FXトレーダー200人が選ぶスプレッド満足度が高い会社ランキングTOP3!

スプレッドで見るおすすめFX会社3選

この記事で解決できるお悩み
  • FXスプレッドで損をしたくない。
  • スプレッドで満足できるFX会社はどこ?
  • スプレッドの満足度が高いFX会社のランキングはある?

こんな悩みを解決できる記事を用意しました。


この記事で解説する『スプレッドの基礎知識・スプレッドが狭いFX会社TOP3』を理解すれば、たとえ初心者でも『手数料を安く抑えられるFX会社』を見極めれます。


なぜなら現役トレーダー200人に対してアンケートを実施して、スプレッド満足度の高いFX会社TOP3を選び、紹介するからです。(調査結果はFX会社ランキングからご覧いただけます。)


下記で解説する内容を実践すれば、『知っていれば損をしなかったのに!』という状態を回避できるので、じっくり読み込んでくださいね。

スプレッドとは?

FXスプレッドってそもそも何?スプレッドとは「通貨を売るときの値段」と「通貨を買うときの値段」の差

スプレッド≒実質的な取引コスト(手数料)になるから、会社選びの重要項目です!


そのスプレッドは多くのFX会社で、米ドル/円:0.3銭(原則固定)となっています。


しかし、見た目のスプレッドとは裏腹に、実際に取引をしてみるとスプレッドの広がる幅が各社で異なり利用者満足度に差が出ます


よって、利用者のスプレッド満足度は会社選びのひとつの基準になります。


なお、スプレッドの仕組みや特長、スプレッドを見る際の注意点を詳しく知りたい方は下記をご覧ください。

見た目のスプレッドで判断すると危険ということが、理解できると思います。

FXで勝つためにスプレッドが重要な理由

スプレッドは投資家のみなさんにとって取引コストになります。


よって、スプレッドが狭いほど、取引コストは低くなり有利にFXができます。


特に、頻繁に決済するようなスキャルピングで取引したい方は都度発生するコストですので、重要になってきます。

スプレッドランキングで重視する点3つ

FXスプレッドランキングで見るべきポイント3つランキングを見る際に、併せて確認してほしいポイントを解説します。


ついついランキングだけに目がいってしまいがちですが、肝心なのはスプレッドが狭く広がりにくいことです。

ランキング以上に大切なポイントなので、チェックしてくださいね。

ランキングと併せて確認してほしいポイント3つ
    • スプレッドが狭い米ドル / 円なら0.3銭以下)
    • スプレッドが原則固定
    • 約定力が高い(満足度や評価が高い)

スプレッドが狭い

あたりまえですが、そもそも自身が取引したい通貨ペアでスプレッドが狭いか確認しましょう。


ひとつの基準ですが、米ドル / 円でスプレッド0.3銭以下で提供されているかどうかを、判断基準にするとよいでしょう。

スプレッドが原則固定

スプレッドが原則的に固定されている「原則固定」か確認しましょう。


常にスプレッドが変動する「変動制」はリスクが高いので、必ず「原則固定」を選ぶようにしましょう。

約定力が高い

約定力が低い場合、想定外のレートで決済してしまうためスプレッド以上のコストが発生します。


取引コストをおさえるためにも、スプレッドが狭く約定力の高さが評判の会社なのかを確認しましょう。

【FX会社】スプレッド 取引コスト満足度ランキングTOP3 

スプレッド取引コスト満足度TOP3

第1位 FXブロードネット