徹底比較!豪ドル円スワップポイント金利が高いFX会社3つ

豪ドルの見通しを徹底解説

この記事で解決できるお悩み
  • 最新の豪ドルスワップポイントを知りたい
  • 各社のスワップポイントを比較する際の注意点や選び方を教えてほしい
  • 豪ドルのスワップポイント運用でオススメの会社を知りたい
  • 一番条件の良いFX会社で運用したい

上記の悩みを解決できる記事を作成しました。


この記事で解説する『豪ドル  スワップポイント金利が高いFX会社5社』を理解すれば、豪ドル運用する際に最適なFX会社を選べますよ!


『失敗しないFX会社の選び方3つ』と『スワップポイント運用する際の注意点3つ』も解説して、初心者がミスしやすい箇所も事前にとお伝えするので、じっくり読み込んでくださいね。


『豪ドル で、高スワップポイントを提供するFX会社を知りたい!』は、『一目で分かる!おすすめFX会社比較表』をご覧ください!

2021/06/23更新 豪ドル スワップポイント比較

豪ドルスワップポイントFX会社比較

豪ドルの最新スワップポイント比較を紹介します。


どの会社が豪ドルで一番儲かるのか?の参考になるように、下記の項目で各社を比較しています。

比較する項目
  • 各社の最新スワップポイント(/日)
  • 各社の年間スワップポイント予想
  • 各社の2019年1月~12月までのスワップポイント累計

2021/06/23時点では、2円/日のスワップが受け取れるヒロセ通商がオススメですよ!
FX会社最新
スワップ
ポイント
年間
スワップ
ポイント
スワップポイント実績公式
サイト
2020年累計2020年月平均
LIGHT FX
公式ページを見る
0
円/日
0
1,718
172
円/日
詳しくみる
SBI FXトレード
公式ページを見る
1
円/日
365
2,627
219
円/日
詳しくみる
GMOクリック証券
公式ページを見る
1
円/日
365
2,218
185
円/日
詳しくみる
外貨ex byGMO
公式ページを見る
1
円/日
365
1,199
109
円/日
詳しくみる
ヒロセ通商
公式ページを見る
2
円/日
730
2,257
188
円/日
詳しくみる
FXプライムbyGMO
公式ページを見る
1
円/日
365
1,080
90
円/日
詳しくみる

・スワップポイントは全て1万通貨買いになります。
・最新スワップポイントは情報取得日:2021/06/23時点のスワップポイントになります。
・年間スワップポイントは『最新スワップポイント×365日』で算出しています。
・スワップポイント実績は『2020年1月〜情報取得日の前月末まで』の累計額になります。

結局のところ、スワップポイントが一番大きい会社を選べば、得するってことですよね?

基本的にはね。ただ最新のスワップポイントだけで会社を選んでしまう期待を下回る結果になることもあるんだよ。
えっ!?そうなんですか?

豪ドルは高金利通貨のなかで比較的安定していますが、最新のスワップポイントだけで会社を選ぶのは大変危険です。


なぜなら、「スワップポイントは日々変動」するからです。


豪ドルでスワップポイントを運用する前に知っておいてほしい

  • 運用する会社を選ぶ際のコツ
  • 豪ドル円ならオススメのFX会社
  • 運用する際の注意点

の3つについて、解説していきます。

まずは会社選びのコツから解説します。

豪ドル 失敗しないFX会社選びのコツ3つ

FX会社を選ぶコツを解説

「豪ドルで高いスワップポイントを受け取りたい!」この希望を叶えるために、会社選びのコツが3つあります。

FX会社を選ぶ際のコツ3つ
  1. 1日のスワップポイントよりも、長期単位での実績を見ること
  2. 未決済でも、スワップポイントが引き出せる会社を選ぶこと
  3. 未決済のスワップポイントが非課税の会社を選ぼう

1:1日のスワップポイントよりも、長期単位での実績を見ること

スワップポイントで会社を選ぶ際は、長期単位の実績が高い会社から選ぶようにしましょう。


なぜなら、豪ドルのスワップポイントは日々変動するからです。


変動幅はFX会社によって異なり、5~10円/日の幅で変動する会社もあります。

具体例 )ヒロセ通商 AUD / JPY(1万通貨買い)

  • 2019年5月6日:39円 / 日
  • 2019年5月7日:45円 / 日
1日で10円近くも変動するんですか!?

