【コレを読んで上達!】今日から相場が読める!簡単テクニカル分析

FXテクニカル分析

株価や通貨の動きをグラフにしたチャートを読み、分析することが「テクニカル分析」です。

テクニカル分析は投資を行う上で大切なタイミングを決める、とても重要なものです。

FX始めてしばらくたつけど、あんまり上手くいかないなあ
どうしたの?テクニカル分析はやっているんだよね?

テクニカル分析かあ、チャートはたまに見てはいるんですけど、なんとなく難しそうで。。。というか実は、よくわかっていません。
そういうことね、大丈夫!ここで簡単にわかりやすく説明するよ!

ずっと気になっていたんです!テクニカル分析教えてください!
テクニカル分析が必要な人
  • 安定して稼ぎたい人
  • 根拠を持って稼ぎたい人
  • 取引がうまくなりたい人

投資初心者の中には、テクニカル分析はどのような種類があるのか、どれを選べばいいのかわからない、と思う方も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、テクニカル分析の種類や使うメリット、それぞれの難易度などを紹介します。

そもそもテクニカル分析とは?

テクニカル分析は大きく2つに分けられます。

それがトレンド系オシレーター系です。

では、2つの特徴をかんたんに説明します。

トレンド系とは

相場の傾向を読むトレンド系

トレンド系テクニカル分析で判断できること
  • 現在トレンドが起きているのか
  • トレンドは上昇傾向にあるのか下降傾向にあるのか
  • トレンドにはどれくらいの勢いがあるのか

トレンドとは、上下動しながらも全体的に一定の方向に向かっている値動きのことを指します。

「上昇トレンドにある」といえば細かく上がったり下がったりしつつ、値上がりの方向に向かっているという意味です。

しかし、トレンドが発生していても、「そのトレンドは始まったばかりなのか終わりが近いのか」、「勢いがあるのかないのか」で売買のタイミングを見極めなくてはなりません。

トレンド系のテクニカル分析には、移動平均線、一目均衡表、ボリンジャーバンドがあります。

*一目均衡表に関して知りたい方は、「【一目均衡表まとめ】売買シグナルの3つの見方と実戦での使い方を紹介」も一緒に読んでみてください!

