まず、金利差額についてです。

たとえば日本円と南アフリカランドで試算した場合、2017年10月時点の金利が日本円は0.1%で南アフリカランドが6.75%です。

そのため6.75-0.1=6.65%が金利差額であり、毎日付与されるスワップポイントとなります。

少しわかりやすくするために、南アフリカランドを1ランド10円に設定し、10万通貨買った場合で試算します。

南アフリカランドを10万通貨購入すると10×10万=100万円購入したことになります。

この100万円に対し、金利が6.4%つくため、100万円×0.064=66,500円がスワップポイントとして付与されます。

金利は年利で計算されるため、1日あたりに換算すると66,500÷365=約180円が毎日付与され、1ヶ月だと約5,466円が不労所得となるイメージです。

また、FXはレバレッジをかけられるため、たとえばレバレッジ25倍に設定していた場合、

100万円も資金は必要なく100万円の25分の1の資金(100万円÷25=4万円)があれば、1ランド10円の南アフリカランドを10万通貨購入できます。

そうすることで、毎月約5,000円のスワップポイントを受け取ることが可能となります。

40,000円の資金で毎月5,000円入ってきたらすごいよね!
うん!8ヶ月もしたら原資分をスワップポイントで稼げる計算になるよね!

レバレッジに関する内容はこちらをご覧ください。

⇒「【FXのレバレッジとは】儲けが最大25倍UP!4千円が10万円に?

為替差損には気を付けよう!チェックしてないと思わぬ損をしてしまう

南アフリカランドの為替をこまめにチェック!

スワップポイントを利用した取引はとても魅力的ですが、為替差損リスクも存在します。

スワップポイントで利益を出すには、高金利通貨を常に保有していなければ、資産は増えていきません。

そのため、長期間保有する必要があります。しかし、為替は昼夜・休日問わず常に変動しています。

変動していることは、低金利通貨と高金利通貨の価値に差額が出ることを意味します。

差額が発生すると当然、損する可能性も出てきます。これにより生じる損を為替差損といいます。

たとえば、南アフリカランドを日本円で10円のときに10万通貨買ったが、1年後に日本円で8円になったとします。

すると10×10万=100万円が8×10万=80万円となり、20万円もの為替差損が発生してしまうのです。

いくら高金利で毎日スワップポイントが付与されても、為替差損で損失がでたら意味ないですよね。

また南アフリカランドの情勢により、一時的に急落する可能性もあるため、証拠金管理ができていなければロスカットになる場合もあります

そのため南アフリカランドの情勢に気を配り、「急落しそうなときはすぐ売る」などして、為替差損のリスクを回避する必要があります。

【過去2年間の為替動向】南アフリカランドのチャートから分析!

南アフリカランドの為替動向

上の画像はGMOクリック証券から引用した、過去3年間の南アフリカランド/円の日足チャートです。

2015年の干ばつによる景気の低迷などが続き、現在に至るまでランド安の傾向が続いています。

2015年6月イギリスがEU離脱問題で国民投票を行い離脱派が勝利したため、「先行きが不透明」と考えられ、2016年6月には6円台へ暴落しました。

また2017年3月には、南アフリカのズマ大統領が訪英中のゴーダン財務相に、帰国命令を出したことにより急落しました。

ゴーダン財務相はロードショー(投資家向けに南アフリカへの投資を説明し勧誘する)のために英国を訪れていたのが、急な帰国命令で投資家によるランド売りが出たようです。

2017年11月にはムーディーズ等の格付け会社が格下げを検討している中、ズマ大統領(前大統領)が教育の無償化を検討しているという報道がなされました。

その報道でも、財政への悪影響を懸念して、南アフリカランドは下がりました。

しかし、12月18日にラマポーザ氏が当選し、ANC議長に就任する運びになると、ラマポーザ氏に期待がされ、ランド相場は急騰しました。

なるほど。。今後はどうなるんだろう?
いまもランド安の傾向ではあるぞ。じゃあ、今後の見通しを見ていこう。

専門家による、南アフリカランドの2018~2019年の予想

南アフリカランドの2018年のチャート

こちらは2018年の南アフリカランド/円の日足チャートです。

下記で引用している野村證券のマーケットアウトルックでは、専門家が投資情報を更新しているので、ぜひ参考にしてみてください。

下記は、2018年10月15日に書かれていた、「2018年5月~2019年におけるユーロの見通し」です。

南アフリカランド相場は、2017年12月与党・アフリカ民族会議(ANC)議長選に向け、ズマ大統領派の対抗馬である改革派のラマポーザ副大統領勝利への期待感から上昇しました。12月18日にラマポーザ氏が当選してANC議長に就任する運びになると、ランド相場は急騰しました。