豪ドルは他の高金利通貨と比べて日単位での変動幅は大きくありませんが、あるのスワップポイントのだけを信用して会社を選ぶと、長期運用の際に期待を下回ることがあります。

会社選びの際は、必ず各社がホームページで紹介しているスワップカレンダーで、過去の実績を確認しましょう。

オススメは、直近3ヶ月間のスワップポイント累計実績を比較することです。


なぜなら、ある日のスワップポイントが1位でも、月間トータルではその会社が1位ではないことが多々あるからです。


豪ドルのスワップポイントは、『長期運用でコツコツ稼ぐが大前提です。


日々のスワップポイントに惑わされずに、月単位もしくは年単位での合計額を比較して会社を選んでください。

スワップカレンダー例)引用:SBI FXトレード

SBIスワップカレンダー例

2:未決済でも、スワップポイントが引き出せる会社を選ぶこと

豪ドルでスワップポイントを受け取りたい場合は、「未決済ポジションでスワップポイントが引き出せる会社」を選ぶことをオススメします。


なぜなら為替変動により、決済時に損することがあるからです。


豪ドルは為替の変動が比較的落ち着いているため、さほど気にすることはありません。


ただし、大きく円高に振れた際にポジション決済すると、貯めていたスワップポイントよりも円高による為替差損が上回りマイナスになってしまうリスクがあります。


その際、ポジション決済しないでスワップポイントを引き出せば、為替差損を気にしないでスワップポイントが受け取れます。

為替差損を気にしないで取引してしまうと、大きな痛手を負うことがあるんですね。
そのとおり。痛手を負うリスクを避けるためにも、未決済ポジションでもスワップを引き出せる会社を選ぶことは重要なんだ。

3:未決済のスワップポイントが非課税の会社を選ぶこと

決済していないスワップポイントに税金が掛かってしまう会社は、できるだけ避けましょう。


なぜなら、税金を納めるタイミングを自身でコントロールできないからです。


スワップポイントは日々付与されます。


未決済でも付与された時点で課税になってしまうFX会社で運用していると、付与されたスワップポイントが20万円を上回った年に、自動的に課税となってしまいます(サラリーマンの場合)。

知らぬ間に税金を支払うことになっている とういうことですね?
そのとおり。『スワップポイントを引き出していないのに、税金を納めないといけない』という気持ち悪いことになるんだ

逆に、ポジション決済したタイミングで課税になるFX会社であれば、決済するタイミングをコントロールすることで、税金を納めるタイミングを自身で決めれます。

自身で納税するタイミングをコントロールしたい方はFX会社を選ぶ際に、各社でチェックしてくださいね。

豪ドル おすすめFX会社3つ

豪ドルおすすめFX会社3つを紹介

比較表では、FX会社6社のスワップポイントを比較しました。


ここからは、会社選びのコツを踏まえて『豪ドルでスワップポイントを受け取るなら、この会社!』を3社厳選しました。


オススメ順に紹介します。なお、スワップポイントは豪ドル / 円を1万通貨買い、保有した場合になっています。

オススメ会社①:GMOクリック証券

GMO

GMOクリック証券を一番にオススメしたい理由!
  • 変動幅が狭く、高スワップを維持
  • 未決済ポジションでスワップが引き出し可能
  • 未決済なら非課税

と三拍子揃っている、スワップポイントの運用には理想のFX会社です。

■最新スワップポイント(情報取得日:2021/06/23)

最新スワップポイント(買)
スワップ実績 2020年累計(1月~12月)
スワップ実績 2020年平均(1月~12月)
3円/ 日
2,218円
185円 / 日

■スプレッド(AUD / JPY)

0.7銭(1万通貨取引:70円)※~1,000,000通貨まで原則固定

■GMOクリック証券の特徴

豪ドルのスワップポイント運用は、GMOクリック証券が一番オススメです。


スワップは業界最高ではないものの、月単位での変動幅が狭く高水準を常に維持しています。


そのためチャートに張り付かなくて済み、安心して運用ができます。


また、未決済ポジションでのスワップポイントの引き出しが可能で、さらに決済しない限り非課税となっており、いたれりつくせりです。


唯一注意したいのが、1万通貨単位からの取引だということです。


FXは1000通貨単位でも取引できますが、GMOクリック証券の場合、最低4万円以上が必要です!


スマホアプリの操作性もスムーズなので初心者でも安心ですし、FX取引高世界第1位(※1 ※ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月~2021年12月)社調べ(2012年1月~2019年12月))で人気FX会社なので迷っている方はGMOクリック証券をオススメします。

オススメ会社②:LIGHT FX

LIGHFX

LIGHT FXをオススメしたい理由!
  • 豪ドルのスワップポイントが業界最高
  • 未決済ポジションでスワップが引き出し可能
  • 豪ドル円のスプレッドが最狭水準
LIGHT FXの惜しい点

未決済でも受け取り済のスワップポイントは課税対象になる

■最新スワップポイント(情報取得日:2021/06/23)

最新スワップポイント(買)
スワップ実績 2020年累計(1~12月)
スワップ実績 2020年平均(1~12月)
5円 / 日
1,718円
172円 / 日

■スプレッド(AUD / JPY)

