【バイナリーオプションの両建て】相場別の使い方と注意点2つ

バイナリーオプションの両建て手法

この記事で解決できる悩み
  • バイナリーオプションの両建てはどんな手法なの?
  • 両建てを行う利点は?
  • 具体的にどうやって使えばいいのかな?

上記のお悩み・疑問を解決できる記事となっています。

これから紹介する『バイナリーオプションの両建てのやり方2つ』を実践すれば、両建て手法を相場ごとに適用でき、損失を抑えた取引ができるようになります。

なぜなら私も上記を理解したことで、どんな相場でも必要以上の損失を出すことはなくなったからです。

まずは「両建てが「どんな手法なのか?」から見ていきましょう。

バイナリーオプションの両建て手法とは?

バイナリーオプションの両建て手法の内容

両建ては、同じ通貨ペアで買いと売り両方のチケットを購入し、取引を行う手法です。

主に、買い・売りのどちらも入れることで、損失を最小限に抑えることが目的です。

たとえば米ドル/円の取引で価格が上がると予想し、1ドル110円のときに買い注文をいれたけれど、予想がはずれ109円に下がったとします。

そこで同じ数量の売り注文を入れておけば、そのあとどれだけ下がっても1円の損失で済むのです。

バイナリーオプションの両建ての目的

両建て手法の目的は、損失額を最小限に抑えるためであって、利益を出すためではありません。


具体的には、『相場が上か?下か?どっちに動くかわからない!』という時に使います。


以下で具体例も含めて解説しますね。

バイナリーオプションの両建てのやり方2つ

やり方1:相場が大きく動くと予測される場合

バイナリーオプションの両建て手法のやり方1

GMOクリック証券:外為オプションの取引画面

『相場が大きく動く』かつ『どっちに動くかわからない!』と予想される場合は、現在の価格から最も離れた上下のオプションを購入します


なぜなら、現在価格から離れた位置にある目標レートの購入価格は安いため、両方購入しても予測通りにならなかった際のリスク分散ができるからです。

たとえば、現在の価格が112.000円だとすると、一番上円安方向の80円と、一番下円高方向80円のオプションを購入します。

この場合円安・円高方向のどちらかが当たれば、1,000円のペイアウトが受けられ、購入額と外れた方の損失額(計160円)を差し引き840円の利益となります。

またどちらも外れた場合は160円の損失となるため、他のレートでオプションを購入したときよりも、損失を抑えられるのです。

注意

この方法は、値動きの激しい通貨ペアや時間帯で効果を発揮しやすいです。

また上下に最も離れたレートを指定しまうため、勝率は高くありません。

そのため相場が大きく動くとわかるタイミングのときにこの方法を取り入れましょう。

具体例:アメリカ大統領選

たとえばアメリカの大統領選のようなビッグイベント時などは、為替がどのように動くかわかりませんよね。


もしかしたら爆発的に為替が上昇する可能性もあれば、大暴落する可能性だってあります。


このように『大きく動く』かつ『どっちに動くかわからない!』という場面で両建てを使うわけです。

やり方2:小さな値動きで横ばい相場の場合

バイナリーオプションの両建て手法のやり方2

GMOクリック証券:外為オプションの取引画面

相場が小さな値動きで横ばいのときは、現在価格のもっとも近い上下のオプションを購入します。

なぜなら、片方の予測が外れてももう一方は必ずあたり、両方とも予測通りならどちらもペイアウトとなるためです。

たとえば現在の価格が112.000円だった場合、一番近い円安方向の914円と円高方向891円のオプションを購入します。

この場合どちらかが当たれば、ペイアウト金額から購入額と外れた方の損失額を引いて、805円の損失です。

またどちらも予想通りとなった場合は、ペイアウト2,000円から購入額1,805円を引いて、195円の利益となります。

注意

この方法は現在価格に最も近いレートを指定するため、勝率が高く、また上下のどちらも当たる可能性があります。

しかし購入額が高くなる分、どちらか一方が当たっても、トータルで損失となる可能性も高いです。

さらに上下両方が当たっても、利益額が少ないデメリットもあります。

そのためむやみにこの方法を取り入れるのではなく、相場状況をよく見て、ケーズバイケースで利用することをオススメします。

バイナリーオプションで両建てを成功させるための条件3つ

バイナリーオプションの両建て手法の成功条件

バイナリーオプションの両建てを成功させるための条件は、以下の3つです。

バイナリーオプションの両建て成功条件
  • 取引ツールの使いやすさ・わかりやすさ
