銀行員が解説!バイナリーオプション大損体験談5つと回避のコツ5つ

銀行員が解説!バイナリーオプション大損体験談5つと回避のコツ5つ

この記事で解決できる悩み
  • バイナリーオプションって大損するの?
  • バイナリーオプションってほかの投資に比べて損しやすいの?
  • バイナリーオプションの損しない方法はある?

こんな疑問を解決できる記事を用意いたしました。


三井住友信託銀行出身のクニトミが説明しますね。


この記事で解説する『バイナリーオプションで大損する人の特徴』を理解すれば、バイナリーオプションで大損リスクを回避することが出来ますよ!


それでは以下で『バイナリーオプションで大損する人の特徴7つと利益を出すコツ5つ』について紹介しますね。


今すぐに大損のリスクを回避しつつ取引したいという方は、『国内業者で安全に取引する』をクリックすれば該当箇所へジャンプできます。

目次

そもそもバイナリーオプションとは?

そもそもバイナリーオプションとは?

バイナリーオプションは、「特定の時間のレートが一定の条件を満たしているのか」を予測する投資法です。


初心者に人気がある理由は、二者択一で未来を選ぶため、誰にでもチャンスがあるからです。


国内の会社では、選んだレートに対する判定時刻のハイロ―を予測するラダー取引と、インアウトを予測するレンジ取引の2種類があります。

【前提】バイナリーオプションは投資でギャンブルではない!

前提として、バイナリーオプションは投資であって、ギャンブルではありません。

バイナリーオプションは、運に頼らずに勝てる投資運用です。


根拠としては、過去のデータにもとづいて結果の予測できる点があげられます。


分析のスキルを磨くことで、勝率を高めることができますよ!

バイナリーオプションでの大損とは?

『大損』の定義は人それぞれ違うので一概には言えませんが、下記のような状態になってしまえば『大損』と言っていいでしょう。

  • 生活費にまで手を出して全て使ってしまった
  • 負けが原因で借金をしてしまった
  • 資金面、メンタル面でもう一度取り組もうという気にならなくなった

この状態はギャンブル依存症と同じ状態です。


これでは投資をしているとは言えませんね。

バイナリーオプションでの大損体験談5つ

バイナリーオプションでの大損体験まとめ

バイナリーオプションで大損した人の体験談をまとめました。


この体験を読んで、気軽に始められるバイナリーオプションでも大損する可能性があることを理解しておきましょう!

大損体験
  1. 1日で80万の負け
  2. 3時間で10万円の損失
  3. 海外口座で10万円の負け
  4. プロの言うことを信じて詐欺被害
  5. 負けが込んで親から250万の借金

体験談1:1日で80万の負け

バイナリーオプションやめれなくなり、1日で80万負けてしまいました。


バイナリーをしていた時の記憶もそこまでお金を使った記憶がないほど、我を忘れてやっていました。。。

(引用:Yahoo!知恵袋)

体験談2:3時間で10万円の損失

バイナリーオプションで3時間で10万円負けました。


僕ってアホなんでしょうか??

(引用:Yahoo!知恵袋)

体験談3:海外口座で10万円の負け

バイナリーオプション(ハイローオーストラリア)で10万円を溶かしました、一応口座残高は残り25万円あります、負けた10万は取り返せますか?

(引用:Yahoo!知恵袋)

体験談4:プロの言うことを信じて詐欺被害

バイナリーオプション取引のプロをうたう詐欺師の野村に被害にあいました。


口座を開設させて、ハイローの配信を受けて、指示通り購入したのに負けてばかりで、負けたら、20万もする商材を売りつけようとします。


皆さんもプロの野村から被害にあわないように気をつけて下さい。

(引用:Yahoo!知恵袋)

体験談5:負け続けて親から250万の借金

バイナリーオプションで借金を作り親から250万借りました。


なので多少でも増えればと思い、また手を出してしまい一時は増えましたが、やめ時を誤り結局50万ほど負けてしまいました。


本当に自分が情けなくて死にたくなります。こんな私にアドバイスお願いします。

(引用:Yahoo!知恵袋)