2018年2月14日にズマ大統領の辞任を受けてランドは一段高となりました。ラマポーザ新政権は、新年度予算案で増税を含む財政再建策を打ち出すなど改革期待を高めました。3月23日には大手格付会社が同国の格付を投資適格(※)に維持し、資金流出懸念は後退しました。政権移行に伴うセンチメントの改善などから南アフリカランドの対米ドル相場は2月下旬に約3年振りの高値をつけました。

しかし4月以降、米国の金利上昇を背景にランドは下落基調となりました。5月に労働組合の賃上げ要求のストライキが相次ぎ、国営電力公社が計画停電を実施したことも、経済立て直しには時間を要するとの見方につながり、ランド安が進みました。

8月以降には、(1)トルコリラ急落を受けて経常収支赤字国の通貨への下落圧力が強まったこと、(2)トランプ米大統領が南アフリカの土地収用問題に関する調査を指示したと伝わり、米国による制裁懸念が生じたこと、(3)9月4日公表の2018年4-6月期実質GDP成長率が前期比年率-0.7%と、1-3月期の同-2.6%に続き2四半期連続のマイナス成長となり、歳入減少による財政再建の遅れが懸念され、南アフリカランドには下落圧力が強まりました。

10月9日に汚職疑惑が浮上したネネ財務相が辞任しましたが、元中央銀行総裁のムボウェニ氏が後任に指名されたことが好感され、ランド相場は持ち直しています。2018年10月12日15時現在、南アフリカランドは対米ドルで14ランド台後半、対円では7.7円台前半で推移しています。向こう1年間の南アフリカランドの対円相場レンジを1ランド=7.3~8.9円と予想します。

で。南アフリカランドは、いま買い時なの?

南アフリカランドの買い時は今!

結論、ちょうど買い時、またはもう少ししたら買い時かもしれません。

南アフリカランド/円の買い時は、為替相場が下落しきった後がベストです。

ここ4年間での最安値は2016年6月の6.28円で、それ以降は2018年の8月13日の7.0円が最安値です。

そのためランド/円の買い時は、広く見て6.5円~8.0円です。

2018年6月の南アフリカランド円の為替レート、8.70円という水準は、南アフリカランド円が買われすぎているので、今南アフリカランド円を買うのは得策とはいえないでしょう。

ですからすべての為替通貨で超円高が到来して、南アフリカランド円がかつてない程の安値になったとき、大量の南アフリカランド円のロングを持ちましょう。

南アフリカランド円が下がるなら、南アフリカランド円を売ればいいのでは?

と思い方もいるかもしれません。

しかし南アフリカランド円で売りのポジションを持つと、

【売りのポジションの枚数×南アフリカランド円のマイナススワップポイント=金額】を毎日失うことになります。

そのため南アフリカランド円でショートをすることは、賢い選択肢とはいえないでしょう。

あくまで過去の相場からの予想なので、どうなっていくのかはわかりません。

一般的には、スワップ狙いの長期投資をするのであれば、購入時期を分散させる方法がベストだと考えられます。

ショート:売ることもしくは売りポジションを保有することで、売り持ちとも言います。市場価格が下がると利益を獲得できます。

ロング:買うこともしくは買いポジションを保有することで、買い持ちとも言います。市場価格が上がると利益を獲得できます。

ランド相場は、3つの経済指標でサインがわかる!

南アフリカランドは経済指標を見るようにしよう

スワップポイントを狙う手法の際に、為替差損がリスクになると解説しましたが、為替の差額はすべてが損になるわけではありません

為替の差額が利益になることも十分にあります。

為替の差額で利益を得ることを為替差益といいますが、スワップポイントと合わせて為替差益も得ることができれば一石二鳥で稼げるのです。

為替の変動差額は、各国の経済指標によって通貨の価値が上がるか下がるかを予想することもできます

では、為替の変動にとくに影響を与える経済指標について、いくつか解説していきます。

相場が上がるかがわかるのは、めっちゃありがたいじゃん!!これは頭に入れておこうっと!

