失敗しないためにバイナリーオプション仕組み4つを銀行員が3分で解説

バイナリーオプションの仕組み

この記事で解決できる悩み
  • バイナリーオプションの仕組みを知りたい!
  • 利益や損失はどうやって決まるの?
  • デモトレードで練習はできる?

上記のお悩み・疑問を解決できる記事となっています。元大手信託銀行員のクニトミが解説しますね!


銀行員時代は『投資信託、外貨定期、不動産、税金、遺言、相続』の6つの観点で、金融資産1〜5億のお客さまへのコンサルティングを行なっていました。


これから紹介する『バイナリーオプションの仕組み』を学べば、バイナリーオプションがどんな投資なのか理解でき、投資初心者でも手軽に始められる理由がわかりますよ!

銀行員目線で初心者にもわかりやすい内容で解説しますね。まずは「バイナリーオプションがどんな取引なのか」から見ていきましょう。


※『すぐに、バイナリーオプションのデモトレードができる口座を知りたい!』という方は、以下の比較表を参考にどうぞ!

FX会社デモ
トレ
評判取引
回数
必要
資金
公式
サイト
GMOクリック証券
公式ページを見る
花丸

10回

約50円~
詳しくみる
FXプライムbyGMO
公式ページを見る

10回

約50円~
詳しくみる
YJFX!

11回

約50円~

デモトレードで仕組みを理解してから、本番取引したい初心者はGMOクリック証券がおすすめです!

バイナリーオプションはどんな取引?

バイナリーオプションについて

バイナリーオプションは、一定期間に現在の価格から高くなるか・安くなるかを予測する投資方法。


また、低リスクで始められ、仕組みもFXよりシンプルなため、投資初心者向けの金融商品です。

しかしバイナリーオプションも投資のひとつであるため、まったく勉強しないで始めると思わぬ損失を招きます。

そのため、はじめに正しい知識を学び、ギャンブル感覚ではなく根拠のある取引をしましょう。

FXとバイナリーオプションの仕組みの違い

バイナリーオプションとFXの違い

FXとバイナリーオプションは似ていると思われがちですが、損失額、リスクの低さ、利益額すべてが異なります。

【向いている人】

  • FX:投資経験者、または資金管理がしっかりできる方
  • バイナリーオプション:資金が少ししか持っていない。低リスクを好む方

下記の表を見て、FXとバイナリーオプションの違いを確認しましょう!

 
バイナリーオプション
FX
必要資金

約50円~999円

5,000円~数十万円
取引時間

2~3時間ごと

24時間
最大損失

投資金のみ

投資金額以上の損失が出ることもある
レバレッジ
×
無し

最大25倍(国内)
相場の動きによる影響

相場が動かない場合でも稼げる

相場が動かないと稼ぎづらい

バイナリーオプションの仕組み4つ

バイナリーオプションの取引の仕組み

以下ではバイナリーオプションの仕組みを理解するために、4つの特徴をお話しますね。


この4つの理解度を深めることで、勝率なども変わると思うのでじっくり読み込んでください。

仕組み1:ルール

バイナリーオプションは、開始時刻から判定時刻(満期)までの間に、判定時刻の目標レート(権利行使価格)よりも「上か・下か」を予測します。

国内では開始時刻から判定時刻(満期)までは最短で2時間と決められており、判定時刻(満期)の2分前までトレードが可能なんです。

たとえば、ドル円の現在レートが110円で目標レートを111円に設定したとすると、判定時刻のレートが111円よりも上か・下かを予測するといった具合ですね。

予測が当たればペイアウト(利益)を受けられ、はずれると購入金額分が損失となります。

仕組み2:ロスカットはない

バイナリーオプションには、FXのようなロスカットの仕組みはありません。

開始時刻から判定時刻が決まっており、為替レート変動によって損益が変わることはないからです。

たとえば現在レートから上がると予測して取引を始めたとすると、どれだけ価格が上がっても利益は変わらず、またどれだけ下がっても購入金額以上の損失になることもありません。

FXでは為替レート変動によって損益の大小も変化しますが、バイナリーオプションにはそれがないため、ロスカットの意味がないのです。

仕組み3:取引手順

バイナリーオプションの取引の流れは、以下の通りです。

バイナリーオプションの取引手順
  1. 通貨ペアを選ぶ
  2. 目標レートを決める
  3. 目標レートより上がるか・下がるかを決める
  4. 取引枚数を決める
  5. 取引内容を確認して、確定する
  6. 判定(予想が当たれば利益・はずれれば損失)

