【FXニュース比較!】最新情報はどこで得ればいいの?アプリも紹介

この記事で解決できる悩み
  • おすすめのニュースサイトってなに?
  • 有益な情報を教えてくれるアプリは?
  • ニュースをどのように活かしてFXをすればいい?

といった悩みを解決できる記事になっています。三井住友信託銀行出身のクニトミが解説しますね!


銀行員時代は『投資信託、外貨定期、不動産、税金、遺言、相続』の6つの観点で、金融資産1〜5億のお客さまへのコンサルティングを行なっていました。

この記事で解説する「おすすめのニュースサイト・アプリ」を活用すれば、FXで稼ぐために必要な情報がいち早く手に入るようになりますよ!

それでは、以下で『ニュースサイトやアプリ、そのニュースの活かし方』について紹介しますね。


『情報取集に優れたFX会社を早く知りたい!』という方は以下の比較表をご確認ください!

FX会社速報性配信
社数
スマホアプリ利用料評判
androidios
外為どっとコム
公式ページを見る
花丸

3社

無料
詳しくみる
外為オンライン
公式ページを見る
花丸

3社

無料
詳しくみる
GMOクリック証券
公式ページを見る
花丸

3社

無料
詳しくみる
DMMFX
公式ページを見る

2社

無料
詳しくみる
FXブロードネット
公式ページを見る

2社

無料
詳しくみる
FXプライムbyGMO
公式ページを見る

2社

無料
詳しくみる

ニュース配信数でみるなら、外為どっとコム外為オンラインGMOクリック証券がオススメだぞ!

FX会社の経済ニュースアプリ6社比較

FX会社のニュースは意外と使える!

世界的に有名な新聞社や通信社から情報収集することも重要ですが、意外とFX会社から提供されているニュースを確認することも効果的なのです。


多くのFX会社は通信社や新聞社と契約をしているため、情報提供が速くその量も豊富です。


そのためFXに特化した情報を知りたい方は、FX会社から提供されている情報で十分かもしれません。


またFX会社によっては、FXの取引画面からニュース欄に画面を切り替えるシステムもあるので、取引しながら確認できるメリットもあります。

FX会社のスマホアプリをインストールしておけば、いつでも経済ニュースが受信できますよ!

では、経済ニュースがおすすめのFX会社アプリ6社を比較して紹介しますね。

圧倒的な情報量が欲しい人は外為どっとコムがおすすめ!

外為どっとコム

外為どっとコムはロイター社やFISCO社、DZHフィナンシャルリサーチ社の3社から情報を仕入れており、情報量も多いです。


ニュース配信のほかにもアナリストのレポート配信や、オリジナルコンテンツである為替注文情報など、幅広く情報を知れますよ!

外為どっとコムのマネ育チャンネル

また、FX初心者向けの情報から、新型コロナウイルスによる影響など、記事や動画で情報を知れる『マネ育チャンネル』もあり、ほぼ毎日最新情報が更新されています!

FXレポートもそうだが、インタビューや高金利通貨にピックアップしたコンテンツなど、情報では他を圧倒しているぞ!

最速で良質な情報が欲しい人は外為オンラインがおすすめ!

外為オンライン

外為オンラインのロイターニュースでは、ロイター社と契約しているため、情報提供が速い特長があります。


さらに「専門用語が分からないこと」や「ニュースの活用方法」に悩んでも、同じサイトで調べられるので便利ですよ。


とくに、ニュースの活用方法については、「兵ブロガーの週刊相場予想」にFX初心者の方にオススメの内容がたくさん掲載されています。

FXニュース:外為オンラインブログ

こちらのページには、外為オンラインと契約しているFXトレーダーたちが更新していて、最新ニュース分析の仕方や取引への活かし方が掲載されています。


FXのニュースの活かし方に慣れていない方や、ほかのFXトレーダーがどう取引しているのかを知りたい方には参考になるページではないでしょうか。

初心者にとってFX会社のニュースページから情報を集めることは、最新ニュースニュースの活用方法一度に収集できる手段ということだぞ!

