一目で分かる!トルコリラのスプレッドをFX会社別に6つ比較!

トルコリラスプレッドをFX会社別に比較!銀行員が運用のコツを解説!

この記事で解決できる悩み
  • トルコリラのスプレッドはどこの会社が狭いの?
  • トルコリラのスプレッドが広がりにくいFX会社を知りたい!
  • トルコリラでFX会社を選ぶときの基準を知りたい!

と悩んでいる方の悩みを解決できる記事になっています。三井住友信託銀行出身のクニトミが解説します!


銀行員時代は、『投資、外貨預金、不動産、相続、遺言、税金』などの観点で金融資産1〜 5億のお客さまの資産に対するコンサルティングを行っていました。


この記事で解説する『トルコリラのスプレッドでFX会社を選ぶ基準』を理解すれば、これからトルコリラを扱う人でもどのような観点でFX会社を選ぶべきかが理解できますよ!


それでは以下で『FX会社別トルコリラのスプレッドやFX会社を選ぶ基準4つ』について紹介しますね。


※『すぐにトルコリラ運用に向いているFX会社を知りたい!』という方は、『トルコリラの運用におすすめなFX会社3社』から目を通してくださいね!

FX会社5つ トルコリラスプレッド比較

トルコリラのスプレッドをFX会社別にまとめてみました!
FX会社トルコリラ/円
(原則固定)
米ドル/円
(原則固定)
ユーロ/円
(原則固定)
公式
サイト
GMOクリック証券1.70.2銭0.5銭詳しくみる
LIGHT FX1.70.2銭0.4銭詳しくみる
ヒロセ通商1.70.3銭0.5銭詳しくみる
FXプライム4.80.3銭0.9銭詳しくみる
トライオートFX1.60.3銭0.5銭詳しくみる

・米ドル円、ユーロ円のスプレッドは、全て原則固定(例外あり)となります。
※1shot 50万通貨以下の場合

メジャー通貨である米ドル円・ユーロ円ではあまり違いのないスプレッドでも、新興国通貨のトルコリラではかなり違いが出ていますね。

トルコリラのスプレッド比較!基準は4つ!

トルコリラのスプレッド比較!基準は4つ!

トルコリラのスプレッドを比較する目的は「取引コストの低い会社」を選ぶこと。


比較する際の基準は4つあります。

トルコリラ スプレッド比較する際の基準4つ
  1. トルコリラ円のスプレッドが低い会社であること
  2. トルコリラ円のスプレッドが原則固定の会社であること
  3. 約定力が高い会社であること
  4. スプレッド提示率が高い会社であること

