国内バイナリーオプションの規制とは?海外業者との違い4つを紹介

【アイキャッチ】バイナリーオプション規制の現状とは?

この記事で解決できる悩み
  • バイナリーオプションの規制内容・変更点を知りたい
  • 規制後は国内業者はやめた方が良いの?
  • 規制後もバイナリーオプションは稼げるのか知りたい

といった悩みを解決できる記事になっています。

この記事で解説する「バイナリーオプションの規制」を理解すれば、バイナリーオプション初心者でも規制の現状が分かります。

なぜなら私もこの記事の内容を知り、規制を気にせずバイナリーオプションで稼げるとわかったからです。

それでは、以下で「バイナリーオプションの規制内容」や「変更点」について紹介します。

【前提】バイナリーオプションとは

バイナリーオプションの勉強をするために仕組みを知ろう

バイナリーオプションとは、判定時刻の為替レートが基準時刻よりも『高いか・低いか』を当てる二者択一の投資法です。

賭け金を払ってオプションと呼ばれる権利を売買することで、予想が当たれば配当金がもらえ、外れると賭け金が全額没収されます。


ただFXと異なり、投じた金額以上の損失にならないため、低リスクでFX初心者にもおすすめです。


たとえば、FXの場合レートが下がっていくごとに損失額も膨らんでしまうのですが、バイナリーオプションの場合は1,000円で取引をしたのならその分だけ損失します。

バイナリーオプションの規制理由2つ

なぜバイナリーオプションは規制されたのか?

規制前までのバイナリーオプションは、国内業者も現在の海外業者と同じで、ハイ&ロー取引の『10分後の価格が購入時点よりも高いか安いか』を当てる短期取引がメインでした。


しかし、取引の手軽さから、ギャンブル性が高い点が問題視され、国内業者はユーザー自身の安全を考え、下記のように規制が行われたのです。

この規則は、金融商品取引法(以下「法」という。)第 2 条第 22 項第 3 号又は第 4 号に規定する店頭オプション取引であって、規則第2条(2)に掲げる金融商品等を原資産とし、個人顧客に向けて、継続的かつ反復して取引を行うことができる仕組みの店頭バイナリーオプションに関し、投資者による過度の投機的取引を予防し、投資者に適した取引を提供することなどにより、投資者保護を図り、同オプションを取り扱う会員の業務態勢を適切に整備するために必要な事項を整理、規定するものです。

(引用:個人向け店頭バイナリーオプション取引業務取扱規則に係るガイドライン

つまり、トレーダーの危険を回避するために、国が規制を出したんだね!

バイナリーオプション規制適用の時系列

バイナリーオプション規制適用は数年前から!

規制の流れを時系列で並べたのが下記です。

  • 2012年末:バイナリーオプション業者によるワーキンググループの設置

  • 2013年:ワーキンググループが自主規制についての最終報告

  • 2013年7月3日:内閣府令によって公的規制が導入

  • 2013年7月18日:金融先物取引業協会よりガイドライン発表

  • 2013年8月1日:内閣府令によって公的規制実施

  • 2013年8月1日:現行ルールのバイナリーオプションへの新規参入不可

  • 2013年11月30日:現行ルールのバイナリーオプション停止


上記のような規制が適用されたのは数年前で、現在はとくに規制の動きがなく、安心して取引できます

バイナリーオプション規制の内容4つ

バイナリーオプション4つの規制を解説

バイナリーオプション規制には下記の4つがあります。

バイナリーオプション規制の内容4つ
    1. 短時間取引の禁止
    2. 総取りの禁止
    3. ペイアウト倍率の変動制
    4. 価格提示が2WAY

上記の規制について以下で詳しくみていきましょう。

規制1:短時間取引の禁止

このように権利行使価格は、判定時刻の2時間前に固定され、取引スパンが規制されました。

また、1営業日の取引回数上限も12回とされています。

規制によって、判定時刻が長くなったので予想がしにくくなり、取引回数も減ったため投資家には不利な規制といえます。

ただ、満期の2分前まで取引可能な業者もあるので、低リスクでの取引も変わらず可能ですよ!

しかも、取引回数が12回もあれば十分な気がする!1日に稼げる相場は限られてますもんね!

規制2:「総取り」禁止

総取りとは、ハイでもローでもなく判定時刻にこの価格帯になれば必ず負けるレンジです。

これは業者に有利な条件だったため、規制により総取りは禁じられました

一方的な相場変動による負けがなくなったので、投資家に有利な規制といえます。

規制3:ペイアウト倍率の変動制

規制前は、予想が当たれば固定のペイアウト倍率(たとえばGMOクリック証券の外為オプションでは1.85倍)で、外れればゼロでした。

規制後は、購入価格からどれだけ変動したかで、ペイアウト倍率(払い戻し倍率)が変動します。

つまり、外れたときの損失の上限が賭け金な点を除いては、実質的にFX取引とほぼ同じ状態になったといえます。

規制4:価格提示が2WAY

規制前の価格は「買い」1つのみでしたが、規制後は「売り」と「買い」の両方の価格を提示するよう変更され、取引キャンセル時のポジション解消が可能となりました。

なぜなら、上記の規制3でペイアウト倍率が変動制になり「売り」と「買い」の2WAY表示が必要になったからです。


取引のキャンセルが可能になったことで、投資初心者の方でも気軽にトレードできるようになりました。

規制後も国内バイナリーオプションがおすすめな理由4つ

規制後も国内の業者がオススメ!

バイナリーオプションでは、規制後も国内業者がオススメです。その理由は下記の2つです。

規制後も国内業者がオススメな理由4つ
  1. 海外業者は出金トラブルが多い
  2. 海外業者でもトラブルは、日本の法律で裁けない
  3. 海外業者は詐欺グループがいる
  4. 信託保全の有無

それぞれの理由を詳しくみていきましょう。

理由1:海外業者はトラブルが多い

海外業者は、依然として出金関係のトラブルが多いので、国内業者がオススメです。

たとえば詐欺グループがいることを知らないと、稼げるツールという名目の詐欺でお金をだまし取られることもあるからです。

また、出金トラブルが多いことでも有名で、金融庁や国民生活センターが無登録の海外業者への注意喚起を行っています。

海外業者は日本の法律が適用されず、日本政府も手が出せないので、お金を稼ぐことよりも低リスクで稼げるように注意しましょう。

理由2:信託保全の有無

国内業者は、金融商品取引法により信託保全が義務づけられています

そのため、万が一業者が破綻しても自分の資金は戻ってきます。

しかし、海外業者の中には信託保全がないところもあるんだ

業者が破綻した際のことを考えると、信託保全が必ずある国内業者がオススメだよ!

バイナリーオプションの規制 まとめ

国内業者で安全なバイナリーオプション取引を!

上記で紹介したポイントをおさえることで、海外業者によるトラブルに巻き込まれて悩むことは一切なくなり、あわせて国内業者が有利な理由がわかります。

最後にもう一度、内容を確認しましょう。

バイナリーオプション規制内容
  • 取引スパンが2時間以内に確定
  • 取引回数は12回以下
  • 「総取り」禁止
  • ペイアウト倍率の変動制
  • 取引のキャンセルが可能
  • 「売り」と「買い」の2WAY表示が可能

海外業者は出金などのトラブルが多く、顧客資産も信託保全されていないので、規制後も国内業者がオススメです!


「規制されたのなら、国内業者は稼げないのでは?」と最初は思うかもしれません。

しかし、海外業者はおすすめできないので国内業者で取引しましょう。


ではこの記事を理解できた方は、下記の記事でおすすめの業者をみてみましょう。