バイナリーオプション取引の手順

GMOクリック証券・外為オプションの取引画面

仕組み4:途中で売却することも可能

バイナリーオプションの取引画面には、購入価格売却価格が表示されています。

判定時刻前に途中で売却することも可能です。

たとえば、

  • 相場が予想通りに動いたので、反転する前に利益を確定させたい場合
  • 相場が予想と反対に動いたので、早めに損失を確定し、次の取引を行いたい場合

など、途中売却を行うことでそのときの相場に合わせた対応ができます。

一度購入したチケットは、判定時刻まで必ずしも持っている必要はないのです。

バイナリーオプションで利益・損失が出る仕組み

バイナリーオプションの損益の仕組み

バイナリーオプションの利益とペイアウト率

バイナリーオプションには、「ペイアウト」といって取引に応じた金額が払い戻される仕組みがあり、これは利益に大きく影響します。

なぜならペイアウトが何倍なのかによって、得られる利益額も変わってくるためです。

たとえば購入金額1,000円でペイアウト2倍の取引を行った場合、予想が当たれば購入金額の2倍(2,000円)が払い戻されます。

この場合購入金額を差し引いた1,000円が利益となるのです。

また国内では払い戻し額が1,000円に固定されているため、購入価格によってペイアウト倍率が変動する仕組みとなっています。

バイナリーオプションの損失

バイナリーオプションの損失は固定されています。

理由は簡単で、利益と同じようにどれだけレートが変動してもその影響を受けず、またペイアウト倍率も関係ないからです。

たとえば1,000円で購入しペイアウト2倍で取引しても、予想が外れてしまった場合は損失額は1,000円です。

購入金額以上の損失にならないため低リスクで取引でき、これはバイナリーオプションのメリットです。

購入額と利益の計算方法

下記条件での、購入額と利益の具体的な計算を見てみましょう。

  • 購入額:50円
  • ペイアウト:20倍(1,000円)
  • 取引枚数:100枚

【50円×100枚=5,000円】:購入額5,000円

【1,000円×100枚=100,000円】:10万円の払い戻し

【100,000円-5,000円=95,000円】:利益95,000円

つまり上記の場合は、予想が当たれば95,000円の儲けとなります。

海外バイナリーオプションの仕組み

国内と海外のバイナリーオプションの仕組みの違い

海外のバイナリーオプションが国内と大きく違うのは、以下の3点です。

  1. 利益(ペイアウト率)
  2. 判定までの時間
  3. 通貨ペア数

まず、ペイアウト率は1.6~2.0倍に設定されており、1.8倍~1.9倍が主流です。

国内のペイアウト率は変動しますが、海外では固定となります。

判定までの時間は30秒、60秒、1分、2分、5分、15分、1時間、2時間から設定でき、FXのスキャルピングに近い取引が可能です。

また通貨ペア数は国内だと4~7に対し、海外では5~20と、業者によってはFX並みの数をそろえている場合もあります。

海外業者はオススメできない!

バイナリーオプションの海外業者を使うことは、オススメできません。

なぜなら、出金できない・口座が凍結する・口座維持費がかかるなど、デメリットや不安材料が多いからです。

またバイナリーオプションの自動売買ツール詐欺を行っていることもあり、お金を取られてしまう恐れがあります。

そのためバイナリーオプションを始めたい方は、国内業者を使うのが安全です。

バイナリーオプションが向いている人

バイナリーオプションは仕組みがシンプル

バイナリーオプションは、以下の人に向いている投資です。

バイナリーオプションに向いている人の特徴
  1. 大きな資金を持っていない
  2. リスク管理が苦手
  3. 安全な取引をしたい

バイナリーオプションは低リスクで始められ、損失額は一定で仕組みはシンプルであるからです。

FXに近い投資方法ですが、FXよりも手軽に始められるため、投資に興味がある人はバイナリーオプションから始めてみるのもひとつの手ですよ!

実践で仕組みを理解!バイナリーオプションのオススメ業者3つ

国内のFX会社でも、バイナリーオプションが行えるところがあります。

また業者を利用する際は、バイナリーオプションが行えるだけでなく、デモトレードもできるところがオススメです。

なぜなら、デモトレードでバイナリーオプションの練習をしておけば、本番でも迷わずスムーズに取引が行えるからです。

具体的には、以下のFX会社がバイナリーオプション・デモトレードが行えますよ。

おすすめ1:初めのバイナリーオプションならGMOクリック証券「外為オプション」

GMOクリック証券のバイナリーオプションの仕組み

外為オプションは、GMOクリック証券の提供するバイナリーオプションです。

取引に必要な金額は1枚あたり約50円~999円なので、1,000円あれば始められます。

またデモトレードは登録不要で、GMOクリック証券のホームページからすぐに取引を練習できます。

ただしデモトレードの利用期間は1週間となっており、期限が過ぎると口座状況がリセットされます。

おすすめ2:判定結果を早く知りたいならFXプライムbyGMO「選べる外為オプション」

バイナリーオプションでオススメのFXプライムbyGMOの選べるが板絵オプション

FXプライムbyGMO『選べる外為オプション』は、上記で紹介したGMOクリック証券が開発したバイナリーオプションです。


『外為オプション』と同様に、『選べる外為オプション』もデモトレードが用意されていますので、仕組みを理解してから本番取引ができます。


ただし、デモトレードはPC用しか用意されていませんので、スマホでデモトレードしたい人はできません。


『選べる外為オプション』は『外為オプション』よりも判定時間が早いので、いち早く利用したい方は、FXプライムbyGMO『選べる外為オプション』がオススメですよ!

※当サイト限定タイアップ キャッシュバック最大13,000円有り!

おすすめ3:信頼できる会社で取引したい人はYJFX!「オプトレ!」

YJFX!のバイナリーオプションの仕組み

オプトレ!はYJFX!の提供するバイナリーオプションです。

購入金額は1口あたり10円+スプレッド~990円となっており、外為オプションよりも少ない資金で始められます。

こちらのデモトレードも登録不要なため、手軽に取引の練習を行えます。

ただしデモトレード利用中に更新を行ったりブラウザを閉じたりしてしまうと、取引データは削除されます。

バイナリーオプションの仕組み まとめ

バイナリーオプションは仕組みを理解して行おう

上記で紹介した『バイナリーオプションの仕組み、利益・損失が出る仕組み』を理解すれば、FXよりもシンプルで低リスクな仕組みだとわかります。

最後にもう一度、内容をおさらいしましょう。

バイナリーオプションの仕組み
  • 取引の開始~判定時刻が決まっており、損益は為替レート変動に影響されない
  • ロスカットがなく損失額は固定なので、FXよりも低リスク
  • 途中売却も可能なため、相場状況に合わせた対応ができる

バイナリーオプションは損益額が決まっているため、短期売買ではFXよりも有利に運用できる可能性があります。

投資はリスクをいかに抑えるかが重要になるので、投資初心者はまず低リスクなバイナリーオプションで始めてみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。