バイナリーオプションで大損するパターンは2種類

バイナリーオプションで大損するパターンは2種類

体験談のとおり、バイナリーオプションで大損するパターンは以下の2つです。


それぞれ詳しく解説するので、しっかりと理解しておきましょう。

大損するパターン
  • 自制が効かなくなりギャンブル化して大損
  • 勝ちたい心につけ込まれ詐欺に遭って大損

パターン1:自制が効かなくなりギャンブル化して大損

1つ目は、自制が効かなくなりギャンブル取引をして大損してしまうパターンです。


損失を取り戻そうとムキになり、約50%の確率に賭けて、大きな投資をして失敗するパターンはよくあります。


1万円負けたから、次の取引で2万円投資して一気にプラスにしようと目論んで失敗し、損失がさらに膨らんだ


このような例がバイナリーオプションではよく起こります。

パターン2:勝ちたい心につけ込まれ大損

もうひとつは、勝ちたいという欲望につけ込まれて詐欺に遭い大損するパターンです。


勝ちたい気持ちが強すぎると、「勝率90%以上」などの謳い文句で売られている高額のツールを買って大損します。


これらのツールは大部分が何の根拠もない基準で売買シグナルを出している詐欺です。


そもそも高い確率で勝てるツールがあれば、人に売ってお金を稼ぐ必要はありませんよね。

バイナリーオプションで大損する人の特徴7つ

バイナリーオプションで大損する人の特徴7つ

バイナリーオプションで大損する人には、7つの特徴があります。


以下の特徴を避けるだけで、ムダな損失を減らせますよ。

大損する人の特徴
  1. 海外業者を利用している
  2. 資金管理をしていない
  3. 毎回根拠のないエントリー
  4. 自分で相場分析をしない
  5. 取引の検証をしない
  6. 避けるべき時間を知らない
  7. メンタルの管理が不十分

特徴1:海外業者を利用している

海外業者の利用は、大損のリスクを高めます。


「入金したらログインできなくなった」「出金できない」などの被害が多発していて、信頼性に欠けるからです。


また、「初回入金額の100%キャッシュバック」などの豪華な特典は、出金に「100万円以上の取引」など条件を付けている場合がほとんどです。


「キャッシュバックに期待して大金を入金した後にログインできなくなった」なんて嫌ですよね。


海外業者はリスクが多いので控えましょうね。

特徴2:資金管理をしていない

余剰資産

出典:三井住友信託銀行「考えてみよう!これからのマネープラン」

資金管理をしていないと、制限なく投資してしまうものです。


投資に使うお金は、「余剰資金」と呼ばれる失っても生活に支障のない金額までにしておきましょう。


「余剰資金」は自己資産の40%以内と言われています。上記画像の「ふやす」の部分ですね。


また、毎回の投資額を一定にすることで、加速度的に損失が膨れるリスクを防げますよ。

特徴3:毎回根拠のないエントリー

エントリーの際に、根拠をもっていないのも大損する人の特徴です。


適当な取引では、回数を増やすほど統計学的に50%の勝率に収束します。


勝率50%ということは、ペイアウト倍率を常に2倍以上にキープできなければ利益になりませんよね。


2倍以上のペイアウト倍率でのエントリーは、予測通りに行かないことがほとんどなので、「ペイアウト2倍」「勝率50%」を両立するのは困難です。

特徴4:自分で相場分析をしない

相場分析をしない人は、いつまでたってもバイナリーオプションで勝てるようにはなりません。


なぜならツールや他人のアドバイスに頼る取引では、自分自身の成長がないからです。


仮にツールが使えない状態になった際に「根拠の無い取引」をせざるを得なくなってしまいますよね。


簡単に稼げる裏技なんてありませんので、自分自身のトレードスキルを身に着けることを常に意識しましょうね。

特徴5:取引の検証をしない

エントリーごとに何が良かったのか悪かったのかを検証しない人は、大損の落とし穴に引っかかります。


取引の検証を行う理由は、勝率が高いエントリーと危険なエントリーを区別する判断力を養えるからです。


バイナリーオプションを続けていくと色々な局面に遭遇しますが、過去にあったパターンであれば、負けるリスクを回避できるかもしれませんよね。

特徴6:避けるべき時間を知らない

取引を避けるべき時間帯(予測が難しい時間帯)を知らないと、大きな損失につながります。


なぜなら為替相場は時間帯や世界的なイベントで大きく変わるからです。


重要経済指標発表前後は、予想外の動きが多いので余計な損失を防ぐためにも、取引は控えるべきです!


