【FXピボットを使った手法2つ】計算式4パターンとおすすめアプリも紹介

【アイキャッチ】ピボットの基礎知識と使いこなす方法!!

この記事で解決できる悩み
  • ピボットの見方や使い方がわからない
  • 相場の勢いやエントリーポイントをつかめないけどどうしたらいいの?
  • 何かいいインジケーターはないの?

といった悩みを解決できる記事になっています。

この記事で解説する「ピボットの基礎知識や使いこなす方法」を理解すれば、FX初心者でも相場の勢いやエントリーポイントを把握することができます。

なぜなら、私もこの方法で『相場の勢いや動きを把握することができずになかなかエントリーできない』といった悩みを解決できたからです。

それでは、以下で「ピボットの基礎知識と使いこなすために必要なポイント」について紹介します。

FXのピボットとは

ピボットって何?7本のラインとは

ピボットとは、前日の価格(高値、安値、終値)をもとに、次のローソク足の動きを予測する際の基準となる価格帯を表すテクニカル指標です。

実は、FXだけではなく先物市場や株でも使われています

ピボットのライン7本の意味

FXのピボットのラインが7本ある理由

ピボットは7本のラインで構成されています。

7本の真ん中に位置するのがPPで、相場の売り・買いの圧力のどちらが強いかの判断が可能なラインです。

S1、S2はサポートライン、S3は下降トレンドが転換するラインです。

R1、R2はレジスタンスライン、R3は上昇トレンドが転換するラインになります。

FXでピボットが注目される理由

ピボットは世界中のたくさんのFXトレーダーから注目されています。

特徴としては、他のテクニカル指標にあるパラメーターの設定がありません

パラメーターの設定があると、設定する人によって見るラインに多少のズレが生じます。

しかし、ピボットにはパラメーターがないのでそうしたズレがなく、みんなが同じラインを意識しているため信頼性が高いといえます。

FXピボット計算式4パターン

ピボットの計算式は4パターン!

FXにおけるピボットの7つのラインの計算方法は4つのパターンがあります。

一見難しそうであっても、すべて前日の終値、安値、高値から算出するだけなので、さほど難しくありません。

以下の計算式の表示は、前日の終値を「C」高値を「H」安値を「L」とします。

計算式1:ピボットポイント(PP)

