FXの税金は20万円から発生?確定申告しないと脱税行為に

FX 税金

「確定申告は難しそうだし面倒!」

こういったイメージを強く持っている方は多いかと思います。

しかしFXで一定以上の利益が出た場合は、必ず税金を納めなければなりません。

税務署の取り締まりも厳しくなっており、確定申告をしなくてもバレないということはありませんよ!

今回はFXの税金について紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

また無駄な出費を抑えるための、節税方法についても記載していますので必見です。

我々がいつも納めている税金。

FXで得た利益も、税金を納めなければならない。

会社の給与は年末調整があるが、FXの税金は自分で作業することになるから、よく勉強しておくように!

えぇ~!

面倒くさいですよー。

なんとかなりませんかね~?

確かに面倒かもしれないけど、脱税者にはなりたくないでしょ!

確定申告はFXをするなら必ず必要になる手続きだから、ちゃんと勉強しましょう。

FXには税金がかかる!税率とその区分

FXの税率は一律20.315%

FXで得た利益には税金がかかります。

先物取引にかかる「雑所得等」という区分になり、一律20.315%です。

先物取引やオプションなども同じ所得区分で、これらを全て合算したものが先物取引にかかる雑所得等になります。

先物取引に係る雑所得等は、申告分離課税です。

そのため、他の所得とは合算せずに分離して税金を支払います。

FXの税率はかわることはない

FXによる利益は、金額によって支払う税率が変わることはありません。

利益が100万円だろうが1千万円だろうが、一律20.315%です。

通常、所得税は金額が増えるほど、税率も高くなりますよね。

しかしFXは税率が一律のため、稼いだ額によって税率が変わることを心配する必要はありません。

FXでは3つの税金がかかっている

FXの税金の内訳

FXの税率が一律20.315%とはいっても、これは3つの税金が合算された数字です。

  1. 所得税15%
  2. 住民税5%
  3. 復興特別所得税0.315%

FXの税金は、給与所得とは違い源泉徴収の制度がありません。

FXで利益を出したときには、原則確定申告をする必要があります。

FXの利益に応じた分の税金がかかる

FXで得られる利益には税金を納める義務があるFXで得られる利益は、為替差益スワップポイントの2種類がありますよね。

どちらで利益を得たとしても、その利益に応じた分の税金を支払わなければなりません。

【FXの税金①】為替差益

FXの為替差益にも税金がかかる為替差益とは、レートが変動することにより得られる利益のことです。

例えば米ドル/円を、1ドルが100円のときに1万通貨取引するとします。

1ドルが100円のときに買い、しばらくして120円まで上がりました。

そうすると買ったときと20円の差ができ、1万通貨を取引しているので利益は20万円となります。

この20万円がレートの変動により得られた利益、つまり為替差益ということです。

【FXの税金②】スワップポイント

FXのスワップポイントにも税金がかかるスワップポイントは金利差により得られる利益です。

通常年単位のものを日割りで換算してくれるため、毎日利息収入を得ることができます。

現在では新興国通貨であるトルコリラやメキシコペソ、南アフリカランドなどがスワップポイントが高く人気です。

例えばトルコリラ/円で取引したとすると、毎日80円~100円のスワップポイントを得ることができます。

ただし、相場変動によりプラスだったスワップポイントがマイナスに転じるリスクがあります。

マイナスのスワップポイントになると、毎日損失が出てしまうということになります。

為替差益とスワップポイント、どちらでも利益が出れば課税対象となる。

ただし、後述するが利益額によって確定申告が必要か否かが決まるんだ。

そうなんですね。

それじゃあ僕は、課税されないレベルで利益を出していきたいな~!

気持ちはわかるけど、あなた億トレーダーを目指すんじゃなかったの?

そんなセコイことしてたら、私一人でどんどん先に行くわよ!

相変わらず手厳しい!!

その通りです・・・。

上手く節税して効率よくFXをしよう!

税金を節約して上手にFXを行おう

FXはお金を増やすための投資ですので、効率よくお金を循環させるためにも、うまく節税して賢く資産運用しましょう。

大きく分けて、以下の3つが節税対策として有効です。

  1. FXにかかる経費の計上
  2. 損失を出した時の繰越控除
  3. FXの法人化

FXをするために購入したものは経費になる

税金を抑えるのに有効なFXの経費

FXの経費は申告することができます。

経費の計上は、節税をするうえで非常に大切なポイントです。

経費を計上し、所得を38万円以下に抑えることができれば、扶養親族になれるため、専業主婦や学生の方もしっかり覚えておきましょう。

※FXの経費に関する詳しい内容は、「FX税金(経費)で損しないために!注意点とコツ2つを紹介!」をご覧ください。

FXで損した場合も確定申告を!

FXでは損をした場合でも税金を節約できる制度がある

FXによる収支がマイナスだった場合、確定申告は必ずしなければいけないということではありません。

しかし確定申告をしておくと、3年間は損失を繰り越せるので、税金対策をすることができます。

詳しくは「【FXの税金対策②】3年間は、損失を繰り越せる」に書いているので、ぜひ見てみてください!

