【3分後にFXチャートが読める!】勝率UPするテクニカル分析5種類

FXのテクニカル分析について徹底解説

この記事で解決できるお悩み
  • テクニカル分析について知りたい
  • テクニカル分析にはどんな種類があるの?
  • 初心者におすすめの分析手法について知りたい

といった悩みを解決できる記事になっています。


この記事で解説する「テクニカル分析の特徴」を理解すれば、FX初心者でもそれぞれのメリットを活かして分析手法を活用できます


なぜなら、私もこの方法でテクニカル分析の基礎を押さえてトレードしたいという悩みを解決できたからです。


それでは以下で、テクニカル分析の「メリット」や「種類」などについて紹介します。

FXのテクニカル分析とは?  

 FXのテクニカル分析とは、過去の値動きチャート)をもとに、将来の値動きを予想する手法です。


大きくわけて、相場のトレンド(上昇・下降・レンジ)を掴むためのトレンド系と、相場の強弱(売られすぎ・買われすぎ)を掴むためのオシレーター系の2つがあります。

トレンド系とは

FXテクニカル分s系のトレンド相場について

トレンドとは相場の方向性や流れのことで、上下動しながら一定の方向に向かっている値動きのことを指します。

トレンドが発生している状況で見極めるべきポイントは以下の3点です。

  • そのトレンドは始まったばかりなのか終わりが近いのか

  • 上昇しているのか下降しているのか

  • 勢いがあるのかないのか

この3点によって、売買するかタイミングが正しいかどうかを判断します。

オシレーター系とは

オシレーター系では、相場の強さを読み解くことができます。


つまり今
の相場が「売られ過ぎ」であったり、「買われ過ぎ」でないかを判断するものです。


「売られ過ぎ」「買われ過ぎ」である状態を察知し、その反転に逆張りすることで利益を出すための方法です。


※逆張りとは、相場の動きが大きくなった時にトレンドの逆に売り買いを行うこと。

FXテクニカル分析のメリット3つ

テクニカル分析のメリット3点

テクニカル分析には、下記の3つのメリットがあります。

  1. 取引ツール内で相場の動きを視覚的に掴める
  2. 経済情勢の知識がなくても使える
  3. 自分の分析力によっては予測精度を高められる

 上記のテクニカル分析のメリットを知れば、初心者でも将来の値動きを予想しやすくなりますよ。

なぜならメリットの内容を身につければ、現在のチャートの動きから根拠を持ってエントリーポイントを見つけられるからです。

テクニカル分析は、FXで勝率を上げるために必要不可欠なので、必ず自分のものにしよう!