  • 少額資金で始められる手軽さ
  • 途中売却できる

なぜなら上記を満たしていれば、投資経験がなくても上手にバイナリーオプションを行えるからです。

たとえば取引ツールが使いやすく画面も見やすいのならスムーズに注文が行え、少額で始められるのなら参入障壁も低くなりますよね。

また途中売却ができれば、売却価格が購入額を上回った時点で利益にできます。

なお、GMOクリック証券の「外為オプション」は、上記の条件を満たしているバイナリーオプションです。

バイナリーオプションで両建てを行う際の注意点2つ

バイナリーオプションの両建て手法のデメリット

バイナリーオプションで両建てを行う際は、下記の2点に注意しましょう。

  1. 2つのポジション両方が損失になる可能性あり
  2. 両建ては利益を増やすための手法ではない

では下記で詳しく解説していきます。

注意点1:2つのポジション両方が損失になる?

両建て手法を行うと、売り・買いのどちらも損失になる恐れがあります。

なぜなら、目標レートを指定して取引を行う場合では、その価格に達しなければ利益にならないからです。

たとえば先述した「現在価格から最も離れたオプションを購入する方法」では、価格が目標レートに達しないと、売り・買いどちらも損失になります。

また「現在価格に最も近いオプションを購入する方法」では、購入額が大きいため、どちらかが当たってもトータルで損失になってしまうのです。

注意点2:両建ては利益を増やすための手法ではない

両建手法は本来、利益を増やすためのものではありません。

なぜなら、損失を一定に抑えることが目的だからです。

たとえば、一度目のポジションが損失になりそうなときに使うもので、最初から両建てを考えて取引するものではないのです。

投資は損失を抑えるだけでなく、利益を伸ばすことも大切です。

もし両建て手法を行うのなら、ぜひこれらの注意点も踏まえたうえで、利用してみてくださいね。

バイナリーオプションの両建てをデモで試そう!

バイナリーオプションの両建て手法はデモトレードで練習しよう

もしバイナリーオプションで両建てを試したいのなら、デモトレードがオススメです。

なぜなら言葉だけでは理解しきれない部分もあり、デモトレードを行い実際に利用してみることで、どんな手法なのかを体感的に理解できるからです。

たとえば以下のバイナリーオプションはデモトレードも行えるので、まずは練習してみましょう!

デモトレードが行えるバイナリーオプション

GMOクリック証券【外為オプション】

GMOクリック証券の外為オプションについて

GMOクリック証券が運営する「外為オプション」は、チャート画面が見やすく、使いやすいと高い評判を得ています。


また、GMOクリック証券はFX取引高7年連続世界第1位の実績があり、安心できる業者を志望している方にもオススメです。

「外為オプション」の口座開設は、GMOクリック証券の申し込みと同時なので、簡単ですし一石二鳥ですよ!

YJFX!【オプトレ!】

GMOクリック証券以外のバイナリーオプションならYJFX!

YJFX!が運営する「オプトレ!」は、11回まで取引ができるので、決まった時間にしか取引できない人でも安心です。


また、通貨ペアも8つと、取引の自由度が高いのも魅力です。


ただ、スマホでも取引ができますが、デモトレードはパソコンのみなので注意してくださいね。


YJFX!は運営者がヤフーグループなので、信用性が高いのも投資初心者から人気の理由になっています。

バイナリーオプションの両建て手法 まとめ

バイナリーオプションの両建て手法はケーズバイケースで利用するのがオススメ上記で紹介した『バイナリーオプションの両建てのやり方2つ』を理解すれば、相場によって両建て手法を使い分けられ、損失を抑えた取引ができるようになります。

また両建てを行う際は、『バイナリーオプションで両建てを行う際の注意点2つ』を踏まえ、むやみに利用することは避けてくださいね。

最後にもう一度、内容をおさらいしましょう。

バイナリーオプションの両建て手法 まとめ
  • 両建てとは、同じ通貨ペアで買い・売り両方のチケットを購入する手法
  • 相場が大きく動く動くときと横ばいのときで目標レートを変えよう
  • 両建ては損失を抑えるのが目的であり、利益を増やすためのものではない

両建ては、必ず勝つために行う手法ではありません。

損失を最小限に抑えた取引ができるようになったら、今度は利益を伸ばすことにもチャレンジしてみてくださいね。

どちらも行えるようになることが、投資で成功するための条件ですよ。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。