南アフリカランドは最安値を更新?投資のコツ4つを銀行員が解説!

南アフリカランドの最安値はどうなる?

この記事で解決できる悩み
  • 南アフリカランドの最安値を知りたい
  • 南アフリカランドの最安値の理由を知りたい
  • 今後最安値を更新するの?

以上の悩みを解決できる記事になっています。三井住友信託銀行出身のクニトミが解説します!


銀行員時代は、『投資、外貨預金、不動産、相続、遺言、税金』などの観点で金融資産1〜 5億のお客さまの資産に対するコンサルティングを行っていました。


この記事で解説する上で「南アフリカランドの最安値と投資のコツ4つ」を理解していただくと、南アフリカランドの最安値や投資の手法について理解できますよ!


まずはじめに、南アフリカランドの最安値を期間別に解説していきます。


南アフリカランドの投資におすすめなFX会社を早く知りたい!』という方は、『南アフリカランド投資にオススメなFX会社2選』をご覧ください!

南アフリカランドの最安値はいくら?

南アフリカランドの最安値はいくら?

南アフリカは主要新興国のひとつであり、金利水準も高いので世界中の投資家から高い人気を集めています。


しかし南アフリカランド対円相場は、2006年以降長期の円高・南アフリカランド安トレンドが続いているんですよね


南アフリカランドの今後の予測をするうえで、まずは過去の安値を押さえておきましょう。

史上最安値は6.39円(2016年6月24日)

(引用:Trading View)

南アフリカランド/円の史上最安値は、2016年6月24日につけた6.39円です。


最安値を理解しておけば、『今の為替は、少し高値だな』『今の為替は、少し安いな』など判断できるようになるので、必ず理解しておきましょう!

直近1年間の最安値は6.78円(2019年8月26日)

(引用:Trading View)

直近1年間の最安値は、2019年8月26日の6.78円です。


2018年12月の米国株の急落に連動する形で、南アフリカランドも下落しました。


そして2019年3月にはトルコリラの急落につられて下がったあと、2019年4月に金の価格が下落し金の産出国である南アフリカランドも再び下落。


その後、米中貿易摩擦を背景に最安値をつける結果となりました。

最安値の理由は?

米中の貿易摩擦の激化は、双方の経済に悪影響を及ぼすだけでなく、両国と貿易をしている国や企業にも悪影響を及ぼします。


すると当然そのほかの国も影響を受け、全世界的にリスクオフ傾向が高まります。


そのため安全資産への資金流入が多くなり、リスクの高い南アフリカランドの価格が下落する結果となったのです。

リスクオフとは

投資家がリスクを回避し、より安全性の高い資産に資金が流れやすい状況のこと。

南アフリカランドの最安値は更新する?今後の見通し

南アフリカランドの最安値は更新する?今後の見通し

断言はできませんが、最安値を更新する可能性は十分にあります

南アフリカランドで予想されるリスク
  • 米中の報復関税の応酬による貿易摩擦の激化
  • 南アフリカランドの追加利下げ
  • 他国との関係

などリスクがないとは言えません。


しかし『危ないから投資をやめよう!』とアドバイスするかはまた別です。


しっかりリスク回避をする投資を行えば、低リスクでコツコツ稼ぐこともできるので、この記事の後半で紹介しますね!

南アフリカランド投資のコツ4つ

南アフリカランド投資のコツ4つ

高金利が魅力の南アフリカランドですが、情報量はメジャー通貨に比べると少なく、変動幅も大きくなりがちです。


そのため、取引の際には気をつけるべき点があります。


そこで、南アフリカランドへ投資する4つのコツを以下で詳しくご紹介します。

南アフリカランド投資のコツ4つ
  • 投資期間は1~2年間
  • 安値圏内で買って、ストップロス注文を入れる
  • スワップサヤ取りをする
  • 地域分散投資でリスクヘッジをする

コツ1:投資期間は1~2年が最適 

(引用:Trading View)