FX テクニカル分析のデメリット3つ

テクニカル分析のデメリット3点

一方、テクニカル分析には下記のようなデメリットも存在します。

  1. 突発的な値動きには対応できない
  2. 実際の値動きは必ずしも過去の動きと一致するとは限らない
  3. 売買シグナルにだましがある

テクニカル分析も万能ではないので、あくまで過信しない点が大切です。


ただ、使わずにトレードするのは初心者にとって非常に危険です。


相場経験にもなるので、初めは必ず使用しましょう。

FXテクニカル分析で重要!ローソク足の読み方

ローソク足のテクニカル分析

テクニカル分析で重要なのが「ローソク足」です。


ローソク足とは、相場の値動きを時系列に沿ってチャートに表す手法のひとつで、形がローソクに似ているのでその名がついています。


そして、ローソク足の始値・高値・安値・終値の四本値が読めれば、チャートの理解につながります。

詳しくは下記をご覧ください。

FXテクニカル分析のおすすめ種類5つ

テクニカル分析はさまざまな種類があるので、代表的なものをいくつか紹介します。

  • 移動平均線…もっともメジャー

  • ボリンジャーバンド…統計的なばらつきを利用

  • RSI…30%と70%ラインが目安

  • MACD…移動平均線の応用版

  • ストキャスティクス…RSIよりもわかりやすい指標

それぞれの分析手法について、詳しくは以下で解説します。

テクニカル分析1:移動平均線

テクニカル分析 移動平均線

参照:外為オンライン

移動平均線は1日や1週間、1か月といった一定期間の平均レートを線でつないだものです。


もっとも人気のテクニカル分析のひとつなので、知っておくと役立ちます。


たとえば、移動平均線をサポートラインと見て上昇トレンドに乗ったり、逆にレジスタンスラインと見て下降トレンドに乗ったりします。


また、複数の期間の移動平均線を組み合わせると、売買シグナルとしても使えます。

テクニカル分析2:ボリンジャーバンド

FXテクニカル分析でおすすめのボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは、標準偏差と正規分布の概念を用いて、為替の値動きが一定の確率で収束する範囲を表したものです。


その範囲を「σ=シグマ」と呼び、±1σには約68.2%、±2σには約95.4%の確率で収束するとされます。


そのため「+2σに達したら買われすぎなので売り」などの使い方ができますが、4.6%の確率で外れるので過信は禁物です。

テクニカル分析3:RSI

テクニカル分析 RSI

参照:外為オンライン

RSIは、相場の一定期間の「値上がり幅」と「値下がり幅」を使い、売られすぎか買われすぎかを判断する指標です。


およそ70以上になると買われすぎなので売り、30以下になると売られすぎなので買い、といった使い方をします。


とくに相場が横ばいのときに使いやすいので、知っていると取引の幅が広がります。

テクニカル分析4:MACD

テクニカル分析 MACD

MACDは、短期と長期の移動平均線を使って売買シグナルを判断する指標、つまり移動平均線の応用編です。


上記の図のように、

  1. MACDが下向きでシグナルがMACDより上にあるとき、相場が弱いと見ます。
  2. その後MACDがシグナルを突き抜けると、ゴールデンクロスと呼ばれる買いシグナルになります。
  3. また、MACDがシグナルを下に抜けると、デッドクロスと呼ばれる売りシグナルになります。

テクニカル分析5:ストキャスティクス

テクニカル分析でおすすめのストキャスティクス

ストキャスティクスは、安値と高値を活用して売られすぎ・買われすぎを判断する指標です。


上記の図では、下記のように判断します。

  1. “%K”が“%D”を上抜いた地点が買いシグナル
  2. “%K”が“%D”を下抜いた地点が売りシグナル

また、RSIと比べて、ストキャスティクスは明確に売買シグナルが出るので相対的にわかりやすいです。


さらにRSI同様、明確なシグナルを発するレンジ相場または緩やかな上昇・下降トレンドで効果を発揮します。

FX初心者におすすめのテクニカル分析は、移動平均線!

初心者は移動平均線がおすすめ

FX初心者にオススメのテクニカル分析は「移動平均線」です。

移動平均線がおすすめの理由3つ
  • もっとも人気の分析手法であり、投資家の心理を読み解く中で大衆の心理を理解できる

  • 平均線の組み合わせで売買シグナルがわかる

  • MACDなど平均線を使う分析手法を理解でき、応用がきく

移動平均線は読み取りやすく、活用しやすいので初心者の方におすすめです。

テクニカル分析に役立つおすすめの本2選

おすすめ本1:先物市場のテクニカル分析

まずオススメな本が、「先物市場のテクニカル分析」です。

シンプルな図解も使われていて、チャートの読み方がわかりやすく書かれています。

知識もなく大損したことがある方や、本気でテクニカル分析について学んで実践で応用できる知識を得たい方向きの本です。

created by Rinker
¥4,928 (2019/05/21 00:23:38時点 楽天市場調べ-詳細)

