FXとは?初心者向けに元銀行員が簡単にわかりやすく解説します!

FXとは

FXとは?初心者向けにわかりやすく教えて!
・FXについて知りたいけど、何から勉強すればいい?
・FXのメリット・デメリットなどは?

と疑問をお持ちの投資初心者のお悩みが解決できる記事です。元銀行員のクニトミが解説します。

ここで解説する『FXの基礎知識』を理解すれば、必要最低限の知識を備え付けてFXをスムーズに始めることができます。

実際に私はこれから解説する内容を理解したことで、FXに関する基礎知識を身につけて、1週間ほどで取引を開始できました。

それでは以下で解説します。

FXとは?元銀行員が初心者向けに解説!

FXは世界中で行われる人気の投資

正式名称は「外国為替証拠金取引」と呼び、英語で「Foreign Exchange」、その略称がFXです。

FXとは、異なる通貨と通貨を売買する金融商品です。

具体的には、日本円を米ドルなどの外国の通貨に交換したり、米ドル(外貨)をポンド(別の外貨など)に交換する取引を行います。

つまり、FXとは2つの通貨を交換する取引のことです。以下でどのように利益を出すのか解説しますね。

FXとは、為替差益をねらうもの!

FXとは、おもに為替差益を狙って行う取引です。

例えば、1ドル=100円のときにドルを買い、その後に1ドル=101円になったところでドルを日本円に変換したら「1円の利益」がでます。

以下でもう少し具体例を解説しますね。

  • 1万ドル(=100万円)を買っていれば利益は「1万円」(=1円×1万)
  • 1000ドル(=10万円)を買っていれば利益は「1000円」(=1円×1000)

これを為替差益といいます。

FX初心者必見!FXは2つの利益が出せる!

FXで利益を上げる2つの方法

FXでは、利益を得る方法が2つあります。

2つの方法
  1. 為替差益
  2. スワップポイント

1については前述で説明したため、2のスワップポイントについて以下で解説しますね。

スワップポイントとは?

スワップポイントは、金利差により得られる利益のことです。

スワップ運用は外貨預金に似ていますが、FXの方が外貨預金よりも遥かにお得です。なぜならFXの方が手数料が安く、利回りも良いためです。

手数料は、銀行の外貨預金よりも666倍以上もお得ですし、利回りは銀行の外貨預金ではかなり利息が少ないです。

具体例:豪ドルの外貨預金

例えば豪ドルで通常の外貨預金をする場合、銀行では0.3%しか利息がつきません。しかしオーストラリアの政策金利は0.3%ではないんです。

オーストラリアの政策金利は1.50%(2018年10月現在)で、FXの場合日本の金利0.1%を引いた、1.40%の利息が付きます。

FXの方が、4倍以上も利回りが良いんです。

FXが初心者に人気な理由とは?

FXが人気の理由

FXは株と比較をしても非常に強い人気をほこっており、20〜30代の人たちにも幅広く利用されています。

以下でFXが投資初心者に人気がある理由5つについて解説します。

1:リスクを下げられるから

他の投資商品と比較をしても、FXは少額からスタートでき、リスクを下げられるのが人気の秘訣です。

例えば、株の場合はリスクが低い銘柄を選んで投資をしようとしても最低でも数十万円が必要になります。

その一方でFXの場合は、100円〜5000円ほどの資金があれば始めることができます。

そのため、資金がなくリスクを下げたい学生や20代のサラリーマンの方からも幅広く利用されているのです。

2:少額の資金でも儲けられるから

FXの最大の魅力は、レバレッジという仕組みにあります。

レバレッジとは、手元にある資金を数倍の金額にして取引できる仕組みのことで、最大25倍まで取引できます。

たとえば1万円の資金しか手元になくても、レバレッジを活用すれば最大で25万円分の取引ができてしまいます。

3:練習ができるから

多くのFX会社は、デモトレードというサービスを提供しています。

デモトレードとは、実際の資金を投資せずにFXの取引がシュミレーションできる無料サービスのことです。

投資初心者でも1ヶ月ほどデモトレードで練習ができるため、安心してFXを利用する人が多いのです。

その一方で株の場合は、デモトレードがない状態で数十万円を投資しなければならないため、リスクは大きく感じます。

4:24時間取引ができるから

24時間取引ができることによって、時間的に余裕が生まれて冷静な判断で投資することができます。

株の場合は、平日9時~15時しか取引ができず時間的な制約があるため、冷静な判断ができずに焦って取引をしてしまうことができます。

投資初心者ほど冷静な取引をしないと大きな損失に繋がるため、多くの投資初心者がFXを利用するのだと思います。

5:投資先が少なく、シンプルだから

FXは投資対象となる通貨が50種類ほどですが主要通貨は20種類ほどです。その一方で株の場合は、数千社以上の企業が投資先となります。

投資対象が少ないほど、投資初心者にとっては「分析する対象数が減り、膨大な知識量を必要とされない」というメリットがあります。

6:FXに向いている投資初心者とは?

