南アフリカランドで短期売買可能?取引のコツ5つと注意点3つを解説!

この記事で解決できる悩み
  • 南アフリカランドで短期売買ってできる?
  • 短期売買したいけどスプレッドが気になるな
  • ランド/円短期売買のコツがあれば知りたい!

と悩んでいる方の悩みを解決できる記事になっています。


この記事で解説する『南アフリカランドで短期売買をするコツ5つと注意点3つ』を理解すれば、南アフリカランドでの短期売買を始められますよ。


なぜなら、私もこの内容を知ったことで「南アフリカランドで短期売買をしたいけど、何を気を付けるべきかわからない」という悩みを解決できたからです。


それではまず、『そもそも南アフリカランドで短期売買できるのか』からお話していきますね!


※「南アフリカランドの短期売買でオススメなFX会社を早く知りたい!」という方は、『【南アフリカランド】スプレッド比較表』からご確認ください!

南アフリカランドで短期売買はできる?

FXプライムbyGMOの調査

長期売買やスイングトレードのイメージが強い南アフリカランドですが、短期売買ももちろんできます。


FXプライムbyGMOの調査によると、対円の短期売買で「狙える利益ランキング」上位に付ける程、評判も上がってきているんです!


「南アフリカランド取引したいけど、長期保有するのは不安だな」という方は、短期売買にチャレンジしてみるとよいでしょう。

南アフリカランドで長期売買が多い理由

南アフリカランドを扱うトレーダーが、長期売買を選ぶのには主に3つの理由があります。

  • 高スワップの恩恵を受けた取引がしたい
  • 短期売買は、価格変動が大きくて怖い
  • スプレッドの高さから、短期売買してもコストがかかりそう

南アフリカランドのスワップは、トルコリラに次ぐ程の高さで、高スワップの通貨としても有名です。


「せっかくの高スワップを活かしたい!」というトレーダーも多いため、長期売買でコツコツ貯めるケースが多くなっています。

南アフリカランドで短期売買をするコツ5つ

南アフリカランドで短期売買をするコツ3つ

「南アフリカランドで取引したことないし、ちょっと心配だな・・・」という方のために、短期売買のコツをご紹介します。


コツを抑えておけば、より利益を伸ばしつつ、安全な取引ができますよ!

南アフリカランド短期売買のコツ
  • 取引時間は夕方以降
  • 証拠金は多めに入れておく
  • 情報収集を怠らない
  • スプレッドの狭いFX会社を使う
  • 約定力の高いFX会社を使う

コツ1:取引時間は夕方以降

FX デメリット 世界経済

ランド円で取引するなら、17時~25時の時間帯がオススメですね。


というのも、この時間帯はロンドン市場やNY市場がオープンになる時間なので、取引量が多くなり、スプレッドも広がりにくいから。


反対にFXにおいて日付の切り替わるAM6時~AM8時の間は、1~2つの市場しかオープンしていないため、特にスプレッドが広がりやすい傾向にあるんです。


「特に取引時間は決めてなかった」という方は、ぜひ17時~25時のスプレッドが広がりにくい時間帯に取引してみてください。

コツ2:証拠金は多めに入れておく

取引を始める前に、FX口座へ証拠金を多めに入れておきましょう。


なぜなら南アフリカランドは些細な出来事で大きな価格変動を起こす可能性があり、十分な証拠金が入っていないと強制ロスカットされる可能性が高くなるからです。


たとえば必要証拠金と同等の金額しか口座に入れていなければ、少し金額が下がっただけでも即刻ロスカットになってしまいますよね。


証拠金は必要証拠金の3倍以上を目安にFX口座へ入れておくとよいでしょう。

コツ3:情報収集を怠らない

南アフリカランドを扱う際は、こまめな情報収集を心がけましょう。


理由は、南アフリカランドは政策金利の変更など、経済指標の変更が相場に大きく変動を及ぼす可能性があるからです。


また南アフリカが資源国であるため、金相場の価格変動も影響してきます。


メジャー通貨に比べて取引量が少ない分、少しの指標変更でも大きく相場に影響しますので、最新の情報を常にチェックしましょう。

コツ4:スプレッドの狭いFX会社を使う

FX会社によってスプレッドは異なりますが、スプレッドの狭いFX会社を使うのがオススメですね。


なぜなら短期売買は取引回数も多いため、スプレッドが広い程利益が少なくなってしまうからです。


たとえばスプレッドが0.9銭と1.5銭のFX会社があるとすれば、1,000通貨の取引を10回するだけで6円の差が出てしまいます。


取引量を増やせば増やすほどスプレッドの差も大きく出てきますので、より多い利益を狙うなら、スプレッドの狭いFX会社を使うとよいでしょう。

コツ5:約定力の高いFX会社を使う

スプレッドも大切ですが、約定力も大切です。


なぜなら約定力が低いと、本来利益を出せた場面でもスリッページによって思ったように利益が出なくなる場合があるから。


たとえば1ランド=5.9円で買い、6円になったタイミングで売ろうと思ったら、約定力の低さから全く利益が出なかったなんてこともあり得ます。


南アフリカランドに限らず、ボラティリティの高い通貨では約定力が非常に大切になるので、取引のポイントになりますよ!

