FX・バイナリーオプションの違い3つと注意点2つを大手銀行員が解説

FX バイナリーオプションの違いを解説

この記事で解決できる悩み
  • FXとバイナリーオプションって何が違うの?
  • どっちが稼ぎやすいのか知りたい
  • 初心者向けなのはどっち?

と悩んでいる方の悩みを解決できる記事になっています。元大手信託銀行員のクニトミが解説しますね!


銀行員時代は『投資信託、外貨定期、不動産、税金、遺言、相続』の6つの観点で、金融資産1〜5億のお客さまへのコンサルティングを行なっていました。


この記事で解説する「FXとバイナリーオプションの違い」を理解すれば、自分はどちらに向いているのかがわかりますよ。


それではまず、「それぞれの特徴の違い」について説明します。

【FX・バイナリーオプション】特徴の違いを比較

FXとバイナリーオプションの違いを比較してみたので、確認してみよう!

 
バイナリーオプション
FX
必要資金

約50円~999円

5,000円~数十万円
取引時間

2~3時間ごと

24時間
最大損失

投資金のみ

投資金額以上の損失が出ることもある
レバレッジ
×
無し

最大25倍(国内)
相場の動きによる影響

相場が動かない場合でも稼げる

相場が動かないと稼ぎづらい

FX・バイナリーオプションは、どちらも自分の資金を投じ、外貨の将来の為替変動を予想して利益の獲得を目指す投資である点は共通です。


しかし最大の違いは「決済システム」です。

FXの特徴

FXのバイナリーオプションとの違い

FXの特徴は、ポジションのエントリー(新規注文)とエグジット(決済注文)を自分で判断します。


入口も出口もすべて自分の裁量で決められる
ので、ある意味「自由に取引できる」といえます。


ただ、長期的に稼ぐためには計画性を持ち、自分のトレードをコントロールする能力が必要です。

バイナリーオプションの特徴

バイナリーオプションがFXと異なる点

バイナリーオプションがFXと異なる最大の点が、判定時点の為替レートが上がるか・下がるかを予想するだけの二者択一なことです。


取引の仕組みとして、エントリーは自分で行い、エグジットはシステムによりあらかじめ決められています

【FX・バイナリーオプション】リスクの違い

FXとバイナリーオプションのリスクの違い

バイナリーオプションはFXと比較し、予想が当たったときに払い戻される利益が限られるものの、外れても投下資金以上の損失はないためリスクが低いといえます。


たとえば1万円分の買いポジションが大暴落して10万円の損が出るケースでも、バイナリーオプションなら元手の1万円しか損せずに済むのです。


このようにFXと比べると、バイナリーオプションは投資初心者が大損を被るリスクが低いとわかりますね。


FXでは10万円の損が出るところ、バイナリーオプションでは1万円の損で済むため、投資初心者でも安全に始められる投資としてオススメです。

投資初心者には、バイナリーオプションの方がよさそう?
バイナリーオプションの方が低リスクだから始めやすいよね!

【FX・バイナリーオプション】税金の違い

FX バイナリーオプションの税金の違い

FXと国内バイナリーオプションの税金は通算して、いくら稼いでも税率は一律20.315%の申告分離課税で計算されます。


しかし、海外バイナリーオプションの利益は、雑所得として0~55%の超過累進税率によって総合課税とされています。


また、低所得者にとっては海外バイナリーオプションの方が低税率ですが、FXとの損益通算と損失の3年繰越ができません。


上記から、海外と国内のバイナリーオプションのどちらが有利かは個人差があります。

国内外のFX・バイナリーオプションの税金比較表

 国内海外
課税方法申告分離課税総合課税(雑所得扱い)
税率一律20.315%0〜55%
損失繰越・損益通算3年間可能 不可

【国内外の税率】

  • 国内の20.315%の内訳は、所得税15%+住民税5%+復興特別所得税0.315%。
  • 海外の0〜55%の内訳は、所得税(累進課税)+復興特別所得税(所得税×2.1%)+住民税約10%。

FXとバイナリーオプション、稼げるのはどっち?