0.4銭(1万通貨取引:40円)※原則固定

■LIGHT FXの特徴

LIGHT FXのスワップポイントは、他社よりも頭一つ抜きん出ており、高スワップを狙うなら、今一番オススメしたいFX会社です。


豪ドルのスワップポイントは常に業界最高を維持


他社よりも好条件で取引できるよう、努力しているFX会社です。


オススメのポイントはもうひとつあります。


豪ドル円のスプレッドが他社と比較して0.4銭と圧倒的に安いです。


その上、約定率も99.9%と業界最高クラスのため、実際の取引でスプレッドが広がりにくいです。


取引コストが気になるトレーダーでも、安心して取引できるFX会社です。

唯一、スワップポイントで残念なのが、未決済でも課税対象となってしまうことです。LIGHT FXでスワップ運用する際は納税に注意が必要です。

現在、LIGHT FXでは最大53,000円のキャッシュバックキャンペーンも実施しており、スワップポイントを狙いたい方にオススメのFX会社です。

オススメ会社③:ヒロセ通商

ヒロセ通商

ヒロセ通商をオススメしたい理由!
  • 業界最高水準のスワップ!
  • 未決済ポジションでスワップが引き出し可能
ヒロセ通商の惜しい点
  • 最高水準のスワップポイントだが変動幅が大きい
  • 未決済でも、振替後は課税対象となってしまう

■スワップポイント(情報取得日:2021/06/23)

最新スワップポイント(買)
スワップ実績 2020年累計(1月~12月)
スワップ実績 2020年平均(1月~12月)
5円/ 日
2,257円
188円 / 日

■スプレッド(AUD / JPY)

0.7銭(1万通貨取引:70円)※原則固定(例外あり)

■ヒロセ通商の特徴

ヒロセ通商の豪ドルは、業界最高水準のスワップポイントです。


常に他社よりも頭ひとつ抜けだしている値を維持しています。


ただ、注意が必要なのが、ヒロセ通商のスワップは変動幅が大きいです。


月単位での平均スワップポイント/日が15円も違うなど、上下幅がヨミにくいという短所があります。


そのためか、謳い文句のスワップと実際受け取るスワップが違った!という声をよく聞きます。


ヒロセ通商で運用する際は過去の実績を慎重に確認し、期待値調整をしてくださいね。

豪ドルで運用する際の注意点2つ

豪ドル運用における注意点2つ

豪ドルでスワップポイントを運用する際に注意が必要な点が2つあります。

豪ドルのスワップポイント注意点2つ
  1. 為替差損でダメージを食らわないこと
  2. 土日またぐ運用には注意すること

1:為替差損でダメージを食らわないこと

高金利通貨でスワップポイントを受け取る場合は、為替差損でスワップ以上に損失受ける危険があります。


為替変動の少ない豪ドルでも、例外ではありません。


仮に、豪ドルが下落トレンドに入り円高が進んでくると、為替差損のリスクが膨らんできます。


そのため、スワップポイントで利益を出したとしても、為替差損が上回ったらトータルでマイナスになる可能性があります。

安定している豪ドルとはいえ、安心はできないですね。

そのためにも会社選びのコツで紹介したように、未決済で引き出せる会社で運用することをオススメしたい。

繰り返しになりますが、未決済ポジションでスワップポイントを引き出せる会社で運用できれば、為替差損の影響を受けません。


運用会社を選ぶ際は、為替差損でダメージを食らわない安心できる会社を選ぶよう注意しましょう。

2:土日をまたぐ運用には注意が必要

土日をまたいでポジションを保有することは極力避けましょう。


なぜなら政治や社会情勢によって通貨が暴落するリスクがあるからです。

加えて、土日は市場が休みのため、FX会社でも注文を受け付けていないので、このようなときは対処ができません。


豪ドルの買いスワップが反転することはないですが、土日をまたぐ運用には注意が必要です。

豪ドルのスワップポイント運用で儲かるFX会社3つ!

稼げるFX会社3選を紹介

上記で解説した『豪ドル  スワップポイント金利が高いFX会社3社』をで運用を開始すれば、FXを始める前から失敗することは回避できますよ!


最後にもう一度確認しましょう!豪ドルを扱うFX会社5社の中で、高スワップポイントで、選ぶべき基準を満たしている会社は以下3つです!

豪ドルで最もオススメなFX会社は3つ!

その中でも特に1番オススメなのが、GMOクリック証券です。


スワップは業界のなかで高水準ですし、未決済ポジションでのスワップポイントの引き出しが可能で、さらに決済しない限り非課税となっており完璧です!


今豪ドルは70円代で、割安な価格だと個人的には思うのでこの機会に仕込んでおきましょう。


※FXは預金とは異なり元本保証ではございません。投資をされる際は必ず余剰資金で行い、自己責任で投資しましょう。

※この記事で解説する内容は、あくまで『予測』であり、結果を『保証』するものではないのでご了承くださいませ。

こちらの記事もオススメ