FXニュースでおすすめのサイト3選

FXニュースでおすすめのサイト3選

経済指標は世界中から毎日更新されるものです。


それらすべてを偏りなく見ることってすごく難しいですよね。


しかしある程度「いつどんな経済指標が発表されるか」を事前に知っておかないと、急な値動きに対応できず損失を生んでしまう危険性も……


その危機を回避するためにも、なるべく網羅的に情報収集できる以下のニュースサイトを利用しましょう。

1:羊飼いのFXブログ

FXニュース:羊買いブログ掲載元:羊飼いのFXブログ

羊飼いのFXブログは、為替に関する情報が分かりやすくまとめられています。


画面中央には、今週発表される経済指標が一覧になっているので、必要な情報探しやすいです。


暗中模索に取引をするより、「今週はこういう経済指標の発表があるから、大きく相場が変動すだろうな」と取引の予習ができて良いですよね。


またその曜日をクリックするだけで、「本日の為替相場の注目点とその見通し(客観的な視点)」を見ることができます。


このページには「羊飼いのFXブログから得たFXニュースをどう活用すべきか。どこに焦点を当ててニュースを分析すべきか」が明記されているので、取引に活かしやすいです。


今後、経済指標をFXの判断材料にしようと考えている方には、非常にオススメです。

2:ウォール・ストリート・ジャーナル

FXニュース:WSJ掲載元:ウォール・ストリート・ジャーナル

ウォール・ストリート・ジャーナルは、世界最大の経済新聞として有名です。


アメリカでもっとも影響力のあるメディアのダウ・ジョーンズ社が発行していて、とくに経済や金融の動向分析を強みとしています。


ウォール・ストリート・ジャーナルの特徴は、世界80ヶ国以上100都市以上に支局を置き、現地の記者が記名記事を書くことです。


原則的に匿名記事を掲載しないことで、世界中にいる記者が現地から責任をもって報道している点が高く評価されています。

3:ロイター

FXニュース:ロイター掲載元:ロイター

ロイターは、世界的に有名な通信社でウォール・ストリート・ジャーナルよりも金融系に特化しているメディアです。


これは、メディア上部のカテゴリが「企業・産業」「株式市場」「外貨」などの金融系の情報に絞られていることからもうかがえます。


為替動向をいち早く知りたい方は、ロイターをブックマークしておくことをオススメします。

ゼッタイ見るべきTwitterアカウント3つ

FXのニュースで、オススメなTwitterアカウント3つ

FXのニュースをどう活かせばいいかは、FX会社のトレーダーブログを参考にしてもいいんですね!

そうだぞ。実力のあるトレーダーが相場予測してくれるサイトを活用することが、FX初心者には便利だな!
早速FX会社のトレーダーブログを参考にしてみよーっと!

ちょっと待て!ニュースサイトやトレーダーブログ以外にも重要な判断材料があるんだ!それは要人発言だ。
あ!ファンダメンタルズ分析でも要人発言は大切って教わりました!

そうだぞ!だからFXニュースに対して影響力のある人物がどう反応するかも、為替相場には大きく影響する!要人発言の影響を軽く見てはいけないんだ!

経済指標を調べたり、FX会社が契約しているアナリストの情報を調べたりすることも重要ですが、要人発言の要素も為替相場に大きく影響を与えます。


要人発言の厄介な点は、予定調和を乱す突発的な発言から相場が大きく乱れることです。


したがって為替相場を分析するときは、その突発的な要人発言を含めて考える必要があるのです。


それでは次から、どんな要人をマークすべきか紹介します!

1:ドナルド・トランプ

FXニュース:要人発言要人発言の代表例は、アメリカの大統領のドナルド・トランプ氏です。


トランプ氏はアメリカのメディアに批判的な立場なので、報道の多くを「フェイクニュースだ!」と主張しています。


だからこそトランプ大統領は「メディアを通さずに、国民に直接的に意思を伝えたい」という理由でTwitterに力を入れているのだそうです。


トランプ大統領のTwitterに動きがあっただけでニュースになることから、影響力が高いことがうかがえますね。


為替相場にも大きく影響を与えるので、日ごろから確認することをオススメします。


日ごろから更新されているトランプ大統領のTwitterは、日本語訳のTwitterもあるのでこちらをご覧ください

2:各ニュース会社

FXニュース:日経ビジネスオンライン公式Twitter:日経ビジネスオンライン

要人発言を確認する手段として、各ニュース会社の公式Twitterアカウントをフォローすることも効果的です。


各ニュース会社の公式Twitterアカウントをフォローするメリットは、速報性が高く、スマホでサクッと確認できる手軽さにあります。


フォローすべきニュース会社は、先ほど紹介した「ウォール・ストリート・ジャーナル」や「ロイター」、「日経ビジネスオンライン」です。


とくに日経ビジネスオンラインは、国内のビジネス関連に特化して動向を提供しているメディアです。


サイトのカテゴリも業種別(小売り情報・通信製造政治・国際スキル・ライフなど)に設定されています。


国内の業種別に情報を収集する必要があるときは、日経ビジネスオンラインが有効です。

3:個人投資家

国内の個人投資家のブログを見ることも重要になります。


個人投資家は重要な為替情報をリアルタイムでつぶやいたり、トレンドを独自の経験から分析しているので、FXに活かしやすいです。


ただ、紛らわしい情報を流している場合もあるので、見る人は有名な方に絞りましょう。


同じ国でFXをしている先輩トレーダーから見て、為替相場が今後どんな値動きをする可能性が高いか参考にしてみてはいかがでしょうか。

有名な個人投資家1:たばてぃん(田畑 昇人)