上記をまとめると以下の特徴がある人はFXに向いていますね。

FXが向いている人とは
  • 他の投資商品に比べて、リスクを下げたい人
  • 資金が数百万〜1000万ない人
  • いきなり取引するのではなく、しっかり練習をしたい人
  • わかりやすい取引がよく、複雑な取引が苦手な人
  • 9〜15時は忙しく、パソコンに張り付いて取引ができない人

FX初心者が最低限覚えるべき用語とは?

FX用語

FX用語1:レバレッジ

レバレッジとは、手元にある資金を数倍の金額にして取引できる仕組みのことで、最大25倍まで取引できます。

たとえば、レバレッジを10倍にして30万円の資金で取引を行う場合、300万円分の取引が可能になるため、利益も10倍になります。

しかし、損失も10倍になる可能性もあります。

そのためFX初心者はレバレッジは2〜4倍にして、慣れてくるにしたがって大きくしていきましょう。

FX用語2:スプレッド

スプレッドとは、買値と売値のわずかに生じる差であり、FXの実質の手数料のことを指します。

たとえば通貨はドルで、1ドル100.00円で買って(買値)、レートが一切変わらずに99.900円(売値)で売却したとします。

するとスプレッドは、100円(買値)ー99.9円(売値)=0.1円(スプレッド)です。

FX用語3:マージンコール

マージンコールとは「取引が危険な水準である」という警告のことで、サッカーでいうとイエローカードのようなものです。

FXをする際はFX会社に担保金を預ける必要があり、これを「証拠金」と呼びます。

また実際に取引している金額に対しての証拠金残高の割合のことを、「証拠金維持率」と呼びます。

この証拠金維持率が一定の水準を下回ると、FX会社からマージンコールの通知が届き、このときに証拠金を追加入金し、証拠金維持率を回復させる必要があります。

FX用語4:ロスカット

ロスカットとは強制決済のことで、損失が証拠金を上回らないようにするための措置です。

具体的には、マージンコールを受けたまま放置して追加で証拠金を入金しない場合、取引が自動的に決済され、損失が確定されます。

マージンコールとは違い、こちらはレッドカード、すなわち退場です。

FX初心者が少額から始めるべき理由は?

少額でFXを行うときの注意点

FXを少額で始めるべき理由は、リスクを下げられるからです。

たとえば1万円でFX取引を開始して、レバレッジを25倍にして、25万円分の取引ができるようにしても損失は1万円までです。

上記のように「投資額」を少額にすることで、損失を抑えることができます。

「投資金額がなくなっても、生活には困らない範囲内」で必ず投資するようにしましょう!

レバレッジのかけすぎに注意!

レバレッジをかけすぎると、ロスカットされる可能性が高くなります。

たとえば投資金10万円でレバレッジを10倍かけた場合、100万円分の取引ができます。

しかし、損失額が大きくなり10万円に近づくと、損失額が投資資金を上回らないように強制的にロスカットされてしまうのです。

そのため初心者は、レバレッジは2〜4倍に抑え、投資金額を多めに用意することでロスカットを回避しましょう。

投資初心者におすすめのFX始め方!

FXの始め方はカンタン

FXの始め方は次の3ステップで簡単です。以下で具体的に解説します!

3ステップ
  1. FX会社に口座解説
  2. デモトレードでFXの練習
  3. 本番のトレード

FX会社で口座開設

まずはFX会社に口座を開設しましょう。しかしいきなり口座開設をする前に必ず、FX会社の口座の特徴を比較しましょう!

なぜなら、FX会社によって「取引コストが安い」などのように特徴が異なるからです。

デモトレードでFXの練習

口座開設を行ったら、デモトレード(取引を無料で体験できる機能)で取引の練習をしてみましょう。

このデモトレードを行っている期間で、取引ツールなどの使いやすさを確かめておくと良いですよ。

本番のような環境でFXを体験できるため、いきなり資金を入れるのが怖いという方は、しっかりここで練習しておいて下さいね。

本番のトレード

デモトレードで練習ができたら、いよいよ実践です。

本番の取引をする際は、いきなり大きな金額を投資するのではなく少額から始めた方が、失敗したときのリスクも軽減させることができます。

取引に慣れていくにつれ、投資金額や取引量を増やしていくようにしましょう。

投資初心者にはFXがおすすめ!

FXの投資初心者にオススメ

始めは専門用語など覚えることも多くて大変だと思います。しかし一度基礎覚えてしまえば、後は実戦あるのみです!

最後に「FXの理想の始め方について」もう一度確認しましょう。

まとめ
  1. FX会社に口座解説
  2. デモトレードでFXの練習
  3. 本番のトレード

この記事で開設したFX基礎知識を勉強したら、自分に合うFX会社を選ぶために『初心者におすすめのFX会社』に目を通しましょう。