基準1:スプレッドが低いFX会社

スプレッドでFX会社を選ぶ際は、トルコリラ円のスプレッドが低い(狭い)会社を選びましょう


トルコリラ円のスプレッドはドル円などのメジャー通貨とは違い、FX会社ごとに大きな差があります


選ぶひとつの基準としては、トルコリラ円のスプレッドが1銭台であること


1銭台であれば、1.7銭(原則固定)GMOクリック証券LIGHT FXがオススメです。


それより高い(広い)スプレッドの会社はあまりオススメしません。

基準2:原則固定のスプレッドを選ぶ

トルコリラ円でスプレッドを低く抑えたい場合は、スプレッドが原則固定の会社を必ず選びましょう。


トルコリラのような為替レートの値動きが大きい通貨は、原則固定でもスプレッドが変動するケースが多々あります


ただし、変動制に比べ原則固定のほうが変動幅をおさえることができため、原則固定の会社を選びましょう。

基準3:約定力の高いFX会社

トルコリラ円でスプレッドを低く抑えたい場合は、約定力の高い会社を必ず選びましょう。


なぜなら、約定力が低いと『注文した価格とは異なる価格で注文が入ってしまう』からです。


そのため『当初予定していたスプレッドよりも広くなってしまう』ことがあり、取引コストが想定外に高くなります。


約定力が高いとこのような現象を減らしてくれます。


ちなみに、約定率が高いFX会社は

の2社で、オススメです。

基準4:スプレッド提示率が高いFX会社

トルコリラ円でスプレッドを低く抑えたい場合は、スプレッド提示率が高い会社を選びましょう。


スプレッド提示率とは、ある一定期間中に原則固定のスプレッド値であった割合(実績)を指します。


この率が低いと原則固定とはいえないため、スプレッドが変動するリスクが高いということになるんです。


なお、このスプレッド提示率は提示している会社が少ないため比較が難しいのですが、トルコリラを扱っている会社の中では唯一LIGHT FXが提示しています。

LIGHT FXは1.7銭の提示率が99.95%!原則固定のスプレッドがほとんど広がりません。オススメです!

トルコリラの運用におすすめなFX会社2社

トルコリラの運用におすすめなFX会社3社

トルコリラでFX取引する際は、低コストで高スワップが狙えるFX会社を選びましょう。


具体的にはスプレッドが狭く取引コストが安い!』『受け取れるスワップポイントが高い!』という一石二鳥の会社が一番オススメです。

このことを踏まえて、当サイトがオススメする3社を紹介しますね。
トルコリラ運用におすすめなFX会社

低スプレッドで高スワップ!トルコリラならLIGHT FX(1.7銭原則固定)

light fx

当サイトが一番オススメするのが、LIGHT FXになります。

なぜなら、LIGHT FXのスプレッドは1.7銭と業界最狭水準


加えて、トルコリラ円のスワップポイントも業界では最高クラスの高スワップ(2019年5~9月の平均が88円 / 日)となっています。


約定率:99.9%、スプレッド提示率:99.95%と高い実績を誇っているので、コストを抑えつつ、安心してトルコリラで取引できますよ。


なお、取引は1,000通貨の少額からできますので、トルコリラ初心者でもリスクを抑えて取引できます!

低スプレッドで安心も求めたい人はGMOクリック証券(1.7銭原則固定)

GMOクリック証券

GMOクリック証券FX取引高国内第1位という実績を持つ大手FX会社です。
※ファイナンス・マグネイト社調べ2012年1月~2019年12月  


当サイトの現役トレーダー222名を対象にしたアンケートでも満足度1位。


幅広い層に安心してオススメできる会社です。


トルコリラ円のスプレッドは業界最狭水準の1.7銭(原則固定)。


スワップポイントは業界最高水準ではないものの、高スワップで安定しています。


さらに、未決済ポジションでのスワップポイントの引き出しが可能なので、安心して運用できるFX会社です。

トルコリラを運用するコツ3つ

トルコリラを運用するコツ3つ

トルコリラには、スプレッドの他にも運用する際のコツがあります。


3つのコツを活かしながら、賢く取引するのがベストです。

トルコリラ運用のコツ
  • 時間分散投資を活用する
  • 1日1回は必ずレートチェックする
  • レバレッジは3倍以内に抑える

コツ1:時間分散投資を活用する

コツ1:時間分散投資を活用する

投資するタイミングをずらすと、高値掴みのリスクを抑えられます。


なぜなら、どれだけ値動きが激しくても、より安く買えるチャンスがあるからです。


具体例を挙げると

資金100万円を投資する場合
  • 4月1日に25万円
  • 4月8日に25万円
  • 4月15日に25万円
  • 4月22日に25万円

といった具合に、日にちを分散させて資金を投資するイメージですね。


いつ高値になるのかは結果論のため、時間差をつけた分散投資がベターとなります。


今後の増資を見極めつつ、利益を狙って取引しましょう。

コツ2:1日1回は必ずレートチェックする

スワップポイント狙いの長期投資でも、最低1日1回はチャートを確認しなければいけません。


こまめにチェックする理由は、ほったらかしにしていたら為替レートが急落する可能性があるからです。


トルコリラの値動きに関係する金融政策や貿易収支も、FX会社のニュース配信などで確認しておく必要があります。


情報量の多いFX会社は以下の記事で紹介していますので、こちらもチェックしてみましょう。

コツ3:レバレッジは3倍以内に抑える

FXのレバレッジを3倍ぐらいに抑えておくのは、多くの成功しているトルコリラの投資家が守っているコツです。


低レバレッジの運用は、急激な相場変動に対応するためのリスクヘッジにつながります。


どれだけ下落してもポジションを維持するレバレッジでこそ、長期のスワップ投資になるのです。

トルコリラ取引ではスプレッド拡大に注意!