FXとバイナリーオプションの稼ぐ違い

バイナリーオプションとFXを比べると、バイナリーオプションはレバレッジが使えないので、「ローリスク・ローリターン」です。


一方、FXはレバレッジにより、投資額以上の取引が可能な「ハイリスク・ハイリターン」な投資なので、FXの方が短時間で大きく資産を増やせる可能性が期待できます。

元手が少ない人!低リスクなバイナリーオプションを選ぼう!

元手が少ない人は、FXでいくらレバレッジを使ってもハイリターンが期待できないだけでなく、大勝負に出て大損した場合になけなしの資金を失うリスクもあります。


最初はバイナリーオプションから始め
、コツコツ取引をして相場感覚を養いましょう。


バイナリーオプションで取引方法や相場の動きに慣れてから、FXで取引を始めるのがリスクを抑えられるのでオススメです。

バイナリーオプションの注意点2つ

バイナリーオプションの違いと注意

バイナリーオプションは投資未経験者にオススメですが、下記2つの注意点があります。

  • 海外業者はやめよう
  • ゲーム感覚ではなく、資金や損失のルールを決めよう

注意点1:海外業者はやめよう

海外の業者は、出金の際に本人確認書類の提出を求めたうえで、出金までに数週間~数ヶ月かかる場合もあります。


そもそも出金に応じないといった出金トラブルが相次いでおり、海外の業者は、日本の金融庁の管轄外で認められていないなど、安全とはいえません。


そのため、これから始める方は必ず国内の口座を使うようにしましょう。

注意点2:ゲーム感覚ではなく、資金や損失のルールを決めよう

バイナリーオプションは、相場の上下を選ぶだけの簡単操作なので、根拠もなくギャンブル感覚で取引する癖がつくと、気がつけば大損しするなど安定して稼げなくなります。


資金管理を徹底し、「いくらまでなら使ってもよい」や「損失はいくらまでならOK」など、自分でルールを決めて取引するようにしましょう。

バイナリーオプションでおすすめの口座2つ

バイナリーオプションの違いとおすすめ口座

バイナリーオプションでおすすめの国内FX会社は2つあります。

下記で詳しく特徴を紹介します。

YJFX!「オプトレ!」

YJFX!のオプトレ!は、大手ヤフーグループが運営しているため信頼性・安全性に優れています。


とくに他社と異なって評価が高いのが、判定時間のわずか1分前まで取引が可能な点です。


取り扱っている通貨ペアも8つと多いことで、利益のチャンスが豊富で取引ツールの操作性にも優れているので、未経験者向けの口座としてオススメです。

GMOクリック証券「外為オプション」

FX取引高が8年連続国内第一位GMOクリック証券が運営しており、海外で多発している出金トラブルについてもしっかりと対応しているので、安心して取引できます。

※ファイナンス・マグネイト社調べ2012年1月~2019年12月


また、スマホ(iPhone・Android・iPad)で取引も可能で、どこでも手軽に取引可能なため、出先でも儲けるチャンスが掴めます。


※バイナリーオプションのオススメ口座の詳しい内容は、以下をご覧ください。

【FX・バイナリーオプション】まとめ

バイナリーオプションの違いと選択

上記で紹介した「FXとバイナリーオプションの違い」を理解すれば、今後はバイナリーオプションが低リスクで稼げるとわかります。


最後にもう一度内容を確認しましょう。

まとめ
  • FXと違い、バイナリーオプションはシステムが自動で決済する
  • バイナリーオプションはレバレッジが使えず、短期間で大きな利益は期待できないが、投資額以上の損失が出るリスクはない
  • 初心者がバイナリーオプションを行うときは、国内のFX会社を選ぼう!
バイナリーオプションでおすすめの国内口座3選
  1. YJFX!のオプトレ!
  2. GMOクリック証券の外為オプション

「レバレッジが使えるFXの方が、絶対稼げるに決まってる」と最初は思うかもしれません。


しかし、その分リスクも高いことを心に留めて、自分が許容できるリスクの範囲内での投資方法を選択しましょう。