1ロットはいくら?損しないために基礎の仕組み・計算方法を理解しよう

FXの基礎であるロットの紹介

この記事で解決できる悩み
  • FXにおけるロットって何?
  • 1ロットはいくらなの?
  • 何に使うものかを知りたい
  • レバレッジを使う場合の計算方法ってどうなるの?
  • FX会社によってロット数が異なるのかを知りたい

といった悩みを解決できる記事になっています。


この記事で解説する「ロットの仕組み・計算方法」を理解すれば、FX初心者でもロットが何のためにあるのかがわかり、使用方法も理解できますよ。


なぜなら、私もこの方法でロットの必要性を知り、自分に適切な取引金額を決められたからです。


それでは「ロットの仕組み」から説明していきます。

FXにおけるロットの仕組み

FXのロットの仕組み

ロットは英語で「Lot」と表記し、「単位・まとまり」を意味します。


FXでは1,000通貨単位や1万通貨単位など、外貨を「決められた一定の数量」で取引する仕組みです。

実際、1ロットはいくら?

「1ロット=1万通貨分」と定義されています。

しかし、1ロットがいくらかは扱う通貨ペア・その時点での為替レート」によって異なります。

1万通貨の例
  • 米ドル/円の場合:1万ドル
  • ユーロ/円の場合:1万ユーロ

【1ドル120円の時に米ドル/円を1ロット分トレードする場合】

  • 1ロット=1万ドル
  • 1ドル=120円

いくらかを知るための計算式は、「1ロット=120円×1万」となります。


そのためこの場合は、日本円で120万円の取引をしているのです。

ロットが使われる理由

ロットが使われる理由は、桁数が多くなる際のミスを減らすためです。


たとえば、1万通過から取引可能なFX会社の場合、少なからず10,000通貨ペアの取引をする必要があります。


その際、注文時に10,000や100,000通貨などの「0」を無駄に入力する必要があり、ミスが増えてしまう可能性があります。


1万通貨の取引であれば1ロットと記入すればいいので、ロットを使ったほうが楽なうえにミスも少なくなり、一石二鳥なのです。

1ロットの変動はいくらの損益になる?

為替レートが変動し場合のロット数別の損益は以下の通りです。

 1pipsの変動10pipsの変動100pipsの変動
1ロット100円1,000円1万円
10ロット1,000円1万円10万円
100ロット1万円10万円100万円

上記から、ロット数を増やせば増やすほどに、損益が大きくなるとわかりますね。

FX会社によってロットは変わる

FX会社によってロット数が異なる

FXでは、会社によってロット数が異なります。

なぜなら、1,000通貨単位から取引可能なFX会社もあれば、1万通貨単位から取引可能なFX会社もあるからです。


ちなみに、メキシコペソやランド円などの新興国通貨は価値が低いため、10万単位などの一回り大きいロットに設定されている場合がほとんどなので注意しましょう!

大小ロットのメリット・デメリットを比較

ロットの大小により、上記のようなメリット・デメリットの存在がわかります。

 1,000通貨単位1万通貨単位
FX会社の例YJFXGMOクリック証券
メリット・損失が少ない
・トレード経験を積める
大きな利益が狙える
デメリット利益が少ない損失が大きくなるリスクがある

とくに、初心者はローリスクでトレード経験を積み、低リスクでコツコツ稼ぐことが重要なので、小ロットをオススメします。

レバレッジを使ったロットの計算方法

FXロットの計算

取引する際、レバレッジを使用することも多いでしょう。


その際の計算方法は、下記の方法で簡単に表せます。

  1. 1ロットあたりの必要証拠金=現在の為替レート×取引単位÷レバレッジ
  2. 取引可能ロット数=口座資金÷①

【具体例】

前提:1ドル=100円、1,000単位、レバレッジ25倍、口座資金100万円

  1. 100円×1,000ドル÷25倍=4,000円(必要証拠金)
  2. 100万円÷4,000円=250ロット(取引可能ロット数)

FXのキャッシュバックはロット数が条件

FXのキャッシュバックはロット数が条件

キャッシュバックの多くは、新規口座開設後一定期間内での所定ロット数の取引が条件とされています。


そのため、500ロット=500万単位、1,000ロット=1,000万単位の取引が必要です。


またロット数の判定時には、「エントリーと決済をペアで1ロット」とカウントする点にも注意しましょう。

FXのロット数には上限がある

FX会社はロットの上限を定めている

FXのロット数には、上限があります。


例えば1取引の上限は、SBIFXトレードの場合1,000万通貨、GMOクリック証券の場合100万通貨など、FX会社によって大きく異なるのがわかりますね。


とくにFX初心者は、自分が口座開設する予定のFX会社で必ず確認しましょう。

【FX ロット】まとめ

FXのロットの重要ポイントまとめ

上記で紹介した「取引可能なロット数の計算」を実践すると、今後は取引にかける金額をいくらにするか悩まず、自分に合った取引金額を設定できます。


最後にもう一度この記事の内容を確認してみましょう。

FXロットのまとめ
  1. FXのロットとは「1万通貨」などの一定数量に決められた取引単位を指す
  2. 1ロット=1万通貨
  3. FX会社により、ロット数は異なる
  4. 取引可能ロット数の計算方法
    ・★1ロットあたりの必要証拠金=現在の為替レート×取引単位÷レバレッジ
    ・取引可能ロット数=口座資金÷★

「ロットの計算なんて慣れないし、めんどくさいな」と最初は思うかもしれません。


しかし一度身につけてしまえば、取引金額が簡単に設定できるようになりますよ。


また、ロット数を知っておかないと損する可能性もあるので、FX会社を決める際は注意してくださいね。