経済指標と要人発言は毎月ほぼ決まった時期に発表されているため、以下のFXの重要な経済指標カレンダーのまとめで勉強しておきましょう。

特徴7:メンタルの管理が不十分

メンタルが弱いと、連敗したときに資金を取り戻そうとするギャンブル的な取引から離れられません。


せっかく1,000円の少額取引を行っていたのに、5回連続で負けたから次に5万円入れて大儲けなどの思考では投資家失格になってしまいますね。

バイナリーオプションで大損を避けて取引する5ステップ

バイナリーオプションで大損を避けて取引する5ステップ

バイナリーオプションで大損をする人の特徴を知るだけではなく、リスクを避けるための対策も身につけておきましょう。


下記の5ステップを順番に行うと、初心者からプロの投資家に近づけますよ。

大損を避けてトレードする5ステップ
  1. 基礎知識を学ぶ
  2. 国内業者で安全に取引する
  3. 投資金額のルールを作る
  4. テクニカル分析とダウ理論を学ぼう!
  5. 少額で取引する

ステップ1:基礎知識を学ぶ

まずは投資するバイナリーオプションの仕組みと、よく使用される用語を学ぶのが最初のステップです。


頻出する用語で、ペイアウト率、判定時刻、ラダー取引/レンジ取引は必須なので覚えておきましょう!


以下の記事ではバイナリーオプションについて初心者向けの解説をしていますよ!

ステップ2:国内業者で安全に取引する

前述したように、海外業者では詐欺などのトラブルが多発しています。


対して国内業者は金融庁の認可を受けて営業しており、信託保全によって万が一業者が倒産しても資産は確実に守られます。


以下で、国内業者の中でもおすすめな2社を紹介しますね!

オススメバイナリー業者

バイナリーが初めての方にGMOクリック証券「外為オプション」

バイナリーオプション初心者にもオススメのGMOクリック証券の外為オプションとは

バイナリーオプションが初めての方にはGMOクリック証券の「外為オプション」がオススメですよ!


FXで7年連続取引高世界一(※)を誇るGMOクリック証券が運営しているので信頼性は抜群です。


スマホアプリも、PCに匹敵する使いやすさとトレーダーからの評価が高いですよ。


目標レートよりも上か下かを予測するシンプルなラダー取引を採用しています!

(※ファイナンス・マグネイト社調べ2012年1月~2018年12月)

使いやすいツールが魅力のFXプライムbyGMO「選べる外為オプション」

バイナリーオプションのGMOクリック証券はオススメ

取引ツールが使いやすい業者がいい方にはFXプライムbyGMOの「選べる外為オプション」がオススメです。


FXプライムbyGMOは、GMOクリック証券が運営するブランドの一つで、取引ツールも共通のものを使用しています。


「見やすい、使いやすい」と評価が高いのGMOクリック証券のツールで取引が出来ます!


GMOクリック証券との違いは1回号の時間。「外為オプション」が3時間なのに対し、「選べる外為オプション」は2時間と結果判定が早いのがポイントですね!


※「選べる外為オプション」の口座は、FX口座開設後に手続きが出来ます。

ステップ3:投資金額のルールを作る

投資を始める前に、投資金額には必ずルールを設定しましょう!


予算を決めておくと、負けたときに小さな損失に留められますし、生活費にまで手を付けてしまうリスクを防げます。


バイナリーオプションは、失っても生活に支障のないお金行うのが鉄則ですよ!


以下で、投資金額のルールの一例を紹介しますね。

ルールの例1:使えるお金は現在資産の40%まで

まず必要なルールは、手持ち資産のいくらまでバイナリーオプションに使うかです。


たとえば手持ち資産を300万円持っている場合には、投資運用は最大120万円です。


もちろん、余剰資金のすべてをバイナリーオプションに使う必要はないので、どの金融商品にどれぐらい使うのかの割合を考えてみましょう。

ルールの例2:1回の投資金額は使えるお金の5%

もうひとつ決めておきたいルールは、一回の投資金額です。


バイナリーオプション1回の取引における最大金額は、投資に使える金額の5%を目安にしましょう。


先ほどの例だと、手持ち資産300万円であれば、投資に使えるお金は最大120万円なので、一回の投資には6万円までということです。


とはいえ、バイナリーオプションは少額でも取引できるのが魅力なので、最初は1,000円未満での取引で慣れておきましょう。

ステップ4:テクニカル分析とダウ理論を学ぼう!

