自作の自動売買でFXできる?銀行員がメリットと作成方法3つを解説!

FXの自動売買を自作することは可能!?

この記事で解決できる悩み
  • 自分で自動売買を作ってみたいな
  • 他人の自動売買を使うのが不安…
  • プログラミングの知識がなくても自動売買を作れるの?

と悩んでいる方の悩みを解決できる記事になっています。三井住友信託銀行出身のクニトミが解説しますね。


銀行員時代は『投資信託、外貨、保険、不動産、税金、遺言、相続』の7つの観点で、金融資産1〜5億のお客さまへのコンサルティングを行なっていました。


この記事で解説する『FXの自動売買を自作する方法3つとテスト2つ』を理解すれば、初心者でも自動売買を自作する方法が分かりますよ

まずは『自動売買って本当に自作できるの?』という疑問を解消していきますね。


※「FX会社のツールで自動売買を作る方法を早く知りたい!」という方は、「自動売買初心者にはインヴァスト証券トライオートFXがオススメ」からご覧ください!

FXの自動売買って自分で作れるの?

初心者がFX自動売買を自作するのは難しい

自動売買は自分で作れるものの、FXの知識・経験と高度なプログラミングのスキルを要求されます。


たとえば「米ドル/円はこういう動きをして、今後こう動くと予測するから、売りは〇円で設定して、買いは〇円かな」と考えた上で設定をしなくてはならないのです。


右も左もわからない初心者がチャレンジするには難しい領域で、損失も出しかねないのでオススメできません

為替相場にある程度慣れてきた、中上級者向けの方法であることを理解したうえで、こちらで自動売買の基礎知識を読んでおきましょう。

FXの自動売買を自作するメリット2つ

FXの自動売買を自作するメリット2つ

自動売買を自作するメリットを知ると、実際に取り組むべきか否かが見えてきます。

わざわざ手間をかけるだけの価値があるのかを判断しておきましょう!

自動売買を自作するメリット
  1. 自分のルールを実行できる
  2. 信頼できない自動売買を使わずに済む

メリット1:自分のルールを実行できる

自分が考案したルールを再現した自動売買が作れるが、最大のメリットです。

他人が作ったシステムではどうしても修正したい部分が出てくるため、自作に手をつける投資家が後を絶ちません。

元々プログラミングが得意で、「他人が作った読みにくいコードが嫌だ」との理由で自作する人もいますよ。

メリット2:信頼できない自動売買を使わずに済む

信頼できない自動売買を我慢して使う必要がないも、自作のメリットです。

信用できない理由としては、システム的に不安が残っている状況と、ルールの設定が足りない状況の2つがあります。

どちらにしてもそんな状態のシステムに、大切な資金を運用するなんていやですよね。

長期間多くの取引を行う自動売買では、自分自身が安心できる仕組みづくりが必要ですよ。

FXの自動売買を自作するデメリット2つ

FXの自動売買を自作するデメリット2つ

便利なFXの自動売買ですが、自作する際には2つのデメリットがあります。

この機会に理解しておくと、思わぬ失敗を減らせますよ

自動売買を自作するデメリット

1.プログラミングの知識が必要な場合がある

2.FXの知識と経験が必要

デメリット1:プログラミングの知識が必要な場合がある

自動売買を自作する場合、プログラミングの知識が必要になる場合もあります。

パソコンで自分のイメージを実行させるためには、ソフトウェアが理解可能なプログラム言語で正しく入力する点が必須ですよ。

未経験者が一から学ぶのは時間がかかるうえに、プログラマーとしての向き・不向きでも大きな差が出てしまいます。

デメリット2:FXの知識と経験が必要

自動売買は指示したとおりにしか動かないので、FXで安定して勝てるだけの知識や経験が必要になります。

自作の自動売買において、どのインジケーターが適していて、どれぐらいの値幅を持たせればいいのかなどのさまざまな判断を要求されるのです。

経験値が少ない初心者は、自分の勝ち方を知る点が先決となりますね。

FX 自動売買を自作する方法3つ

FXの自動売買を自作する方法3つ

自動売買を自作する方法は、以下の3つがオススメです。

多くの投資家が採用しているので、いずれかの方法で始めてみましょう!