南アフリカランドに投資をする期間は1~2年間が最適です。


理由は以下の2つになります。

  • 南アフリカランドは長期的には下落傾向にあるから
  • 1~2年間ではスワップポイントと為替差益の両方を狙えるから

南アフリカランドの10年間のチャートを見ると長期的に下落傾向にあることがわかるので、長期保有はオススメできません。


しかし、直近1~2年はレンジ相場で推移しているため、エントリーポイントによってはスワップポイントと為替差益の両方を狙えますよ。


したがって、南アフリカランドに投資をする期間は1~2年がオススメです。

コツ2:1年間の安値圏内で買い、ストップ注文を入れる

南アフリカランドのスワップポイントでの利益を目的とするなら、高値掴みや急落に対するリスクヘッジも考えておく必要があります。


そのためには、直近1年間の安値圏である6円~7円で買い、1年間の最安値の下にストップロス注文を入れておくのがオススメですよ。

コツ3:スワップポイントのサヤ取りをする

スワップポイントはFX会社によって異なります。


そのためスワップの高いFX会社で買い、スワップの安いFX会社で売りると、FX会社間のスワップポイントのサヤ取りで利益を上げられるのです。


この手法では理論上、為替損益は相殺されるので、価格の変動リスクを気にせずスワップの利益だけを獲得できます。

サヤ取りのオススメ会社組み合わせ

サヤ取りで利益を上げるには、買いスワップと売りスワップの差が大きいほうが有利です。


そのため、どんな会社の組み合わせがサヤ取りにオススメかを知っておくことも大事です。


たとえば10万通貨の取引でLIGHT FXの買いスワップは150円/日、DMM FXの売りスワップは120円/日で、その差額が30円/日と大きく、サヤ取りにはオススメのFX会社の組み合わせです。

買いFX会社買い
スワップ
ポイント
売りFX会社売り
スワップ
ポイント
スワップ
ポイント差
ヒロセ通商
160
円/日
GMOクリック証券
-90
円/日
70
円/日
LIGHT FX
150
円/日
DMM FX
-120
30
円/日

・スワップポイントは全て10万通貨になります。
・スワップポイントは情報取得日:2019/12/09のスワップポイントになります。

コツ4:地域分散投資でリスクヘッジ

南アフリカランドは新興国通貨であるため、経済規模が小さく不安定です。


そのため価格変動リスクも高く、南アフリカランドのみに投資先を限定するのはリスクが高すぎます


暴落などに対するリスクヘッジとして、米ドルなどのメジャー通貨をはじめ、複数の地域や通貨を組み合わせた地域分散投資がオススメです。


分散比率はGDPを参考にすることが多くなっており、例えば日本:新興国(南アフリカ):先進国(アメリカ)=10:30:60といった比率が挙げられます。


南アフリカランドでは大きな価格変動が起こるリスクもありますので、地域分散投資でリスクヘッジしましょう!

南アフリカランド投資にオススメなFX会社2選

南アフリカランド投資 オススメFX会社2選

南アフリカランドへの投資にオススメのFX会社を2社ご紹介します。


どちらも南アフリカランドで投資を考えている方にはピッタリの会社ですので、是非チェックしてみてください。


また、実際の取引に役立つ使い方やメリットをお伝えいたしますのでトレードに活用することをオススメします。

南アフリカランドオススメ会社2つ
  • 高スワップ・低スプレッドのFX会社を選びたい人はLIGHT FX
  • サヤ取りで売りスワップが低いFX会社を選ぶならDMM FX