FXニュース:たばてぃん公式Twitter:たばてぃん

たばてぃんは、スマホでFXをする取引スタイルの個人投資家です。


Twitterを通して、トレンド情報や戦略を提供しています。

有名な個人投資家2:大橋ひろ子

FXニュース:大橋ひろ子公式Twitter:大橋ひろ子

大橋ひろ子は、フリーアナウンサー兼、FXトレーダーとして活躍している個人投資家です。


経済系の番組で活躍していた経験を活かしFXを始めたそうです。


公式ブログには細かくチャート分析方法や、今後の取引の判断材料が丁寧に掲載されています。


国内の個人投資家が最近のトレンドをどう分析し、取引をしているかを知りたい方にオススメです。

ここまでの内容で、旬な情報を数多く集めることが取引の自信につながるって思えてきました!

旬のニュースを集めることが大事なんだぞ
旬な情報を集めるためには、やっぱりスマホを活用したいです!なにかオススメのスマホアプリないですか?

それなら複数のニュースアプリ使うより、ひとつのアプリでまとめて確認したほうが効率的だぞ!オススメのスマホアプリを紹介しよう!

FXニュースアプリのまとめ速報とは

FXニュースアプリは使えるのか?まとめ速報とは

FXニュースをまとめているスマホアプリでオススメなのは、FXニュースまとめ速報です。


このFXニュースアプリは、網羅的に情報を集めることができる優れものです。


FXニュースまとめ速報が提携しているブログリストは14サイトで、以下のブログから表示するものだけ取捨選択することもできます。

提携する14サイトの具体例
  • FX2chまとめブログ
  • ザイFX! 為替のとれたてニュース
  • グローバルインフォ 今日の目線!
  • 野村雅道のID為替研究所(Day)
  • 松本鉄郎の実戦相場予測
  • 外為どっとコム総合研究所
  • 為替ニュース❘Kluq クルーク
  • 日本経済新聞-経済
  • 日本経済新聞-株・金融
  • 朝日新聞-経済・マネー
  • NHK-経済
  • 産経ニュース-経済・IT
  • ロイター-ビジネス
  • 東洋経済-総合

これだけたくさんのニュースサイトを確認できれば、ほかのニュースアプリを使わなくてもよさそうですよね。


また通知設定は朝昼晩の1日3回まで設定することができますし、気になる記事はお気に入り登録してあとでまとめて確認することもできます。


人気の記事は、「日・週・月」ごとに分けて確認できる点も便利です。


Android版は、こちらからダウンロードしてみてください!

必見!すぐに為替が動くニュース4つ

このニュースは必見!すぐに為替相場が動くニュース4つ

これまで、FXをするうえで必要なニュースを収集するサイトやアプリをご紹介してきました。


ニュースを見るときは、FXに活かせる形で収集することが重要だと理解してもらえたかと思います。


それではここからは、どんなニュースが為替相場に影響を与えやすいのかを解説します。


FXで注目すべきニュースをご自身で見分けられると、さらなる収益アップにつながりますよ!

1:国際的な資金のやりとり

国際的な企業合併や買収(M&A)があると、大きく為替相場が動くことがあります。


たとえば2016年、ソフトバンクグループがイギリスの半導体回路設計大手企業のARMホールディングスを約3兆3000億円で買収したことでも、為替相場に影響を与えました。


1回の買収で何兆円もの資金が動くことは、短期的にも為替相場に影響を与えやすいです。


経済指標以外にも、企業間のM&Aなど国際的な資金のやり取りによって、いつもと違う相場の動きが起こることを予想しましょう。

2:有事の際の円買い

政治的・軍事的なニュースが流れ世界情勢が悪化すると、比較的安全な通貨が買われます。


不安定な通貨を持っていても、いつどうなるか分からないからです。


なかでも日本円は、金利が低く対外純資産が多い特徴があり、比較的安全な通貨なので、リスク回避を目的とするなら円を買うトレーダーが多いです。


そのことを「有事の際の円買い」と呼びます。


したがって軍事的なニュースや世界情勢の悪化に関するニュースが流れてきたら、円が買われる傾向にあることを知っておきましょう。


それだけでも為替相場の予想がしやすくなりますよ!

