大手銀行員が解説!トルコリラ大損理由2つとリスク回避方法2つ!

トルコリラで大損した理由と対策

この記事で解決できる悩み
  • トルコリラで大損してしまうのはなぜ?
  • トルコリラって損失を出しやすいの?
  • トルコリラで大損しない方法を知りたい!

と悩んでいる方の悩みを解決できる記事になっています。三井住友信託銀行出身のクニトミが解説します!

銀行員時代は、『投資、外貨預金、不動産、相続、遺言、税金』などの観点で金融資産1〜 5億のお客さまの資産に対するコンサルティングを行っていました。

この記事で解説する『トルコリラで大損した理由とその対策』を理解すれば、これからトルコリラを扱う人でもどこに注意すべきかがわかるようになりますよ!

それでは以下で『FX会社別トルコリラのスプレッドやFX会社を選ぶ基準4つ』について紹介しますね。

目次

トルコリラで大損してしまう理由2つ

トルコリラで大損する2つの理由

トルコリラで大損をした人は、以下2つの理由どちらかで損失を被っていることが多いです。

理由をしっかりと把握して、同じ間違いをしないように心がけましょう

トルコリラで大損してしまう理由
  1. レバレッジのかけすぎでロスカット
  2. スワップの魅力につられる

理由1:レバレッジのかけすぎでロスカット

トルコリラで高レバレッジの取引を行った場合、ロスカットされる可能性が高くなります

理由はトルコリラが値動きの激しい通貨で大きな値動きが頻繁に起こるからです。

たとえば、1トルコリラ=18.40円のレートで1万通貨のトルコリラをレバレッジ10倍で買うと、1.15円下がっただけで強制決済になります。


トルコリラで1.15円の値動きは珍しい話ではないので、ロスカットされる可能性が高くなってしまうのです。

理由2:スワップの魅力につられる

為替差損

2つ目の理由は「スワップの魅力につられてしまう」ということです。

なぜならスワップの高さにつられ、他のリスクを考えられていないからです。

投資では基本、為替損益によって利益か損失かが決まります。

スワップの高さばかり見ていると、為替損益のことを考えられず、貯めたスワップも吹き飛ばす損失をする可能性があります。

スワップの高さは魅力的ですが、為替によって損益が決まることを覚えておきましょう。

トルコリラで大損してしまう人の特徴2つ

トルコリラで大損する人の特徴2つ

トルコリラの取引で大損する人には、いくつかの共通点があります。

自分の行動を振り返って、当てはまっていないかどうか確認してみましょう。

トルコリラで大損してしまう人の特徴
  1. 一攫千金を狙う
  2. メリットに目が眩む

特徴1:一攫千金を狙う

1回の勝負で一攫千金を狙う人は、トルコリラで大損をする確率が高くなります。

全財産を投じるハイリスクの投資を行いがちで、自分の資金を失う可能性への配慮と冷静な判断がないからです。

給料手取り20万円の人が給料日に約10万円をトルコリラに投資した場合、ハイリスクで投資すると数日でほぼすべてを失う可能性があります。


一攫千金を狙う人はギャンブル感覚になり、冷静な判断ができなくなりますので注意しましょう。

特徴2:メリットに目が眩む

FXで勝ったときのメリットだけ考えるのも、トルコリラで大損をする人の特徴となります。

理由は、自分が負ける可能性を一切考えないからです。

リスク管理を知らない投資家は、少しの値動きで数万円儲けられるポジションを保有して、逆行された挙句のロスカットで終了しています。


スワップの高さなどメリットばかりに目を向けるのではなく、値動きが激しいなどデメリットも考慮した取引をしましょう。

トルコリラ今後の見通し

トルコリラの今後の見通しとは?