高スワップ・低スプレッドのFX会社を選びたい人はLIGHT FX

FX初心者におすすめのLIGHT FXとは

南アフリカランドの高いスワップポイントを狙いたい人にはLIGHT FXがオススメです。


LIGHT FXは南アフリカランドを含む高金利通貨で高スワップポイントを提供しており、利益を上げやすい会社になりますよ。


南アフリカランドでスワップ投資やサヤ取りをしたい人は、積極的に活用することをオススメします。

サヤ取りで売りスワップが低いFX会社を選ぶならDMM FX

サヤ取りにおすすめの低スワップポイントのDMMX

サヤ取りでより利益を上げたい人には、DMM FXがオススメです。


DMM FXは南アフリカランドの売りスワップが他の会社よりも低く、スワップサヤ取りで利益を上げやすい会社です。


高スワップのLIGHT FXと組み合わせることで大きなサヤを狙うことが出来ますよ。


南アフリカランドでサヤ取りをする方には必須と言っていい会社です!

取引前にチェック!南アフリカランドの特徴4つ

取引前にチェック!南アフリカランドの特徴4つ

通貨に投資をする際には、その通貨の特徴を理解しておくと有利に働きます。


南アフリカランドの特徴を把握しておくと、南アフリカランドの価格に影響する材料が分かりますよ。


特徴を理解することで、投資判断の失敗を減らすことが出来るので、しっかりと理解しておきましょうね。

南アフリカランドの特徴4つ
  • 資源国通貨
  • 中国経済の影響が大きい
  • 流動性が低い
  • 格付けがあまり良くない

特徴1:資源国通貨である

南アフリカは、金やプラチナ、ダイヤモンドなどの埋蔵量が豊富な世界有数の資源国です。


2015年のGDPに占める鉱業の比率は、金融・保険などのサービス業におされて10%以下に低下しています。


しかし貿易においては、依然鉱物資源輸出への依存度が高い状態です。


そのため、金やプラチナなどの鉱物資源価格の動向に為替が影響を受けやすい特徴があります。

特徴2:中国経済の影響が大きい

JETRO(日本貿易振興機構)によると、南アフリカの対中貿易の構成比は輸出が9.7%、輸入が18.3%で、輸出入ともに中国が取引先の第1位です。


そのため中国経済の好不調が、南アフリカランドの相場に影響を与える場合があります。


つまり南アフリカランドへ投資する場合には、中国経済の動向にも気を配る必要があるのです。

特徴3:流動性が低い

南アフリカランドは流動性が低く、為替相場が変動しやすいリスクがあります。


たとえば2016年1月11日には、早朝のわずか20分で7.2円から6.5円まで大暴落しました。


その後3時間で値を戻し、結局7円付近で終了しています。


急な暴落に対応するためにもレバレッジを低く抑えて、資金に余裕を持った取引でロスカットされないように注意する必要があります。

特徴4:格付けがあまりよくない

投資のリスクを表す投資格付けは、大手3社のうち2社が投機的(あまり安全ではない)と判断しています。


唯一投機適格と判断しているムーディーズも、2019年11月1日に格付け見直しを据え置いたものの、見通しは安定的からネガティブへ下方修正しているのです。


今後、ムーディーズが格付けを引き下げると為替が下落する可能性があるので、下落に対応するためにも格付け情報の適時チェックをオススメします

南アフリカランドの最安値を知って投資に役立てよう!

南アフリカランドの最安値を知って投資に役立てよう!

上で紹介した「南アフリカランドの最安値と投資のコツ4つ」を理解していただくと、南アフリカランドの最安値や今後の見通しについての疑問が解消しますよ。


最後にもう一度重要ポイントを確認しましょう。

この記事のおさらい
  • 南アフリカランド最安値は6.39円
  • サヤ取りや地域分散投資を上手く使うのがオススメ
  • 南アフリカランドは中国経済に影響を受けやすい
南アフリカランドを稼ぐのにオススメな会社
  • 高いスワップポイントと低スプレッドのLIGHT FX
南アフリカランドのサヤ取りにオススメな組み合わせ

南アフリカランドの最安値を知ることで、現在の価格が安いのか高いのかを判断することが出来ます。


最安値を活かして、スワップポイントと為替差益の両方を狙っていきましょうね!