トライオートFXの設定方法とは?銀行員が始め方3ステップを解説!

トライオートFXの設定方法と注意点

この記事で解決できる悩み
  • 初心者でもトライオートFXで儲かる設定を知りたい
  • 自動売買を簡単に始める方法を教えてほしい
  • トライオートFXで設定する際の注意点は?

と悩んでいる方の悩みを解決できる記事になっています。三井住友信託銀行出身のクニトミが解説しますね。


銀行員時代は『投資信託、外貨、保険、不動産、税金、遺言、相続』の7つの観点で、金融資産1〜5億のお客さまへのコンサルティングを行なっていました。


この記事で解説する『トライオートFX 「自動売買セレクト」の始め方とコツ2つ』を理解すれば、自動売買初心者でも簡単に設定が出来ますよ

それではまず『トライオートFXとは何か』から紹介していきますね。

トライオートFXとは

トライオートFXとは、インヴァスト証券が提供する「自動売買」サービスです。

高値と安値のレンジ設定と取引する数を設定すれば、発注価格と利益確定のタイミングを自動で行ってくれます

取引を自動で行ってくれるので、仕事しながらでも家事をしながらでも、気軽に取引ができますよ!

設定いらず!初心者にオススメ「自動売買セレクト」 

トライオートFXの自動売買セレクト

自動売買セレクトのメリット
  • 選ぶだけで簡単に自動売買を始められる
  • プロ仕様の設定が使える
  • 設定が随時アップデートされる

FX初心者には「自動売買セレクト」がオススメですね。

なぜなら自動売買セレクトは、あらかじめ設定されている自動売買のプログラムを選ぶだけで利用可能だからです。

自分で設定する必要がなく、損益シミュレーションも確認可能なので、初心者でも安心して運用できますよ。

トライオートFX「自動売買セレクト」の始め方3ステップ

トライオートFX「自動売買セレクト」の始め方

ここからは「自動売買セレクト」の始め方を3ステップで解説します。

誰でも簡単にはじめられるので、以下のステップで流れを確認しておきましょう。

トライオートFX「自動売買セレクト」の始め方3ステップ
  1. 収益率ランキングからロジックを選ぶ
  2. 設定内容を確認する
  3. カートで注文する

ステップ1:収益率ランキングからロジックを選ぶ

トライオートFXの設定

自動売買セレクトでは、収益率や損失率の低い順など、わかりやすくランキング形式でまとめられています

収益率ランキングの中から収益率の高いものを選べば、初心者でも収益率の高いロジックを使えますよ。

また収益率以外にも、バランス型や低リスクなどにランキングを並べ替えられるので、好みの設定が選べて便利です。

ステップ2:設定内容を確認する

トライオートFXの設定

次に設定内容を確認しましょう。

選んだ設定の詳細ページを確認すれば、必要な証拠金の量や期間の損益などが、グラフで表示されます。

特徴をつかむと、その設定が自分に向いているか、今後の相場で利益が出せそうかを判断する材料になるので、確認しておきましょう。

確認する内容
  • 最大の損失額(最大ドローダウン率)→その2倍の資金は欲しい
  • エントリー価格の最大と最小→想定レンジがわかる
  • 損失が発生したタイミング→どんな時に弱いのかわかるので対策を立てられる

ステップ3:カートで注文する

トライオートFXの設定

好みの設定を選んだら、最後にカートで注文していきます。

カート画面では、選んだ設定の数量調整や、すべてを運用した場合のシミュレーションを見られますよ。

このシミュレーションを確認しておけば、注文したときに自動売買の実際の動きや、資金配分を想定可能なので確認してから注文を確定しましょう。

トライオートFX 「自動売買セレクト」の注意点4つ

トライオートFX「自動売買セレクト」の注意点

とても便利な「自動売買セレクト」ですが、初心者が利用するときは注意点があります。

思わぬ失敗を減らすためにも、以下4つの注意点を覚えておきましょう。

自動売買セレクトの注意点
  1. 資金に余裕を持った設定を選ぶ
  2. 想定しているレンジをチャートに当てはめてみる
  3. シミュレーションを鵜呑みにしない
  4. 含み損を抱えた運用になる

注意点1:資金に余裕を持った設定を選ぶ

トライオートFXの推奨証拠金

まずは資産運用に使える資金で、余裕の持てる設定を選びましょう。

自動売買セレクトでは、推奨証拠金が出てきます。

自分の資金の中から余裕のある設定を選べば、ロスカットされる心配が少なくなるため安心して利用できますよ


「推奨証拠金って信じれるの?」と不安な方は推奨証拠金×1.5倍の金額を目安にするといいでしょう。

注意点2:想定しているレンジをチャートに当てはめてみる

自動売買セレクトが想定しているレンジをチャートに当てはめてみましょう

すると、その設定の想定がどのくらい続きそうかを見られるので、思わぬ相場の転換を予測できます

当てはめる相場の期間は、5〜10年以上の長い期間のチャートに当てはめるようにしましょう。

注意点3:シミュレーションを鵜呑みにしない

自動売買セレクトのグラフは、過去のシミュレーション(バックテスト)なので、将来の利益を保証するものではありません


事実、過去のチャートと全く同じ相場になることはありませんよね?


ロジックが相場に合っても、将来も同じように利益が出るとは限らないことを覚えておきましょう。

注意点4:含み損を抱えた運用になる

自動売買セレクトの取引はその仕組み上、レンジ内での取引や両建てトレードをするので、含み損を抱えながらの運用になります。

含み損がいつかは利益となる可能性がありますが、含み損を持つとメンタルに負荷がかかります

また、資金に余裕がないと運用が難しいので、含み損を抱えた運用になることを理解しておきましょう。

トライオートFXで自分にあった設定を選ぼう!

トライオートFXの設定方法を選んで始めよう

上記で紹介した『トライオートFX 「自動売買セレクト」の始め方とコツ2つ』を実践していただくと、今後は自動売買初心者でも設定方法で悩むことは無くなり、気軽に自動売買を始められますよ

最後にもう一度内容を確認しましょう。

この記事のおさらい

  1. 自動売買セレクトは設定いらずで簡単
  2. 資金に余裕をもって始めよう
  3. 想定レンジをチャートに当てはめてみると失敗しずらい

『トライオートFXは設定が難しそう』と最初は思うかもしれないですが、自動売買セレクトを使えば簡単に始められますよ。


トライオートFXで自動売買にチャレンジしてみましょう!