FX 自動売買を自作する方法3つ
  1. MT4のEAはプログラミングで作る
  2. 市販の自作ソフトを使う【有料】
  3. インヴァスト証券トライオートFXの「ビルダー機能」を使う【無料】

方法1:MT4のEAはプログラミングで作る

世界中でもっとも使われているMT4は、EAと呼ばれる自動売買ツールを作るノウハウが確立されています。

MT4の自動売買はMQL4のプログラム言語でコードを記述するため、プロに近いスキルを求められる点を覚えておきましょう。

注意

自由に作れるとはいえ、うまく動作しない原因を発見したら修正するのが大変ですよ。

方法2:市販の自作ソフトを使う【有料】

市販されている自作ソフトを購入すれば、ゲーム感覚でFXの自動売買を作れます。

いくつかの選択肢の中から選ぶ形式か、システム的なサポートがつく形式があるため、プログラムの知識がなくても自作が可能です。

『MT4EAエディター』や『EAつくーる』といった優秀な自作ソフトもいくつか出ていて、1~2万円を払うと入手できます。

主な自作ツール
  • MT4EAエディター(¥8,500 税込)
  • EAつくーる(¥14,800 税込)

方法3:トライオートFXの「ビルダー機能」を使う【無料】

インヴァスト証券トライオートFXの「ビルダー機能」を使えば、プログラミングの知識がなくても無料で自動売買を作れます

口座開設をした人のためのサービスで、MT4のようにツールだけ公開しているわけではありません。

設定にもとづいたシミュレーション結果を表示する機能まで備わっていて、自作した自動売買の収益率や運用の見通しを検証できるのでオススメですよ!

自作の自動売買は2つのテストで検証しよう!

自作のFX自動売買は2つのテストで検証!

テストをせずに自作の自動売買を運用するのは損失につながります

失敗の可能性を減らすために、本運用の前に以下の2つのテストで検証することが重要ですよ!

2つのテスト
  1. バックテスト
  2. フォワードテスト

テスト1:バックテスト

過去のデータを使って検証するバックテストは、自作した自動売買でいくら稼げるのかをシミュレーションするには非常に有効です。

大量のデータで確認可能な反面、これからの利益が保証されるわけではないので、その点は注意しておきましょう。

インヴァスト証券トライオートFXで自動売買を作る場合には、無料でバックテストを行えますよ。


「バックテストってなんだっけ?」と思った方は、以下の記事を読んでみてくださいね。

テスト2:フォワードテスト

少額の現金を用いた1ヵ月ぐらいのフォワードテストで、自作した自動売買の真価がわかります

リアルタイムの為替レートで長期的に検証する理由は、予測不能な状態で役に立つのかを確かめたいからです。

期間が長くなるほどテストの信頼性が高まるので、焦らずに数ヵ月続けてから自動売買を評価しましょう。

自動売買初心者にはインヴァスト証券トライオートFXがオススメ

トライオートFX

インヴァスト証券トライオートFXで口座開設をすれば、設定を選ぶだけでスタート可能な自動売買セレクト機能を利用できます。

初心者はまず自動売買セレクトに慣れるのを優先して、次にビルダー機能による自作にチャレンジするのがオススメですね。


自動売買はランキング形式から選べるため、収益率の高いものを選べたり、今後自作する参考になったりしますよ!

難しいプログラムの勉強やツールの仕組みに悩まされるよりも、簡単便利な自動売買でFXに臨みましょう!

自作の自動売買を利用してFXで利益を出そう!

FXの自動売買の自作にチャレンジ!!

上記で紹介した『FXの自動売買を自作する方法3つとテスト2つ』を実践していただくと、今後は自動売買が自作できるのか悩むことは一切なくなり、自作にチャレンジすることができます

最後にもう一度内容を確認しましょう。

この記事のおさらい
  1. 自動売買の自作にはある程度の経験が必要
  2. トライオートFXのビルダー機能ではプログラミングの知識がいらない
  3. 作った自動売買は2つのテストで検証
自動売買を自作したい方にオススメのFX会社

『自作の自動売買は難しそう』と最初は思うかもしれないですが、FXの知識や経験、プログラミング技術を身につけると、自動売買が簡単に作れるようになりますよ。


自作にトライして、収益率の高い自動売買の作成を目指しましょう!