オシレーター系とは

相場の状況を読むオシレータ系

オシレーター系とは、現在の相場が「売られ過ぎ」であったり、「買われ過ぎ」でないかを判断するものです。

短期で大幅な値動きがない場合に、どのように売り買いするのかを判断するのに役立つとされています。

「売られ過ぎ」「買われ過ぎ」である状態を察知し、その反転に逆張りすることで利益を出すための方法です。

逆張りとは、相場の動きが大きくなった時にトレンドの逆に売り買いを行う手法です。

オシレーター系には、RSI、サイコロジカルライン、ストキャスティクスなどがあります。

*とくにオススメのRSIは、後半で詳しく説明しています。⇒「今すぐ見たい方はこちら

テクニカル分析のメリット

初心者でも値動きが分かる

テクニカル分析を行うメリットは、視覚でわかりやすく相場の動きを知ることができるという点です。

テクニカル分析の元となるチャートは、リアルタイムで更新されます。

そんな情報を数字だけでなく、わかりやすくまとめたのがチャートです。

相場の動きを目で追うことで、今後の投資の内容を判断しやすくなります。

チャートには、世界中の投資家たちの動きが織り込まれています。

投資で利益を出すにはいち早く正確な情報を得て、それを判断することが大切です。

しかし、個人投資家、特に初心者にとって誰よりも早く正確な情報を得ることは、とても難しいことです。

チャートは世界中の投資家の動きがいち早く表れており、さらに正確なものです。

チャートを見れば、初心者であっても値動きについていくことができます。

テクニカル分析を利用すれば、投資のタイミングを見極めることもできます。

チャートに表示されているのは、膨大な過去のデータをまとめたものです。

過去のチャートから学び、現在のチャートの動きを見極めていけば、具体的に「今」というエントリーポイントを見極めることもできます。

テクニカル分析の弱点

テクニカル分析の弱点とは?テクニカル分析の弱点は、突発的に出たニュースでの値動きや、決算発表、業績見通しによる値動きには対応しきれないことです。

これらの値動きは一気に大きく動き、テクニカル分析では追い付けません。

また、ひとつのテクニカル分析だけで投資のタイミングを見極めようとすると、失敗することがあるという点も弱点です。

トレンド系のトレンド分析だけを見て「上昇傾向にある」と判断しても、そこが天井であとは下がるだけ、ということもあります。

これを防ぐには、複数のテクニカル分析を利用して売買タイミングを見極めていくことが大切です。

また、出来高が少ない銘柄は、特定の投資家の影響が強いため信用度が下がるので注意しなくてはなりません。

おすすめのテクニカル分析と難易度

ローソク足

一定の期間の相場を示すローソク足

ローソク足とは一定期間の相場の4つの値(始値、高値、安値、終値)を使い、1本の棒状の足を生成したものです。

このローソク足を並べていくことで、相場の流れや状態をひと目でわかるようにしたものがローソク足チャートです。

ローソク足は江戸時代の日本で作られたもので、現在では世界中で利用されています。

ローソク足には実体とヒゲがあり、実態は黒または白の2色があります。

白は陽線といい始値より終値が高い場合を表します。黒は陰線といい、始値より終値が低い場合を表します。

本体やヒゲの長さでさまざまな情報を読み取ることができ、投資初心者なら最初に学んでおきたいテクニカル分析の基本です。

移動平均線

移動平均線の仕組み

(画像引用:外為オンライン)

移動平均線とは、一定期間の平均値を計算して出された数値をチャートにしたものです。

例えば5日移動平均線は、5日分の平均値を出したものを並べ、線でつないだものになります。

平均価格を並べることで一日の中での値動きに惑わされることなく、相場の動きを見極めることができます。

他の分析にも使用される、とてもポピュラーなテクニカル分析です。

移動平均線は異なる期間のものを組み合わせることで、重要なシグナルを判断することができます。

こちらも投資初心者は必ず学んでおきたいテクニカル分析といえるでしょう。

ボリンジャーバンド

相場の振れ幅を示すボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドとは、相場の揺れ幅を一定期間の価格データから測定して表示したものです。

平均値だけを表示したチャートでは、どれくらい値動きがあったのかはわかりません。

それを解消するために、平均値からどれくらい値動きがあったのかを表示させます。

ある一定の確率で値動きが収まりやすいレンジをσ(シグマ)と呼び、平均値よりも上のレンジを+1σ、下のレンジを-1σと呼びます。

それぞれ二倍したものが+2σ、-2σです。

正規分布の理論によれば、値動きが+1σから-1σの間に収まる確率は約68.2%、+2σから-2σに収まる確率は約95.4%となります。

値動きが+2σを超えた場合「上昇しすぎ」、-2σを超えた場合は「下落しすぎ」として判断していきます。

ただし、例外的な値動きもあることを頭に入れておきましょう。

RSI

RSI分析の使い方

(画像引用:外為オンライン)

RSIとは「Relative Strength Index」の略で、現在の相場が上昇と下落どちらに傾いているのかを表した指標です。

ある一定期間(一般的には14日間)の変動幅の中で、どれくらいレートが上下しているかを0から100%の中ではかります。

70%から100%の間は「買われ過ぎ」、0%から30%の間に入っていれば「売られ過ぎ」と判断し、そこから反転した場合、売りと買いを判断するというものです。

とても分かりやすく初心者でも利用しやすい指標といえます。

テクニカル分析まとめ

テクニカル分析まとめ

テクニカル分析のまとめ
  • テクニカル分析はトレンド系オシレーター系の2種類がある
  • トレンド系とは、現在トレンドが起きているのか、そのトレンドは上昇傾向にあるのか下降傾向にあるのか、トレンドにはどれくらいの勢いがあるのかを判断するもの
  • オシレーター系は、相場が「売られ過ぎ」「買われ過ぎ」でないかを判断するもの
  • テクニカル分析を行うメリットは、相場の動きが視覚的にわかりやすい、世界中の投資家の動きがいち早く察知できる、投資のタイミングを見極められること
  • テクニカル分析の弱点は、突発的に出たニュースでの値動きや、決算発表、業績見通しによる値動きには対応しきれないこと、ひとつのテクニカル分析だけでは失敗する可能性があること
  • おすすめのテクニカル分析は、ローソク足移動平均線ボリンジャーバンドRSI

テクニカル分析って思ったより簡単にできそう!

設定するだけですぐにできるものが多いからね!すぐに使ってみてね!

テクニカル分析やその元となるチャートの読み方は、投資初心者には少し難しいと感じるかもしれません。

しかし、きちんと理解しておくことで、相場の値動きを判断するための大きな武器になります。

テクニカル分析を理解し、正しく使って、投資初心者でも利益を出していきましょう。

では、テクニカル分析が理解できればローソク足の見てみましょう!

詳細ページローソク足で何がわかるの?ローソク足の見方と活用方法を徹底解説!