消費者物価指数(CPI)

南アフリカランドはデフレ・インフレで買い時がわかる消費者物価指数(CPI)とは、インフレを見極めるための指数となります。

プラスでインフレ、マイナスでデフレを表します。

インフレ=物価の上昇=通貨価値の下降を意味するため、「消費者物価指数(CPI)がプラスになると南アフリカランドが下落、マイナスになると高騰」することが予想できます。

SARB政策金利発表

南アフリカランドのスワップに関係SARB政策金利発表は、文字通り政策金利の発表のことです。

そのため、スワップポイントの付与額に直結する内容となります。

金利の調整を行うことで、通貨の流通量を調整できるため、

「金利が上がれば流通量を抑えられ通貨の価値が上がる、金利が下がれば流通量が増え通貨の価値が下がる」といった相関性を予想できます。

金の価格

南アフリカランドは金の生産世界一位金については経済指標とは関係ないですが、南アフリカランドの通貨と相関性もあるため、動向はチェックしたいたほうがいいです。

なぜなら、「金の産出量が世界一の国」であることから、南アフリカランドは資源通貨としての一面を持つためです。

「金が上がれば南アフリカランドも上がる、金が下がれば南アフリカランドも下がる」といった傾向があります。

人気FX会社のスワップポイント比較表

南アフリカランドで取引するなら、この2社!

1,000通貨単位から取引可能!低コストでOKなYJFX!

南アフリカランドでオススメのYJFX!

YJFX!は、南アフリカランド/円や豪ドル/円などのスワップポイントが高くもらえるFX会社として評判が高いです。

南アフリカランドのような高スワップポイントを利用した取引を行う予定があれば、スワップポイントが高い取引所で取引したほうがいいですよね。

パソコンでの取引だけでなく、iPhone、iPad、アンドロイド、タブレット向けにもそれぞれ専用アプリが用意されていて、利便性も高いです。

また、取引も1,000通貨からできるため、少ない資金から始めたい方にもオススメできます。

ちなみに、YJFX!だとTポイントも貯まるわよ!
YJFX!

FX取引高6年連続世界一位!GMOクリック証券

南アフリカランドでオススメのGMOクリック証券

GMOクリック証券も、南アフリカランド/円やトルコリラ/円のスワップポイントが高いことで評判が高いです。

トルコリラの扱いもあるのが特徴で、スワップ運用を好むトレーダーは外せないFX会社です。

またスプレッドも業界最狭水準で、取引単位は1万通貨からですが、資金に余裕がある人には短期取引もオススメです。

GMOグループは上場している会社なので、安心感があるのも初心者にはいいね!

b3vk7

南アフリカランドのまとめ

南アフリカランドのまとめ

南アフリカランドについて解説してきましたが、理解できましたか?

最後にこの記事で紹介した重要な点をまとめておきましょう。

  • 南アフリカランドは、6.5%の高金利でスワップ運用に最適!
  • 為替差損のリスクも考えながら運用しよう!
  • 南アフリカランド/円の買い時は、為替相場が下落しきった後「6.5円~8.0円」
  • 南アフリカランドは3つの経済指標が重要!「消費者物価指数(CPI)・SARB政策金利発表・金の価格」
  • スワップ狙いの長期投資をするのであれば、購入時期を分散させる方法がベスト
  • 初心者にもオススメのFX会社YJFX!GMOクリック証券

ドルやユーロのようなメジャー通貨より目立たないですが、スワップポイントを利用した取引はとても魅力的なものとなります。

ただし、経済情勢により暴騰暴落が起きることがあるため、証拠金の管理を事前に計画し、経済情勢に気を配ることが大切です。

リスクに対処し、為替差損を避け為替差益を得るよう取引していけば、南アフリカランドは大きな利益を狙える魅力的な通貨となります。

興味のある方は、高いスワップポイントが貰えるYJFX!やGMOクリック証券の口座開設を検討してみましょう!