【OCO注文っていつ使うの?】手法からメリット&デメリットまで紹介

OCO注文

FX取引を行う際にOCO注文の言葉を目にする機会が多いと思います。

このラインまで来たら利確するつもりだったのにチャンス逃した~~

OCO注文っていう方法がそんな時に便利よ!

いつもチャートを見ている訳にはいかないサラリーマンは、利確や損切のタイミングを逃しがちですよね。

そんな時におすすめする注文方法が「OCO注文」です。

このページでは、FXのOCO注文の手法やメリット・デメリットについて解説します。

OCO注文とは?

OCO(One Cancels the Other)注文とは、新規注文または決済注文において、異なる2種類の注文を出し、一方の注文の条件が成立した場合にもう一方の注文をキャンセルする注文形式です。

相場が上がるか下がるかわからない時に非常に便利な注文方法です。

OCO注文図説

たとえば1ドル110円で10,000ドル購入した場合を仮定します。

1ドル=111円まで上がったら利益確定するけれど、1ドル=109円になったら損切したいと考えているとします。

この時、「1ドル=111円になったら売り」と「1ドル109円になったら売り」と注文を同時に出します。

OCO注文レート上がると

すると1ドル111円になった場合、「1ドル=111円になったら売り」の注文が実行されて、「1ドル109円になったら売り」の注文はキャンセルされることで利益確定されます。

OCO注文レート下がると

また1ドル109円になった場合、「1ドル=111円になったら売り」の注文はキャンセルされて、「1ドル109円になったら売り」の注文が実行されて損切されます。

このようにトレードの際に、利確と損切など2つのパターンの注文を出して、どちらかの注文が実行されるともう一方がキャンセルされるようにできるのがOCO注文です。

OCO注文のメリット

OCO注文のメリット

OCO注文は、相場が上がるか下がるかの判断が難しい場面で利用価値の高い注文方法です。

利益確定と損切りの2種類の注文を同時に行える点がメリットとなります。

また、利益確定または損切りのどちらか一方においてその大小を分ける際にもOCO注文が力を発揮します。

たとえば「1ドル120円で購入して、1ドル110円まで下落してしまった」とします。

このとき損切りを考えると思いますが、「115円になったら売り」「105円になったら売り」の2つの注文でOCO注文を行います。

そうすると115円になった場合は、「115円になったら売り」が実行されて「105円になったら売り」がキャンセルされるため、115円で損切することができます。

また105円になった場合は、「115円になったら売り」がキャンセルされて「105円になったら売り」が実行されるため、限界まで耐えて105円で損切されます。

このように利益確定と損切の2つの注文ではなく、損切に幅を持たせるために2段階の損切の注文を用意することができるのです。

逆のパターンも同様で利益確定にある程度の幅をもたせることができます。

このように、場面に応じて自由度の高い利用法を実践するのが、OCO注文のメリットです。

OCO注文 使い方(注文方法)

OCO注文のやり方

OCO注文について基本的な内容を説明してきました。

そこで、OCO注文を実際にどう発注するのか説明していきます。

FX会社によって若干操作が違う場合もありますが、大きな流れ的には以下のようになります。

ここではツールが使いやすく人気のYJFX!を例にして、わかりやすく説明していきます。

MEMO
  • 左下のレートより、取引希望の通貨ペアをタップする
  • 新規注文画面が開くので、上の新規指値・逆指値タブをタップする
  • 新規指値・逆指値が選択されていることを確認する
  • 売買区分を選択する
  • 数量を入力して注文単位を選択する
  • 有効期限を選択する
  • 指値と逆指値それぞれに希望のレートを入力する
  • 注文確認をタップする
  • 設定した注文内容を確認し、実行をタップする
  • 念のために注文履歴をタップし、注文が正常に表示されているか確認する

これが一連の流れです。

その場のチャートに合わせて多様なパターンを試していけば、自分なりのコツもつかめるようになります。

とにかく実践し、自分なりにOCO注文を使うタイミングを身につけて、勝率をUPさせましょう!

公式サイトYJFX!の公式サイト

詳細ページ【YJFX!は実際に稼げる?】口コミなどを参考に、ほかのFX会社と比較!

YJFX!

OCO注文のコツ

OCO注文のコツ

①売りから始めた場合

売りからスタートできるのもFXの特徴ですが、その際にはスワップポイントを意識したOCO注文の実行を心がけてください。

スワップポイントとは取引している通貨間の金利の差額です。

超低金利状態が続いている日本円で売りからスタートする場合、多くの通貨でマイナスのスワップポイントがつき、FXの利益を圧迫します。

そのため長期保有するほど、スワップポイントで支払う金額が多くなってしまいます。

OCO注文では2つの注文の設定次第で決済するまでの時間が長引いてしまうので、売りでOCO注文をする際には短期で決済されるように設定するのがよいでしょう。

②買いから始めた場合

買いからスタートする場合は、低金利の日本円との取引は多くの場合でスワップポイントがプラスです。

スワップポイントでFXの利益を圧迫される可能性は少ないので、初心者向けです。

OCO注文は利益確定のための注文と同時に損切のための注文も出せるため、初心者がFXの練習のために利用する手法として適しています。

初心者は利益確定と損切の2つの注文を出すOCO注文を利用して、FXの経験値を積んでいくのがよいでしょう。

自力で覚えるのが難しい損切を覚える良い練習になります

OCO注文の注意点

OCO注文の注意点

OCO注文には、いくつかデメリットがあります。

1つ目はトレンド中であっても機械的に決済する点です。

トレンドを読んでさらなる利益を追求しようとしても、OCO注文で指定した金額まで到達した時点で決済が行われるので早いタイミングで利益確定されてしまいます。

OCO注文後にトレンドが分かった場合などに利益拡大を狙う場合は注文の修正の必要があるため、自動取引のように放置しっぱなしにはできません。

次に新規注文と決済注文をまたいだ注文ができない点が挙げられます。

OCO注文は一度に2種類の注文を出せますが、新規なら新規、決済なら決済でどちらか一方の2種類の注文を出せるのがOCOの特徴です。

新規注文と決済注文を同時に行いたい場合にはOCO注文ではなくIFO注文を利用する必要があります。

注文機能が充実しているFX会社

 成行注文指値注文逆指値注文OCO注文IFD注文IFO注文IFDOCO注文時間指定注文トレール注文
外為オンライン
YJFX
-
DMMFX
-
GMOクリック証券
-
SBIFX
-
ヒロセ通商
FXプライム
-
マネーパートナーズ
-
FXトレーディングシステムズ
-
ひまわり証券
-

OCO注文であればどの会社でも対応しているので、FX会社を選ぶ際にOCO注文があるかないかを悩む必要はないでしょう。

OCO注文のまとめ

OCO注文まとめ

OCO注文は以下の特徴を持っています。

iサイクル注文のまとめ
  • OCO注文は異なる金額の2種類の注文を同時に出せる
  • 利益確保とロスカットを一度の注文で行える
  • トレンドの変動に対して機械的に決済するので利益拡大ができない場面がある
  • IFO注文のほうが利便性が高い場合がある

利益確保とロスカットを同時に行えるOCO注文は、FX初心者にとって活用したい取引手法です。

初心者はシンプルな注文内容でよいですが、上級者になればさまざまな場面において利益を最大限に引き上げる手法として活用できます。

僕は日中は会社勤めでチャート見る暇もないから、その間に利確・損切してもらえるようにOCO注文を活用しよう!

次はIFO注文を見て、マスターしよう!

詳細ページ【FX IFO注文の仕組みとは?】手法からメリット&デメリットまで紹介