テクニカル分析とダウ理論を勉強しておきましょう。


この2つを勉強すべき理由は、根拠をもったエントリーが出来るようになり、勝率アップにつながるからです。


また為替相場が変動する定石を知っておくと、適当なエントリーによる大損を避けられますよ。


以下で詳しく解説しますね!

テクニカル分析とは?

テクニカル分析とは、過去のチャートの値動きのパターンから今後のトレンドを予測する技術です。


1回2~3時間の短期取引のバイナリーオプションでは、経済指標や景気の見通しから値動きを予測するファンダメンタルズ分析よりも、テクニカル分析が重視されています。


長期的に通用するテクニカル分析を基礎から学ぶには、3分でチャートが読めるこちらの記事をご覧ください!

ダウ理論とは?

ダウ理論は、多くの投資家がいる相場を相手にするバイナリーオプションにおいて必須の知識です。


なぜならダウ理論は稼いでいる投資家なら誰も知っている理論であり、相場を形成するのは「投資家」だからです。


ダウ理論は以下の6つの基本原則から成り立っています。

  • 平均はすべての事象を織り込む
  • トレンドは短期・中期・長期の3つに分類される
  • 主要なトレンドは3つの段階から形成される
  • 平均は相互に確認される必要がある
  • トレンドは出来高でも確認される必要がある
  • トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する

もっとも重要な基本原則は、6番の『トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する』ことですね。


ダウ理論の詳細については、以下の記事で詳しく解説していますので、参考にしてみてください!

ステップ5:少額で取引する

バイナリーオプションは購入数を最小にすると、1,000円以下の取引を行えます。


少額取引をする理由は、為替相場の値動きや勝ち負けが決まる仕組みに慣れていないうちに、いきなり大損するのを避けたいからですね。


相場の仕組みに慣れる前に10万円を投資して、たった1回の勝負で大損したくはありませんよね。

バイナリーオプションで大損を回避して利益を出すコツ5つ

バイナリーオプションで大損を回避して利益を出すコツ5つ

大損を避けながら少額でトレード可能な段階まで進んだら、次に利益を出すコツを学びましょう。


トレードの際に意識しておきたいコツについて、下記で5つ紹介します。

利益を出すコツ
  • 取引する通貨ペアをしぼる
  • 順張りでのエントリーにしぼる
  • 16時から21時に取引する
  • 条件にマッチした時だけエントリー
  • 避けるべき時間にはエントリーしない

コツ1:取引する通貨ペアをしぼる

全ての通貨ペアの値動きを見るのは疲れるだけでなく、正確な判断が出来なくなる可能性も有ります。


取引量が少ない通貨や上下の激しい通貨は予測が難しいため、世界中で投資家が扱っている米ドルやユーロがオススメです。


ドル円のみでバイナリーオプションを続けている方は、予測しやすいので大損せずに安定した収益を上げていますよ。

コツ2:順張りでのエントリーにしぼる

初心者は順張りのエントリーだけに絞って、エントリーポイントを探しましょう。


なぜなら上下のどちらかへの勢いが強いトレンド相場で、流れについていく順張りのほうがシンプルだからです。


順張りと逆張りの両方で正しくエントリーすることは難しいので、エントリーポイントを見つけ出しやすい順張りが適していますよ。

コツ3:16時から21時に取引する

上記の順張りに適している時間帯は、トレンド相場が形成されやすい16時~21時です。


16時~21時はロンドン市場とニューヨーク市場が同時に開いている時間帯で、為替の取引が全世界で活発になります。


たとえば17時~21時では、まとまった売買が行われることが多く、直近の高値安値を更新した場合にその方向に伸びやすい特徴があります。


バイナリーオプションで「取引に適した時間」はあまり意識されにくいので、覚えておきましょう!

コツ4:条件にマッチした時だけエントリー

自分が設定した条件に当てはまったときにだけエントリーしましょう!