損が出たときにお得な「繰越控除」

FXでは繰越控除で無駄な税金を払わずに済む

繰越控除とは、損失が出たときに、翌年以降の利益と相殺して課税対象となる利益額を少なくできる制度です。

損失のあった年に確定申告をしておくことで、この繰越控除を利用することができます。

最大3年間の繰越ができるため、損失が出た年は確定申告をしておくのがオススメです。

下記に詳しく書いているので、ぜひご覧ください。

詳細ページ【FXの税金対策②】3年間は、損失を繰り越せる

FXの法人化で節税

FXの専業トレーダーは税金を抑えるために法人化しているFXの法人化とは、FXをやるために株式会社などの法人口座で取引することです。

この法人化も一つの節税方法です。

法人口座を作るには手間と費用がかかりますが、下記のメリットががあるため、専業トレーダーは法人化している人も多くいます。

法人化するメリット
  1. 経費として認められるものが増える
  2. 繰越控除が最大9年間まで可能になる
  3. レバレッジの制限がなくなる(25倍以上が可能)

一方で法人化によるデメリットもあります。

法人化によるデメリット
  • 初期費用が必要
  • 毎年税金がかかる(法人は、赤字でも最低年間7万円の税金がかかる)
  • 役員報酬の調整が難しい

特に初期費用は株式会社で15万円、合同会社で6万円の登録免許税が必要です。

さらに株式会社を設立するには公証人役場の費用約5万円、またその他の手数料10万円ほどが必要となり、法人化するためにはおよそ25万円ほどの資金がなければなりません。

※法人化に関する詳しい内容は、「【法人化するとFXの税金はどうなる?】メリット・デメリットを紹介」をご覧ください。

節税方法といっても、そのやり方は様々だ。

特に経費は細かく算出しておくように!

了解です!

この間FXのために購入したパソコン代の領収書もここに!・・・

・・・あれ?

ん?なんだ?

・・・まさかお前・・・。

残念なお知らせです。

領収書どっかいっちゃいましたぁ~。

はぁ。

だらしないわね。

先が思いやられるわ・・・。

FXの利益は決済していなければ税金はかからない

FXの含み益には税金はかからないFXの利益は、決済して初めて課税されます。

ポジション保有中による含み益には、税金はかかりません。

しかし税金を払いたくないからといって、ポジションを保有し続けると為替変動によるリスクもあるため、 きちんと自分のトレードルールに従って決済させてください。

【要注意!】FXの税金を納めないと脱税行為になる

FXの税金を払わないと大変なことに!

確定申告が必要な部分だけ利益を出したのに、確定申告を行わないと脱税とみなされてしまいます。

全ての損益は税務署につつぬけ

FXの損益は税務署に伝わるため税金を納めないとバレる平成21年の法改正以降、全てのFX会社において顧客の取引記録がされています。

この取引記録は税務署に提出されるため、私たちの損益は全て税務署に伝わります。

これにより不正はできなくなり、万が一脱税をしてしまえば逮捕・起訴されることもあるのです。

高額脱税をして起訴された人がいる

税金を納めなかったFXトレーダーの実例かつて1億4,000万円を脱税した、当時60歳の主婦がいるという実例がありました。

またFX以外にも会社の所得隠しが発覚し、罰金と税金を合わせて約2億8,000万円を請求された人もいます。

脱税はリスクしかない

FXの税金を払わないとどんどんお金が無くなる確定申告をせずに後に利益が発覚した場合は、無申告加算税を支払わなければならなくなります。

無申告加算税より、支払う金額が本来の税金よりも15%から20%も多くなってしまいます。

さらに隠蔽工作をして悪質だと判断された場合には、重加算税として40%が上乗せされます。

支払いを遅らせてしまうと、遅延税(2.6%〜8.9%(平成30年の場合))も加わります。

「税金を納めない」という行為は、リスクしかありません。

本来支払うべき税金よりも多くなるどころか、社会的信用も失いかねないんです。

そのためリスク管理としても、確定申告は必ずしておくと安心です。

わかってるとは思うが、脱税は犯罪だ!

「忘れてました」じゃ済まないからな。

特にお前、さっきもそうだが忘れものしたり無くしものしたりが多いから、俺は不安だ!

すみません~。

僕も僕自身が心配です・・・。

「必ず確定申告をする」ということを、かならず目に付くところに書いて貼っておいたらどう?

会社にバレずにFXの税金を納めるには?

会社にバレずにFXの税金を納める方法

実は、確定申告の方法によって、会社にバレずにFXができます。

確定申告の際、住民税の納付方法を「普通徴収」にすればOKです。

確定申告書には住民税の納付方法について丸をつける欄があるので、これを「自分で納付」に丸をつけてください。

これをしないと自動的に特別徴収にされてしまい、会社に通知が届いてしまいますので注意してください。

サラリーマンの方向けに「FXの税金」について書いた記事が以下なので、ぜひ活用してみてください。

詳細ページ【FXの税金】サラリーマンがFXで稼いだ利益って税金かかるの?

【FXの税金】まとめ

FX税金まとめ

MEMO

  • FXでは一定以上の利益が出ると税金を納めなければならない
  • FXの税金は一律20.315%
  • 経費を計上して節税しよう
  • 損失が出たときは繰越控除を使うとお得
  • FXを法人化することで経費として認められるものが増える
  • 決済していない状態では税金はかからない
  • 税金を納めないと逮捕・起訴されることがある
  • 税金を納める基準は立場や状況によって異なる
  • 利益・損失どちらでも確定申告をしておくとGood!

税金を納めるのは国民の義務です。

せっかくFXでお金を増やせたとしても、税金を納めなければ脱税者となってしまいます。

節税はしっかりと行うべきですが、税金を全く払わないということだけは絶対に避けましょう。

自分で確定申告をするのは面倒なものです。

しかし日頃からきちんと準備をしておけば、確定申告の期限ギリギリになって焦ることもありません。

慣れてしまえば何の問題もなく、スムーズに作業をすることができるかと思います。

ぜひ、健全なFXライフを楽しんでくださいね。