【FXで稼ぐ学生必見!】税金の仕組みをイラストでわかりやすく説明!

こんな悩みを持つ人へオススメ

  • 親から「稼ぐなら扶養控除が外れない範囲にしてね」って言われたけどのくらいまでなら稼いでいいのかな?
  • アルバイトとFXで稼いだけど税金の確定申告はどうしたらいいの?

この記事で解説する「扶養控除の対象から外れないようにFXの利益を調整する方法」を理解すれば、学生の方でも確定申告の所得控除について理解できます。

なぜなら、私もこの方法でアルバイトの収入に対してFXの利益をどのくらいにすればいいのかという悩みを解決できたからです

それでは「いくらから税金がかかるか」「税金をなるべく払わないようにする方法」の2点を基に説明していきます。

学生はFXでいくら稼ぐと税金はどうなる?

税金の控除とは?学生が注意すべき点

あなたが学生で、親と同居していたり、仕送りをしてもらっているなど親の被扶養者に該当する場合は、年間所得額の合計が38万円を超えると確定申告が必要になります。

給与所得の金額は、給与等の収入金額から給与所得控除額を差し引いて求められます。

また、給与所得控除額は、給与等の収入金額によって変動しますが、最低額が65万円です。

式に表すと、基礎控除38万円 + 給与所得控除額65万円 = 103万円。

給与等の収入金額が103万円を超えると、あなたは親の扶養親族から外れ、親の税金が高くなります。

学生で【アルバイトとFXを兼業している場合】の税金内訳

給与所得がない場合のFXの税金

(アルバイトの給与収入 – 65万円)+ FXの年間利益 > 38万円となったときに、親の扶養親族から外れ、税金がかかる可能性が発生します。

ただ、学生であるあなた自身には「勤労学生控除」が27万円あります。

そのため、年収130万円(103万円 + 27万円)まではまだ税金はかかりません。

しかし、130万円を超えると学生でも所得税を支払わなければなりません。

学生で【アルバイトなどの給与収入がない場合】のFXの税金

給与所得がある場合のFXの税金

FXによる所得が年間38万円以下なら確定申告は不要です。

しかし、アルバイトなどの給与収入がある場合は職場での年末調整で年間の給与に基礎控除38万円が消化されます。

そのため、FXの所得が年間38万円を超えると確定申告が必要になります。

税金の控除とは?FXをする学生の注意点

学生にお得なFXの節税のコツ!税金の控除を使おう

アルバイトなどで収入を得ている学生は、一般に「103万円の壁」130万円の壁」といわれているように、その収入金額によって税金の控除が受けられなくなるので注意が必要です。

学生のFX税金事情1:親の扶養控除

親と生計を共にしている16歳以上の扶養親族を持つ親は38万円(19歳以上23歳未満の場合は63万円)の扶養控除を受けられます。

しかし先ほども述べた通り、あなたの年間の合計所得金額が38万円を超えた場合には扶養控除対象から外れてしまいます。

たとえば、あなたのアルバイトによる年間の収入金額が70万円だった場合は、FXによる年間の収益が33万円を超えたとき、80万円だった場合には、FXによる年間の収益が23万円を超えたときに親の扶養親族から外れます。

学生のFX税金事情2:給与所得控除

前述のとおり、給与所得の金額は給与等の収入金額から給与所得控除額を差し引いて計算します。

給与等の収入金額
(給与所得の源泉徴収票の支払金額)
給与所得控除額
180万円以下収入金額×40%
65万円に満たない場合には65万円
180万円超360万円以下収入金額×30%+18万円
360万円超660万円以下収入金額×20%+54万円
660万円超1,000万円以下収入金額×10%+120万円
1,000万円超220万円(上限)

学生のFX税金事情3:勤労学生控除

アルバイトをしている学生で、一定の条件を満たせば勤労学生控除を受けられます。

通常、1年間の給与所得が103万円以上あると所得税がかかりますが、勤労学生控除が適用されると27万円の控除を追加で受けられるのです。

つまり、38万円の「基礎控除」+65万円の「給与所得控除」+27万円の「勤労学生控除」=130万円の控除を受けられ、1年間の給与所得が130万円以下であれば所得税がかからないようになります。

勤労学生控除を受けるための条件
  • 給与所得などの勤労による所得がある
  • 合計所得金額が65万円以下で、FXなどの勤労以外の所得が10万円以下である
  • 特定の学校の学生、生徒である

ここでの注意点は、FXなどの勤労以外の収入が10万円を超えた場合です。

給与所得が130万円以下であったとしても勤労学生控除は受けられずに、年収が103万円を超えた時点で所得税の支払い義務が生じてしまいます。

 学生ができるFXの税金対策

学生がすべきFXの税金対策

FXの所得金額は上記の画像のように計算されるので、経費が多ければその分減らせます。

またFXでの損失は3年間繰り越せるので、損失も確定申告するようにしましょう!

FXの税金対策
  • 経費を使う
  • 損失を確定申告してお得!3年間繰り越すことができる

※FXの「経費」「税金対策」に関する詳しい内容は、下記をご覧ください!

【FXをする学生の税金事情】まとめ

FXで稼ぐ学生抜けの税金まとめ

上記で紹介した「扶養控除の対象から外れないようにFXの利益を調整する方法」を実践していただくと、今後は確定申告の際にFXの利益の計算で悩むことは一切なくなり、所得税の節税にも対応することができます。

最後にもう一度内容を確認しましょう。

FXで稼ぐ学生向けの税金の話まとめ
  • (アルバイトの給与収入 – 65万円)+ FXの年間利益 > 38万円となると、親の扶養が外れる
  • FXなどの勤労以外の収入が10万円を超えると、勤労学生控除は受けられない
  • FXの所得金額は必要経費の計上や損益通算で節税対策ができる

「慣れないし、めんどくさいな〜」と最初は思うかもしれません。

しかし確定申告の方法を身につけてしまえば、FX取引で利益をあげても扶養控除を外れる心配をなくすことが簡単にできるようになりますよ。