【まだ負けてるの?】バイナリーオプションの勝敗をわける原因は5つ!

binaryoption-lose-ai

この記事で解決できる悩み
  • バイナリーオプションの敗因は何?
  • 投資で勝つために重要なことを知りたい
  • 自分でもバイナリーオプションで稼げるのか知りたい

といった悩みを解決できる記事になっています!

この記事で解説する「バイナリーオプションで負ける理由と対策3つ」を理解すれば、バイナリーオプション初心者でも勝つために必要なことが分かります。

なぜなら、私もこの方法で自分の敗因を知り、対策を取って勝率を上げたいという悩みを解決できたからです。

それでは以下で、「バイナリーオプションの敗因と対策」について紹介します。

バイナリーオプションの「負け」を定義しよう

binaryoption-lose-1

バイナリーオプションで負けない状態を目指すために、まずは負けの定義を「予想を外す」状態だと明確にし、その原因を分析しましょう

なぜなら、敗因を分析しないで、初心者が知識を持たずに数十回トレードを重ねると、負けが続いてしまうからです。


バイナリーオプションも投資なので100%勝つことはできないので、多少の負けはあるものです。


その原因を理解して次の取引をするのと、何も考えずに取引するのとでは勝率が大きく変わってきますよ。

バイナリーオプションで負ける理由5つと対策

binaryoption-lose-2

バイナリーオプションで負ける理由を理解するためには、以下5つの視点から自分の取引状態を振り返ることが重要です。

  1. 取引回数
  2. 取引の根拠
  3. 取引の時間帯
  4. 資金管理
  5. 取引経験

それぞれ開設するので、これらに基づく失敗原因が自分にも当てはまるのかを一考しましょう。

負ける理由1:取引回数

取引回数が多すぎると、バイナリーオプションは負けが増えます。

なぜなら、イナリーオプションはスキマ時間の穴埋めではなく、根拠を持ってトレードするものだからです。

だいたい10回ほどの取引回号の中でチャンスが来るのは数回のみです。


少額で取引できるからと言って、取引回数を適当に増やしてしまうと、損失が大きくなってしまいますよ。

負けない対策

取引回数が多くなってしまう場合の対策方法は「1日の取引回数に制限をかける」ことです。

少ないチャンスを掴むために、取引回数を減らして毎回のトレードに集中しましょう。

早く負けを取り返そうとせず、条件がそろわないときはトレードを控えると勝率の改善につながります

負ける理由2:取引の根拠

バイナリーオプションは手軽な投資なのでギャンブル感覚になりがちですが、根拠もなしに「運」で取引していると負けます

なぜなら、バイナリーオプションは二択の投資ですが、根拠を持っていないと再現性がなく、勝率を上げられないからです。

FXで稼いでいる人はバイナリーオプションに限らず、以前のトレードから学び、次回以降の取引に役立てます。

そして再現性を持って取引することで、負けるトレードがあったとしても、安定して稼げるのです。

負けない対策

根拠を持って取引する方法は、「テクニカル分析」を利用することです。

幸い、サイコロやトランプと違いバイナリーオプションはテクニカル分析を使えば将来の予測が可能です。

本やネット・セミナーで勉強して根拠のあるトレードをして、5%勝率を上げて55%にすれば、結果的にプラスになるためバイナリーオプションで勝てるようになります。


※「テクニカル分析:に関する詳しい内容は下記をご覧ください。

負ける理由3:取引の時間帯

取引をする時間帯に統一性がないと負ける原因になります

なぜなら為替市場では、曜日と時間帯によって市場参加者の顔ぶれが変わるため、トレードの癖が異なるからです。

バイナリーオプションは平日24時間取引可能ですが、豪州市場に始まりニューヨーク市場に終わるまでの間、市場の傾向は大きく異なります。

取引時間がバラバラだとトレードの精度も上がりません。

負けない対策

バイナリーオプションで負けないための取引時間

取引時間がバラバラで負けてしまう対策として、「取引時間を限定する」のがオススメです。

取引時間の決め方は、通貨ペアごとに相場が動きやすいタイミングがあるので、学んでおくことが重要です。

たとえば「毎日20時~21時の1時間だけ」と決めたら、その時間帯以外は徹底してトレードを禁止しましょう。

自分が決めた時間帯で勝ちパターンが見つかれば、十分に勝率が上がりますよ。


※「バイナリーオプションの取引時間」に関する詳しい内容は、下記をご覧ください。

負ける理由4:資金管理

資金管理をしていないと、すぐ資金がショートして大損してしまう可能性があります

例えば、下記に当てはまる方は、資金管理ができていません。

  • 1回あたりのトレード金額を決めていない
  • いくら負けたらその日は終わりにするか決めていない

その結果負けが重なるとムキになり、賭け金を増やして一発逆転を狙うものの、うまくいかずいっそう資金を削ってしまうのです。

負けない対策

資金管理の対策は「1トレードあたりの取引額を決めて絶対に守る」ことです。

手持ち資金を投資期間で割って1日あたりの投資可能額を計算し、負けた額がその金額に達したらその日はトレードを禁止しましょう。

また、初心者は安定的に勝率が55%以上出せるまではムダに損を重ねないために、少額でトレードすべきです。

無理せずに、マイルールを作って徹底することが重要なんだね。

負ける理由5:取引経験

「取引経験」が少ないと判断も鈍く負けやすいです。

スポーツの世界で練習と本番があるように、バイナリーオプションもデモトレードと本番では自分のお金を使っているため緊張感が違います。


そのため、デモではうまくいったかもしれませんが、プレッシャーに押されて本番で勝てないのが原因です。

本番の取引は、デモではないので、多少失敗してもいいと思ってやっていってください!

負けない対策

取引経験の対策は、「初めのうちは少額でのトレードを行う」ことがオススメです。

1回あたりの取引価格は1,000円以下ですが、1ヶ月にいくら使うかを考えて、賭け金の目安にすることをおすすめします。

練習すれば精神的負担も少なくて済み、かつ身銭を切ってトレードしているので、チャートの動きなどが頭に入ってくるスピードも格段に速くなりますよ。

メンタル面がダメになるとバイナリーオプションは負ける

binaryoption-lose-3

上記のような対策をしていても、冷静でないと負けてしまうので、一度取引で損をしたら休憩するなどのリフレッシュを入れましょう。


なぜなら、人間は負けが重なると熱くなり、非合理的な行動を取ってしまう生き物だからです。


根拠のないトレードで負けてしまうと、「なぜ負けたのか」がわからないので負のスパイラルに陥り、本当に「負け」が続いてしまいます。


負のスパイラルに陥らないためにも、冷静に根拠のあるトレードをして、勝率が下がらないように気を付けてくださいね

バイナリーオプションで負ける原因まとめ

binaryoption-lose-4

上記で紹介した「バイナリーオプションの敗因対策」を実践すると、今後はバイナリーオプションで勝つためになにが必要なのか悩むことは一切なくなり、バイナリーオプションで負けづらくなります

最後にもう一度、内容を確認しましょう。

バイナリーオプションで負ける原因まとめ
  • 取引回数をむやみに増やさない
  • テクニカル分析を使って、根拠のある取引をする
  • 通貨ペアの特性も生かして取引時間を決める
  • 1トレードあたりの取引額を決め、資金管理を徹底する
  • 低リスクで取引経験を増やすために、初めのうちは少額でのトレードを行う

「負けたのは運が悪かっただけだ」と最初は思うかもしれません。

しかし、運のせいにしていては上達は見込めないので、この記事を参考にして自分の敗因を探ってみましょう。