銀行員が比較!FX自動売買の手数料が安い業者と安く抑えるコツ2つ

FXの自動売買の手数料を抑えるコツを解説

この記事で解決できる悩み
  • 自動売買の手数料を調べるにはどうしたらいいの?
  • 低コストな自動売買について知りたいな
  • 手数料を安くするコツってあるの?

と悩んでいる方の悩みを解決できる記事になっています。

三井住友信託銀行出身のクニトミが解説しますね。

銀行員時代は、『投資、外貨預金、不動産、相続、遺言、税金』などの観点で金融資産1〜5億のお客さまの資産に対するコンサルティングを行ってました。

この記事で解説する『低コストな自動売買と手数料を抑えるコツ2つ』を理解すれば、自動売買初心者でもコストを押さえて運用できますよ


まずは『FX自動売買の手数料とスプレッド』について紹介しますね。


「手数料の安いFX会社を早く知りたい!」という方は「コストを抑えてFX自動売買ができる会社2選」からお読みください!

FX自動売買のコストは手数料とスプレッドの合計で見よう

FX自動売買のコスト=手数料+スプレッド

FXの自動売買には、スプレッドだけでなく手数料もかかるのが普通です。

コストをおさえて運用していくのであれば、両者に注目する必要がありますよ。

低コストの自動売買を選んで、なるべく低コストで運用しましょう。

自動売買5つの手数料とコストを比較表で比較

5つの自動売買 手数料とスプレッドを比較

自動売買の手数料比較表
(米ドル/円・1,000通貨取引の場合)
自動売買スプレッド手数料トータル
コスト
外為オンライン
10円
(1通貨あたり
1銭)
40円
(キャンペーン中
0円)
50円
(キャンペーン中
10円)※2
LIGHT FX
3円
(1通貨あたり
0.3銭)
40円
43円
※1 ※2
ひまわり証券
20円
(1通貨あたり
2銭)
無料
20円
トライオートFX
3円
(1通貨あたり
0.3銭)
40円
43円
※3
トラリピ
40円
(1通貨あたり
4銭)
無料
40円

※1:FXブロードネット「トラッキングトレード」は口座開設時から90日間手数料無料
※2:FXブロードネット「トラッキングトレード」・外為オンライン「iサイクル2取引」は90日間の手数料半額キャンペーン中
※3:自作の設定でトレードすると手数料分キャッシュバックあり(1/1~2/29)

自動売買のコストは、「売買手数料」と「スプレッド」の合計で判断しましょう。

比較表でオススメしている5つの自動売買は、それぞれ手数料とスプレッドが異なります。

トータルのコストでみると、ループ・イフダンが20円と一番安いですよ。

FX自動売買の手数料を抑えるコツ2つ

FX自動売買の手数料を抑えるコツ2つ

自動売買のコストは手数料の部分が重いため、可能な限り抑えたいところです。

ここからは自動売買の手数料を抑えるためのコツを2つ紹介します。

実際に活用して、賢く自動売買を運用しましょう!

自動売買の手数料を抑えるコツ
  1. キャンペーンを利用する
  2. 取引量によって手数料が変わる場合がある

コツ1:キャンペーンを利用する

自動売買のコストを抑えるには、手数料のキャンペーンを利用してみましょう。

外為オンラインFXブロードネットなどのように、口座開設から一定期間は手数料が安く、もしくは無料になるキャンペーンが行われている場合があります。

これらのキャンペーンを利用すると、手数料を安く抑えられますよ。

コツ2:取引量によって手数料が変わる場合がある

取引数量新規決済1,000通貨あたり
1万通貨未満
2.0pips
2.0pips
片道20円
(対外貨は0.2外貨)
1万通貨以上
10万通貨未満
1.0pips
1.0pips
片道10円
(対外貨は0.1外貨)
10万通貨以上
50万通貨未満
0.5pips
0.5pips
片道5円
(対外貨は0.05外貨)
50万通貨以上
無料
無料
無料

トライオートFXは、取引量が増えるたびに手数料が安くなるシステムになっています。


1万通貨以上での取引など、取引量が多い場合、トライオートFXのようなシステムを利用するほうがお得ですね。

FX自動売買の手数料に関する評判は?

FX自動売買の手数料に関する評判を紹介

FX自動売買の手数料についての評判は、「通常のトレードと比較すると高い」「システムに取引を任せるから仕方ない」などの賛否があります

通常トレードのスプレッドに加えて手数料がかかってしまいますが、自動で運用するための必要経費ともとらえられます。

いい評判

  • 初心者でもプロの取引方法を使える
  • 取引チャンスを逃さない
  • 長時間チャート画面を見なくていい

悪い評判

  • 手数料が高い
  • システム障害が怖い
  • ストラテジーの選択に迷う

コストを抑えてFX自動売買ができる会社2選

低コストでFX自動売買ができる会社とは?

ここでは低コストでの運用を考えている方のために、オススメのFX会社を2つ紹介します。

どちらも有名な会社ですので、積極的に活用してみてくださいね!

1万通貨以上取引するならインヴァスト証券「トライオートFX」

トライオートFX

1万通貨以上の取引予定がある方には、インヴァスト証券トライオートFXがオススメですね。

トライオートFXは、1万通貨以上の取引だと、片道10円なのでかなりお得なんですよ!

さらに取引量が増えれば増えるほど手数料が減少します。

スプレッドが狭い会社でもあるため、しっかりと運用すればするほどお得になりますよ

本格的に自動売買を行いたい人にオススメです。

キャンペーン中は最も低コストなFXブロードネット「トラッキングトレード」

FXブロードネットのトラッキングトレード

キャンペーンも活用しつつ取引したいな!という方には、FXブロードネット「トラッキングトレード」がオススメですね。


最初の3か月は手数料が無料なので、始めたばかりの初心者にとってもハードルが低い会社といえます。

頻繁に手数料半額のキャンペーンも行っているので、お得なキャンペーンも期待できますよ。

手数料を参考に自動売買を選ぼう!

手数料を抑えて低コストな自動売買をしよう

上記で紹介した『低コストな自動売買と手数料を抑えるコツ2つ』を実践していただくと、今後はFX自動売買の手数料で悩むことは一切なくなり、コストを押さえて運用することができますよ

最後にもう一度内容を確認しましょう。

この記事のおさらい

  1. 自動売買のコストは手数料とスプレッドの合計
  2. 手数料を抑えるにはキャンペーンなどを利用する
  3. 取引量によって手数料が変わる場合がある

オススメの自動売買

  1. キャンペーン中は最低コストのFXブロードネット「トラッキングトレード」
  2. 1万通貨以上でオススメのインヴァスト証券「トライオートFX」

『どの自動売買が一番安いか分かりにくい…』と最初は思うかもしれないですが、一度理解出来れば、低コストな自動売買を簡単に判断できますよ。


どれを選ぼうか、判断に迷っている人は手数料も参考に選びましょうね!