トルコリラの見通しですが、今後1~2年はいいと予想します

理由は以下の通りです。

  • 2023年まで大きな選挙の予定がない
  • アメリカが利下げをした
  • エルドアン大統領の力量は未知数

直近で選挙があれば不安定要因になりますが、2023年まで選挙はなく、比較的安定しています。

そして2019年10月にアメリカが利下げを実施した結果、相対的に先進国通貨への魅力が高まっているのです。

とはいえ3年以降は見通しが立ちません。投資家などプロでも見通しが立たない状況です。

もっと詳しくトルコリラの見通しを知りたい方は、以下の記事も読んでみてくださいね。

トルコリラにおすすめな投資方法

トルコリラの見通しを踏まえたオススメ投資方法は2つです。

  • 1~2年での中期投資
  • スキャルピング

以下の投資方法を使うことで見通しを考慮した取引ができ、より効率的に利益を出せますよ

それでは以下で確認していきましょう。

トルコリラおすすめ投資:中期投資

トルコリラでオススメな中期投資を解説

トルコリラは今後の1~2年で多少の値上がりが見込めるため、スワップを稼ぐ中期投資をオススメします。

長期投資を避ける理由は、『5年〜10年の長期チャート』では下降トレンドが続いているからです。

トルコリラ10年

画像をご覧いただくとわかりますが、10年以上ずっと下落しているのです。


長期取引はおすすめできないものの1~2年の中期取引はおすすめできるので、半年以上のスワップで上乗せになる結果を目指しましょう。

自動売買もやりたい人はインヴァスト証券 トライオートFX

トライオートFX

トルコリラのスワップで稼ぐのならば、業界で上位のスワップポイントをもらえるインヴァスト証券 トライオートFXがオススメです。

オリジナルの自動売買プログラムを利用すると、24時間がそのまま収益のチャンスに変わります

上限なしのキャッシュバックなどお得なサービスが豊富で、トルコリラ円で儲けやすいFX会社です。

少額取引からスワップを得たい人はLIGHT FX

light fx

堅実にトルコリラの取引を進めたい人は、1,000通貨から取引可能なLIGHT FXを使用しましょう!

最小単位の少額取引は、ポジションの平均買値を下げる目的でも役立ちます

提供されるスワップポイントは常に高水準を保っているため、複利運用でもより大きな利益が狙えますよ!

トルコリラおすすめ投資:スキャルピング

トルコリラの大損が心配ならスキャルピング!

長期投資によるトルコリラの大損が心配な人は、短時間のスキャルピングがオススメですね。


短期間で取引を行えば、『知らない間に大損していた!』というリスクを回避できますよ!

少額からスキャルピングしたい人はみんなのFX

みんなのFX

大きな金額を扱うのが不安ならば、少額取引可能みんなのFXでトルコリラを売買するのがベターです。

トルコリラ円のスプレッドが非常に狭く、ポジションの保有からすぐに利益確定の取引を行えます。

期間限定のキャンペーンや一部の時間帯でスプレッドを原則固定としており、小さな利益を稼いでいくスキャルピング向きです。

スキャルピング公認のFX会社を選びたい人はFXプライムbyGMO

FXプライムbyGMO

日本国内でスキャルピング公認のFX会社といえば、FXプライムbyGMOです。

注文の約定率100%でスリッページなしのシステムを運用中で、スキャルピングとして国内トップの環境を誇っています。

手数料のスプレッドは少し広めになっているものの、狙った価格で約定するメリットのおかげでイメージ通りに売買可能です。

※当サイト限定タイアップ キャッシュバック最大13,000円有り!

安定したFX会社を選びたい人はGMOクリック証券

GMOクリック証券

信頼のおけるFX会社の筆頭は、FX取引高8年連続No.1GMOクリック証券です。
※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2019年12月)

高い評価を受けている取引ツールは端末ごとに用意されており、パソコンとスマートフォンそれぞれの特徴を最大限に活かせます。


トルコリラのスプレッドも狭いため、コストも抑えながら取引ができますよ!