【南アフリカランド】スプレッド比較表

南アフリカランドの短期取引なら、スプレッドも狭く約定力も高いFXプライムbyGMOがオススメだぞ!
FX会社スプレッド
(原則固定・例外あり)
取引通貨単位約定力評判
FXプライムbyGMO
公式ページを見る
花丸
0.9銭1,000通貨詳しくみる
LIGHT FX
公式ページを見る
0.9銭1,000通貨詳しくみる
DMMFX
公式ページを見る
1銭1万通貨詳しくみる
外為オンライン
公式ページを見る
1銭1万通貨詳しくみる
DMMFX
公式ページを見る
1.3銭1万通貨詳しくみる

南アフリカランドで短期取引するならFXプライムbyGMO

FXプライムbyGMO

スプレッド、約定力などから総合的に見て、南アフリカランド取引でオススメなのはFXプライムbyGMOですね!


FXプライムbyGMOは南アフリカランド/円のスプレッドにおいて、業界最狭水準の0.9銭(原則固定※例外あり)で取引ができます。


1,000通貨から南アフリカランドを扱えるため、ランド/円に慣れない方でも着実に経験を積めますよ。


また当サイト限定でキャッシュバックキャンペーンも行っているので、お得に取引を始めましょう!

南アフリカランドで短期売買をするときの注意点3つ

南アフリカランドで短期売買をするときの注意点3つ

上手く特徴を理解すれば短期売買もできる南アフリカランドですが、注意すべき点もいくつかあります。


以下では取引での注意点をお伝えしますので、損失を拡大させたり、予期せぬ変動に惑わされないためにも知識として覚えておきましょう。

南アフリカランド短期売買の注意点

1.価格変動が激しい

2.資源価格に影響されやすい

3.中国からの影響が大きい

注意点1:価格変動が激しい

南アフリカランドなどの高金利通貨は、米ドルなどの先進国通貨に比べ、価格変動に注意が必要です。


なぜなら前述したように、メジャー通貨に比べ取引量が少ないことから、少しの変動要因でも影響されやすいからです。


事実、2020年7月28日には、IMF(国際通貨基金)の南アフリカ経済に対する発表によって6.44円から6.17円まで急落したこともあります。


ボラティリティが高く、1回の取引で一気に損失を被る可能性もありますので、気を付けましょう。

注意点2:資源価格に影響されやすい

資源価格の変動も、南アフリカランドの相場変動に大きな影響を及ぼします。


というのも、南アフリカは金・ダイヤモンド・鉄鉱石などが取れる資源国のため、それらを利用した第3次産業が活発となっているからです。


経済産業省の発表によると南アフリカの産業の中で、69.7%が第3次産業だというデータもあるほど、高い数値となっているのです。


資源輸出への依存度も高いことから、金価格の変動、プラチナ価格の変動にも影響されやすい特徴があります。

注意点3:中国からの影響が大きい

南アフリカは外国からの影響も受けますが、特に中国経済の影響も受けやすいです。


これは南アフリカ最大の貿易国が中国だということが挙げられます。


JETRO(日本貿易振興機構)の2019年の発表によると、南アフリカの輸出・輸入の相手国は共に中国が1位で、輸出は9.1%、輸入に至っては18.4%も占めています。


南アフリカランドで取引をするときには、国内だけでなく中国経済など多方面での情報収集も重要となりますよ。

南アフリカランドで短期売買をスタート!

南アフリカランドで短期売買をスタート!

上記で紹介した『南アフリカランド短期売買のコツと注意点』を実践していただくと、今後は南アフリカランドで短期売買できるのかと悩むことは一切なくなり、価格変動を考慮した取引ができます。


最後にもう一度内容を確認しましょう。

この記事のおさらい
  • 南アフリカランドは長期取引だけでなく、短期取引もできる
  • スプレッドが狭く、約定力の高いFX会社を選ぶべき
  • 大幅な価格変動に注意が必要
南アフリカランド短期売買でオススメのFX会社

長期取引のイメージあるし、本当に大丈夫かな』と最初は思うかもしれないですが、一度身につけてしまえば、短期取引でも利益を出せるようになります。


ボラティリティの高さに気を付けつつ、南アフリカランドで取引をスタートしましょう!