「C+H+L÷3」です。

前日の終値、安値、高値の平均値になります。

このラインを境にして、PPよりもローソク足が上にあれば買いの圧力が強く、下にあれば売りの圧力が強いと判断できます。

計算式2:レジスタンス1=R1、サポート1=S1

R1は「PP+(PP-L)」、S1は「PP-(H-PP)」です。

これらは前日の高値、安値から平均値にどれくらいの幅動いたかを表します。

よって、前日のような相場になれば、このラインがレジスタンスライン、またはサポートラインになる可能性が高くなります。

計算式3:レジスタンス2=R2、サポートライン2=S2  

R2は「PP+(H-L)」、S2は「PP-(H-L)」です。

PPの位置から、前日の値の振り幅分を上下に引いたラインです。

第1のサポートライン、レジスタンスラインで止まらなくても、このラインではおそらく止まるだろうと予測できます。

計算式4:レジスタンス3=R3、サポートライン3=S3

R3は「R1+(H-L)」、S3は「S1-(H-L)」です。

第1のサポートライン、レジスタンスラインから前日の値の振り幅分を上下に引いたラインです。

第1、第2の線を超えるような大きな値動きの場合もR3、S3の範囲で動くだろうと予測できます。

ピボットの基本の使い方2つ

重要!!ピボットの基本の使い方2パターン

ピボットの基本の使い方は以下の2つになりますが、どちらもエントリーポイントを見極める上で重要なものです。

使い方1:相場の勢いを見る

ピボットは相場の勢いがわかります。

PPからその他のラインが離れているほど、相場の勢いが増していると考えます。

複数本のラインがあるため、現在の価格帯はピボットでみるとどのラインに位置するのかにより、相場の勢いを判断します。

使い方2:サポートライン、レジスタンスラインとして使う

ピボットはサポートライン、レジスタンスラインとして使うのも可能です。

上昇や下降がそれぞれのラインで止まるのを予測したり、第1のラインを超えた場合は第2へ、第2を超えた場合は第3へ向かう可能性が高いと予測したりできます。

ピボットを使った 逆張りと順張り手法

ピボットは順張り&逆張り手法 両方に使える

ピボットは状況によって、順張りと逆張りの両方に使えます

どういう場面でどちらの手法を使えばよいかを以下で解説します。

逆張り手法の場合

R1、R2、S1、S2は当日の高値や安値の到達ラインとして、多くの人が注目しているラインになります。

そのため、逆張り(R1、R2で売り、S1、S2で買い)が基本です。

また、ピボットのラインを把握しておくと、張りエントリーのタイミングだけでなく、利確や損切りの目安にもなります。

順張り手法の場合

S3、R3を超えた場合は順張りが有効です。

この2つのラインまで動いた場合は、すでにトレンドが発生しています

そのラインもさらに超えるとなれば、トレンド方向にさらに大きく動くと予測可能なので順張りでエントリーします

注意
一瞬だけ超えてブレイクしない「だまし」のケースもあるので、見極めが重要です。

ピボットを使いこなすポイント3つ 

ピボットを使いこなすためのポイント3つ

以下で解説するポイント3つを押さえておくと、さらにピボットを使いこなせるようになり、戦略も広げられるようになります。

ポイント1:押し目買いでも使える

ピボットは押し目買いにも使えます。

トレンドの発生でラインを超えると、超えたラインがサポートラインになって再びトレンド方向へ動き出す場合もあるので、そこが押し目買いのポイントです。

ポイント2:投資にかける時間でピポットの時間を変える

ピボットは前日の値をもとにするのでデイトレード、またはそれよりも短い時間のトレードに適しています。

スイングトレードなどデイトレードよりも長い時間をかける場合は、日足よりも長い時間軸を使うと効果的です。

長期の目線でみる場合は、日足のピボットだけでなく、週足・月足などでもピボットを算出できます。

ポイント3:ほかのテクニカル指標と組み合わせる

ピボットはほかのテクニカル指標と同じように有効な相場とそうではない相場があります

なので、ほかのテクニカル指標と組み合わせると、より安定した効果をのぞめます

移動平均線

移動平均線はピボットよりも長期のトレンド方向性を見極めるのに適しています。

ピボットは長期トレンドの見極めには不向きであるため、一緒に使用すると、広い視野で戦略を立てられるようになります。

移動平均線とピボットをあわせて使用すると、短期・中期・長期のトレンドを把握したうえでトレード可能なので、トレンドを無視したトレードをしにくくなります

サポート・レジスタンスライン

相場が上昇、もしくは下降したときに、ここで勢いが収まると予測されるラインです。

ピボットのラインと近くなれば、強力なサポートライン・レジスタンスラインとの判断が可能です。

組み合わせて使用すると、それぞれの根拠を補強しあえます

フィボナッチ

フィナボッチリトレースメントは、トレンドのときのサポートライン・レジスタンスラインとして使えるので、ピボットのラインと一緒にみれます。

それぞれが同じような位置にラインがくるときは、強力なサポート・レジスタンスラインになり、エントリーポイントについての根拠を相互補強できます

ピボットを使う際の注意点2つ

ピボットを使う際の注意点2つ

ピボットはとても有効なテクニカル指標です。

しかし、以下の点を把握しておかないと失敗してしまう場合もあるので、注意が必要です。

注意点1:有効な時間に期限がある

ピボットは前日の値をもとにしているので、ラインが有効なのは当日限りです。

次の日にはリセットされるのを頭に入れておく必要があります。

もちろん、週足・月足のピボットでも同じ考え方ができます。

注意点2:相場状況に合わせてトレードする

ピボットは前日の値をもとにしているため、長い期間のトレンドには使えません

ピボットのみで判断すると、エントリーポイントの判断を誤る場合があります。

なので、相場状況を考慮してエントリーするときの判断材料のひとつとして活用しましょう。

ピボットを簡単に利用できるツール 

ピボットを使うための3つのツール

ピボットを使う方法は以下の方法があります。

ツール1:MT4を使う

ピボットを使う方法でもっとも一般的なのがMT4と呼ばれるソフトの使用です。

MT4に対応している国内FXのなかで、オススメなのは「YJFX!」です。

FX会社の口座に登録すると使用可能になります。

ただし、ピボットはMT4に標準搭載していないので、ダウンロードする必要があります

インジケーター

MT4にはピボットが標準装備されていません。

そのため「Pivot」と呼ばれるインジケーターを検索して、ダウンロードする必要があります

MT4を利用してピボットを使う場合は、インジケーターを装備してから利用しましょう。

ツール2:エクセルで計算する

ピボットの計算は、前日の終値、始値、高値を使うだけなので、エクセルを使って簡単に計算するのも可能です。

それぞれのラインのセルに一度数式を入力しておけば、前日の終値、始値、高値を入力するだけで、すべてのラインの数値が出てきます。

ツール3:アプリを使う(ヒロセ通商がおすすめ!)

FXヒロセ通商アプリ

スマホアプリを使ってトレードするのであれば、ヒロセ通商のアプリがオススメです。

ヒロセ通商のアプリでは30種類ものテクニカルを搭載しており、パソコンと同等あるいはそれ以上の機能性を備えています。


また、便利なアラート機能や取引データの分析ツール機能も多く搭載しており、スペックが高いスマホアプリです。

ピボットを見やすく表示させられるので、初心者の方にもオススメです。

FXピボット まとめ

ピボットを身に付けてエントリーを見極めよう

上記で紹介した「ピボットの使いこなし方」を実践すると、今後は相場の勢いや動きがわからずエントリーチャンスを逃してしまうと悩むことは一切なくなり、優位性が高いラインを見極めてエントリーすることができます。

最後にもう一度、内容を確認しましょう。

ポイント
  1. ピボットは世界中の人が注目しているので、信頼性が高い
  2. 相場の勢いがわかる、サポートライン、レジスタンスラインとして使える
  3. 他のインジケーターと組み合わせたり、相場の状況をみて判断したりすることが大切

「慣れないし、めんどうだな」と最初は思うかもしれませんが、一度身につけてしまえば、どこでエントリーすべきかを見極めることが簡単にできるようになります。

この機会にMT4などのツールを利用して、実際にピボットを活用してみましょう。