おすすめ本2:FX チャートリーディング マスターブック

次におすすめするのが、基礎向けの本「FX チャートリーディング マスターブック」です。

チャートの練習問題というよりは、テクニカル指標の活用法や利食い、ロスカット、エントリーなどについて主に書かれています。

基本をマスターしたい方、選択肢の幅や視野が広げたい方向きの本です。

created by Rinker
¥3,024 (2019/05/21 00:23:38時点 楽天市場調べ-詳細)

テクニカル分析を行う上での注意点3つ

テクニカル分析を行う上での注意点

テクニカル分析は絶対ではないと知っていれば、予想外の事態にも対応可能です。


その際の注意点として、以下の3つを解説します。

  • いくつかの視点で相場を見る

  • ファンダメンタル分析(経済指標や金利政策をもとに相場を分析する)も同時に考える

  • 予想外の事態には損切りなど適切に対処する

注意点1:いくつかの視点で相場をみる

テクニカル分析は100%正確ではないため、複数の視点で相場をみると対処に遅れずに済みます


なぜなら、一部のテクニカル分析に依存しすぎると、分析予想が外れたときのリスクが大きいからです。


たとえば、移動平均線とRSIを組み合わせて、両方で買いシグナルが出たときに買いエントリーすると、予想が外れるリスクを軽減できます。

注意点2:ファンダメンタル分析も同時に考える

相場の状況によっては、テクニカル分析のみでは対応できない場合があります。


そのため、各国の経済指標や金利政策などを対象にするファンダメンタルズ分析も併用する点が重要です。


なぜならファンダメンタルズ分析は、過去のチャートを利用するテクニカル分析とは分析対象が異なるからです。


とくにアメリカの要人発言や雇用統計の発表などで、相場が大きく動くこともよくあります。


ファンダメンタルズ分析については下記をご覧ください。

注意点3:予想外の事態には損切りなど適切に対処する

テクニカル分析の通りに相場が動かない場合、損切りを適切に行って損失をおさえる点が重要です。


繰り返しになりますが、テクニカル分析は絶対に当たるわけではありません。


なぜなら、売買シグナルがじつは「だまし」の場合や、経済指標で異常計数が出てテクニカル分析では対応できないときには、すぐに損切りしないと大損する可能性があるからです。


損切りに関する詳しい内容は、下記をご覧ください。

分析ツールが優秀なFX会社2選

分析ツールが優秀なFX会社2選最後に、取引ツールが優秀なFX会社を2社紹介します。


GMOクリック証券とYJFX!は、どちらも高機能なだけでなく、操作性に優れていて初心者でも使いやすいのでオススメです。

GMOクリック証券

GMOクリック証券は、発注機能に特化した「はっちゅう君FX」とチャート機能に特化した「プラチナチャート」のバランスに優れています。


そのため、初心者の方や中級者の方にもオススメのアプリといえます。


なぜなら、ワンクリックで簡単に注文する「スピード注文」や、チャートを見ながら注文する「チャート注文」など、豊富な注文機能があるからです。

YJFX!

YJFX!は、プロ仕様の取引ツールである「Cymo NEXT」が最大の特徴です。


Cymo NEXTは、あらかじめ設定した利益確定・損切りポイントを維持したままワンタッチで注文が可能など、スピード系の注文機能に優れています。


また、豊富な描画ツールと自由に配置する画面構成を組み合わせて、取引しやすい環境が作れるのも便利です。

FXテクニカル分析のまとめ

テクニカル分析を実践しよう上記で紹介した「代表的なテクニカル分析」を実践すると、今後はおすすめのテクニカル分析が分からないと悩むことは一切なくなり、自動で分析してくれるツールが使えます


最後にもう一度、内容を確認しましょう。

テクニカル分析の注意点3つ
  • いくつかの視点で相場をみる
  • ファンダメンタル分析も同時に考える
  • 予想外の事態には損切りなど適切に対処する

初心者向けのテクニカル指標は、「移動平均線」 「種類が多すぎてついていけない」と最初は思うかもしれません。


しかし、まずは移動平均線から始めて、少しずつレパートリーを増やしていきましょう。