バイナリーオプションでは、利益を出せるチャンスは1日に多くて3~4回しかないため、やみくもに取引しても損失を増やすだけです。


たとえば「順張りで上昇トレンドの時のみ円安エントリー」とルールを決めたら、上昇トレンドが形成されると予測できた時や、すでに形成されている時のみエントリーするようにしましょう。


それだけでも、大損を回避しつつ勝利を積み重ねられる可能性がアップしますよ!

コツ5:避けるべき時間にはエントリーしない

重要な経済指標の発表の前後は相場の動きを予測しにくいので、取引は避けましょう。


上記で解説したように、重要な経済指標の発表前後は予想外の値動きをすることが多く、テクニカル分析も効果をなさない場合が多いからです


初心者も注目しておきたい重要な経済指標としては、「米国雇用統計」や「主要国の政策金利」があります。


経済指標の種類やオススメのカレンダーについて知りたい方には、要点をわかりやすくまとめているこちらの記事がオススメです。

バイナリーオプションで大損した場合の対処法3つ

バイナリーオプションで大損した場合の対処法3つ

大損を避けつつ、勝率掴むコツを紹介してきましたが、相場次第で大損してしまうことはあります。


万が一バイナリーオプションで大損を出してしまった場合の対処法も紹介しますね。

大損した場合の対処法
  • まずは自己責任と認める
  • バイナリーオプションから離れる
  • 勉強をする

対処法1:まずは自己責任と認める

言い訳をせずに、為替相場を読み切れなかった自分の勉強不足を認めなければいけません。


なぜなら他人や為替相場のせいにしてしまうと、いつまでも自分の未熟さを自覚できないからですね。


「相場に恵まれなかった」と開き直るので、心当たりがある場合は自己責任について考え直しましょう。

自己責任を認められない人の言い訳
  • 相場に恵まれなかった
  • ツイッターでの情報を信じたら負けた
  • 50%で当たるはずなのに全然勝てない

対処法2:バイナリーオプションから離れる

大損や連敗によって冷静な取引ができなくなったら、一旦バイナリーオプションから離れましょう。


為替相場から離れて頭を冷やすと、自分に不足していた部分や、勝つために必要なポイントを見つけられます。


投資の世界では『休むも相場』の格言があります。偉大な先人ですら、相場とうまく距離を取っていたから成功したのです。

対処法3:勉強をする

素直に負けを受け入れて、取引を振り返りながらもう一度勉強し直しましょう。


なぜならあらためて学習すると、同じ間違いを起こさなくなるからです。


負けた原因を深く検討せずに再チャレンジしても同じ結果になるだけですよ。


そう考えると、大損したことも自分の弱点を知るための投資だったと考えられ、前向きになれますよ!

【注意】バイナリーオプションで大損しても甘い話には乗るな!

【注意】バイナリーオプションで大損しても甘い話には乗るな!

バイナリーオプションで大損した時には、甘い話に要注意です!

大損するとお金を取り返したい気持ちになりやすいので、ネット上の「勝率90%以上」や「月40万円以上保証」などの広告が気になるものです。


こういった広告は詐欺の可能性が高く、引っかかるとさらに大損をしてしまいます。


「勝率90%以上」や「月40万円以上保証」などのツールや情報商材には、手を出さないようにしてくださいね!

大損に注意しつつバイナリーオプションを始めよう!

大損に注意しつつバイナリーオプションを始めよう!

上記で紹介した『バイナリーオプションで大損を回避して利益を出すコツ5つ』を実践していただくと、今後はバイナリーオプションで利益を得る方法で悩むことは一切なくなり、リスクを抑えて大損せずに稼ぐことができますよ。


最後にもう一度内容を確認しましょう。

この記事のおさらい
  • バイナリーオプションで大損するパターンは2つ
  • バイナリーオプションで大損する人に共通する特徴を理解すれば回避できる
  • バイナリーオプションで大損しても甘い話には乗らない
安全に取引できる国内業者2社

バイナリーオプションは為替相場を相手にした投資です。


100%負けない方法はありませんが、この記事を理解しておくだけでも大損するリスクは最小に抑えられますよ!


せっかく自分の資産を投資するのですから、損失を出すプレッシャーを抑えてワクワクしながら投資しましょう!