注意

売買の単位が1万通貨のため、スキャルピングの資金効率は多少下がる点に気をつけましょう。

トルコリラで大損しないコツ3つ

トルコリラで大損しない3つのコツ

トルコリラで大損を防ぐためには、いくつかコツがあります。

下記3つのコツを押さえると低リスクで賢い取引ができます

トルコリラで大損しないコツ3つ
  1. 時間分散投資を活用する
  2. 情報収集を怠らない
  3. サヤ取りをする

コツ1:時間分散投資を活用する

時間分散投資を利用する

トルコリラで大損しないためには、時間分散投資を活用しましょう。

時間分散投資を活用することで、高値掴みのリスクを抑えることができ、より大きな利益を見込めます

仮に100万円の資金があった場合、

  • 2月1日   20万円
  • 2月11日 40万円
  • 2月17日 20万円
  • 2月25日 20万円

といった感じですね。

価格が暴落した場合でも、損失を最低限に抑えることができ、資金がなくなるのを防げますよ。

コツ2:情報収集を怠らない

トルコリラは政治的な要因で動く場合が多いため、為替ニュースでいち早く情報を察知するべきです。

FX会社が提携しているニュースは速報で表示されるので、ポジション管理のついでに確認できます。

大損につながる恐れがあるトルコリラの最新情報を得る方法としては、こちらの記事の内容が一押しです。

コツ3:サヤ取りをする

大損しないコツの3つ目は、スワップポイントの差額を利用したサヤ取りと呼ばれるテクニックです。

価格変動のリスクが大きいトルコリラでも有効な手段で、買いスワップと売りスワップでそれぞれサヤ取りに適したFX会社が必要となります。

トルコリラのサヤ取りを詳しく学びたい人には、こちらの記事がオススメです。

トルコリラを扱う注意点3つ

トルコリラを扱う3つの注意点

高金利のトルコリラは、他の通貨とは違うリスクを持っています。

自分のお金を増やすために取引する場合は、下記の3つの注意点をチェックしておきましょう。

トルコリラを扱う注意点
  1. レバレッジは3倍以下に抑える
  2. 余裕を持った資金が必要
  3. 金利が動きやすい

注意点1:レバレッジは3倍未満に抑える

トルコリラで取引するとき、レバレッジは3倍未満に抑えて取引しましょう。

なぜならトルコリラは値動きが大きく、レバレッジをかけると即ロスカットされる可能性があるからです。

たとえばレバレッジ10倍をかけて取引すると、約1円動いただけでもロスカットになります。


トルコリラで約1円の値下がりは頻繁に起きるので、レバレッジは3倍未満に抑えて取引すべきでしょう。

注意点2:余裕を持った資金が必要

証拠金維持率300%以上を目安とした資金の用意が、大損しにくいトルコリラ運用の条件です。

資金に余裕を持たせる理由は、過去に大幅な下落を記録しているからです。

たとえば取引に20万円必要とすると、口座に20万円だけ入れていては早々にロスカットになる可能性が高まります。

20万円の取引で証拠金維持率を300%以上キープするには、最低でも60万円は口座に入れておきたいですね。

1万通貨で1日60円以上の利益もあり得るトルコリラのスワップポイントを活かすには、ロスカットにならないこと大切です

注意点3:金利が動きやすい

トルコリラは、政策金利の発表をチェックすると安全に運用できます

政情不安のトルコリラでは、頻繁に政策金利が動くからです。

2019年6月に24%だった政策金利は、2020年5月の段階で8.25%まで下がり、頻繁に変動しています。

大損を防ぐのに有用なニュースなど、情報を手に入れる手段をいくつか持っておきたい場合は、こちらの記事に掲載されているサイトやアプリが信頼できます。

トルコリラで大損してしまったときの対応策3つ

トルコリラで大損した時の対応策3つ

自分では対応しきれない大損になった際には、下記の3つの対応策が効果的です。

万が一に備えて、事前に解決策を理解しておきましょう! 

トルコリラ大損への対応策
  1. 家族から借りる
  2. カードローンを利用する
  3. 弁護士に相談する

対応策1:家族から借りる

素直に事情を話して家族からお金を借りる方法が、もっとも安全です。

家族同士の借金では原則的に金利による利息が発生しないため、約束した期日までに返済できず困る心配はありません。

金融機関でお金を貸してもらえるのかは状況によるので、最初に家族に相談してから他の方法を検討するのがベストです。

対応策2:カードローンを利用する

申し込みから短期間で審査が完了する金融機関のカードローンは、FXの損失を補填する手段としても有効です。

基本的に限度額まで自由に使えるカードローンは、トルコリラの大損でお金がなくなった際に重宝します。

注意

カードローンは比較的金利が高いので、借金の返済に用いる場合には計画的に利用しましょう。

対応策3:弁護士に相談する

自分で支払いきれない借金を抱えてしまったケースでは、債務整理に長けている弁護士に相談しましょう。

支払いを求めているFX会社との交渉など、専門的な対応が可能になり、自分の日常生活を守れます

市役所や弁護士の団体は予約制の無料相談も行っているため、1人で抱え込んで完全に追い詰められてしまう前に法律のプロに助けてもらいましょう。

トルコリラに関するQ&A

トルコリラに関するQ&A �

Q1:トルコリラはリスク高いって聞くけど、なんでなの?

トルコリラのリスクが高いと言われる一番の理由は、経常収支が赤字という点です。


経常収支が赤字な影響か、2019年6月の格付けにおいて、ムーディーズは「Ba1からB1に格下げ」を発表し、S&Pも格下げを発表しています。


格下げされるほどトルコの状態はよくないことを表しており、投資にもリスクが付きまとうのです。

Q2:今後のトルコはどうなりそう? 

GDPから見るトルコ

今後のトルコは、直近ではなかなか成長が見込めないものの、長期的には成長が見込めると推測します。


IMF(国際通貨基金)は2019年9月に、『トルコリラが回復し、経常収支も改善しつつある』と発表しています。


トルコは若い労働力が豊富で、今後より一層の成長があると見込まれているのです。


数年は成長がなかなか見られないものの、長期的には成長し回復していくと思いますよ!

トルコリラで大損をしないようになろう!

リスク管理をしてトルコリラの取引をしよう

最後にもう一度内容を確認しましょう。

この記事のおさらい
  • 1~2年はトルコリラの見通しはいい
  • 取引は中期投資かスキャルピングがおすすめ
  • トルコリラはリスク管理が必須

トルコリラ取引におすすめなFX会社は以下です。

スワップポイントで稼ぐ
スキャルピングをする

『トルコリラは大損しそうで怖い・・・』と最初は思うかもしれないですが、一度身につけてしまえば、リスク管理をしながら取引ができるようになります

レバレッジの高さに注意しながらトルコリラで取引をしていきましょう!