3:通貨当局の動き

通貨当局とは各国の中央銀行や中央銀行などのことで、日本では財務省と日本銀行のことです。


国の公式発表であるため信ぴょう性の高さや影響力は計り知れず、他国にも影響を及ぼします。


また通貨当局が政策金利為替介入をすることで、主に物価の安定を図っています。


国の物価や金利政策に関するニュースは常に重要性が高いので、チェックが必要です。

4:為替介入

先ほど紹介した通貨当局の動きのなかでも、もっとも注目すべきは「為替介入」です。


為替介入とは、通貨当局(各国の中央銀行など)が国が為替相場の安定のために為替取引を行うことをいいます。


例として、1985年9月に実施されたプラザ合意について紹介します。


プラザ合意では、ドル高を阻止するためアメリカ・イギリス・日本・西ドイツ・フランスの5か国で外国為替市場に介入しました。


各国がドルを意図的に売ることで、実施前1ドル240円だった相場が200円までに下がり、その2年後には120円までに下がっていったのです。


先進国5か国が意図的な為替介入(協調介入)を行うことで、ここまで為替相場が変化するとは驚きですね!


今後も各国が協力して為替介入をするニュースが流れたら、大きな相場変動が起きることを理解しておきましょう。

ニュースを見る時の注意点2つ

このニュースはホント?ニュースを見る時の注意点2つ

ニュースを見るときは、国の公式発表経済指標が為替相場を大きく動かすんですね!

だからといって、ニュースのすべてを鵜呑みにしないほうがいいぞ!とくに、個人が運営しているTwitterだと、運営者の解釈によって情報の伝わり方が変わるときがあるんだ!
それなら本当の情報が何かわからなくなりそうですね…

フェイクニュースに騙されないために、何に注意すればいいかを説明するぞ!

1:フェイクニュースに注意

最近では、情報が溢れてしまって何を信じていいか分からなくなりますよね。


経済指標の数値を間違うことは少ないはずですが、経済動向の分析や要人発言の解釈などに違いが生まれることは多々あります。


そうやって、影響力が大きいニュースメディアでも、間違った情報を発信してしまうことを理解しておきましょう。


フェイクニュースに騙されないためには、同じニュースを別サイトで比べたり、なるべく記者やメディアの意図を介入させないことも必要です。


とくにTwitterのように情報の所在が分からない情報や、個人の解釈に影響を受けている可能性が高い情報は「そういう会社くもあるんだ」程度にしておくのがオススメです。


なるべく通貨当局など国が公式に発表している情報や数値を参考にすることで、フェイクニュースを避けられますよ!

2:米国の経済指標の影響力は他国にも

アメリカの経済指標は、世界に大きく影響を与えるので注意が必要です。


その理由のひとつは、米ドルが世界の基軸通貨だからです。


たとえばユーロで取引を行う(ユーロを買う)場合、まずアメリカドルを購入してから、ユーロを購入する必要があります。


このように米ドルで取引をしていない人でも、ドルを仲介して取引をする仕組みがあるのです。


したがってアメリカを介さないで取引している方も、アメリカの経済指標は日ごろから確認しておくことをオススメします。

FXニュースのまとめ

FXニュース まとめ

FX 情報収集(ニュース)まとめ
  • 2018年11月に発表予定の経済指標は、23種類
  • オススメのFXニュースサイトは、「羊飼いのFXブログ」・「ウォール・ストリート・ジャーナル」・「ロイター
  • FX会社のニュースページは、「外為どっとコム」・「外為オンライン」が便利!
  • 要人発言で影響力があるTwitterアカウントは、「トランプ大統領」・「日経ビジネスオンライン」・「国内の個人投資家
  • オススメのFXニュースまとめアプリは、「FXニュースまとめ速報」
  • 為替相場が動くニュースは、「国際的な資金のやり取りに関するニュース」・「有事の円買い」・「通貨当局の動き」・「為替介入
  • FXニュースを見るときの注意点は、「Twitterを過信しないこと」・「アメリカの経済指標はチェックすること

FXをするうえでは、旬なニュースを集めて為替相場の予想をすることが重要です。


上記のポイントを参考にFXニュースをみれば、勘に頼ることがなくなり、確実な取引ができます。


今まで見方がわからなかった方も、今後はニュースを活かして、FXの収益アップを目指しましょう!