トルコリラ取引ではスプレッド拡大に注意!

トルコリラのスプレッドは、日本時間の朝7時~17時にもっとも拡大します。


なぜなら、シドニー市場・日本市場・アジア市場ではトルコリラの取引量が少ないからです。


売買のコストであるスプレッドを抑えた取引は、17時~朝7時のロンドン市場・ニューヨーク市場が開いている時間帯に行いましょう。

FXするなら必見!トルコリラってどんな通貨?

FXするなら必見!トルコリラってどんな通貨?

トルコリラは高金利通貨として有名です。


2019年7月の通貨ペア別取引高では、全65通貨ペアの中で第7位にランクインしています。


投資家の間で人気が高い理由は、高金利通貨を持っているだけでスワップ金利による利益を得られるからです


国内のFX会社がこぞって注目しているものの、スプレッドは主要通貨に比べて広くなっています。

トルコリラの特徴3つ

トルコリラの特徴3つ

最近有名になってきたトルコリラには、発展途上国ならではの事情があります。


しっかり覚えておきたい3つの特徴を押さえて、高金利通貨で儲けられる投資家になりましょう。

トルコリラの特徴
  • 高金利でスワップポイントを狙える
  • 値動きが激しい
  • 利上げ・利下げ幅が大幅

特徴1:高金利でスワップポイントを狙える

日本円を売ってトルコリラを買うと、売買せずとも毎日大きな金利差益を受け取れます。


なぜなら、トルコリラの高金利9.75%から日本円の超低金利0.10%を引いた差額分が、スワップポイントになるからです。


トルコリラの高スワップポイントを取り扱っている会社を知りたいのなら、各会社を比較している下記のサイトをオススメします。

特徴2:値動きが激しい

トルコリラは頻繁に暴落・急騰があり、値動きの激しい通貨です。


価格の上下が激しい通貨である理由は、国を治める勢力が独裁的である点や与党による強行策です。


エルドアン政権への不安・不満からの下落、トルコの与党である共和人民党の選挙勝利で上昇するなど、その値動きやスプレッドの広がりは米ドルなどのメジャー通貨の比ではありません。

特徴3:利上げ・利下げ幅が大幅

スワップ生活を支えるトルコリラの金利は、よく大幅な利上げ・利下げが行われます。


主な原因は、高金利にして外貨や資本を呼び込みたいトルコ側の思惑に対する、米国をはじめとする諸外国との関係です。


トルコの定期的な経済指標に加えて、政府が公表する金利政策や外交にまつわるニュースも見逃せない情報になりますよ。

スプレッドに注意してトルコリラで稼ごう!

スプレッドに注意してトルコリラで稼ごう!

上記で紹介した「FX会社別トルコリラのスプレッド」を理解できれば、今後はトルコリラでどのFX会社がスプレッドが狭いかという悩むことはなくなり、トルコリラで自分の納得のいく運用ができます。


それでは最後にトルコリラを運用するコツのおさらいです

トルコリラ運用のコツ
  • 時間分散投資を活用する
  • 1日1回は必ずレートチェックする
  • レバレッジは3倍以内に抑える
トルコリラの運用におすすめなFX会社

トルコリラは高金利通貨のため、スワップでの利益をどんどん狙っていけます!


うまく活用して、利益を伸ばしていきましょう!


トルコリラの今後の見通しが気になるという人は「トルコリラの長期見通し」の記事も読んでみてくださいね。